> > > アレコレカードのキャッシング金利は他社と比べて高い?低い?

アレコレカードのキャッシング金利は他社と比べて高い?低い?

キャッシングは、いつでも何度でも限度額の範囲内でお金を借りることができる、大変便利なものです。つまり、借入さえできれば、その役割はじゅうぶん果たせていることになるわけですが、プラスαがあればもっとうれしいですよね。

今回は、一般的なローン専用カードではなく、福岡銀行のアレコレカードのキャッシング機能を中心にご紹介します。アレコレカードは、様々な機能やサービスが1枚に凝縮された、とても使い勝手の良いカードなんです。

とはいえ、カードローンを選ぶにあたっては、使い勝手だけでなく金利もとても重要です。そこで、他のカードローン商品の金利との比較も交えながら、アレコレカードについて詳しく見ていきましょう。

アレコレカードとは?たくさんの種類からお好みのものが選べる!

アレコレカードという、何だか面白そうな商品名のカードは、福岡銀行が発行しています。そこで、まずはアレコレカードの概要と、福岡銀行という金融機関について簡単にご紹介しておきます。

福岡銀行ってどんな銀行?

福岡銀行は、本店を福岡県福岡市中央区に持ち、170の店舗を持つ地方銀行です。九州内のみならず、東京・名古屋・大阪などにも支店を展開しており、地方銀行の中では規模が大きい金融機関と言えます。

とはいえ、ローン商品を利用できるのは九州・山口に自宅か勤務先がある人か、福岡銀行の普通預金口座を持っている人に限られています。

ですから、実質的には九州近辺の人、もしくは九州から転勤や引っ越しなどで支店のある地域に移り住んだ人以外は、利用しづらいかもしれませんね。逆に言えば、九州周辺の方々にとっては、この後ご紹介するアレコレカードも含め、かなり利用価値のある銀行と言えます。

アレコレカードとは

では次に、アレコレカードがどのようなカードなのか見ていきましょう。アレコレカードとは、1枚のカードに

  • キャッシュカード機能
  • クレジットカード機能
  • ローンカード機能

これら3種類の機能がついたとても便利なものなんです。

アレコレカードは、キャッシュカードとして福岡銀行のATM以外に、ゆうちょ銀行やセブン銀行などのATMでも利用できます。また、一般的なクレジットカードと同様に世界中で利用可能ですから、海外旅行のときも安心です。

お買い物のときにクレジットカードを出したつもりが銀行のキャッシュカードだった、なんて経験がある方もいるかもしれませんが、アレコレカードならそんなときも慌てずに済むというわけですね。

アレコレカードの種類

アレコレカードの主な3機能についてご紹介しましたが、他にも追加できる機能があります。アレコレカードには、その機能やグレードによって、以下のような種類があります。

カードの種類 機能や特徴
アレコレカード
(クラシック・一般)
・年会費1,350円 (初年度無料、
年1回以上のショッピング利用で翌年度も無料)
・18歳以上で安定継続収入のある人が対象
アレコレカード
(ゴールド)
・年会費10,800円
・20歳以上で安定継続収入のある人が対象
・空港ラウンジサービス付帯
・国内・海外旅行傷害保険付帯
アレコレnimoca
(クラシック)
・年会費1,350円 (初年度無料、
年1回以上のショッピング利用で翌年度も無料)
・IC乗車券機能つき
・18歳以上で安定継続収入のある人が対象
アレコレnimoca
(ゴールド)
・年会費10,800円
・IC乗車券機能つき
・20歳以上で安定継続収入のある人が対象
・空港ラウンジサービス付帯
・国内・海外旅行傷害保険付帯
アレコレSUGOCA
(クラシック)
・年会費1,350円 (初年度無料、
年1回以上のショッピング利用で翌年度も無料)
・IC乗車券機能つき
・18歳以上で安定継続収入のある人が対象
アレコレSUGOCA
(ゴールド)
・年会費10,800円
・IC乗車券機能つき
・20歳以上で安定継続収入のある人が対象
・空港ラウンジサービス付帯
・国内・海外旅行傷害保険付帯

スタンダードなアレコレカードの他に、IC乗車券のSUGOCAやnimocaがついたものがあり、ゴールドカードも選べるようになっています。また、それぞれの一般カードやクラシックカードには「学生」という区分もあり、学生の間はずっと年会費無料で利用できます。

といっても、学生ではなくなってからも、年に1回以上ショッピングで利用すれば無料になるのですから、携帯電話料金などをカード決済にしておけば、簡単にずっと年会費無料で利用できますね。

また、上記に加え、ETCカードや携帯クレジット機能も同時申し込みが可能です。

カードローン会社にはいくつかの業種がありますが、中でも銀行系はローンカード機能つきキャッシュカードがあるところもあるというのが、うれしい点のひとつですね。

アレコレカードもそんな便利なカードのひとつですが、さらにクレジットカード機能やIC乗車券機能などもつけられるとは、かなり利便性の高い優れたカードと言えますね。

他の商品と比べてみる!アレコレカードのキャッシングの金利はどう?

前章では、アレコレカードがどのような機能を持つカードなのかをご説明しました。とても便利なカードであることはお分かりいただけたかと思いますが、肝心のローンカード機能はどうなっているのかということも気になりますよね。

そこで、ここからは、アレコレカードについているローンカード機能について、金利を中心に見ていきましょう。

プラスワンサービス

アレコレカードに付帯しているローンカード機能には、「プラスワンサービス」と「アレコレカードローン」の2種類があります。ひとつずつご紹介していきますが、まずはプラスワンサービスの方から見ていきましょう。

プラスワンサービスの概要は、以下の通りとなっています。

項目 内容
限度額 10万円
金利 14.5%

限度額は最大でも10万円と、とても小ぶりなローンです。そして、このプラスワンサービスの特徴は、残高不足のときに自動融資してくれる機能であることです。お給料日前で残高が少ないときも、引き落としできるかどうか心配しなくてもよいので助かりますね。

また、お金を引き出そうとした時に残高不足だった場合も、不足分を自動で融資してくれます。

返済は、口座に入金するだけでいいので、お給料の振り込み分で借入額をカバーできるなら、実質的には何もしなくても借り入れと返済が完了します。とても便利ですが、利子分が引かれますので、残高不足にならないに越したことはありません。

アレコレカードローン

では次に、より本格的なカードローン機能である、アレコレカードローンの方を見ていきましょう。金利と利用限度額は、以下の通りです。

項目 内容
限度額 0~90万円
金利 14.5%

金利はプラスワンサービスと同じですが、限度額が大きく異なります。ただし、属性によっては利用枠が0円になることもありますので、ご自身の利用可能枠を必ずご確認くださいね。

お伝えした通り、アレコレカードは、キャッシュカードとしてなら提携金融機関のATMも利用できるのですが、アレコレカードローン機能は福銀のATMからしか利用できませんのでご注意ください。

返済方法は、毎月1回口座から自動引き落としによる返済に加えて、ATMから随時返済することも可能となっています。

アレコレカードのローン機能の金利は高い?

アレコレカードについている2種類のローン機能をご紹介しましたが、どちらも金利は14.5%となっています。この金利は高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?他商品と比較してみましょう。

業者名・商品名 限度額 金利
アコム 800万円 3.0%~18.0%
ジャックスカード ローン専用カード
(プレミアビアージュ)
500万円 4.5%~18.0%
ジャックスカード 
(クレジットカードのキャッシング枠)
10万円~50万円 15.0%
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 500万円 1.8%~14.6%

ざっと比較してみると、他のカードローン商品は最大限度額が大きいことと下限金利が低いものが多いことに目が行きますね。

アコムやジャックスカードなどといった消費者金融系や信販系(クレジットカード会社)は、一般的に金利が高いと言われていますが、確かにアレコレカードよりも上限金利が大きく、これらの業者から同じ金額を借りる場合と比べれば、アレコレカードの方が低金利と言えます。

また、同じ銀行系カードローンと比較してみても、バンクイックでアレコレカードローンの最大限度額と同じ90万円を借りる場合、12.6%~14.6%となり、やはり人によってはアレコレカードの方が低金利となります。

しかし、長期的に利用したい場合や、希望限度額が90万円を超える場合は、その他の業者の方が低金利になっていく可能性がじゅうぶんあります。

アレコレカードについているローン機能には、残高がマイナスになったときの穴埋め的な役割のプラスワンサービスと、通常のカードローンと同じタイプのアレコレカードローンとがあるのですね。

どちらのローンも限度額が小さいので金利は高めに思えますが、同じ金額を借りるなら他社よりも低金利と言えるレベルですので、決して悪くありません。

しかし、増額してゆくゆくは大きな利用枠が欲しいという人は、アレコレカードローンの90万円という限度額では足りないかもしれませんし、金利面でも不利になっていくでしょう。最適なカードローンを選ぶには、自分の利用スタイルをよく考えることが不可欠ですね。

アレコレカードがちょっと物足りない人は福岡銀行カードローンを!

アレコレカードのローン機能は、金利面でもそれほど悪くないというお話をしてきましたが、最大限度額が90万円と少な目になっています。これが物足りないという方は、同じ福岡銀行から出ている「福岡銀行カードローン」を検討してみてはいかがでしょうか。

福岡銀行カードローンの商品概要

さっそく、福岡銀行カードローンの概要を見てみましょう。

項目 内容
限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
金利 3.0%~14.5%
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下の人
・安定した収入がある人
・保証会社の保証が受けられる人
・居住地および勤務先が九州・山口の人、
または福岡銀行の普通預金口座を持っている人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
(限度額300万円超の場合)

アレコレカードローンが最大90万円なのに対して、こちらのカードローンはなんと最大利用枠1,000万円です。利用枠が大きければその分金利も下がりますから、下限金利は3.0%とかなり低金利になっています。

したがって、大きめの金額を借りたい人や、増額していきたい人は、アレコレカードローンよりもこちらの方がお得になっていきます。

福岡銀行カードローンの申し込み方法

福岡銀行カードローンは、インターネットだけで申し込みから契約までを完了できる「WEB完結申込み」が利用できます。ただし、これが利用できるのは、福岡銀行に普通預金口座を持っている人に限られます。

それ以外の人は、インターネットや電話などいくつかの方法から申し込みをして、審査に通ったら契約書類に記入して、窓口まで持参するか郵送にて提出する必要があります。

福岡銀行カードローンのメリットとして、口座開設をしなくても振り込みによる融資も可能な点が挙げられます。

ただし、この場合は返済が口座引き落としではなく、ATMからの直接入金型となりますのでご注意ください。

福岡銀行カードローンの利用方法

このカードローンの具体的な利用方法は、振込かATMによる借り入れと、口座からの自動引き落としかATMによる返済となります。

利用できるATMは、福岡銀行以外にもゆうちょ銀行やセブン銀行などたくさんの提携先ATMがありますが、一部のATMでは時間帯によっては手数料がかかりますのでご注意ください。

返済日は、1日~26日までのお好きな日を設定でき、利用金額に応じて決められている返済額を引き落としかATMによって返済していきます。また、これに加えて余裕がある時に随時返済をすることも可能となっています。

より大きな限度額が欲しいという人や、カードローンとキャッシュカードやクレジットカードを分けたいという人は、福岡銀行カードローンの方がおすすめです。1,000万円という最大限度額は大手銀行にも引けをとらない、すぐれた内容となっています。

金利でいえば、100万円以上の限度額ならアレコレカードローンよりも低金利となりますので、属性が良い人や適切な利用を積み重ねて増額していける人なら、こちらの方がよりお得に利用していけるはずです。

借入希望額が多くないならアレコレカードの金利は決して悪くない!

福岡銀行が発行している便利なカード、アレコレカードの金利を中心にご紹介してきました。アレコレカードについているローン機能の限度額は、最大90万円となっているので、金利もそれに応じたものとなります。

しかし銀行系ですから、消費者金融系などで同じ金額を借りることを思えば、じゅうぶんお得です。90万円までの利用枠でよいという方なら、とても利用価値の高いカードと言えますね。

逆に、もっとたくさん借りたいという人には、金利面で損になることもあり得ます。ご自身がどのようにカードローンやクレジットカードとお付き合いしていきたいのか、よく考えながらご検討くださいね。

【参考ページはこちら】
キャッシング会社の一覧をチェック!

アレコレカードは、クレジットカードとキャッシュカードとローンカードが一体となり、さらに他の機能も付帯できるというとっても便利なカードです。クレジットカード機能でポイントもたまりますし、海外キャッシングが利用できるのも助かりますね。

カードローン機能も小ぶりではありますが、金利と限度額のバランスが取れた商品と言えます。福岡銀行のATMしか利用できないのですが、お近くにATMがある人なら問題なく使えるカードです。

90万円を超える限度額が欲しいという人は、福岡銀行カードローンやその他の銀行系カードローンを検討してみてくださいね!

新着記事
カテゴリー