> > > キャッシング審査に一度でも落ちたら気をつけたいポイントとは?

キャッシング審査に一度でも落ちたら気をつけたいポイントとは?

キャッシングに申し込むと、必ず貸金業者や保証会社による審査を受けます。そして、審査に通って初めて、借り入れができるようになります。しかし、当然ながら、状況によっては審査に落ちてしまうこともあります。

否決となるととてもショックですし、焦りからすぐに別の業者に申し込みたくなってしまいがちですが、それは賢明ではありません。審査に一度でも落ちたら、それ以前とは状況が全く変わってしまっているのです。

それを知っておくことは、快適なキャッシング生活を送るうえで非常に重要です。審査に落ちた人、また、落ちそうで不安という人は、ぜひこの記事をお読みいただき、どんな点に気をつけるべきなのかをチェックしてくださいね!

カードローン審査はどのように行われるの?業種による違いも解説!

審査落ちは大変悲しいものですから、審査に落ちたらどうすべきかを考える前に、落ちないような工夫をした方がいいですよね。そこで、まずは審査がどのように行われるのかを知っておきましょう。

年齢と安定収入に関する条件

担保や保証人も不要で使い道自由なカードローンやキャッシングは、多くの人に門戸を開いてくれています。しかし、もちろん誰にでもお金を貸してくれるわけではなく、申し込みには以下のような条件があります。

  • 満20歳以上の人
  • 安定かつ継続した収入があること

つまり、未成年の人や無職の人は申し込むことができないのです。

18歳以上の学生であれば学生ローンで貸付してくれる業者もまれにありますが、そのようなところはとても少ないので、原則として20歳以上の安定収入を得ている人以外は、キャッシングが利用できないと思っておいた方がよいでしょう。

審査に必要な項目

申し込みをするにあたって、紙の申込書であれネットの申込みフォームであれ、様々な個人情報を記入しなければならないのは同じです。その際求められるのは、以下のような情報です。

  • 勤務先・職種・年収
  • 雇用形態・勤続年数
  • 家族構成
  • 居住形態・居住年数
  • 固定電話・携帯電話の有無
  • 借入希望金額
  • 他社借り入れ件数・借入額

これらの申込者の自己申告による情報に加え、申し込みを受けた金融会社が信用情報機関に照会した申込者の個人信用情報を元に、返済能力がある人か、いくらまでなら融資しても大丈夫か等を審査するのです。

このうち、特に重要な項目と、それほどでもない項目があるのですが、それは次章で詳しくお話します。

自分に合った業種に申し込もう!

基本的にカードローンは、条件を満たせば誰でも申し込みができるのですが、業種によって多少の違いがあります。カードローン商品を取り扱っている金融業者には、以下の3種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。

  • 消費者金融系
  • 信販系(クレジットカード会社)
  • 銀行系

このうち、消費者金融系と信販系カードローンは、借入総額が年収の1/3を超えてはならないという「総量規制」の対象となります。

すなわち、本人には収入がない専業主婦の人たちは、消費者金融系と信販系では借入できないのです。

総量規制には例外や除外もあり、住宅ローンやおまとめローンは年収の1/3を超えても借入可能です。また、例外のひとつである配偶者貸付を利用すれば、中小消費者金融などで専業主婦が借入できる場合もあります。しかし、大手消費者金融では、総量規制の例外適用はまず無理と考えてください。

ですから、たとえば専業主婦の方が大手消費者金融に申し込めば、審査以前の段階ではねつけられてしまいます。このような業種ごとの特徴を知らずに申し込んでしまうと、個人信用情報に無駄な傷を残すことになりますので、自分にあった金融機関に申し込むようお気を付けください。
審査に必要な個人情報はとてもたくさんありますが、近年はスピードアップのために、これらを点数化して合計得点が基準を満たしていれば可決とする業者が多いです。

得点配分の大きい項目と、そうでない項目があると考えられており、勤続年数や個人信用情報はとても重要です。

また、属性によっては申し込み自体ができない業種もあるのですね。専業主婦の方は銀行系カードローンを選ぶようにしましょう。

年収や職業で審査に落ちることはあるの?重視される項目とは?

ここまで、キャッシングに申し込むとどのような点を審査されるのかということと、業種ごとに申し込み可能な属性が異なることをお話してきました。ここからは、審査の中身をより詳しく見ていきましょう。

有利な職業や不利な職業とは?

カードローンに申し込むとき、「パートだから無理かも…」など、職業や雇用形態によっては審査を不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

審査において有利になる職業や雇用形態は、やはり公務員や大企業の正社員ですが、このような方々でも100%審査に通るというわけではありません。逆に、パートやアルバイトの人は不利なのは確かですが、その仕事を長期的に続けているなら可決の可能性はじゅうぶんあります。

パート等でも在籍確認はありますが、電話連絡にてその職場で働いているという確認が取れれば、まったく問題ありません。(こちらもご参考に→キャッシングの在籍確認をチェック!

したがって、職業や雇用形態によって有利なものと不利なものがあるのは確かなのですが、それだけでは審査に通るかどうかの判断はつかないのです。

勤続年数が重要!

では何を重要視して判断しているのかと言えば、勤続年数と個人信用情報なのです。個人信用情報は次章でお話しますが、勤続年数もなかなか侮れない項目なのです。

公務員であっても勤続年数1~2年未満では申し込み自体ができないカードローンもあるくらいですから、いかに重視されているかが推測できます。

ですから、パートやアルバイトなどの非正規雇用であっても、10年以上続けているなら、年収に見合った借入希望額で申し込めば可決の可能性は高いでしょう。

なぜ勤続年数が大切かというと、やはり安定性や信頼性が推し量れるからです。同じ仕事を続けられるということは、同じ地域でこれまでもこれからも長く今の生活を続けると考えられます。このことが返済能力や誠実な人間性を表すため、審査で重視されるのです。

居住年数が長いことや、固定電話があると携帯電話しかない場合よりも有利になるのも、同じ理由です。

生活が安定していることを示そう!

審査に通るためには、返済能力があること、すなわち、金額的にはそれほど大きくなくても安定継続した収入があること、今後もよほどのことがない限りは生活に大きな変化がないと思われることを示す必要があります。これが、勤続年数が大事な理由なのです。

ですから、審査に落ちてしまった人には、まだ返済能力を裏付けるだけの安定性がなかったのだと思われます。ブラックではないのなら、数年待って勤続年数をできるだけ長くしてから再び申し込めば、可決となる可能性もあります。

転職を繰り返していると、なかなか有利な状態になれませんから、カードローンを利用したいのであればこの点に気を付けましょう。

もちろん職業や年収も審査でチェックされますが、それだけで可否が決まるというものではないのですね。所得が低かったり、非正規雇用だったりすると不安になりますが、勤続年数が長ければそれほど問題にはならないことが多いんです。

逆に言えば、職業的に信用度が高くても勤続年数が少ない人は、安心し過ぎてはいけないのですね。

個人信用情報を確認しよう!ブラックの間は新たな申し込み厳禁!

最後に、審査でもっとも重要とも言える個人信用情報についてお話します。勤続年数が長くても、それ以外の属性がどんなに良くても、個人信用情報に問題があるとそれだけで審査に通らなくなることもよくあります。

でも、個人信用情報って具体的にはどのようなものなのでしょうか?さっそく見てみましょう。

個人信用情報とは

個人信用情報とは、借り入れやクレジットの利用等に関する様々な情報のことで、具体的には以下のようなものです。

  • 氏名・勤務先・運転免許証番号等、個人を特定するための情報
  • 借入件数・借入先・利用枠など契約に関する情報
  • 延滞など支払い状況に関する情報
  • 任意整理・自己破産など債務整理に関する情報
  • 申し込み先など申し込みに関する情報

これらが適切な状態でないと審査には通りにくくなります。

このような状態だと審査に通りにくい!

それでは、個人信用情報がどのような状態だと審査が厳しくなるのでしょうか?それは、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態で、たとえば以下のような場合がそれに当たります。

  • 延滞情報がある
  • 他社の契約が利用停止になっている
  • 債務整理など金融事故情報が載っている
  • 短期間に複数の新規申し込みをしている
  • クレジットカードも含め利用履歴がまったくない

延滞や債務整理はもちろん、申し込みのしすぎも「申し込みブラック」として敬遠されますし、逆になんの使用履歴もない状態も警戒されてしまい、審査において不利になります。

実際に否決となってしまった方は、これらの点を振り返ってみて自分が審査に落ちた原因は何なのか、よく考えてみましょう。また、これから申し込みをしたいという人は、これらのブラック情報がないか確認してから申し込むのがベターです。

申し込みはブラック情報が消えてから!

いったんブラックになってしまったら、どんな金融機関や消費者金融会社に申し込みをしてもほぼ否決です。しかも、申し込みをしたという情報は残ってしまいますから、ますます悪い状況になります。

したがって、ブラックの人や審査落ちした人は、決して新たな申し込みをしてはいけません。では、どうすればよいのでしょうか?

もっとも確実な方法は、ブラック情報が消えたのを確認してから適切な利用実績を積んで、それから申し込みをすることです。

個人信用情報の登録期間

個人信用情報は信用情報機関にて収集保管されており、各情報機関によって多少の違いはあるものの、登録期間を過ぎればブラック情報も消えることになっています。

信用情報機関 情報の種類と登録期間
JICC ・延滞に関する情報:5年以内
・債務整理等に関する情報:5年以内
・申し込みに関する情報:6か月以内
CIC ・延滞に関する情報:5年以内
・債務整理等に関する情報:5年以内
・申し込みに関する情報:6か月以内
全国銀行個人信用情報センター ・延滞に関する情報:5年以内
・申し込みに関する情報:6か月以内
・官報に公告された破産等に関する情報:10年以内
信用情報機関と各情報の登録期間は上記のようになっています。それぞれの信用情報機関では個人信用情報の開示も受け付けていますので、不安な方は照会してご自分の信用情報がブラックではないことを確認しておくと安心して申し込めますね。
いったんブラックになってしまったら、もう二度と借りられないと思われる人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。ブラック情報が登録される期間をチェックしてみましょう。

しかし、ブラック期間に再び申し込みをしてしまったり、滞納を続けてしまったりすると、どんどんブラック期間が長引きます。

無理な借り入れをするとこのような事態に陥りやすいので、自分で自分の首をしめないためにも、申し込みの段階で計画的に借り入れできる範囲を考えておくようにしましょう。

申し込みはブラックではなくなってから!適切な利用実績も重要!

キャッシングやカードローン審査に落ちてしまったら、焦りやショックなどで精神的に動揺してしまう人も少なくないですよね。でも、むやみに動いてしまうとますます可決からは遠ざかっていくことになりますから、まずは落ち着いて自分が否決だった理由を探りましょう。

否決の大きな原因は、ブラックであることや勤続年数が短いことです。まずはここを確認し、借入残高や延滞がある方はきちんと完済し、ブラック情報が消えるのを待ちましょう。

そのうえで、利用と期日通りの支払いを繰り返して利用実績をつめば、次回は審査に通る可能性もじゅうぶん出てきます。審査に通りたいなら、焦らずじっくり待つのが得策であることを覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングの質問や悩みを解決!

キャッシング審査に落ちるのには、それなりのワケがあります。もしも落ちてしまったら、まずは何がいけなかったのかを冷静に考えてみましょう。ブラックだったり勤続年数が少なかったりするなら、原因はそれだと思われますので、そこを改善しておきましょう。

適切なクレジット利用実績がないことも、否決の一因になり得ます。電話料金などをカード決済にするなどして、安定した利用実績を作りましょう。

返済能力さえ示すことができれば、年齢要件に引っかからない限りは可決となります。この記事を参考に、可決の連絡を受けられるよう頑張ってみてください!

新着記事
カテゴリー