> > > 知って得する!意外と便利な千円単位キャッシングの実態とは?

知って得する!意外と便利な千円単位キャッシングの実態とは?

キャッシングというサービスは独特のシステムを持っており、馴染みのない人にはわかりにくく感じることも多いものです。

それでも申し込みや審査などの基本的な手続きに関することはキャッシング業者のサイトでも詳しく説明されていますし、少し調べれば様々な情報が出てくるので、初めての人でも事前に確かめておくことができます。

しかし、いざ実際にお金を借りるとなると、より細かなことが気になってくるものです。例えば、借り入れをする際にはいったいいくらずつ借りられるのか、千円単位で借りることもできるのか…などという細かい疑問に関しては、案外明確に情報を得るのは難しいこともままあります。

そんな小さいけれど放っておけない疑問、キャッシングの借入単位について、ここでは詳しく説明していきたいと思います。

限度額の設定は万単位…千円単位の借り入れはできる?

キャッシングの借入単位と聞くと、借入限度額関連のことを思い浮かべる人も少なからずいるのではないでしょうか?

基本的に、キャッシングサービスにおける借入限度額は10万円単位を基準として設定されることがほとんどですが、業者によっては1万円単位でより細かく取決めを行うところもあります。

また、契約後に限度額が上がる増枠融資を希望する場合にも、同様に業者によって10万円単位、あるいは1万円単位で限度額が上がっていくことになります。

一方、実際にお金を借りる際の借入単位はというと、借入限度額の単位よりももう少し小さくなり、千円単位から高くても1万円単位というのがほとんどです。

もともとはどちらかというと1万円単位での借り入れが主流でしたが、最近は千円単位の借り入れが可能なキャッシング業者がかなりの勢いで増えてきています。

時代の流れとともに正社員だけでなく派遣社員やパート・アルバイトなどの非正規雇用者も融資の対象に入ってきたことによって、より少額での借り入れのニーズが増大したためと考えられるでしょう。

ただし中には、借り入れ方法や利用するATMによっては千円単位での借り入れに対応しておらず、1万円単位での利用しかできないというように、まだ対応が万全ではない業者もあります。したがって千円単位での借り入れを希望する場合には、借り入れ先選びは慎重に行わなければなりません。

キャッシングでは基本的な借入限度額は10万円単位か1万円単位で設定され、増枠融資の場合にもそれに準じて限度額が上がっていきます。

実際にお金を借りる際の借入単位は、千円単位から最大でも1万円単位になるところがほとんどです。特に最近は、千円単位の少額借り入れが可能なところが増えてきています。

とにかくお得!千円単位でお金を借りるメリットとは?

千円単位の少額借り入れができるキャッシングには2つの重要なメリットがあります。

  • 必要な金額により近い無駄のない借り入れができる
  • 借り入れ額が減るぶん返済期間が短縮でき、利息の節約になる

ぴったり借り入れで無駄遣いしないで済むからお得!

千円単位で借り入れができる場合、1万円単位の借り入れになるキャッシングよりも借り入れ額を必要な金額に近づけることができます。例えば2万4千円のお金が必要というケースにおいて、1万円単位では3万円を借りるしかありませんが、千円単位ならぴったりの金額を用意することができます。

つまり、本来であれば手にするはずのなかった余分な現金を手元に置かなくて済むのです。

キャッシングで得たお金は当然借金ということになるのですが、いざ現金としてお財布に入れてしまうとその実感は薄れてしまいがちです。

余分なお金だから…と使わずに返済にそのまま回すことができればベストなのですが、実際にはつい自分のお金として何かに使ってしまいたくなりますよね。しかしそれは端的に言えば《無駄遣い》に他なりません。

そんな余分な借り入れでの無駄遣いを防ぐためには、そもそも余分になる借り入れを極力しないことが一番の対策です。ジャストに近い形で借り入れができる千円単位のキャッシングであれば、確実にそれを実践しやすくなります。

返済期間が短縮できて利息節約になるからお得!

さらに千円単位で借り入れできるキャッシングは利息の面から見てもよりお得になると言えます。

というのも、上でもご説明した通り、千円単位のキャッシングでは1万円単位のキャッシングよりもトータルの借り入れ額を低くすることができます。借り入れ額が少ないということは、返済にかかる期間もより短くなるということです。

そしてキャッシングの利息は基本的に日割り加算ですから、返済期間が短くなればなるほど低く抑えることができます。

つまり千円単位で借り入れが可能なキャッシングでは、無駄な借り入れにともなう返済期間がない分、利息を節約できているということになるのです。

余分な借り入れかそうでないかに関わらず、借りたお金には必ず返済期間に応じて利息がかかります。それを考えれば、千円単位のキャッシングはただ単に無駄遣いの予防になるだけでなく、無駄な利息の節約にもなるという、二重の意味でお得なサービスと言えるでしょう。

千円単位の少額借り入れができることによって、より必要な金額に近い額の借り入れができるので、無駄遣いの予防になります。

さらに必要以上に借り入れをしなくて済むことで、その分返済期間が短縮でき、結果として利息を節約することができます。

つまり千円単位の借り入れができるキャッシングは二重の意味でお得と言えるでしょう。

使い方に要注意!?千円単位の借り入れに潜むデメリット

千円単位で無駄なく使う分だけの借り入れができるということは千円単位のキャッシングの一番の魅力ですが、余分な借り入れをしない分、お金が必要になることが複数回重なれば、こまめに何度も借り入れをすることになる可能性もあります。

短期間で何度も借り入れを行うという千円単位のキャッシングだからこそやりがちな利用の仕方は、一見なんの問題もないように感じられますが、実は見逃せないデメリットが潜んでいるのです。

  • 借り入れのたびにATM利用手数料・振込手数料などがかかる
  • 借り入れ総額が把握しにくくなる
  • 借金という意識が薄れ、借り入れに歯止めが効かなくなる

ちりも積もれば…毎回かかるATM手数料、どうする?

キャッシングの主な借り入れ方法としては、ATM借り入れや口座振り込みなどがありますが、いずれにしてもATM利用手数料・振り込み手数料という形で毎回お金がかかるのが基本です。

これらの手数料は1回の金額にしてみれば数百円程度というごく小さな金額ですが、借り入れの回数が多くなってくるとその総額はあっという間に数千円にもなってしまうでしょう。

せっかく不要なお金を借りないことで利息が節約できていても、手数料がその利息の節約額を上回ってしまっては全く意味がありません。

とは言え、せっかく千円単位での借り入れが可能なのに、借り入れ回数を減らすために一度にまとめて高額借り入れをする…というのも、もったいないことです。

そこである程度の期間で複数回の借り入れが見込まれる方におすすめしたいのが、千円単位で借り入れできるだけでなくATM利用手数料や振り込み手数料が無料になるキャッシング業者です。

具体的には、新生銀行カードローンレイクや楽天銀行スーパーローンなどがその条件に当てはまります。いずれも自社のATMだけでなく、コンビニATMや一部の他金融機関ATMなどの提携先ATMをも手数料無料で利用できるので非常に便利です。

今いくら借りてる?きっちり管理が大切

キャッシングを利用する際には、《返済計画をしっかり立てて、確実に返せる分だけ借りる》というのが鉄則です。

しかし少額の借り入れを何度もする場合、前回の借り入れ分を完済しないうちに新たな借り入れを行うということもあるかもしれません。

そのように返しながらまた借りて…ということを繰り返していると、利息も相まっていつの間にか自分が今トータルでどのくらい借りているのかということがわかりにくくなってしまいがちです。これでは、たとえ金額的に見れば問題なく返済できる借り入れであったとしても、安全にキャッシングを利用できているとは言えません。

支払いに余裕があるうちはそれでも良いかもしれませんが、毎月の返済額が大きくなりすぎるなどして金銭的に余裕がなくなった時に、一気に大きなトラブルを引き起こすきっかけになることもあります。

こまめに必要なだけ借り入れをすること自体は良いことなのですし、借入残高があるうちに新たな借り入れをするのもやむを得ないこともあるかと思います。

ただし無理なく安全にキャッシングを利用するためには、借り入れ総額は常にきちんと把握すること、新たな借り入れの都度返済計画を見直すことが大切です。

少額借り入れの落とし穴…ついつい追加借りに気をつけろ!

千円単位という少額借り入れができるのは非常に便利で、しかもお得に利用することができるのは先述の通りですが、それゆえに手にしたお金が借金であるという意識が薄れてしまいやすい傾向があります。

最初のうちはそうでもないかもしれませんが、何度も利用していくうちにだんだんと借金に対する抵抗がなくなり、まるで自分の口座からお金を引き出すような感覚に陥ってしまうのです。

そうなると、『あと6千円あれば○○が買える』『お金があまりないから、コンビニに寄ったついでに3千円くらい借りていこう』というように、差し迫った必要性の薄い浪費のためにまで気軽にお金を借りるようにもなりかねません。

もちろん、どんなに借りたとしても借入限度額を超えることはありませんが、上で挙げた借入総額が把握しにくいというデメリットと相まって、気が付いた時には思った以上の借り入れを抱えていた…ということも起こりうるのです。

無用な借り入れで借金を増やしすぎないためには、たとえ千円単位であってもそれが借金であるということは正しく認識し、借り入れをする前には本当に必要なお金なのかどうか常に考える癖をつけておきましょう。

千円単位の少額借り入れができるキャッシングで必要に応じて無駄なく借り入れをしていると、場合によっては短期間で何度も利用することもあるかもしれません。

その場合、借り入れごとにかかるATMや振り込みの手数料が毎回かかってしまうともったいないので、手数料無料のキャッシング業者を選びましょう。

また、少額をこまめに借り入れすることで借り入れ総額がわかりにくくなったり、引き出したお金が借金であるという意識が薄れてしまいがちです。たとえ千円単位の少額でも、本当に必要な借り入れかどうかを常に考え、返済計画をきちんと立てる癖をつけましょう。

使い方次第でお得に!千円単位のキャッシングを活用すべし

千円単位の借り入れができるキャッシングは他と比べてお得に無駄なく利用することができるという点で、非常におすすめです。借り入れ先を選ぶ際にはぜひ条件の1つに入れておくべきでしょう。

ただし、使い方次第では千円単位で少額借り入れができるからこそ、かえって無駄遣いや借りすぎの原因になってしまうこともあります。

無理なく、計画的に利用するというキャッシングの基本を守って、千円単位のキャッシングを賢く活用してください。

【参考ページはこちら】
キャッシングのメリット・デメリットをチェック!

最近は千円単位からの少額借り入れができるキャッシングが増えており、無駄なくお得に借りられて非常に便利なのですが、一方で利用頻度が高くなりやすく、手数料が嵩んだり借り入れ総額を把握しにくくなるなどのデメリットもあります。

千円単位のキャッシングを利用する際には特に、無理や無駄がないように計画的に借り入れをするというキャッシングの基本を意識して守ることが大切です。

新着記事
カテゴリー