> > > 自営業でも可能なキャッシング!おすすめの業者はどこ?

自営業でも可能なキャッシング!おすすめの業者はどこ?

自営業をされている方々の中には、月によって運転資金のやりくりに苦労されている方もおられるのではないでしょうか。そんなときに自営業の方でもキャッシングの可能な業者があれば助かりますよね。

実際に自営業をされている方でも会社員やパート・アルバイトをされておられる方と同様に一定の収入があればキャッシングの申し込みは可能です。ということで今回は自営業者でもキャッシングが可能な業者をご紹介してまいりますが、まずは自営業者の方々がお金を借りられる場合の問題や借り入れ可能な額など諸々の環境からご説明していきます。

キャッシングを利用する理由あれこれ

自営業を営む方々の一番の悩みはお金の問題だといわれています。仕事を軌道に乗せることもたいへんですが、それ以上にお金が借りにくい、ローンやクレジットカードの審査に通りにくいなど、様々な苦労があるようです。

というのもサラリーマンのように安定した収入が見込めないということで、社会における信用度が低くみられているため、キャッシングの審査では、自営業者に対する審査は、サラリーマン等に比べ比較的厳しめに行われるからです。

しかしながら自営業者に対してキャッシングを行ってくれる業者もありますのでご安心ください。
ここでは自営業を営む方々がなぜキャッシングを利用されるのか?さらにキャッシングの利用の際のご苦労についてご説明しています。

というのも、自営業者の方々は公務員や会社員と比べて収入が安定していないため、キャッシングの審査に通りにくいためです。

借り入れ可能な金額や在籍確認について

キャンシングの際、原則的に借り入れできる金額は、年収の1/3以内の金額となっていますが、自営業者の場合は会社員とは異なり収入が安定していない場合が多いため、業者としてはあまり積極的に多くの額を貸し出しません。

よって、実際に借り入れが出来る金額というのは大体年収の1/6くらいになるケースが多いようです。

またキャッシングの申し込みの際には、たとえ自営業の場合でも、電話での在籍確認が必要となります。

在籍確認とは申し込みをする際に記入した会社に、申し込み者本人が本当に所属しているのかを電話を掛けることによって確認することをいいます。

在籍確認に関して、携帯電話でも可能という業者も有りますが、基本的には固定電話でないと認められません。

但し、会社兼自宅の場合、電話番号が自宅のものでも大丈夫です。

ここでは自営業者の方がキャッシングを利用される際の借り入れ可能な金額や在籍確認に関する内容をご説明しています。

自営業者が実際に借り入れできる金額は一般の方が年収の1/3に対して、1/6程度に抑えられるようです。

ただ、在籍確認は一般の方と同じように行われるようです。

個人利用と自営業者利用との違い

自営業者の方々がキャッシングを利用する際、個人でキャッシングを利用する方々との条件(総量規制対象かどうか など)の違いがありますので、以下にまとめをご参照ください。

●個人向け融資

借り入れ目的 総量規制 審査速度 借り入れ限度額 担保及び保証人の有無
事業以外であれば自由 規制の対象(銀行は除く) 会社により最短速度が異なる(最短30分) 会社により異なる(10~800万円が多い) 無しの会社も有り

●自営業者向け融資

借り入れ目的 総量規制 審査速度 借り入れ限度額 担保及び保証人の有無
事業に限定 規制の対象外 素早い審査並びに融資が可能な会社も多い 会社によるが、個人向けよりも高い設定が多い 無しの会社も有り
ここでは一般の方々と、自営業者の方々とのキャッシングを利用する際の条件比較をいくつかの項目に分けてご説明しています。

それぞれの違いに関して、借入目的が違うのは当たり前ですが、総量規制の対象か非対象ということや借り入れ限度額も異なってまいります。

審査に通るためのポイント

自営業者の方々がキャッシングの審査に通るためのポイントですが、キャッシング会社では、カードの申し込みの際に申し込み条件を定めています。

それは①年齢に関する条件及び②収入に関する条件となりますが、自営業者の方が申し込まれた場合には、②の収入に関する条件に引っ掛かる場合が多いようです。

というのも先ほども申し上げましたように、自営業者の場合は収入が安定しないためとなります。

ただ、開業してから1年以上経過している場合や農業のように安定した収入が見込める場合は、カード発行が問題なく認められるようです。

それとは反対に開業して間なしの飲食店や事業の内容が不明瞭な場合には、審査に通らないことがあります。続いて、申し込みの際に必要となる書類ですが、キャッシング会社の方から、収入に関する証明書類の提出を求められる可能性があります。

尚、証明書類とは「確定申告書の写し」や「税額通知書の写し」になりますので、予め用意しておかれることをおススメします。

さらに業者によっては「営業状況確認のお願い」などを求めてくる場合もあります。

よってキャッシングの申し込みを考えている業者の公式サイトにも目を通して置かれると更に安心です。

ここでは自営業者の方々が、キャッシング借り入れを希望する際に、その審査に通るためのポイントをご説明しています。

通常、自営業は収入が安定していないという理由から審査には通りにくいといわれていますが、自営業を開業して1年以上経過している、又は農業を営んでいるなどの場合は通りやすいといわれています。

逆に開業1年未満の飲食店などは通過しにくいようです。

自営業者の方々へのおススメのキャッシング業者(銀行系カードローン)

自営業者の方々が借り入れ可能で、おススメの銀行系カードローン会社は以下の通りです。

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、銀行ローンの中でも人気の高い商品のひとつになります。

他の銀行の商品と比べると少し金利は高めですが、口座は不要で、申し込み時に口座がなくても新規で解説する必要はなく、審査終了までのスピードも大手消費者金融並みの速さがウリです。

しかしながらバンクイックは銀行カードローン特有のキャッシュカードにローン機能をセットする形となりますので、キャッシュカードの作製は必要となります。

またアコムが保証会社となっているため、貸し出しも積極的に行っています。尚、バンクイックの申し込みはインターネットでのWeb審査となります。

●三菱東京UFJ銀行での自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
500万円 1.8%~14.6%

三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは低金利となっており、さらに審査についても最短30分というスピード審査が人気となっています。

審査終了後にローン契約機においてカードを発行していただき、銀行の営業時間外でも即日融資が可能なため、急ぎの借り入れが希望な場合、非常に助かるローンとなります。

尚、申し込みは三井住友銀行カードローンの公式ホームページからの申し込みが可能で、個人情報取り扱いに関する事項への同意、そして必要事項を記入すれば審査が開始されます。

審査に通ると電話で連絡があり、ローンカードを郵送で受け取るか、または三井住友銀行内にある契約機でローンカードを発行することにより、提携のATMからお金を引き出すことが可能です。

ちなみに三井住友銀行のカードローンも三菱東京UFJ銀行と同じく口座の開設は無くても利用することが出来ます。

●三井住友銀行での自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
800万円 4%~14.5%
ここでは自営業者がキャッシング利用を希望される際にお薦めする銀行系のカードローン会社をいくつかご紹介いたします。

それぞれの会社(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行など)の紹介はもちろん、限度額や金利も併せて比較ご説明をまとめています。

自営業者の方々へのおススメのキャッシング業者(大手消費者金融)

自営業者の方々が借り入れ可能で、おススメの消費者金融系カードローン会社は以下の通りです。

アコム

業界内の大手で、貸付は最高500万円までの行ってもらえます。そんなアコムの大きな魅力は申し込みから借入までのスピードがすべてのキャッシング会社の中で上位に位置しています(申し込みの後、最短30分で審査を行い、終了後メール又は電話にて連絡が入ります)。

またカードローンや振り込みでの融資については、スマホアプリや電話、ウェブにて申請ができます。そして申し込み者が楽天銀行に口座を持っている場合は、24時間365日融資及び返済が可能で、さらに毎月の返済日をメールにて事前に知らせてくれるサービスもあり長期で利用できると好評です。

尚、自営業者向けには「ビジネスサポートカードローン」というサービスがあり、借り入れの限度額は300万円までとなっています。また即日での対応も可能で、使用の用途も特に指定されていません。ちなみに融資の額は1万円からとなっており、限度内の金額であれば何回でも利用することができます。

但し、貸付の条件については業歴が1年以上の個人事業主となります。あと固定電話がなく携帯番号のみでも審査が可能です。

●アコムでの自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
800万円 3.0%~18.0%

プロミス

三井住友銀行グループであるプロミスでの融資額は最大500万円までとなっています。プロミスでキャッシングする場合の大きなメリットは、審査がスピーディーでかつ他のキャッシング業やと比べて上限金利が少し低めになっているという点です。

さらに明確に他業者と違いがあり、それは契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録を行えばついてくる30日間の無利息期間となります。あと三井住友銀行に銀行口座があれば、24時間365日借入及び返済が可能となります。

尚、自営業者向けには「自営者カードローン」というサービスがあり、借り入れ限度額は300万円までとなっています。また審査についても早く行って貰え、当日中に融資を受けることも可能です。さらに借り入れの最高限度額及び金利が個人向けのローンと同じとなっているため、分かりやすい事業者向けローンとして好評を得ています。

●プロミスでの自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
300万円 6.3%~17.8%

モビット

モビットは即日の融資に対応しており、シュミレーションの審査を利用してもらうと10秒で高い精度の判定結果が出ますので、融資を急いでいる方には大変便利です。

またモビットにはWEB完結というサービスがあり、このサービスは、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば利用可能です。

このWEB完結というサービスは、電話や郵送物、勤務先への電話確認がなく、WEBのみで契約が完了してしまうサービスになります。さらにモビットはMyモビという名前の、モビット会員が利用できる独自のサービスが存在し、Webにて返済シュミレーションや振込依頼などが簡単に出来ます。

尚、モビットは申し込み条件に「自営業者※も利用可能」と書かれており、他の業者と比べても比較的高めの限度額500万円まで借り入れが出来ます。

●モビットでの自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
800万円 3.0%~18.00%

レイク

レイクは新生銀行系のカードローンで、いわゆる銀行カードローンということになります。 そんなレイクでは、初めての方に対して2つの無利息(30日間 または 5万円まで180日間無利息)ローンから選ぶことが出来、そして手続きが平日14時までに完了すれば即日振込んで貰えます。

そのうえ、銀行カードローンということで、総量規制の適応外となり、年収による借り入れ金額の制限がありません。また消費者金融のメリットを備えながらも、銀行カードローンのようにATM手数料が無料といった、普段からコンビニATMをよく利用している人にとって嬉しいメリットがあります。さらに銀行カードローンの中においては、唯一となる最高で180日ほどの無利息期間サービスを提供しています。

尚、レイクでの自営業者への貸し付けは、限度額500万円までとなっており、この金額は個人向けローンと同じサービスになります。

●レイクでの自営業者向けの限度額及び金利

限度額 金利
500万円 4.5%~18.0%

以上のように自営業者の方でもお金が入り用の際にはキャッシングは可能です。皆さんもお金を上手く運用し、事業を早く軌道に乗せ、そして益々事業が発展されることをお祈りしております!

【参考ページはこちら】
資金繰りに悩む個人事業主におすすめ記事

ここではまとめとして、自営業者がキャッシング利用を希望する際にお薦めする大手消費者金融の会社をご紹介しています。

業界最大手のアコムをはじめプロミスやモビット、レイクなど皆様も耳にされたことのある大手の消費者金融会社のご紹介および、それぞれの限度額や金利などの条件も比較して頂けるようにまとめています。

これらの情報を参考に今後自社のご商売の発展にお役立てください。

新着記事
カテゴリー