海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応元公営住宅がウン百万ポンドの高級アパートに!?イギリスの深刻な住宅事情

元公営住宅がウン百万ポンドの高級アパートに!?イギリスの深刻な住宅事情

2015/08/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

38shutterstock_249648727


何らかの理由で経済的に困難な状態にあり、民間の住宅を借りる事ができない場合には公営住宅に応募する事ができます。

公営住宅とは、公営住宅法に従って、地方公共団体が国の補助金を得ながら建設された住宅のこと。対象となる世帯は原則として月収15万8000円以下の世帯で、家賃は各世帯の収入に応じて異なります。

しかし、公営住宅は基本的に、国の補助を受けながら自治体が管理をしているため、戸数に限りがあり、応募者全員に公営住宅が割り当てられると言う事はありません。

国土交通省の発表では、最近の全国での公営住宅への抽選倍率は約8~9倍。しかし、人口が過密状態の東京などでは、平均倍率は非常に激しくなり28.5倍。1500戸に対して4万3000人が応募している状態だそうです。

ところで質問です。この公営住宅を世界で始めて採用した国はどこか知っていますか?答えはイギリス!

イギリスでは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、都市化が進むにつれて貧困層が生活するスラム街が数多く形成され、社会問題にまで発展します。

そこで、イギリス政府は1909年に都市計画及び住民法に公営住宅を政策として組み込み、世界初の公営住宅が誕生したのです。

しかし、公営住宅の発祥の地イギリスで、公営住宅自体を出来るだけ多く売り払う計画が出されたのです。

サッチャー政権から行われていた公営住宅の民営化

実は公営住宅を売る動きは、イギリスでは決して新しい政策ではありません。1980年に現イギリス政権と同じ保守党率いるサッチャー政権当時、民営化の一環として積極的に行なわれていました。

サッチャー政権以前は、福祉国家としてイギリス国民は手厚く保護されていた為、イギリスの公営住宅には、所得制限などの何らかの条件を設けている自治体はめずらしいものでした。

そして貧困層だけでなく中間所得者層もごく普通に入居するという、当時のイギリスでは最も人気のある居住形態として定着していました。

その為、サッチャー政権は、公営住宅の入居者に対して、自らが住んでいる住宅を購入、或いは他者が購入する権利を認め、公営住宅の民営化を進めて行ったのです。

勿論、公営住宅と言う事もあり、購入金額は市場価格よりもかなりの格安での販売。これを受けて80年代には年間10~20万戸の割合で、90年代には5~7万戸が公営住宅は民間の手に渡ったのです。

元公営住宅のブーム!100万ポンドの超高級アパート

しかし、この民営化が国民全体に恩恵をもたらした訳ではありません。

勿論、公営住宅に住んでいるイギリス国民全体が自宅を購入出来るほど金銭的に余裕があった訳ではなく、結果的に公営住宅の減少により住まいを失い、ホームレスが急激に増加してしまいます。

また、保守党率いる現政権も公営住宅の更なる販売を進める予定ですが、ロンドンの元公営アパートの家賃が年間2万8800ポンド(約546万円)程で貸し出されている事から分かるように、

  1. 元公営住宅の居住者が格安で購入した自宅を賃貸住宅として貸し出す
  2. 民間の不動産業者へ販売する

 
など、貧困層への公営住宅が減少し、彼ら向けの手頃な価格の住宅不足が更に深刻化しています。そんな理由があることから、スコットランドやウェールスでは、公営住宅の販売を近い将来に廃止する事を決めています。

そして、彼らの予想が的中するかのように、最近ロンドンの公営住宅の3階の部分だけが超高級アパートとして売りに出されたのです。

そのは販売額はなんと100万ポンド(約1億8963万円)。この公営住宅は、ロンドンの高級住宅街に位置する1960年代に建設された公営アパート。

その為、このアパートの3階にある2部屋を除いては、未だに公営住宅として生活保護を受給しながら生活をしている住民が住んでいるのです。

image005
赤丸が付けられたところが100万ポンドで売り出しに出されている元公営住宅

image001
ムード照明や高級床板が張られた2ベットルームの居間

image003
ワイン専用冷蔵庫付きシステムキッチン

この記事の海外に対する反応

部屋の内装は高級アパートって感じだけど、外側はやっぱり公営アパートだよね。

1億円出して購入したとしても、隣の住民が失業者か生活保護者と言うのはどうなの?

サッチャー政権時の民営化の失敗例。

ロンドンにしてはやっぱり格安だよね。

隣人がどんな人なのか教えて欲しい・・・。

このアパートの内装をデザインしたデザイナーは賢いね。市営住宅をここまで上手く仕上げたデザイナーはそんなにいないよ。

公営住宅が全部売り払われたら、貧困層は何処に行くわけ?

公営住宅に1億円!?いかにロンドンの住宅市場が混乱しているかが分かるね。

1億円も出すんだったら、ロンドン郊外の生活保護者がいない所を探すよ。

結局、貧困層をロンドンから追い出したい政府の企みじゃないの?

ますます貧富の差が拡大している・・・。

知り合いが元公営住宅を購入したけど、年に3回も空き巣に狙われたよ。結局は格安でも、環境が悪いんだよね。

部屋の中だけ見ると本当に素敵なアパート。でも1億円の価値はないよ。

このアパートが買えるほどのお金があったら、フランスに家を購入するね。これほどの高額な金額を出すほどの価値はないよ。

最近ホームレスを良く見かけるけど、やっとその理由が分かった気がする。

ロンドンで暴動がまた発生するのも時間の問題だと思う。

だからロンドンには普通の若いサラリーマンカップルがいない訳だー。ロンドンには超金持ちか超貧乏人しか住めない所になってんだよ。

不動産会社にわたった段階で、手頃な値段での住宅購入は不可能だよね。

イギリスの不動産は本当にジョークだよ。アメリカだったら、1億も出さずに豪邸が買えるよ。みんなアメリカに移住したら?

なんで生活保護者と1億円払った住民が同じ所にいるわけ?冗談でしょ!?

イギリスの深刻な住宅事情に嘆きの声が

現在は、イギリスでの深刻な住宅不足を背景に、地方自治体が運営する家屋を売り払い、そこで得た利益でより土地の価格が安い場所に、お手頃な値段で新しい住宅地を作るのが目的で売り払われている公営住宅。

しかし、2012年の4月から公営住宅は2万軒売却されたにも関わらず、新しく建てられた住宅は立ったの3364軒。全国住宅連盟の会長フィッシャーさんは、

「公営住宅の販売は手頃な値段の住宅供給を全面的に廃止しする政策。公営住宅は本当に経済的に困っている国民のために保存されるべきで、投資目的で売りに出されるべきではない。」

と反対しています。

貴方なら、有名デザイナーによってデザインされた一億円の中古公営住宅を買いたいと思いますか?

【参考URL】http://www.dailymail.co.uk/news/article-3093150/The-1MILLION-council-home-Tiny-two-bedroom-ex-local-authority-flat-London-goes-market-seven-figures-directly-Stella-McCartney-s-boutique.html
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/great-council-house-selloff-scandal-righttobuy-council-houses-leave-nowhere-for-poor-to-live-9832339.html
http://www.theguardian.com/money/2015/may/26/ex-council-homes-london-gold-mine-landlords

金持ちの隣人がお金ない人ってへんな環境だなオイ。ロンドンという土地の価値をもってしてもそこまでしてそこに住みたいとは絶対に思えないね。金持ってるヤツはプライド高そうだから無理なのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    建蔽率を1/10以下にして容積率を青天井、土地所有税を10倍にすれば速やかに解決するだろ

    大都市に住みたがるのが多すぎ、ましてやロンドンには世界中からニーズが集まってる以上、
    都心増やしても現在の不動産規制じゃ足りやしない

    景観保護?歴史的街並?じゃ何で高層ビルとかピクルスタワーとか建ててんの?
    横に広げらんなきゃ縦に伸ばすしかないじゃね

  2. 日本の名無しさん より:

    ※1

    固定資産税を流動資産価値基準にしてもそれだけ買われるのだから何やっても買う連中は買う、無意味だ。

コメントを残す

キャラクター紹介