> > > 香川銀行でのキャッシングをお勧めする3つの理由

香川銀行でのキャッシングをお勧めする3つの理由

香川銀行は、その名の通り香川県に本店を持つ地方銀行です。地域密着型金融を目指し、地域への貢献・顧客と共に繁栄すること・幸福な社会の構築のために努力することを経営理念として掲げています。

そんな香川銀行なのですが、地方銀行としては珍しい特徴を持っています。それが、インターネット上に「セルフうどん支店」という名称の支店を持っていることです。

地域密着主義を掲げている香川銀行の通常の支店の商品はその近隣に住む人しか利用できませんが、セルフうどん支店は全国から利用できます。

香川銀行ではキャッシング商品も扱われていますが、これが地方銀行の商品ながらお勧めできる内容になっています。では、詳細をご紹介します!

利用明細の発行無し!条件によっては翌日から利用可能なカードローン

香川銀行では、住宅ローンやリフォームローン、教育ローン、オートローンなど複数のローン商品が扱われていて、例えばリフォームローンならその中にさらに目的に合わせて3種類のローンが用意されているなど、便利に利用することが可能です。

香川銀行の商品の中で、お金の使い道が限られないキャッシング商品は2種類あります。

そのうちの1つが、初回契約時に決められた融資限度額の範囲であれば何度でも追加で借り入れが可能なカードローン形式のローン、「PaPaっとCard(パパットカード)」です。

では、「PaPaっとCard」について詳しく確認しましょう。

商品概要

「PaPaっとCard」を利用するには、香川銀行の普通預金口座を開設していて、キャッシュカードを持っていることが必要です。

この商品は、おまとめローンや借り換えローンとして利用することも可能です。

では、金利や融資限度額など、商品詳細を確認しましょう。

融資限度額 借入利率 契約期間 お金の使い道
10万円以上500万円以下 年5.5%~14.6% 3年間で原則自動更新 事業性資金以外であれば自由

融資限度額には、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円・300万円・400万円・500万円の8コースがあります。借入利率は、以下のように融資限度額によって決まります。

融資限度額 借入利率(年利)
400万円超500万円以下 5.5~6.5%
300万円超400万円以下 6.0~7.0%
200万円超300万円以下 7.0~11.0%
100万円超200万円以下 8.55~11.5%
50万円超100万円以下 9.6~14.6%
30万円超50万円以下 10.0~14.6%
10万円超30万円以下 11.0~14.6%
10万円 12.5~14.6%

返済が遅れた場合の延滞利率は18.0%となります。

担保や保証人は不要で、そのかわりに以下の3つの会社の中から保証会社が任意で決定されます。保証会社によって何歳まで借り入れが可能かが変わってきますので、そちらも合わせて確認しましょう。

  • 四国総合信用株式会社…満65歳になる誕生日がある月の月末まで
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社…満65歳になる誕生日がある月の月末まで
  • 株式会社オリエントコーポレーション…満70歳になる誕生日がある月の月末まで

それぞれの保証会社で定められた年齢に到達すると、その後借り入れはできず、返済のみとなります。

利用条件

「PaPaっとCard」は、以下の条件をすべて満たしている人が利用できます。

  • 申し込み時年齢が満20歳以上満68歳以下
  • 安定収入がある
  • 香川銀行本支店の営業エリア内に勤務または居住している
  • 香川銀行で別のカードローン商品(ATMカードローン)を契約していない
  • 保証会社の保証を受けられる

申し込み可能年齢に関しては、条件によって以下のように変わることもあります。

  • 申込金額200万円以上なら満60歳以下
  • ネット上で手続きがすべて終わる申し込み方をする場合は満65歳以下

この商品で言う安定収入がある人には、正社員だけではなく以下のような人も含まれます。ただし、勤務形態によっては融資限度額の上限が制限されることもありますので、合わせて確認しましょう。

  • 会社代表者
  • 個人事業主
  • アルバイトなどで収入がある学生…融資限度額10万円
  • パート…融資限度額100万円以内
  • アルバイト…融資限度額100万円以内
  • 配偶者に安定収入のある主婦…融資限度額100万円以内
  • 年金受給者…融資限度額100万円以内

この条件によると、旦那様に安定収入がある主婦は借り入れが可能ですが、そうでない場合は主婦の利用はできないということになります。

また、この商品は香川銀行の本支店の営業エリア内に勤務している人か居住している人かしか利用できませんが、東京支店とセルフうどん支店は除きますので、それ以外の本支店の近隣に勤務または居住している人が利用できる商品だと言えます。

申し込みから契約まで(口座を持っていて希望額が300万円以下の場合)

「PaPaっとCard」は、すでに香川銀行の普通預金口座を持っていて、なおかつ融資限度額の希望が300万円以下の人であれば、スマホまたはパソコンを通してインターネット経由で申し込みができます。すると、審査結果を連絡するE-メールが届くので、その案内に従って以下の操作をします。

  • ローンカードの暗証番号を入力する
  • 本人確認のための資料をアップロードする
  • 契約内容に同意するためのボタンをクリックする

本人確認のための資料とは、運転免許証・保険証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カードのいずれかのことを言います。

審査結果によっては借り入れが不可能な場合もありますし、また希望した融資限度額よりも低い金額での契約となることもありますので、内容に納得したら契約内容に同意するボタンをクリックしましょう。

こちらの方法で申し込んだ人の場合、最短であればキャッシュカードを利用して翌日の午後から借り入れができるようになります。ただし、混み合っているなどの事情がある場合、それよりも時間が必要なこともありますので、余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

ローン専用カードは、自宅に後日郵送されます。

申し込みから契約まで(口座が無い人または希望額が400万円以上の人)

申し込みの時点で香川銀行に普通預金口座を持っていない人と、融資限度額400万円以上を希望する人の場合は、以下のいずれかの方法で申し込みをします。

  • インターネット
  • 電話
  • ファックス
  • 窓口
  • 郵送

最短であれば即日審査結果を聞くことができますが、審査状況によってはそれよりも時間が必要なこともあります。また、平日の午後5時以降の申し込みや、土日祝日に申し込んだ場合は、審査は翌営業日に行われます。

申し込みをすると、申込内容の確認のために自宅や勤務先に連絡がある場合があります。審査が終わると審査結果を知らせる電話があります。審査結果によっては借り入れが不可能な場合もありますし、また希望した融資限度額よりも低い金額での契約となることもありますが、結果に同意すれば正式な申し込みとなります。
(⇒キャッシングの申込み方法

審査結果の連絡後、正式な申込書が郵送されますので、必要事項を記入して必要書類を添付して返信します。必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認資料
  • 所得確認資料

本人確認資料とは、運転免許証・保険証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カードのいずれかのことを言います。所得確認資料としては、所得証明書・源泉徴収票・税務署の受付印がある確定申告書・市民税県民税特別徴収税通知書のいずれかが利用できます。

正な式申し込みの際には返済用口座に利用する香川銀行の普通預金口座の番号を記入することが必要ですので、口座を持っていない人は口座を開設する必要があります。ローン専用カードが手元に届いた後、利用できるようになります。ローン専用カードは、審査結果の連絡から約1週間で届きます。

借り入れと返済

借り入れは、ローンカードを使って香川銀行ATMを始め、提携金融機関ATMやコンビニATMを利用して行うことができます。

返済は、香川銀行の口座から自動引落しで行います。返済額は返済日前日の借入残高によって決められるタイプで、借入残高による返済額は以下の通りになります。

返済日前日の借入残高 返済額
400万円超500万円以下 6万円
300万円超400万円以下 5万円
200万円超300万円以下 4万円
100万円超200万円以下 3万円
50万円超100万円以下 2万円
20万円超50万円以下 1万円
20万円以下 5千円

返済日は、4日・14日・24日の中から自分の都合に合わせて決めることができます。

この商品では、利用明細は原則として郵送されませんので、自宅に明細を送られたくないという人にも便利です。インターネット上ですべての手続きをした場合以外では、希望すれば利用明細を送ってもらうことができます。

「 PaPaっとCard」 のメリット・デメリット

では、香川銀行の「PaPaっとCard」にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。他の銀行系カードローン商品と比較してみましょう。まずは、金利の比較です。金利は一般的に利用限度額が高いほど最低金利の設定が低くなる傾向にあるため、最大利用限度額も合わせて確認します。

商品名 金利 最大利用限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン年3.5%~7.0%、コンフォートプラン年4.0~14.0% 1,000万円
イオン銀行カードローンBIG 年3.8%~13.8% 800万円

実は、香川銀行の「PaPaっとCard」の年5.5%~14.6%という金利は、最も低い金利が少し高めではありますが、大手銀行と比較してもそんなに大きく違うということはありませんね。地方銀行の消費でありながら大手の銀行と似たような金利設定で利用できる点がメリットと言えます。

ですが、ここで挙げたカードローン商品は、いずれの商品も申し込み方法によっては即日借り入れまで可能です。その点では、「PaPaっとCard」は最短でも翌日の午後からしか利用できませんので、急いでいる人にとっては少し不便に感じる点があるかもしれません。

また、香川銀行の近隣に勤務または居住している必要があるので、利用地域という面で考えても遠方の人には便利とは言い難い面がありますね。

香川銀行カードローン「PaPaっとCard」は、決められた限度額の範囲であれば繰り返し利用できる性質を持つ、カードローン形式の商品です。

この商品は、既に香川銀行の普通預金口座を持っている人で融資限度額の希望が300万円以下なら、すべての手続きがネット上で完結します。

口座を持っていない人や、融資限度額の希望が400万円を超える人の場合、郵送での手続きが必要になります。

大口融資に対応した商品も!保証会社が違う2種類のフリーローン

お金の使い道が限られないキャッシング商品のもう1つは、フリーローンです。こちらは融資を受けるのは1度のみで、その後は返済のみを行うという証書貸付形式です。

フリーローン商品は、さらに「香川シンプルローン・フリー(S)」と「香川シンプルローン・フリー」の2種類に分かれています。これらの商品は保証会社が違い、商品内容も異なっています。

では、香川銀行のフリーローン商品について詳しく確認しましょう。

商品概要

香川銀行のフリーローン商品を利用するには、返済用口座として利用するために、香川銀行の普通預金口座を開設していることが必要です。

この商品は、おまとめローンや借り換えローンとして利用することも可能です。銀行、消費者金融などからの他社借り入れを一本化することもできますので、返済の管理の負担や利息の負担の軽減ができる可能性があります。

では、金利や融資限度額など、商品詳細を確認しましょう。まずは「香川シンプルローン・フリー(S)」についてご紹介します。

融資金額 借入利率 融資期間 お金の使い道
10万円以上1,000万円以内 年8.0%~14.6% 6か月以上15年以内 自由

返済が遅れた場合の延滞利率は、18.0%となります。こちらの商品は、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス(株)です。担保や保証人は不要です。

次に、「香川シンプルローン・フリー」についてご紹介します。

融資金額 借入利率 融資期間 お金の使い道
10万円以上300万円以下 年9.8%~14.6% 6か月以上7年以内 自由

返済が遅れた場合の延滞利率は審査によって決定された利率によって14.0%または18.0%となります。こちらの商品は、保証会社が四国総合信用(株)です。担保や保証人は不要です。

「香川シンプルローン・フリー(S)」の利用条件

「香川シンプルローン・フリー(S)」は、申込金額によって利用条件が変わります。

まずは、申込金額が100万円以下の場合について確認しましょう。

  • 申し込み時年齢が満20歳以上満69歳以下、完済時年齢が満75歳以下
  • 継続して安定収入を得ている
  • 香川銀行本支店の営業エリア内に勤務または居住している
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる

ここで言う継続して安定収入を得ている人とは、以下のような人のことを言います。

  • 給与所得者
  • 自営業者
  • パート・アルバイト
  • 配偶者に安定収入のある専業主婦
  • 年金受給者

アルバイトをしていても、学生は融資の対象となりませんので注意しましょう。

次に、申込金額が101万円以上の場合の利用条件を見ていきましょう。

  • 申し込み時年齢が満20歳以上満65歳以下
  • 継続して安定収入を得ている
  • 税込年収が200万円以上ある給与所得者か所得金額がマイナスではない自営業者である
  • 勤務年数または営業年数が1年以上
  • 香川銀行本支店の営業エリア内に勤務または居住している
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる

申込金額が101万円以上の場合は、パートやアルバイト、年金受給者、専業主婦は融資の対象とはなりません。

申込金額が高くなると、利用可能年齢の上限が下がったり年収や勤務形態に条件がついたりするなど、利用条件がかなり厳しくなるのがおわかりいただけると思います。

「香川シンプルローン・フリー」の利用条件

「香川シンプルローン・フリー」は、以下の条件をすべて満たしている人が利用できます。

  • 申し込み時年齢が満20歳以上満65歳以下、完済時年齢が満70歳以下
  • 継続して安定収入を得ている
  • 勤務年数または営業年数が1年以上
  • 香川銀行本支店の営業エリア内に勤務または居住している
  • 保証会社である四国総合信用(株)の保証を受けられる

申し込みから契約まで

申し込みから契約までの流れはどちらの商品でも同じで、インターネット経由で申し込みをすることができます。また、窓口や電話で問い合わせも受け付けていますので、不安なことがあったら相談してみましょう。

まずは仮審査を申し込み、その結果の連絡を待ちます。その後、正式な申し込みが必要です。正式な申し込み後契約となり、融資を受けることができます。

返済

返済は、香川銀行の口座から自動引落しで行います。返済額は毎月決められた金額を返済する元利均等返済方式で、6か月ごとのボーナス月に多めに返済するボーナス返済併用による返済も可能です。ただし、ボーナス返済が可能なのは融資金額のうちの50%までです。

返済日は、「香川シンプルローン・フリー(S)」の場合は4日・14日・24日の中から自分の都合に合わせて決める形になります。「香川シンプルローン・フリー」の場合は、利用者の都合のいい日をいつでも返済日に指定することができます。

また、一括での繰り上げ返済はできますが、一部だけを繰り上げ返済することはできません。

香川銀行のフリーローンのメリット・デメリット

それでは、香川銀行のフリーローン商品のメリットやデメリットを確認しましょう。先ほどカードローン商品のところで例に挙げた銀行のフリーローン商品を例に、金利を比較したいと思います。

比較しやすいように再掲載しますが、「香川シンプルローン・フリー(S)」の融資利率は年8.0%~14.6%、「香川シンプルローン・フリー」の融資利率は年9.8%~14.6%です。

商品名 金利 最大の融資額
三菱東京UFJ銀行ネットDE多目的ローン 年5.475% 300万円
三井住友銀行フリーローン(無担保型) 年5.975% 300万円
みずほ銀行多目的ローン 変動金利年5.875%、固定金利年6.700% 300万円
イオン銀行おまとめローン・フリーローン 年3.8%~13.5% 700万円

こうして比較してみると、正直なところ香川銀行のフリーローンは金利が高めな傾向にあることがわかりますね。その点がデメリットと言えます。

ですが、他の銀行のフリーローン商品の融資額を見てみると、あまり高額の借り入れができるとは言えません。その点、香川銀行の「香川シンプルローン・フリー(S)」であれば1,000万円まで借り入れが可能ですので、大口融資に対応しているという点でメリットがあることがわかります。

それでは、香川銀行のカードローン商品「PaPaっとCard」の年5.5%~14.6%という金利と比較してみると、あまり違いが無いことがわかります。フリーローン形式であることで借り過ぎを防ぐことには役立ちますので、どちらの商品を選ぶのかは、どのような借り方をしたいかによって決めるといいですね。

香川銀行のフリーローン商品は、保証会社が違う2種類の商品があります。

「香川シンプルローン・フリー(S)」の方がより大口融資に対応していますが、その分利用条件も厳しくなりがちです。

大手銀行のフリーローン商品や多目的ローン商品と比較すると、金利が高めだということが言えますが、大口融資に対応している商品がある点で利用するメリットがあります。

利用地域が限られず無利息期間もある!セルフうどん支店のWebローン

最初に少しお話しましたが、香川銀行はインターネット上に「セルフうどん支店」という名称の支店を持っています。香川県と言えば「うどん県」としてPRしていることが知られていますが、なかなかユニークな支店名ですね。

「セルフうどん支店」は、セルフのうどん店(食べ物)のように、インターネットや電話を通してセルフで取引をするというコンセプトで営業していて、店舗や窓口は持っていません。セルフ形式になっている分、この支店では、お得に利用できる専用商品が扱われています。

例えば金利トッピング定期預金という商品は、金利が上乗せされていて通常の金利よりもお得にお金をためることができますし、さらに1年間のみ100万円までとはなりますが、金利トッピング定期預金よりももっと金利がお得な超金利トッピング定期預金という商品もあります。

商品名もうどんになぞらえられていて、おもしろいですよね。もちろんキャッシング商品も扱われていて、商品名は「スードンWebローン+」といいます。では、詳細を見ていきましょう。

商品概要

「スードンWebローン+」は、ネット専用のローン商品です。この商品を利用するには、香川銀行セルフうどん支店の普通預金口座を開設していていることが必要です。

では、金利や融資限度額など、商品詳細を確認しましょう。

融資限度額 借入利率 契約期間 お金の使い道
10万円以上300万円以下 年12.0%または14.6% 3年間で原則自動更新 事業性資金以外であれば自由

借入利率は、以下のように融資限度額によって決まります。

融資限度額 借入利率(年利)
10万円から190万円 14.6%
200万円から300万円 12.0%

この商品の特徴は、返済が遅れた場合の延滞利率が通常の金利と変わらないことです。担保や保証人は不要で、新生フィナンシャル(株)が保証会社となります。

利用条件

「スードンWebローン+」は、以下の条件をすべて満たしている人が利用できます。

  • 申し込み時年齢が満20歳以上満68歳以下で国内在住の人
  • 給与所得者などが融資の対象
  • 香川銀行で別のカードローン商品を契約していない
  • セルフうどん支店の普通預金口座であるセルフ総合口座を持っている
  • 保証会社の保証を受けられる

この商品では、給与所得者に限らず、以下のような人も融資の対象となると案内されています。ただし、融資限度額が制限される場合もありますので、合わせて確認しましょう。

  • 会社役員
  • 個人事業主
  • アルバイトなどで収入がある学生…融資限度額10万円まで
  • パート…融資限度額50万円まで
  • アルバイト…融資限度額50万円まで
  • 配偶者に安定収入のある主婦…融資限度額50万円まで
  • 年金受給者…融資限度額20万円まで

セルフうどん支店の商品場合、「PaPaっとCard」のように利用できるエリアに制限はなく、全国から利用できます。

申し込みから契約まで

「スードンWebローン+」の申し込みは、申し込みの時点でセルフ総合口座を持っている人も持っていない人も、インターネット上でできます。

まずは、パソコンまたはスマホ、モバイル端末を通してインターネット上で申し込みをします。すると、原則として当日中、遅くても翌営業日中には審査結果の連絡が電話であり、メールで契約手続き用のURLが送られてきます。それから、審査の際に在籍確認の電話がある場合もあります。

契約手続きの用のURLを通して契約画面にアクセスし、正式な申し込みを行います。契約手続きの際には口座が必要ですので、口座を持っていない人は口座の開設をします。口座の開設もインターネット上で申し込むことができます。

その後、IDと初期パスワードがメールで知らされるので、会員ページにアクセスして借り入れをしましょう。

申し込みの際には、以下の書類のうちのいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

外国人の場合は、在留カードか特別永住者証明書、有効期間内の外国人登録証明書が利用できます。

借り入れと返済

「スードンWebローン+」では、専用のローンカードは発行されません。借り入れはインターネットを通して会員ページにアクセスし、借り入れしたい金額を入力します。すると、指定口座に入金されるので、キャッシュカードを利用して借り入れをします。

返済は、香川銀行セルフうどん支店の口座から毎月6日に自動引落しとなります。返済額は、利用残高と融資限度額によって決められるタイプで、返済額は以下の通りになります。

区分が細かいので、一例をご紹介しています。詳しくは、セルフうどん支店の商品案内でご確認ください。

利用残高 返済額(融資限度額10万円から190万円の人) 返済額(融資限度額200万円から300万円の人)
10万円以下 5千円 4千円
10万円超20万円以下 9千円 8千円
20万円超30万円以下 1万3千円 1万2千円
30万円超40万円以下 1万7千円 1万6千円

また、会員ページを通して随時返済をすることも可能です。この商品も、利用明細が郵送されることはありません。

セルフうどん支店だけの特典!30日間無利息期間があります

セルフうどん支店はお得に利用できる商品があると言いましたが、「スードンWebローン+」もその一つで、「PaPaっとCard」には無い特典があります。それが、30日間無利息で借り入れができる期間が設けられていることです。

初めて「スードンWebローン+」を契約した人に限り、契約日の翌日から30日間無利息で借り入れをすることが可能です。初めて借入をした日から30日間ではないので、契約したら早めに借り入れをすることでよりお得に利用することができます。

大手消費者金融では無利息で借り入れができる期間を設けている商品も多いのですが、銀行系カードローンでこのようなサービスを行っているところは多くはありません。例としては、新生銀行カードローン レイクがあります。

新生銀行「レイク」は金利が年4.5%~18.0%、融資額は1万円から500万円の商品です。

「スードンWebローン+」のメリット・デメリット

では、香川銀行の「スードンWebローン+」のメリットやデメリットを確認したいと思います。この商品はネット上の支店のものなので、他のネット銀行のカードローン商品と比較したいと思います。まずは、金利から見ていきましょう。

商品名 金利 最大利用限度額
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 年1.9%~14.5% 800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 年2.5%~18.0% 1,000万円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン) 年2.2%~17.5% 800万円
住信SBIネット銀行ミスターカードローン プレミアムコース年1.59%~7.99%、スタンダードコース年8.99%~14.79% プレミアムコース1,200万円、スダンダードコース300万円

香川銀行セルフうどん支店の「スードンWebローン+」の金利は年12.0%または年14.6%なので、借り入れ先によってはこちらの商品の方がお得に利用できると言えますね。また、ここで挙げたネット銀行にはない無利息期間が設けられていますので、その点でメリットがあると言えます。

香川銀行セルフうどん支店のキャッシング商品である「スードンWebローン+」は、決められた限度額の範囲であれば何度でも利用が可能です。

インターネット経由ですべて手続きができる点で便利ですし、また銀行系の商品でありながら無利息期間が設けられている点でも特徴的です。

通常の商品は香川銀行の営業エリア内に勤務しているか居住しているかする人しか利用できませんが、セルフうどん支店の商品は地域に限らず利用できる点でも便利ですね。

香川銀行ではセルフうどん支店のキャッシング商品がお得!

それでは、ここまでの内容を元に、香川銀行のキャッシングをお勧めする理由をまとめます。

通常の本支店で扱われているカードローン商品やフリーローン商品は、フリーローン商品のうちの1つが大口融資に対応できる以外、正直なところ他の銀行の商品と比較してそこまで大きなメリット言える部分はありません。

ですが、セルフうどん支店のキャッシング商品「スードンWebローン+」は、以下の点でメリットのある商品です。

  • 地方銀行の商品でありながら全国から利用できる
  • 30日間無利息で借り入れが可能
  • 遅延損害金が通常の金利と同じ

香川銀行の通常の本支店で扱われている商品は、その本店や支店の近隣の人しか利用できませんが、セルフうどん支店は全国から借り入れが可能です。

そのため、キャッシングを考えている人は、香川銀行のセルフうどん支店を一つの借り入れ先の候補とされてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
銀行キャッシングのおすすめ情報

地方銀行の一つである香川銀行には、通常の店舗とネット上の支店である「セルフうどん支店」とがあります。

香川銀行でキャッシングを考えている方の場合、お勧めなのは「セルフうどん支店」で取り扱われている「スードンWebローン+」という商品です。こちらは店舗で扱われている商品のように利用できる地域に制限がありませんし、また銀行系カードローンとしては珍しく、無利息期間も設けられています。

これからキャッシングを考えている人は、この商品も候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

新着記事
カテゴリー