海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応世界で広がる最低賃金の引き上げの動き

世界で広がる最低賃金の引き上げの動き

2014/10/15
このエントリーをはてなブックマークに追加


欧米をはじめ、世界では最低賃金を見直す動きが見られます。その主な理由は、2つ。1つは、物価の上昇。そして、もう1つは、労働者の所得を増やして、経済を活性化させるねらい。

ちなみに日本は、今年度の最低賃金を昨年度のものと比較すると、すべての県で最低賃金は引き上げられています。すべての県というのは、日本では最低賃金は県ごとに決められているからです。

今年度の平均賃金は764円ですが、一番高い最低賃金:869円(東京)と、一番安い最低賃金:664円(島根、鳥取、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄)は、かなり開きがあります。これは、地域ごとの物価の違いからだと言われています。

労働賃金の引き上げの恩恵~アメリカの場合~

アメリカの貧困絶滅のための活動を行っているOxfamという組織が、アメリカ政府が労働賃金を引き上げるとどんな恩恵を得られるかを発表し、彼らの意見に世界から注目が集まりました。

最低賃金を7.25ドルから10.10ドルに引き上げる

物価の上昇や税金の負担を考慮すると、彼らは最低賃金は7.25ドルから10.10ドルに引き上げるべきだと主張しています。

また、彼らの主張によると、2500万人の人たちがこの引き上げを必要としています。

そして彼らの調査によると、4人に1人のアメリカ人が最低賃金で働いていますが、これでは暮らしが成り立たないので、政府の補助を受けています。4人に1人が、政府の補助を受けているなんて驚きです。

恩恵その1

最低賃金を引き上げることで、アメリカの経済が活性化される!

恩恵その2

最低賃金を引き上げることで、生活保護を受ける人の人数を減らす。これにより、税金の負担が少なくなる!

恩恵その3

アメリカの貧困層(500万人)が貧困から脱却できる!

Oxfamの発表に、世界から寄せられたコメントをみてましょう。

【参考URL】http://edition.cnn.com/2014/06/20/opinion/offenheiser-minimum-wage/index.html?hpt=ibu_c2#cnn-disqus-area

この記事に対する海外の反応

(アメリカ)家賃も生活費もどんどん上がっている。最低賃金を引き上げるのは、当たり前だと思う。

最低賃金が上がったら、それをいいことに、さらに物価が上がると思う。

最低賃金が7.25ドルから10.10ドルに引き上げられるのを年単位で考えると、1年でおよそ40万円くらい収入が増えることになる。

アメリカ国民がこの40万円を消費するわけだから、経済は活性化されるに間違いないよ。

最低賃金は、あくまでも最低賃金だ。経験や力量に応じて、それぞれに賃金を上げていけばいいと思う。

仕事し始めの人のお給料を上げる必要はないよ。

問題は、何年も働いても最低賃金で働いて人がいるっていうことだ。しかも、彼らはパートじゃなくて、正社員なんだよ。

貧困層は最低賃金が低すぎるから、平均して週に55時間働いている。これに対して富裕層の平均労働時間は週22時間。

これは不平等だよ。

自営業の人が、最低賃金以下で人を雇っていることがある。これも取り締まらないといけないと思う。

移民とかが、最低賃金以下でも働きだがるのも問題だ。

最低賃金を引き上げなくても、物価が安くなるようにしてもいいんじゃないかな。

僕も賛成だ。アメリカが生産量を増やしたら、自ずと物価は安くなるよ。

実際、アメリカの生産量って増えているんだ。でも、それによる富は富裕層が占めているんだよ。

工場を持っているけれど、売上げが伸びなくて困っている。中流階級の収入を増やして欲しいね。

最低賃金がこんなに上がったら、長年働いて時給10.10ドルになったと人たちはたまらないよ。彼らのそれまでの苦労は何だったんだ。

経験もない人たちと肩を並べなくかいけないなんて、ひどいよ。

確かにそうだ。7.25ドルか10.10ドルに引き上げるというのは、賃金が40%上がることを意味している。

じゃあ、今賃金が10ドルの人の賃金も同じように上げるのかな。雇用者の負担は一体どうなるんだ。

CEOもこれに便乗して、彼らのお給料を上げたら、年収が1億円を超えるんじゃないかな。

(アメリカ)マクドナルドで働いているけれど、10.10ドルはマネージャーレベルの賃金だよ。

最低賃金が、10.10ドルに上がるなんて想像がつかないね。

(アメリカ)アメリカの最低賃金って、1938年に設定されて以来、23回も変更されている。

どんな時も、最低賃金に満足する人はいない気がする。

(アメリカ)最低賃金が変更されてきているのは当たり前だよ。物価がどんどん上がっているんだ。

1955年に1500万円だった家が、今では6000万円するんだよ。

6000万円の家なんて考えれらないよ。

6000万円の家に住むには、どうしたらお金もちになれるか考えられるくらい頭がよくならないといけない。

家賃もすごい勢いで上がっている。今年は、去年よりも1万5千円も上乗せされたよ。

この勢いでいったら、数年で家賃は50%上がると思うね。こんなのやってられないよ。

今の平均賃金が7.25ドルが、10.10ドルに引き上げられるなんて極端すぎるよ。

最低賃金を上げたら、雇用者の負担が上がるよ。今でもお給料を払わなくてすむ様に、リストラをして、機械にその人がしていた仕事をさせようとさせているくらいなんだから。

家賃の値上げが、僕たちの財布に響いている。問題は、大家さんや不動産会社にあるんじゃないかな。かれらが貪欲なんだ。

家賃の値上げに歯止めをかけないといけないと思う。

(アメリカ)アメリカには、最低賃金で働いている人って労働人口が1億5000万人に対して、何百万人だ。彼らの給料を上げても、アメリカの経済の活性化につながらないと思う。

最低賃金を引き上げないオバマ政権は、富裕層のことしか考えていないと思う。

アメリカに存在する貧困層のことなど気にもかけていなんだ。

オバマ大統領自身は、最低賃金引上げに賛成している。共和党が反対し、その動きを阻止しているんだ。

まとめ

最低賃金の引き上げによる功罪を考えよう。

世界の反応を見ると、Oxfamの主張を鵜呑みにするだけでなく、最低賃金の引き上げに伴うマイナス点も考慮する必要があることが分かります。

例えば、最低賃金が上がれば、雇用者の負担が大きくなります。従業員にお給料を払えなくなり、リストラをされる可能性も出てくるのです。せっかく最低賃金が上がっても、リストラをされらた元も子もないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    日本も最低賃金を公務員並に上げるべき
    じゃなかったら、公務員の給料を最低賃金レベルに下げるべき

  2. 日本の名無しさん より:

    ※1

    日本の高校新卒の公務員の初任給は最低賃金がベースになっていて時給に換算すると最低賃金と大差ないよ。
    むしろ最低賃金+αの時給が多いコンビニなどのバイトよりも時給が低いよ。

  3. 日本の名無しさん より:

    まあ法ででもそうしてもらわなきゃ
    投資家が再分配を進めたがる事なんてあり得ないしな

  4. 日本の名無しさん より:

    ※ただし日本を除く
    インフレで物価が上がっても平均給与は下がり続けるだけ

  5. 日本の名無しさん より:

    >貧困層は最低賃金が低すぎるから、平均して週に55時間働いている。
    >これに対して富裕層の平均労働時間は週22時間。

    アメリカの貧困層って日本の貧困層よりも楽だよね。
    日本だと55時間なんてそれほど多いとは思えない。

    アメリカの富裕層の労働時間って異常に短いよね。

  6. 日本の名無しさん より:

    富裕層の負担はそのままに、最低賃金は引き上げる…
    結果、中小企業が上下からむしられることにならなきゃいーけど。小規模経営者への助成金とセットならともかく。

    日本もそちらに向けて進みつつあるので人ごとじゃない。

  7. 日本の名無しさん より:

    >日本の高校新卒の公務員の初任給は最低賃金がベースになっていて時給に換算すると最低賃金と大差ない

    大卒は?
    役所とやり取りする仕事やってると、対応の悪さ、上から目線に本当に辟易とするけどな。言葉づかいぐらいなんとかならんのかな。

  8. 日本の名無しさん より:

    ※2がホームラン級のアレなんだが。公務員かな?
    とりあえず、40歳の公務員時給換算すると3000円以上ね。

コメントを残す

キャラクター紹介