> > > 年金受給者でも利用可能なキャッシングはあるのか?

年金受給者でも利用可能なキャッシングはあるのか?

日本の年金制度は破綻すると言われながらも、若いうちから年金をきちんとおさめて一定の年齢に達すれば、今のところはどうにか受給することができます。ですから、65歳以上の方々で、年金収入が生活の糧という方も少なくないはずです。

しかし、年金の受給額は、それだけで生活していくにはじゅうぶんと言えるほどではなく、借り入れを考えなければならない状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、年金受給をしている方でも申し込めるキャッシングやカードローンをご紹介します。そのような商品は、なかなか貴重です。(⇒年金受給者でも借りられるカードローン)ぜひ、お読みになってみてくださいね。

カードローンを利用できる条件とは?高齢者が不利になる理由

キャッシングやカードローンというのは、とても気軽に使えるものではありますが、借金であることには変わりありません。ですから、誰でも利用できるわけではなく、申し込みには条件があります。まずは、この辺りからお話をはじめましょう。

カードローンに申し込める人の条件

カードローンやキャッシングにはたくさんの種類がありますが、利用できる人の条件はおおむね共通しています。それは、主に以下の2点です。

  • 年齢が満20歳以上であること
  • 安定継続した収入があること

このように、年齢条件と定期収入に関する条件とがあるのです。そして、これら両方の条件を満たしていないと、申し込みもできないところがほとんどです。

年齢制限の上限に関しては、65歳前後であるところが多いですが、商品によっては57歳というところもあれば70歳までOKというものもあり、業者や商品によって幅広くなっています。

収入に関しては、年収の多い少ないよりも安定性が重要であり、勤続年数が長ければパートやアルバイトでも大丈夫です。

また、担保や連帯保証人も基本的には不要ですので、保証人を頼める相手がいないという状況でも申し込みは可能です。

業種による違い

上記の2大条件は、どの業者・業種においても原則として共通するものであることは、すでにお伝えしました。しかし、より詳しく見ていくと、カードローンには業種による違いも存在します。

業種とそれぞれの特徴を表にまとめると、以下のようになります。

業種 業者の例 特徴
消費者金融系 ・アコムなどの大手消費者金融
・中小消費者金融
・金利が高い
・審査や融資がスピーディー
・総量規制の対象
信販系 ジャックスなどのクレジットカード会社 ・金利が高い
・融資までに時間がかかる
・総量規制の対象
銀行系 ・大手都市銀行
・地方銀行
・信用金庫などの中小規模の金融機関
・金利が低い
・最大限度額が大きい
・総量規制の対象外

金利も業種によって違いがありますが、条件的な違いとしては、総量規制の対象か否かという点が挙げられます。総量規制とは、消費者金融系や信販系の業者は、申込者の年収の1/3を超える金額は貸付できないという規則です。

つまり、年収がゼロの専業主婦は0×1/3=0なので、たとえ配偶者に安定収入があったとしても、消費者金融系や信販系では申し込みができないのです。一方、銀行系は総量規制の対象外なので、配偶者に安定収入がある専業主婦でも利用可能です。

高齢者でも借りられるのか

ここまで、カードローンに申し込むには安定収入が必要であることと年齢制限があること、業種によって総量規制の縛りがあることをご説明してきました。

これを踏まえて、年金受給者や高齢者でもカードローンに申し込めるのかを考えてみると、やはり20歳以上60歳未満の方々に比べれば、厳しいと言わざるを得ないでしょう。

しかし、業者の数は決して多くはないですが、探せば年金を安定収入と捉えてくれて70歳くらいまで申し込み可能なところもあるのです。

定年退職前に申し込んで契約しておく方が選択肢が多いのは間違いないですが、年金生活になってからでも申し込める可能性はあるのもまた事実です。

カードローンに申し込める年齢は商品によって異なりますが、シニアローンなど高齢者向けではない一般的なカードローンであれば、60歳前後を対象年齢の上限にしている商品が多いようです。

60歳ではまだ年金を受け取っていない人もいますから、将来年金収入のみになったご自分のことを不安に思う方がいてもおかしくないですね。

でも、一般向けのカードローンでも、よく探せば70歳くらいまで申し込めるところはありますので、諦めないで探してみましょう。ただし、返済能力があることが大前提になりますので、その準備をしてから申し込んでくださいね。

新生銀行カードローン レイクは年金収入のみでも申し込みは可能!

年金受給者でも申し込みが可能なカードローンもあることをお話しましたが、ここからは具体的な商品をご紹介していきます。まずは、新生銀行カードローン レイクからです。

新生銀行カードローン レイクの商品概要

レイクは大手ですし、広告も盛んで一般の方々にもよく知られていますよね。まずは、そんなレイクのキャッシング商品の概要を確認しておきましょう。

項目 内容
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~18.0%
申し込み条件 ・満20歳以上70歳以下の人
・国内に居住する個人
・外国人の場合は永住許可を受けている人
・保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証を受けられる人
・原則安定した収入がある人
・現在、新生銀行に他のカードローン契約のない人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
(限度額が100万円を超える場合)

ご覧のように、レイクなら満70歳まで新規申し込みが可能なので、年齢でいえば年金受給者の方々でも利用できる可能性はじゅうぶんあります。

また、公式サイトに年金収入のみでも申し込みは可能と明記してあるので、返済能力さえあるなら仕事をしていなくても申し込み可能です。

もちろん、使い道は自由です。事業性資金等には使えませんが、普通の生活資金になら問題なく使えます。

レイクの利用方法

では、そんなレイクのキャッシングを利用する方法を見ておきましょう。

平日14時までにインターネットで契約すれば、即日振り込みも可能です。また、レイクの自動契約機で申し込みや契約をすれば、その場でカードが発行されるので、すぐにATMで利用可能です。

借入や返済に利用できるATMは、以下のようなものがあります。

  • レイクATM
  • 新生銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM

ただし、一部、一括返済に対応していないATMもありますので、ご注意ください。

レイクの返済方法は、借入残高に応じた返済額を返していく「残高スライドリボルビング方式」と、残高には関係なく借入額によって決められた返済額を返していく「元利定額リボルビング方式」とがあり、好きな方を選ぶことができます。

返済は、上記のATM以外にも、以下の方法にて行うことができます。

  • web返済
  • 自動引き落とし
  • 銀行振込み

返済日は好きな日にちを指定できるので、年金受給日の少しあとに自動引き落としされるようにしておけば、滞納のリスクが減らせて安心ですね。

レイクは若い方々にも人気の一般向けのカードローンですが、70歳まで申し込めるというのは年金受給者の方々にとっても心強いですね。

利用できるATMもたくさんありますし、返済日を好きな日に指定できるなど、使い勝手も良さそうです。

ただし、金利という面では消費者金融会社レベルなので、とても良いとは言えません。金利を少しでも節約したいという方は、他の銀行系カードローンから選ぶとよいでしょう。

銀行系だから低金利!三井住友銀行カードローンをご紹介!

もうひとつ、具体的なカードローン商品をご紹介します。やはり多くの人に知られている、三井住友銀行カードローンです。数あるカードローン会社の中でも、銀行系カードローンは安心感があるという方も多いですよね。

三井住友銀行カードローンの概要

さっそく三井住友銀行カードローンの商品概要をチェックしてみましょう。

項目 内容
限度額 800万円
金利 4.0%~14.5%
申し込み条件 ・満20歳以上満69歳以下の人
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
・原則安定した収入がある人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
(限度額が300万円を超える場合)

こちらも、69歳まで申し込みが可能ということで、年金受給年齢を超えてからも利用できる可能性があるカードローン商品です。

もちろん、レイクと同様に使い道自由で、生活費として問題なく借りられます。

また、三井住友銀行は銀行系なので、やはり低金利であるのが魅力です。借り入れた金額だけでなく利息分も返済していかなければならないわけですから、少しでもお金を節約したいならば、低金利の銀行カードローンを選ぶのがオススメです。

三井住友銀行カードローンの利用方法

三井住友銀行カードローンは、インターネットや郵送など様々な方法で申し込みができます。

元々、三井住友銀行に口座を持っている人なら、ローンカードを発行せずにキャッシュカードをローンカードとしても使える方法も選択できます。

ATMによる借入および返済は、

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • コンビニATM
  • 提携金融機関ATM

これらのATMが利用できます。ただし、キャッシュカードによる借り入れは、三井住友銀行かコンビニATMのみ利用できます。

返済方法は、毎月の当座貸越元金額によって決められている約定返済金額を、ATM・口座振替・振り込みのいずれかの方法で返済します。また、好きなときにいつでもATMや振込などで随時返済することも可能です。

三井住友銀行は全国各地に支店やATMがあるメガバンクですから、どんな人にとっても利用しやすいですね。

銀行系カードローンのメリットのひとつは、やはり低金利であることです。年金収入のみの方は大きな利用限度額は厳しくなりますので、多くのケースで100万円以下の限度額となることが予想されます。

その場合、三井住友銀行カードローンでは12.0%~14.5%の金利が適用されますので、上記のレイクよりも低金利で借りられるというわけです。

年金受給者でも返済能力があるならキャッシングは利用可能!

カードローンに申し込むには、どんな業者のものであっても年齢や収入に関する条件が必ずあります。ですから、高齢者と呼ばれる年齢になり、年金収入のみになった方々の中には、カードローンなんて無理と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご紹介してきたように、年金収入だけの方でも申し込み可能というカードローンもありますし、年齢も70歳くらいなら申し込みできる商品も見つけることができます。

とはいえ、申し込みができることと審査に通ることは別モノですから、返済能力があることが利用の前提となります。端から諦める必要はありませんが、不安な方は電話や窓口で相談するところから始めてみてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
プロミスでも高齢者は借りられる?

年金だけでは暮らしにくい日本という国では、生活に不安を覚える方も少なくないはずです。また、生活は何とかなっても、お孫さんにお祝いを渡したいときや何か買ってあげたいときに、ちょっとお金を借りたいという方も多いでしょう。

そんな時、カードローンを利用するのも悪くない選択です。年金収入のみでも申し込みや利用ができるカードローンもありますので、それを利用するのもひとつの手ですね。

とはいえ、そのようなカードローンは数としては多くないので、申し込みは慎重になるに越したことはありません。お付き合いのある銀行の担当者さんに相談するのもいいですね。ぜひ、ご自分に合うものをじっくり探してみてくださいね。

新着記事
カテゴリー