海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応しっかりしてよ!イギリスのアイタタ医療機関事情

しっかりしてよ!イギリスのアイタタ医療機関事情

2015/06/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_2499526872

早速ですが、“医療観光”と言う言葉を知っていますか?

医療観光とは、医療技術が低かったり、医療費が高すぎて十分な治療が受けられない為に、海外や住まいから離れた地域で医療サービスを受けるための移動を意味しています。

この医療観光は病院に大きな収益をもたらすと共に、患者の滞在数が長期に及んだり、見舞い客も訪問してきたりするために、病院周辺のホテルや観光地でも経済的恩恵を受ける事が出来るという相乗効果もあります。

そのため、今では医療観光を専門に取り扱う旅行代理店もあるほどです。
しかし、イギリスでの医療観光事情は、少し異なり複雑な事情を抱えています。

欧州連合(EU)加盟後は、EU諸国出身者もイギリスで受けた医療費や手術代は原則的に無料。

と言うのも、この医療費は後ほど患者の出身国に請求されるわけで、イギリス政府が医療費を全額背負うと言う訳ではありません。

しかし、EU加盟国が増加するにつれて、イギリス政府の医療負担が膨大に膨らみ、破綻寸前だと言うのです。

今回は、この国民健康サービス(NHS)破綻の危機とEUの関係についてのお話です。

医療費フリー国、イギリス

上記にも述べたように、原則的にEU出身者は、出身国政府がイギリスでの医療費を支払う限り医療費は無料です。

EU諸国出身者以外の患者には、病院側が治療や診察にかかった費用全額を請求する事が出来るようになっています。

しかし、ここがイギリスの寛大?な所。

これまでは診察前に患者の国籍を事前に調べる義務がなかった為に、結局のところ、患者の国籍を調べないまま診察や治療、おまけに手術までもが行なわれ、どの患者がイギリス国民でどの患者が外国人なのかが全く把握できていなかったのです!

そのためEU諸国への未請求額は年間4億ポンド(約733億円)、EU市民以外への年間未請求額は20億ポンド(約3664億円)にものぼると言われています。

2012年から13年の間にイギリス政府が各国に支払った額と、受け取った額は以下の通りです。

4997jpg

病院が借金取りになる日

ここ最近のNHSでの財政危機を受けて、ようやく外国人から確実に医療費を回収する事を目的とした、試験的な試みが今年中に行なわれる、と発表されました。

しかしこの実験に参加するのはたったの10病院のみ。

この計画によると、参加病院は患者を受け付ける際に、イギリス人も含めたEU市民には欧州健康保険証(EHIC)、いわゆるEU圏内での共通の保険証の提示を義務付けるのだそうです。

EHICの提示により患者の国籍が確実に確認できるため、100パーセントの医療費を彼らの出身国、或いは本人に請求できると言うわけです。

しかし、多くのイギリス人がEHICを所持していない為、イギリス人に関してはパスポートの提出でも良いそうです。

そしてこの計画の他にも、EU市民以外の外国人への料金改正案も提案されています。

これによるとEU圏外からの外国人患者には、150パーセントの医療費の請求、そしてイギリスに6ヶ月以上滞在している外国人に対しては、年間200ポンド(約3万7000円)の保険料を義務付ける、と言う提案も検討されています。

しかし、このような計画に懸念を示す医者もいて、病院自体が借金取りになってしまう可能性や、深刻な病気を抱えた外国人が経済的な理由の為に、医療援助を求めないケースが増加するであろう、と主張しています。

この記事の海外に対する反応

医療費がちゃんと回収できるようになるのだったら、イギリス人にもEHICの所持を義務付けるべき。

未払いがこんなにあるなんて…。イギリス政府にはしっかりと財政管理をしてもらいたいね。

EU諸国の病院を訪問した際には必ずEHICの提示を求められるし、EU圏外の国では診察前に医療費をしっかりと請求されるのが当たり前。なんでこんな簡単なことがイギリス政府には出来ないの?

何で今になってこの計画を提案するわけ?遅すぎるよ!

なんでEU市民以外の外国人に医療費を請求しないわけ?間違ってるよ。

アメリカ人の友達が緊急外来で治療を受けた時、旅行保険に入っていたから支払いの手続きを自ら頼んだんだけど、病院側から書類の手続きが面倒だから、と言う理由で無請求のまま戻ってきたよ。

なんでもっと早く手を打たなかったんだろう?この責任は誰が取るわけ?

私の医者は病院に来た患者は法律上、追い返せないと言ってたけど。こんな計画を立てても意味が無いんじゃない?

選挙の為のネタ作りだよ。

病院に会計が居ないのはイギリスだけだよ。

他の国が当然のようにしている事が、何でイギリスではできないわけ?イギリスの政治かは怠け者過ぎる。

どうしてたった10の病院だけがこの計画に参加するの?全ての病院が参加するにはそんなに複雑すぎる事なの?

50年前に子供を出産した時に隣にいた妊婦さんはスペイン人だったわ。安全で医療費がタダだから、彼女は全ての出産はイギリスでやってるんだって。

しかも、その時は既に4人目の出産。これじゃ、イギリスの医療が破綻するのは当たり前だわ。

お金を払えない患者は追い返すべき!現政権のやり方に賛成!

総選挙前にして、また反移民政策…。いい加減にして欲しいよ。

この提案は当たり前の事だよ。税金も払ってない人たちに、どうして医療費まで負担してあげないといけないの?

国籍のチェックも出来ない病院っておかしいよ。

他国民を助けて、自国民をないがしろにしてる政府はすごいよね。救急車で搬送されても、救急車の中に3時間も待たされる国はイギリスぐらいだよ。

緊急病院にいっても待ち時間は3時間以上。請求すべきところにはしっかりと請求して、国民のために医療機関の改善に向けて努力してもらいたい。

病気になっても医者に直に会うことの出来ないイギリス。先進国とは思えない待遇だよね。

しっかりしてよ!なイギリス医療機関

今後はイギリスの医療機関で診察及び治療を受ける際には、国籍の証明を義務付ける事が提案されている、と言う今回のお話。

イギリスでは専門医への予約でも最低3ヶ月は待たされ、最悪の場合、順番待ちリストに載せららたまま亡くなってしまう患者さんも数多く居ます。

また、医者や看護婦の不足、そして財政的な圧迫のために、緊急を要する手術以外は半年以上も待たされる、というケースも沢山あります。

ただ受付で保険証の提示を求め、国籍を確認するだけで簡単に解決できるこの問題。

今までに請求する事が出来ずにいた多額の医療費をしっかりと回収して、この収益で医療機関の改善へと繋げてほしい物です。

【参考URL】http://www.dailymail.co.uk/news/article-2940320/At-crackdown-foreign-patients-abusing-NHS-Sick-visitors-EU-cost-400million-year.html

チェックがなおざりなままだったのは問題だよな~。そういう点では日本の医療制度が整ってるってことに感謝したいね。しかし試験的にとはいえ、ほんとになんで10病院だけなんかね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    国民皆保険制度や福祉インフラは既に食い荒らされてますけど?
    なんで、国籍国に保護を求めずに日本にタカるワケ??

    寄生虫は帰ってどうぞ

    1.   より:

      お前は何と戦っているんだ

      1. 日本の名無しさん より:

        朝鮮・韓国人のことだろ
        在日コリアン家庭の17%は生活保護受給世帯なんだから
        反日国家・反日思想じゃなければ許容するんだけどね・・・

  2. 日本の名無しさん より:

    イギリスに医療費をたかっている国が経済危機の国ばかり
    イギリスはEU離脱したほうがいい
    日本も外国籍には厳しくすべき

  3.   より:

    >他国民を助けて、自国民をないがしろにしてる政府はすごいよね。

    これな。
    国家として本末転倒だろ・・・

  4. 日本の名無しさん より:

    EU離脱とまで思い切らなくても、出身国に後で請求なんてバカみたいな慈善事業を止めればいいだけと思うけど
    ふつうに患者に金払わせればよいだけだろう

  5. 日本の名無しさん より:

    二大政党が人気取りに有権者ウケのいい政策を並び立ててしまった結果でね
    イギリス病と言われた構造不況を建て直す過程で医療費免除が目玉政策に祭り上げられた
    有権者の不満は吸収されたけど問題点の構造改革は先送りにされ、
    財源を∞に必要とする医療制度だけが残されたんだなコレが
    EU離脱とか単なる話のすり替えでしかない

コメントを残す

キャラクター紹介