海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応動物好きにはたまらない!世界の絶滅危機動物を訪ねる203日の旅

動物好きにはたまらない!世界の絶滅危機動物を訪ねる203日の旅

2015/08/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

18shutterstock_139962232

海外旅行が極当たり前になった現代では、極普通のツアーでは飽き足らない人の為に、今までとは違ったより個性的で面白いツアーが沢山企画されています。

例えば、のんびりとした家族旅行には、フランスの田舎道をロバと共に巡るキャンピングツアー。歴史好きの方には、チンギス・カンの時代の戦士の生活が体験できるチンギス・カン体験ツアー。

また、休みを利用して何か特別な技能を身に付けたい方には、ゾウ使いになる為の訓練ツアーなど、数え切れないほどユニークな海外ツアーは沢山あります。

そんなユニークなツアーの中でも、動物好きにはたまらないツアーが今発売されています。南極のペンギン、ロシアのシベリアトラ、ルワンダのゴリラ、アラスカの熊など、動物園以外ではなかなお目にかかれない動物達を訪ねるという、超豪華ツアーなのです。

21ヶ所を周る壮大なサファリツアー

生息地で発見する事が非常に難しい魅力的な動物達を見つけ出し、身近で見学させてくれると言うこの壮大なサファリツアー。訪問箇所はなんと21箇所に上り、予定されている全ての動物を見終えるには203日もかかるという大旅行。

見学予定の動物は、

  1. サルなどの霊長類
  2. クマ科
  3. ライオンなどの大形のネコ科動物
  4. 海洋生物

 
と分類されており、時間に制限のある方にはお好みの動物だけを選択したツアーに参加する事もできます。

気なるお値段は…。全てのツアーに参加した場合、なんと17万6000ポンド(約3204万円)かかると言う、スケール・費用共に超豪華なツアーなのです!

このツアーはとても精密に計画されていると同時に、野生生物が出没し易い場所や時間帯を知り尽くした専門家と共に、

  • アフリカ
  • アジア
  • 中南米
  • インド亜大陸
  • 南極
  • 北極

 
と言った極地域を旅行します。

そのため、野生としては現在400頭程しかいない絶滅の危機に瀕しているシベリアトラでさえも、肉眼で見れる可能性は十分にあるとの事。

気になる宿泊先は、

マレーシアでは、独自でもオランウータン保護区を設置している超豪華ホテルのシャングリラズラサリアリーゾト、極東ロシアでのシベリアトラ探索の旅では、粗末な山小屋に滞在、ブラジルのジャガー探索の旅では客船ボートに滞在

・・・と、訪問先によって大きく異なります。

夢の超豪華旅プラン

では、旅の詳細を霊長類、クマ科、ネコ科、海洋生物に分けて見てみる事にしましょう。

クマ科

訪問先

  • 北極諸島
  • チャーチル(カナダ北部)
  • スバールバル諸島(ノルウェー)
  • アラスカ(アメリカ)
  • ベラクーラ(カナダ)
  • グレート・ベア・レインフォーレスト(カナダ)

 
滞在期間:45日

費用:4万5000ポンド(約815万8000円) ※国際及び国内線、その他の交通費、全ての食事込み

見学予定動物

  • 北極クマ
  • ハイイロクマ
  • シロアメリカクマ

 

ネコ科

訪問先

  • ブラジル
  • チリ
  • 南アフリカ
  • タンザニア
  • ケニヤ
  • スリランカ
  • インド

 
滞在期間:62日

費用:4万5000ポンド(約815万8000円) ※国際及び国内線、その他の交通費、全ての食事込み

見学予定動物

  • ジャガー
  • ピューマ
  • ヒョウ
  • チーター
  • ユキヒョウ
  • トラ
  • ペルシャヒョウ
  • インドライオン
  • ベンガルトラ
  • シベリアトラ

 

霊長類

訪問先

  • タンザニア
  • ルワンダ
  • コンゴ共和国
  • マダガスカル
  • ボルネオ島
  • スマトラ島

 
滞在期間:39日

費用:3万5000ポンド(約648万5000円) ※国際及び国内線、その他の交通費、全ての食事込み

見学予定動物

  • チンパンジー
  • マウンテンゴリラ
  • ローランドゴリラ
  • キツネザル
  • ボルネオオランウータン
  • スマトラオランウータン

 

海洋生物

訪問先

  • 南極大陸
  • ガラパゴス諸島
  • アイスランド
  • スリランカ
  • 北極諸島
  • 南アフリカ
  • サバールバル諸島

 
期間:57日

費用:5万1000ポンド(約954万2000円) ※国際及び国内線、その他の交通費、全ての食事込み

見学予定動物

  • ザトウクジラ
  • アシカ
  • ウミイグアナ
  • ガラパゴスペンギン
  • シャチ
  • シロナガスクジラ
  • イッカク
  • ベルーガ・イルカ
  • シロクマ
  • イルカ
  • サメ
  • サーディンラン(十億匹のサーディンが回遊する現象)
  • ウミガメ等

 

  1. 合計額:17万6000ポンド(約3204万円)
  2. 滞在先:21箇所
  3. 旅行日数:203日

この記事の海外に対する反応

地上の楽園を回るツアーだね~。

素晴らしい!

野生動物達が絶滅の危機に瀕している理由は?そう、人間が彼らの居住地を占領したため。それを知っておきながら、自ら彼らの居住域へお邪魔する旅行をするわけ?矛盾してない?

今度の宝くじが当選すれば絶対に参加するよ。

宝くじを早速買っておいたけど、このツアーの金額は馬鹿げてる。非常に環境の厳しい所にも行くわけだから、その環境に対応するためのトレーニングコースとかもツアー代の中に含めて欲しいよね。

絶滅危機の動物達を守るためには良い方法かもね。お金持ちが絶滅種の野生動物に関心を持った結果、保護団体などへの寄付金が増える可能性もあると思う。

各国政府が講じる対策より、お金持ちの心理を上手く使うほうが彼らの命を守れるかも。

ツアーに参加したい!でもお金がありません・・・。

どんなに素晴らしい旅となる事か・・・。でもお金も時間もないよ。

野生のクマを見てみたいけど、ツアーに参加するお金がないから、動物園に行く事にするよ。閉じ込められた惨めなクマを、惨めな気持ちで眺める事にする。

野生のトラやヒョウを見てみたいけど、彼らの居住地をむやみに訪れる事自体が彼らの命を脅かす事になるのでは?だから、自分は素晴らしい野生動物のテレビ番組で我慢する事にするよ。

トラもいいけど、シャチもいいね~。彼らを守るために、人間の私達はもっと取り組むべき事は沢山あるはず!

素晴らしいツアーだね。でも野生動物達は、ツアーに参加する人間におびえる事のない生活を望んでるはず。

お金持ちなら絶対に参加するね。

宝くじが当たったら参加してみたいけど、当選金を全て費やす事になるかも・・・。

この金額は馬鹿げてる。自分ならこの半額の金額で同じツアーを企画する事ができるよ。

絶滅の危機に瀕してる野性動物を探索するのに、高級ホテルに滞在するの?なんか間違ってない?

過酷な環境に慣れていない観光客に、南極やら北極に滞在させて大丈夫なの?

年齢制限とかもあるわけ?

参加者のプロファイルを見てみたいね。

今までに何回このツアーが実際に組まれたんだろうね。金銭・時間的にかなりの無理がある旅行だけど。

大人気のサファリツアー

今ではオプショナルのツアーとしても大人気のサファリツアー。

サファリツアーにも今回のような本格的なものから、原住民の生活を再現し、彼らにとっては恐らくご馳走であったであろう食事をして帰るような体験ツアーまで、質・金額ともに様々な物があります。

本格的なサファリツアーに参加したい方は、検索してみればより経済的なサファリツアーも販売されているようです。しかし、価格が下がるにつれて、サバイバル術の高度さがやはり上がるとの事。

忙しい日本人には、お金よりも長期の休みを取ることのほうが難しいように思いますが、機会があったら是非とも参加してみたいツアーですね。

【参考URL】http://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-3052018/The-176-000-mega-safari-Incredible-200-day-trip-whisks-wildlife-lovers-world-visit-endangered-animals.html
http://www.naturalworldsafaris.com/?sc_camp=66881CBFCD0842C3A89169120565AC4D&gclid=CjwKEAjw1KGqBRC55bru-sa7zCcSJAAxsBf5sp0cJZbdmSkDhnxh9v9cGJSwqL7e9k_1xZ-Nene9zhoC7mXw_wcB

たっか!まさに金持ちの道楽って感じだな。たくさんの国や地域に行けて野生の動物を間近で見られるのは、好きな人にはたまらんのかね~。ジョニーはサバイバルよりもラグジュアリーを求めるから、ま、このツアーはいいかな。あんまり生態を脅かさないようにだけはしてほしいねホントに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    オーストコリアは今後もコアラを毒薬で薬殺しますけどね。
    大金払って抗議でもやんの?
    タスマニアにも「タスマニアン・アボリジニ」が居たけど、全滅させたよねっオーストコリアw

コメントを残す

キャラクター紹介