> > > 65歳以上は申し込めない?高齢者のキャッシングは不可能か

65歳以上は申し込めない?高齢者のキャッシングは不可能か

キャッシングを考えている方の年齢層は様々ですよね。

学生でも、卒業旅行や、ゼミの合宿、コンパなどお金はいりますし、社会人になってからも社員同士の付き合いや冠婚葬祭など急な出費は付き物です。

また、年齢を重ねていっても、ご自分のお子さんやお孫さんへの出費や旅行、病気など、いつまとまった出費をするときがやってくるのかわかりません。

そんな時の強い味方がキャッシングですが、ここで気になってくるのが、いったい何歳まで借り入れできるのかということですよね。

近年は年金受給開始も、定年も65歳のところが増えてきましたが、キャッシングも関係しているのでしょうか?

今回はキャッシングと年齢制限について調べてみました。

大手消費者金融のキャッシング…年齢制限は何歳まで?

カードローンと言えば社会人になって働いていればいつでも申し込みができると考えている方も多いようですが、実は、そんなことはありません。

キャッシングには様々な条件があり、その上限の中には年齢制限があります。

多くのキャッシングの下限年齢は20歳ですが、上限年齢はその業者ごとに異なっているようです。

大手消費者金融の年齢制限目安は69歳くらいまで!

キャッシングをするときに、カードローンの申し込み条件である年齢制限をあまり意識されたことがないという方も多いかもしれません。

もちろん、20代や30代の方は気にする必要はありませんが、すでに定年を迎えた方などは、申し込みの際に是非一度ご確認ください。

いわゆる大手消費者金融の年齢制限についてまとめてみました。

業者名 年齢制限
アコム株式会社 20歳以上69歳まで
アイフル株式会社 20歳以上69歳以下
SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンス
(プロミス)
20歳以上69歳以下
三井住友銀行グループの株式会社モビット 20歳以上69歳以下

テレビCMなどでよく見るこの4社はすべて69歳以下や69歳までとなっていて、60代なら申し込みができるということが分かります。

ちなみに下限年齢がすべて20歳からとなっているのは、理由があります。それは、民法上未成年の契約は無効と判断されるケースがあるからです。

60代なら大手の消費者金融でもキャッシング出来る可能性がある!

上限年齢が69歳というのも興味深い所ですよね。以前はもっと60歳までとか65歳までなどバラバラでした。

しかし、多くの企業で定年が65歳まで引き延ばされ、日本人の健康寿命も延びていますので、60代でもバリバリ現役という方が多くなっています。

年金の受給年齢も60歳から65歳になり、今後更に遅くなる可能性も示唆されているのです。

日本人のライフスタイルに合わせて消費者金融の申し込み条件も日々変化をしているということでしょう。

大手の消費者金融の場合、借入の年齢制限が20歳以上69歳までというところが多いようです。以前は60代前半までの年齢制限の所が多かったのですが、日本人の健康寿命の延び、定年や年金受給の先延ばしなどに合わせて年齢制限の上限も上がってきました。

銀行のカードローンにも同じように年齢制限があるの?

カードローンと言えば消費者金融を思い浮かべる方も多いですが、実は銀行でもキャッシング出来ます。

そして、銀行のカードローンも年齢制限がありまあす。

銀行カードローンの年齢制限は60~70歳の間が多い

では、ここでいくつかの銀行カードローンの年齢制限を見ていきましょう。

業者名 年齢制限
みずほ銀行カードローン 20歳以上満66歳未満
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 20歳以上65歳未満
楽天銀行カードローン 20歳以上62歳まで
新生銀行カードローン レイク 20歳以上70歳以下

大手消費者金融では、年齢制限が69歳と同じでしたが、銀行で見ていくと銀行によってさまざまということ分かりますね。

銀行ごとの方針により年齢制限が異なる

銀行のカードローンの年齢制限は60~70歳程度である場合が多いようです。

銀行によってそれぞれ異なりますので、カードローンを申し込む前にきちんとチェックしておきましょう。年齢がかみ合わないと、申し込んだはいいけれど審査を受けることも出来ず否決となってしまいます。

また、銀行によっては通常のカードローンとは別にシニア向けのローン商品を取り扱っているケースもあります。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも安心感がありますし、長年メインバンクとしてきた銀行なら相談もしやすいでしょうから、是非ご検討されてみてもよいのではないでしょうか。

銀行のカードローンの場合、60~70歳の間で銀行ごとに異なっているようです。銀行の場合は、カードローン以外にも、年金受取口座に指定している場合のシニア向けのローンや、住宅ローンを担保にするリバースモゲージローンなどシニア専門のローン商品がある場合もあります。

年齢制限をクリアしても…返済能力がないとキャッシング出来ません!

カードローンのご利用に年齢制限があることが分かりましたが、年齢制限がクリアできているからと言って誰でもキャッシング出来るわけではありません。

カードローンを利用するには大前提として安定した収入が必要!

カードローンを利用するにあたって、初歩中の初歩は「きちんと返済する事」です。

借りるだけ借りて返せないというのは絶対にいけません。

そして、金融業者も「この人はきちんと返してくれるのかな?」ということを審査しています。

その審査基準として注目されるのが「安定した収入」なのです。

特に消費者金融には「総量規制」という決まりがありますから収入のチェックは不可欠となります。

  • 総量規制とは…
  • 貸付を行う時に、申込者の借入額が年収の1/3を超えてはいけないという貸金業法に定められている決まりの一つです。

    申込者の借入額は1社からのみでなく、貸金業者(消費者金融・信販会社など)からの借り入れ額の総額となりますので注意が必要です。

では、収入とは一体どういうものなのかと言われれば、以下のようなものがあります。

  • 給与など自分自身が働いて得た収入
  • 配偶者などの家族が働いて得た収入
  • 不動産所得などの不労収入
  • 年金などの公的収入

これらの収入は、カードローンの審査のときにどう判断されるのでしょうか。

給与所得などご自分で働いた場合アルバイトも認められるケースがある

正社員としてご自分が働いて得た給与収入は、カードローンの審査の際にもちろん収入として認められます。

近年は働き方も様々で、派遣社員の方や、契約社員の方も多いのではないでしょうか。

正社員以外の方でも、認められるケースが多いので、それぞれの金融業者の貸し付け条件を確認してみましょう。

また、学生や主婦・フリーターの方、定年退職者の方であっても、アルバイトやパートをしていればキャッシング出来る場合がありますので、こちらも確認してみてください。

ただし、注意する点もあります。

たとえば、就職したばかりの方や、転職してまだ1が月もたっていない方の場合、安定した収入とみなされないケースがあります。

カードローンの審査のポイントは単に「収入」ということではなく「安定した収入(または継続して安定した収入)」ですから、勤続年数が短いと、たとえ収入があっても安定していないと判断されることもあるのです。

少なくとも半年程度たってから申し込みをするようにした方が良いでしょう。

家族の収入は配偶者のみ加味されるケースがあります

続いて、ご自分は就労していないけれど、配偶者やご家族の方が働いて得た収入で生活をしている場合です。

これは、収入を得ているのが配偶者なのかご両親・ご兄弟などのご家族なのかによります。

収入を得ているのがご両親やご兄弟などの場合は、たとえ家事などをご自分が担っていて、家計を一つとしていても残念ながら認められません。

では、配偶者の場合どうかと言いますと、収入として考えてもらえるケースもあります。

ここで注意していただきたいのは、先ほどもご説明した通り、消費者金融をはじめとする貸金業者は、総量規制という決まりがあります。

この総量規制の収入はあくまでも申込者本人の収入である必要がありますので、配偶者が収入を得ていても、申込者ご本人が働いていない場合は借り入れできないのです。

じゃあどこから借り入れすればいいの?と言われれば、2種類あります。

まずは、銀行です。実は銀行の場合は総量規制のある貸金業法ではなく、銀行法に則って営業を行っています。そのため、総量規制の対象外である銀行のカードローンなら配偶者の方に継続して安定した収入があれば借り入れできる可能性があります。

また、消費者金融であっても、配偶者の同意があり、書類などを提出できるケースに限り「配偶者貸付」を利用できる場合があります。

  • 配偶者貸付とは…
  • 通常貸金業者の場合は総量規制があるので、申込者が無職の場合、原則借り入れはできません。しかし、配偶者の同意書・収入証明などの書類があれば配偶者の年収を合算して審査をしてもらうことができます。

配偶者の方が同意している事が前提となりますので、内緒で…ということはできません。

不動産所得などの不労収入は認められないケースもあります

普段は働いていないけれど、アパートの大家をしていて不動産所得があるという方もいらっしゃるかもしれませんよね。

また、もしかしたら中には競馬や競艇などの公営ギャンブル、パチンコなどの遊興で生活をしているという方もいらっしゃるかもしれません。

こういった方々が借り入れしたい!と思うと借り入れすることができるのでしょうか?

基本的には、不労所得は、継続して安定した収入とみなされることが少なく、審査に通らないケースが多いようです。

もちろん、公営ギャンブル・パチンコなどでの稼ぎはもってのほかです。不動産所得も、一時的なものの場合は認められるケースが少ないでしょう。

アパート経営を主力としている場合は、自営業や、不動産賃貸業として職業を記入しておけば認められるケースもあります。まずは、キャッシングをしたい業者に確認してみるようにしましょう。

公的収入の場合はそれだけだと厳しいことも…

お仕事を定年退職し、今は年金で暮らしているという65歳以上の方もいらっしゃいますよね。

また、それ以外にも生活保護などさまざまな公的収入があります。

これらの公的収入の場合、消費者金融をはじめとする貸金業者はなかなか厳しいと判断しておきましょう。

特に生活保護を受給している方はキャッシングをするよりも別の方法を考えた方が得策です。

年金受給者の方について、もう少し詳しく見ていきましょう。

65歳だと年齢制限はクリアしているというカードローンも多いですが、それ以外にも超えなくてはいけない壁があります。

それが「安定した収入」です。

ご自分で働いている場合は問題なく安定した収入とみなしてくれますが、配偶者の収入に頼って生活している場合や、不労所得、年金などの公的収入の場合は、認められないケースも多いので注意しましょう。

どうして上限年齢の設定があるの…年金は収入として認められる?

そもそもなぜカードローンには年齢制限が設けてあるのでしょうか?

多くのカードローンの下限年齢が20歳に設定されているのは、先ほどご紹介した通り、民法との兼ね合いがあります。

そのため、未成年で既に就職しているのに…という方や、学生でアルバイトをしているという方はなかなか借り入れ先を見つけるのが大変かもしれません。しかし、中には学生専用ローンなどもありますので、探してみましょう。

年齢が上がるにつれて健康面などの不安が出てくる

カードローンに年齢制限がされている理由の一つが、やはり年をとると少しずつ健康の不安が出てくることが挙げられます。

日本人の健康寿命は一昔前と比べ物にならないほどのびていますが、それでも老いない人はいませんし、いつか寿命を迎えることになります。

定年退職しても元気に再就職し働いているという方も多いですが、そういった方でもいつ病気になり働けなくなるかわかりませんよね。もちろんそれは若い方にもいえますが、やはり高齢の方のほうがそのリスクが高いのは否定できません。

キャッシングしたはいいけれど、体調を崩し入院し返済ができないということになると、家族にも、金融業者にも迷惑をかけることになります。

そのような事態を避けたいのは金融業者も同じですから、一般に健康に過ごせる方の多い年齢までに上限を設定しているようです。

年金収入+パートなどの収入があれば借り入れできるケースが多い

65歳を迎え定年退職をし、年金を受給し出しても、まだまだ再就職などをして働いているという方は多くいらっしゃいますよね。

年金収入以外にパートなどの収入がある場合は、借り入れできるケースが多いでしょう。

実際に先ほどあげた消費者金融・銀行のカードローンの場合は、年金収入に加えてパートなどの安定した収入があれば申し込みができるとしています。

年金のみの収入の場合は銀行からの借り入れを検討しましょう

では、年金収入のみの場合はどうかというと、消費者金融の場合、年金収入のみだと審査に通らないケースが多いです。

中には年金収入について言及がされていない消費者金融もありますが、ただ申し込みできるかどうかが書かれていないというだけで、審査に通るとは限りません。

不安な場合は、申し込みの前に電話などで相談をしてみると良いでしょう。

しかし、銀行の場合は年金収入のみでもOKとしてくれているところも多いです。

先ほど年齢制限を挙げた新生銀行カードローン レイクの場合は、70歳までなら年金のみの収入の方でも申し込みをすることができます。

65歳で申し込んだとして70歳まで利用できるとなると便利ですよね。

金融業者の「貸し付け条件」や、「よくある質問」に年金収入の方への言及がある場合が多いので、是非ご確認してみてください。

どうしてカードローンに年齢制限があるのかというと、やはり、年齢が上がるにつれて「安定した収入」に対して不安が出てくるということが挙げられます。

今元気に働いていても、不意に病気などで働けなくなる可能性は若い方よりも高齢の方の方が高いのは否定できません。

貸金業者もリスクはなるべく低くしたいので、年齢制限を設けているのでしょう。

また、消費者金融などの場合、年金とパートなどの収入があれば借り入れできるケースがあります。銀行の場合は、年金のみでもOKというところもありますので、申し込み前にチェックしてみましょう。

65歳以上でもキャッシングしたい!どんなところで借り入れできる?

65歳以上の方がキャッシングをしたいと思った場合その選択肢が20代30代の会社員の方よりも狭くなってしまうのは否めません。

しかし、70歳まで…中には80代まで申し込めるカードローンもあります。

65歳以上の方でも申し込めるキャッシングサービスを3つご紹介!

65歳以上でも申し込めるキャッシングがあったのは分かったけど、いったいどこに申し込めばいいのかわからないという方もいらっしゃいますよね。

ここで、大手消費者金融、通販会社系の消費者金融、銀行のキャッシングをそれぞれ1つずつご紹介していきましょう。

  • アコム株式会社「アコムカード」

カードローンタイプのキャッシングです。

年齢制限 20~69歳
限度額 1~800万円
金利
(実質年率)
3.0~18.0%
担保・保証人 原則不要

アコム株式会社は、基本20歳以上の、継続して安定した収入のある方としていますが、借り入れ診断をしてみると、20歳未満、70歳以上は借り入れできないという記載があります。

69歳までなら借り入れできますし、限度額も800万円(審査により希望額にならないこともあります)となっていますので、大口のキャッシングを希望される方は検討する価値ありでしょう。

  • 株式会社プランネル「プランネルフリーローン100」

カードローンタイプではありませんが、なんと85歳まで申し込みが可能です。

年齢制限 20~85歳
限度額 10~100万円
金利
(実質年率)
15.0%(100万円の場合)
18.0%(100万円未満)
担保・保証人 原則不要

株式会社プランネルは大手通販会社である株式会社日本文化センターのグループです。返済回数は最長72回となっています。来店不要でインターネットから申し込みができます。

  • 新生銀行カードローン レイク

年金受給者の方でも申し込みが可能です。

年齢制限 20~70歳
限度額 1~500万円
金利
(実質年率)
4.5~18.0%
担保・保証人 原則不要

2つの無利息期間があり、初めての利用の方でしたらお得にキャッシングすることができます。レイクATM以外にも、コンビニなどの提携ATMでもATM手数料が無料となっているので、使い勝手が良いでしょう。

これらのカードローンをはじめ、すべての正規のカードローンでは利用の際に審査がありますので、ご承知くださいね。

審査の結果キャッシング出来ない場合もあります。

年齢でいうと、消費者金融のキャッシングの方が長く借り入れできるケースが多いです。

しかしながら銀行の方が金利が低いですし、限度額も大きいようですね。

ご紹介したカードローンは69歳や70歳、85歳までキャッシング出来るところです。しかし、年齢をクリアすればだれでも借り入れできるわけではなく、借入の為には当然ですが審査があります。

審査の結果否決となるケースもありますから、そのことは覚悟しておきましょう。

65歳以上の方がキャッシングをするときは無理のない返済計画を!

年金にプラスしてパート収入などがあれば、高齢者でもキャッシング出来る場合も多いということが分かりましたよね。

また、一部銀行などでは年金だけの収入でも借り入れが可能です。

しかし、やはり高齢になってキャッシングをするということはそれなりのリスクがあるのでキャッシングする前に一歩立ち止まってみてください。

返済ができるかどうかもう一度よく返済計画を練りましょう

キャッシングするとその先に必ず待っているのが返済です。

借りたけど返済できませんなんて通用しないのです。

ご自分の健康状態や、今後の生活の見通しをよく検討して返済計画を練りましょう。

また、誰にも内緒でキャッシングしたいと思うかもしれませんが、高齢の方が内緒で借金をするのはおススメできません。

万が一返済が終わらないまま亡くなってしまった場合、その借金は負の遺産として残されたご家族に引き継がれてしまうのです。

もちろん、相続放棄をすればその時点で借金は家族のものではなくなりますが、内緒で借り入れしている場合、既に放棄が出来ない時期になってから発覚してしまうなんて言うこともあります。

借金を引き継ぐことになったご家族は悲惨です。そのような事態にならないためにもキャッシングの際には十分に検討してくださいね。

今の生活が厳しいなら…キャッシング以外のローンにも目を向けよう

例えば、お孫さんやお子さんの慶事で急にまとまったお金が必要になり、キャッシングした…なんていうケースなら特別な支出ですからカードローンの検討も悪くないかもしれません。

しかし、今毎日の生活が苦しくて、家計が火の車…なんていう状態の場合は、安易なキャッシングは絶対にしてはいけません。

そのような状態でキャッシングするとその場では助かるかもしれませんが、返済が出来ず、借りては返しを繰り返すことになる場合もあります。そうなると些細な事で破綻してしまい、自己破産…なんていうことにもなりかねないのです。

自己破産になると、家や車なども手放さなくてはいけなくなります。終の棲家を失うのは悲しいですよね。

毎日の生活がすでに厳しいという場合は、カードローンなどのキャッシングではなく、福祉や、公的ローン、銀行のシニア向けローンなどにも目を向けてみましょう。

住宅を担保にした「リバースモゲージ」ローンや、独立行政法人福祉医療機構(WAM)の場合、年金を担保にしたローンを提供しています。
(こちらもご参考に→年金受給者のカードローン情報

また、身内に頼るのは恥ずかしいかもしれませんが、アナタがキャッシングをして、返せなくなる方が迷惑がかかります。

そのため、お金に困っているなら、ご家族などに相談してみましょう。

高齢者をターゲットにした悪徳金融…闇金業者に気を付けよう!

年齢が上がってくるにつれ、キャッシング出来るところも少なくなり、どこから借りたらいいのか…なんて悩むこともあるかもしれません。

そんな高齢者の方をターゲットにした悪徳金融…いわゆる闇金業者がいますので、十分注意しましょう。

「年齢制限なし!」「審査なし!」「少ない年金だけでもOK」「あなただけ」など闇金業者は甘い言葉と共にアナタの前に現れます。

ついふらふらと寄って行ってしまいたくなるかもしれませんが、これらの言葉はアナタを仕掛けるためのワナです。

闇金は一度つかまってしまうと、ずぶずぶとその深い闇に引きずられてしまいます。

契約をする前には契約内容をよく読んで、金利や金額などもよくチェックしましょう。

また、正規の業者かどうか登録番号を確認することも大切です。怪しいな…と思ったら「貸金業登録番号」を教えてくれと聞いてみましょう。

そして、少しでも疑問に思うことがあるならその場で契約をせず、家族の方などに相談してみるとよいでしょう。

65歳以上でもお元気な方がたくさんいらっしゃいます。是非元気に働いてキャッシングに頼りすぎない生活を送るようにしてください。

【参考ページはこちら】
70歳以上でもキャッシングはできるの?

65歳以上の方がキャッシングをする場合、年金以外に収入があるのかどうかということがポイントとなってきます。

年金のみしか収入が無かったり、働いてもいるけれど生活が苦しいという方が安易に借り入れをするのは危険です。

ご家族に相談したり、公的のローンや支援を検討されてみるようにしてください。間違っても闇金業者など悪徳金融に引っ掛からないように注意しましょう。

新着記事
カテゴリー