> > > 50万円借りたい人と年収の関係?カードローンのしくみ徹底解説

50万円借りたい人と年収の関係?カードローンのしくみ徹底解説

カードローンというキャッシング方法について、知っていますか?限度額内で自由に借り入れできる、利用目的は自由、担保・保証人不要、そういった基本的な情報は知っているかもしれません。

しかし、カードローンで設定される限度額が年収と深くかかわっているという点について、きちんと理解している人は少ないのでは?例えば50万円借りたいという場合、最低でも150万年以上の年収が必要となるのです。

カードローンの限度額と年収がどう関わってくるのか、カードローンの限度額を決めるには他にどのような条件があるのか、カードローンのしくみを徹底解説していきましょう。

カードローンは限度額内で借入自由?基本的な使い方をチェック

まずは、カードローンのしくみについてご紹介していきましょう。通常、キャッシングをするとなれば必要なお金をいくらか借りて、それを返済していくということで1つの契約が行われます。

ですから、追加で借入をしたい場合はその都度また申し込みをして審査を受ける、といった作業が発生するわけです。これは手間ですよね。しかし、カードローンの場合は違います。

カードローンは設定された限度額があり、その限度額の範囲内であればいつ・いくら・何回借り入れをしても良いのです。

例えば、50万円の限度額が設定された場合、10万円借り入れをしても限度額の残りは50-10=40万円あることになります。続けて10万円、5万円、と、総額50万円に達するまで何度でも、いつでも借り入れをすることができるのです。

カードローンは、一度限度額を使い切った場合でも返済していけばまた限度額が復活します。50万円利用して10万円分の元金を返済すれば、再び10万円枠内でキャッシングが可能となるわけです。

借り入れが簡単で使い勝手が良い、それがカードローンの特徴であり、魅力でもあるわけですね。

カードローンは契約期間内であれば何度でも自由に利用OK!

カードローンは、契約期間が決まっています。数年単位の契約期間になっていることがほとんどで、この期間内であれば何度でも自由に借り入れをすることができます。

利用の都度、いちいちその目的をカードローン会社へ伝える必要はありません。

利用者の必要な時に利用できるというのが、カードローンの魅力なのです。

しかし、一般的なカードローンで1つだけ利用を禁止されている目的があります。それが、事業資金目的です。

個人事業主の場合、事業資金としてカードローンを利用したいこともあるかもしれませんが、それは禁止事項です。事業資金目的で利用したいのであれば、ビジネスカードローンといった商品を利用すると良いでしょう。

また、契約期間内いつでも自由に利用できるカードローンですが、契約期間が残っていても新規借り入れが出来なくなってしまうケースがあります。

  • 返済が滞った
  • 年齢が利用可能上限に達した

返済遅れが続ければ、新規の借り入れをしても完済できない恐れがあると判断されてしまいます。ですから、返済残高がゼロになるまで、再度信用があると判断されるまでは新規借り入れが不可になってしまう場合があるのです。

また、各カードローンによって利用可能年齢の上限も決まっています。その誕生月まで、その誕生日まで等、条件は異なっていますが、一定の年齢に達すれば新規借り入れが出来なくなりますので、その条件についてもチェックしておきたいですね。

カードローンは限度額の範囲内で自由に、いつでも好きな時にキャッシングできるという点が特徴となっているのですね。

契約期間内なら何度でも利用できるというメリットを生かすためにも、返済に遅れるなど問題を起こさないよう気を付けたいものです。

限度額は希望額の設定が出来ない場合も!忘れてはならない総量規制

カードローンは、限度額が高ければ高いほど利用できるキャッシング額が増えるので、便利になると言えます。

しかし、必ず希望した金額が限度額として設定されるわけではないのです。カードローンの限度額設定には、避けて通ることができないものがあります。

それが総量規制です。カードローンと総量規制の関係について、しっかりチェックしておきましょう。

まずは、総量規制の基本情報をご紹介していきます。

総量規制とは

個人に対して年収の3分の1を超える貸付をしてはいけないという規制。貸金業法内に定められている。

つまり、限度額50万円の設定を希望する場合は、最低でもその3倍である150万円の収入が必要となるということになります。

総量規制はなぜ設定されたのか、それは申込者の返済負担を減らすためです。

借入金額が大きくなれば、当然毎月の返済額も膨らんでいきます。また、毎月設定されている最小返済額が少額だったとしたら、当然完済までの返済期間が長期となってきますよね。

利息は借り入れ後1日ごとに発生するものですから、返済期間が長くなれば、当然支払うことになる利息総額も高額になってきます。

完済まで10年かかるとなれば、10年分の利息を支払わなければいけないためです。収入に対して返済額が高額になってくれば、返済が苦しくなり借金苦に陥る、返済のためにさらに借金を重ねてしまうリスクも出てきます。

だからこそ、総量規制によって借り入れ上限額を決め、契約者が収入に対して高額すぎる借り入れができないように制限をしたのです。

総量規制は、借り入れをする人のことを考えて設定されたものであるということを覚えておきましょう。

年収を偽っての申し込みは危険!審査でチェックされる内容とは

カードローンを申し込んだとき、年収の3分の1が上限となってしまうのであれば年収を偽って申告すれば良いのでは?そう安易に考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、それは危険です。審査をする際には、申込金額に応じて収入証明書の提出が必要となる場合があります。源泉徴収票、課税証明書、そういった書類を提出すれば、虚偽の申告がすぐにバレてしまうのです。

キャッシングは信用によって成り立つものですから、嘘の記載が判明すれば審査に通ることがかなり難しくなってしまいます。せっかくキャッシングできたかもしれないチャンスを、逃してしまうことになるのです。

また、もし仮に虚偽の申告によって希望限度額が認められたとします。その場合、借り入れできる金額が年収に対して高額なものになっていますよね。

高額なキャッシングをして高くなってしまった返済金額を、しっかりと完済できるかどうかは分かりません。思っているよりも厳しい状況に陥る可能性もあります。

きちんと自分の収入に見合ったキャッシングをするようにしたいですね。

銀行は総量規制の対象外!高額借り入れできる可能性がある商品を紹介

総量規制は、個人が借り入れをする際に避けることができない法律、そう紹介しましたが、実は対象外となるキャッシングもあります。それが、銀行からのキャッシングです。

総量規制はあくまでも貸金業法内の規制であり、銀行法の下にある銀行には影響しないのです。

では、ここで総量規制無関係で利用できる銀行カードローン商品を2つご紹介しておきましょう。

銀行
カードローン名
利用限度額 金利
みずほ銀行
カードローン
最高1,000万円 3.0~7.0%(エグゼクティブプラン)
3.5~14.0%(コンフォートプラン)
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
500万円まで 1.8~14.6%

やはり銀行カードローンは、低金利、そして高額借り入れが可能というメリットがありますね。

ただし、注意しなければいけないのは、銀行カードローンの場合利用するにあたってその銀行の口座開設が必要になる場合があるという点です。

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座開設は必須、三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合は、口座開設は不要となっています。

しかし、バンクイックは振り込みキャッシング、口座引き落としでの返済は三菱東京UFJ銀行の口座がなければ利用することができません。その点にも注意が必要ですね。

銀行カードローンは総量規制の対象外です。しかし、年収の3分の1を超える借り入れが必ず可能であるというわけでもありません。やはり、その返済額を毎月返済することができると信用されなければいけないのです。

限度額を決める際には、次のポイントが重要視されます。

  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 年収

もちろん、総量規制の影響がある・ないに関わらず、返済するための資金として収入が重要視されることは間違いありません。収入は少ないよりも多い方が良いのも事実です。

雇用形態も、正規雇用者の方が今後の収入が継続して得られる可能性が高いと判断され、審査で有利となるだけでもなく限度額の設定を行う際にも有利となってきます。

しかし、毎月一定の収入を得ていることができており、数年以上の勤続年数があれば雇用形態が不安定でも審査通過、希望限度額の設定は可能です。

勤続年数は、最低でも1年以上あることが必須、あとは長ければ長いほど信用度は高くなるということは覚えておきましょう。

カードローン等のキャッシングを利用する際には総量規制について知っておく必要があるのですね。

銀行カードローンは対象外となるようですが、消費者金融は対象となるので自分の借り入れ可能な上限額を把握しておくようにしましょう。

また、自身の信用で限度額は決まるので、勤続年数などが重要視されるということは覚えておきましょう。

カードローン利用には条件クリアが必須!主なポイントをご紹介

便利なカードローンではありますが、だれでも利用できるというものではありません。利用するためには、いくつかの申し込み条件をクリアする必要があるのです。

この申し込み条件は、カードローンの取り扱い先で違うケースもあるのですが、一般的な条件というのがあります。その条件を挙げてみましょう。

  • 年齢
  • 収入金額・雇用形態

それぞれの条件について、簡単にご紹介していきましょう。

すべてのキャッシング先でクリア必須!年齢制限とは

キャッシングを利用する際、まずは年齢制限をクリアしなければいけません。一般的には、次の2点をクリアできるとされる年齢が条件として設定されています。

  • 申込者自身に責任能力がある
  • 安定した収入を得続けることができる

未成年でキャッシングの契約に親権者の同意が必要となると手続きが面倒となりますし、同意がない契約は取り消すことが可能というリスクがキャッシング先側に生じます。

ですから、キャッシングの利用は20歳以上としている先が多くなっていますね。

また、定年間近で継続・安定した収入を得るのが難しい、そのような年齢になると不安要素となり審査通過が厳しくなる可能性も出てきます。

この年齢制限の範囲も、カードローン会社によって異なります。申し込みを考える際には、しっかりとチェックしておくようにしたいですね。
(⇒キャッシングの年齢制限を教えて!

収入や雇用形態に制限がある場合も!?その理由とは

カードローンは、担保や保証人不要で利用できるキャッシングです。申込者が信用できるかどうかを審査によって判断し、契約するようになっていますね。

ですから、カードローン会社側もリスクを避けるために、収入は〇万円以上、雇用形態は正規雇用、または勤続年数〇年以上といった条件を設定する場合があるのです。

このような条件がついているのは、銀行や信販会社のカードローンに多くなっています。低金利で高額融資が可能な商品だからこそ、利用条件が厳しくなっているというわけです。

ちなみに、パートやアルバイト、契約社員・派遣社員だからといって利用できるカードローンがないわけではありません。大手消費者金融は、自身に安定した収入さえあればパートやアルバイトでも利用可能としています。

カードローンを申し込む際、自分は申し込み条件をクリアしているかしっかりとチェックするようにしておきたいですね。

カードローンを利用する際には、申し込み条件をクリアできているかについても確認が必要なのですね。年齢や収入等、自分の利用可否の確認は必須です。

カードローンの利用条件は、カードローン会社によって異なっています。恐らくこうだろう、と安易に考えるのではなく、きちんと確認しておくようにしたいですね。

50万円借りたい!まずは総量規制の対象かどうかをチェック

希望するキャッシング額がある場合、総量規制の影響を考えなければいけません。もし、総量規制の対象となる場合は年収の3分の1を超える限度額設定が不可能となるためですね。

ただし、銀行カードローンであれば総量規制の対象外ですから、自身の信用が伴えば年収の3分の1を超える借り入れも可能となります。

自分の年収の3分の1がいくらになるかを把握しておくとともに、カードローン利用先を検討する際には総量規制の対象外かどうかについても確認するようにしておきましょう。

また、限度額を決めるにあたって勤続年数が大きなポイントとなります。雇用形態が不安定でも、勤続年数が長いことで信用度は高まります。その点はしっかりと押さえておきたいですね。

【参考ページはこちら】
貸金業者でキャッシングをしたい方におすすめ

カードローンを利用する際には、自分がいくら借り入れしたいということをまず考えます。しかし、その金額を借り入れできるかどうかは総量規制の対象かどうかによって変わってくるのです。

自分の年収の3分の1がいくらになるか、希望しているカードローンは総量規制対象なのかどうか、しっかりと確認するようにしたいですね。

新着記事
カテゴリー