> > > 家や会社に電話連絡が来るとマズイ!在籍確認の賢い乗り切り方

家や会社に電話連絡が来るとマズイ!在籍確認の賢い乗り切り方

お金を借りたいと思ってカードローンの申し込みをすると、家や会社に電話連絡が来るという話を聞かれたことがある方は多いのではないでしょうか。

自宅はともかく、会社ともなると、同僚に借金を知られないかと不安になってしまいますよね。それから、家族にも内緒でお金を借りたいのに、電話連絡があるとマズイ、そんな風に気になる方もいらっしゃることと思います。

ですが、在籍確認はそれほど不安に思う必要がないものでもあります。実は、在籍確認の賢い乗り切り方もあるんですよ!

では、家や会社に電話連絡が来るのが心配だと言われる方に向けて、在籍確認について詳しくご紹介しましょう。

なぜ必要なの?在籍確認の目的は仕事をしている裏付けを取ることです

在籍確認とは、申込者が申し込みの際に記入した会社に在籍していることを、業者が確認することを言います。

では、なぜそんなことが必要なのか、まずは在籍確認を行う理由について見ていきましょう。

申込書の内容が事実と違ったら審査の意味が無い!

カードローンの申し込みを受けると、申し込み先の業者はその人に融資ができるかどうかを審査します。そして、審査は、申し込みの際の書類(申し込みフォームも含む)に記入された情報を元に行われます。

ということは、申込書に書かれている内容が事実と違ったら、審査をした意味が無くなってしまうわけです。そこで、業者は様々な方法で申込書に記入された内容が間違っていないか、裏付けを取ります。

例えば連絡先であれば、記入された連絡先に申込内容の確認のための連絡をして、通じるかどうかをチェックします。その際に、本当に申し込んでいるのが本人なのか、別の人がその人の連絡先などを使って申し込んでいるなどの不正がないかも合わせて確認しています。

それから、返済をするには収入が必要ですので、カードローンの利用条件として本人が安定継続した収入を得ていることを挙げている商品も多いものです。

銀行系カードローンなどであれば配偶者の収入を元に専業主婦や専業主夫を融資の対象とすることもありますが、いずれにしても安定収入があることを確かめなければお金は貸せません。そのため、返済能力に直結する勤務先の情報も、念入りに確認されます。

それが、その人が本当に記入した会社で働いているのかをチェックする、在籍確認なのです。

在籍確認ができない場合審査に通過できないこともあります

在籍確認では、申込者が記入した勤務先に関して以下のようなことをチェックしています。

  • 申込者が本当にその職場で勤務しているのか
  • 申込者がその職場を退職したり休職したりしていないか
  • 架空の勤務先を記入していないか

極端な例ではありますが、勤務先として記入した職場が実は知人の職場で申込者本人は無職だとすると、お金を貸してもとても返してもらえるとは思えませんよね。実際にその職場に勤めていたことはあっても、申し込みの時点で退職している場合も同様です。

また、本当にその職場に在籍しているとしても、休職していると給料をもらっていない期間があることが予測されますから、収入を得ているとは言えません。それから、無職であることを隠すために架空の勤務先を記入するといったことも実際にあるのです。

そのため、記入してある職場が本当に存在するのか、その勤務先に在籍しているのか、在籍していても休職しているようなことはないかなど、勤務先情報について詳しく確認する必要があるというわけです。

ちなみに、派遣社員の場合は、派遣先ではなく給料を支給している派遣元が在籍している会社となりますので、記入を間違えないようにしたいものです。業者によっては派遣社員の場合は派遣元を記入するようにと案内がある場合もあるのですが、そうでないことが多いので注意しましょう。

そのような意味を持つ在籍確認なので、在籍確認ができないと審査に通らない可能性もあります。

そうなると、在籍確認についてますます気になると言われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そこまで難しく考えなくても大丈夫ですので、次に在籍確認の詳細について確認していきましょう。

在籍確認というのは、貸したお金を返すための収入を得ているかどうかを判断するために、勤務先として書類に記入した場所で本当に働いているのか、そもそもその職場が実在するのかなどを確認するものなんですね。

業者にとってはとても大切なことですので、在籍確認ができないと審査に落ちてしまう可能性もあるほどです。

方法は電話での連絡!本人が出られなくても在籍確認が可能なことも!

在籍確認の方法は、申し込みの際に記入した勤務先に、実際に電話で連絡を入れる方法で行います。

そう言われると、勤務先の人に借金が知られるのではないかと不安になるかもしれませんが、お金を貸す側としても借金を知られて平気な人はあまりいないことはわかっていますから、プライバシーには十分配慮してくれます。

では、在籍確認の詳細について見ていきましょう。

消費者金融会社の場合職場への連絡は担当者の個人名で!

まず、例えばプロミスやアイフルといった消費者金融会社の場合、申し込み先が大手であればある程、それらの会社名をみんなが知っている可能性が高いですよね。そのような業者が企業名を名乗って連絡してくると、明らかにお金を借りるのだとわかってしまいます。

そのため、消費者金融会社の場合、在籍確認の際には審査担当者が個人名を名乗って電話をします。

申し込み先がその業者の名前を名乗って電話をすることはありませんから、安心して電話を受けることができるんですね。

銀行カードローンの場合は銀行名を名乗ることも

銀行カードローンに申し込んだ場合も、在籍確認は行われます。

銀行系カードローンの場合は、審査担当者の個人名ではなく銀行名を名乗ることが多くなっています。

相談すれば個人名で電話をしてもらえるところもありますので、銀行名を名乗られたくない人は審査が開始されるまでに相談してみることをお勧めします。

電話に出た時に聞かれる内容

では、在籍確認の電話を職場で受けると、どのようなことを聞かれるのでしょうか。申し込み先によって違いはありますが、多くの場合以下のような内容です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所

中には、フルネームで名前を尋ね、そうですと答えるだけで在籍確認が終了する業者もあります。

特に難しいことを考える必要はなく、在籍確認の連絡が来たら電話に出て聞かれたことに対して答えればいいだけなんですね。

本人が電話に出られなくても在籍確認は可能です

職業や仕事内容によっては、外回りが多い、会議や来客の対応が多いなどの理由で、会社の中で自分が電話に出る機会はあまりないと言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そのような場合、電話に出られないから在籍確認ができないのでは?と気になるかもしれませんが、それは問題ありません。

カードローンの発行元としては、その人が本当にその会社で働いていることを確認できればいいわけです。そのため、例えば「今会議中です」とか「外回りに出ています」などと会社の人が対応してくれるだけでも、その会社で働いているという確認が取れたことになり、在籍確認は終了します。

自分が休みの日でも、今日は休みであると伝われば、普段は勤務していることがわかりますのでそれで大丈夫です。会社の営業日でなければ在籍確認ができませんから、自分が休みで会社が営業している日に申し込む人も多いかもしれませんが、その場合でも大丈夫だということですね。

無理に本人が電話に出る必要はなく、カードローンの申し込み先に自分がそこで働いていることが何らかの形で伝わればいいわけです。そう考えると、気が楽になりますね。

個人事業主の在籍確認

個人事業主の場合、商用の電話と自宅の電話を分けていれば商用の電話の方に連絡がありますが、連絡先を分けていない人の場合、当然と言えばそうですが自宅に在籍確認の電話が来ることになります。

自宅への電話と言えば申し込み確認の際にもある可能性がありますが、こちらは在籍確認ではなく本人確認といった意味合いがあるものなので、家に在籍確認が来るのは自宅で仕事をしている人ということになります。

この場合、出るのが難しかったり人目を気にしたりといった必要が無い代わりに、家族に借り入れが知られるのではないかという不安はあるかもしれませんね。

ですが、仕事関係の電話は様々な方面からかかって来るはずなので、個人名での連絡でキャッシングが家族にバレるというのは考えにくいのではないでしょうか。

仕事をしていない専業主婦の在籍確認

自分で仕事をしていない専業主婦の場合、在籍確認の連絡がご主人が働いている職場に行くのではないかと不安に思われることもあるかもしれませんが、専業主婦の場合ご自身に対する申込内容の確認の連絡のため家や携帯などへの連絡はありますが、ご主人の会社への在籍確認はありません。

なぜ専業主婦の場合は在籍確認をせずにお金を貸すことができるのかというと、それには以下の2つの理由があります。

  • 妻が働かなくてもいい時点で夫が安定収入を得ていることが分かるから
  • 妻の申し込みが元で夫の職場に連絡が行くと業者の印象が悪くなることがあるから

まず、妻が専業主婦でいられるということは、夫の収入だけで十分に生活が成り立つという証明になりますよね。そのため、安定収入があるとみなされて、借り入れが可能になるということです。

また、妻が内緒で申し込みたい時に夫の職場に連絡をしてしまうと、借り入れがバレて夫婦喧嘩に発展することも考えられますよね。キャッシングが原因で夫婦間の問題に発展すると、その原因を作った業者に対する印象が悪くなり、そうなると悪評がもとで借り入れをしてもらえなくなるかもしれません。

とはいえ、専業主婦の借り入れにはかなり制約があるのも確かです。まず、専業主婦は貸金業法という法律の定めの影響で、貸金業者である消費者金融会社や信販会社などからはお金を借りることがごく一部の場合を除いてできません。
(⇒貸金業者でお金を借りる場合

ごく一部の場合とは、例外の規定を利用した場合です。ですが、例外の規定を元に借り入れをする場合、配偶者の同意書や配偶者との婚姻関係を証明する書類の提出などが必要なため、多くの業者が専業主婦の融資には対応していないのが現状です。

そこで、専業主婦が借り入れできるのは、銀行や信用金庫、信用組合などの貸金業者以外が発行するカードローンの中で専業主婦でも融資の対象とする商品を選んで借り入れをする必要があります。例えば三井住友銀行カードローンなどは、専業主婦への融資は行っていません。

そして、専業主婦の場合は利用限度額に以下のように上限を設けている金融機関も多く、利用する際には配偶者に安定収入があることも条件となります。

商品名 通常の最大利用限度額 専業主婦の最大利用限度額
みずほ銀行カードローン 1,000万円 30万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円 50万円
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 800万円 50万円

また、このように明記していなくても、専業主婦を相手に多くの額のお金を貸すとは考えにくいのが現状です。融資をする側としても、貸しても問題が起きない体制を整えているということですね。そういったこともあって、在籍確認のための電話が無くても借り入れができるという側面もあります。
(こちらもご参考に→専業主婦必見の審査が甘いキャッシング

在籍確認は、職場に電話をするという方法で行われます。本人が出られれば、簡単な質問をして終了となりますし、また本人が出られなくても、会議中などと答えてもらうことができればそれで在籍確認ができたことになります。

専業主婦の場合、ご主人の会社への在籍確認は行われないのが一般的です。そのかわり、法律の関係によって貸金業者からは融資が受けにくいのが事実ですし、また銀行カードローンなどを利用しても、明確に借入限度額に上限が定められていることもあります。在籍確認の心配はないかわりに、あまり多くは借りられないのが専業主婦だと考えた方がいいですね。

借り入れを他人に知られたくない!在籍確認の賢い乗り切り方

ここまで在籍確認の方法について見てきましたが、例えば普段会社に個人宛に電話がかかって来ることがまずないような職場であるなど、それでも不都合だと思われるような場面もありますよね。

では、それらも含めて、在籍確認の賢い乗り切り方を確認していきましょう。

銀行系カードローンを利用して銀行名を名乗ってもらう

消費者金融からの借り入れであれば、明らかに借金だとばれてしまいます。ですが、銀行からの連絡となると、銀行ではその他の業務も行っているので、不自然ではないですよね。

もちろん、消費者金融は個人名で電話をかけてくれますが、個人が会社に私用で連絡をしてくること自体が不自然な勤務先であれば、それが難しいこともあります。また、私用の電話は取りつがないといった規定がある勤務先なら、なお難しいですよね。

その点、銀行からのやむを得ない用事だとなると、電話が繋がりやすくなることもあるのではないでしょうか。

また、銀行では住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなど別のローン商品も扱っていますから、同じお金を借りるのでも銀行からとなると周りの人の印象が違う場合もあります。

そのため、借り入れ先に銀行など、カードローン商品以外の商品も扱っているところを選ぶことで、在籍確認によって職場に借金がバレる可能性を減らすことができます。

時間帯指定を利用する

他にも、自分が会社にいるだろうと思われる時間を指定して、在籍確認の電話を依頼するという方法もあります。そうすれば、自分が電話に出やすいですよね。

ただし、審査の進み具合によってはその時間に電話をすることが難しくなる可能性があることや、別の人が絶対に電話を取らないという保証が無いことは知って利用したい方法です。

それらしい別の理由を考える

最後に、どの方法も難しそうだとおっしゃる人の場合は、それらしい別の理由を考えて事前に伝えておくという方法もあります。それが、クレジットカード審査のために職場に電話があるという理由です。

クレジットカードを新しく作ることは珍しいことではありませんし、また審査のためにクレジットカード会社から職場に連絡があるのも納得の話ですよね。

どうしても在籍確認が難しそうなら相談を

以上のように、在籍確認を賢く乗り切る方法の例を3つお伝えしましたが、例えば個人情報の保護の立場から職場に在籍する人の情報を一切外部には伝えないようにしているなど、在籍確認自体ができにくい状況にあることも考えられます。

そのような場合、申し込み先にその状況を伝えて在籍確認が難しそうであることを相談する方法があります。

最初にもお話したように、在籍確認はカードローン会社にとってはとても大切なことですから、在籍確認を無しにすることはできません。ですが、例えば社員証を提示する、他の書類を提出することで在籍確認に変えるなど、別の方法を提示してもらえる可能性もあります。

多くのところで電話による在籍確認ができなければ審査は不可となるのですが、カードローン利用経験者の話によると、プロミスではどうしても電話による在籍確認ができない場合は別の方法に変えてもらえるという話もあります。

そのため、在籍確認がネックになりそうな人は、申し込みをする前に利用したいと考えている業者にその状況を伝え、それでも構わないと言ってくれる業者を借り入れ先に選ぶ方が安心です。

職場の状況によっては、電話があること自体が不自然であるなど、在籍確認がネックになることもありますよね。そんな時には、銀行系カードローンを利用して銀行名を名乗ってもらう、会社から貸与された携帯があればそちらにかけてもらうなどの対策が考えられます。

また、あらかじめ電話がかかって来ることを職場の人に言っておいて、不自然に思われないようにする方法もありますね。とはいえ、お金を借りるためだとは言いにくい場合は、クレジットカードの審査だということにしておけば不自然さがありません。

どうしても電話連絡が不安な人はモビットのWEB完結がオススメ!

ここまで読まれても、やっぱりどうしても在籍確認への不安が拭えない方もいらっしゃるかもしれませんね。とはいえ、働いていない人にお金を貸しても返済ができるとは考えられませんから、業者としても在籍確認の電話をしないというわけにはいきません。

そこで、どうしても電話連絡をされたくない人にオススメな業者があります。それが、モビットです。

モビットでは、一定の条件を満たせば、家や勤務先への電話連絡も書類の郵送も無しで融資をすることが明記されています。ですが、電話が無い分、条件もやや厳しめに設定されています。

では、モビットのWEB完結について、詳細を見ていきましょう。

WEB完結なので手続きはすべてネット上でできる!

その名前の通り、モビットのWEB完結はネット上ですべての手続きを完了させることができ、審査上必要だと判断された場合以外は電話連絡も郵送物もありません。さらに、ローン用のカード発行もなく、全てインターネット上で取り引きをすることになります。

ただし、審査上必要だと判断されれば、職場への連絡がある可能性があることは知っておきましょう。

では、モビットのWEB完結を利用するための条件を確認します。

口座に関する条件

まずは、口座に関する条件です。モビットのWEB完結を利用したい場合、以下のいずれかの銀行に申込者名義の普通預金口座を持っていて、さらにその普通預金口座をモビットでの借り入れや返済のために利用することが求められます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

これらの口座を持っていない場合でも、ネット上で開設することが可能なので、口座開設をすることも難しくはありません。

健康保険証に関する条件

次に、健康保険証に関する条件です。健康保険証にはいくつか種類がありますが、WEB完結を利用するにはその中で以下の種類の健康保険証を持っていることが必要です。

  • 組合保険証
  • 社会保険証

モビットの説明によれば、組合保険証は公務員や自衛官、会社員などが持っているもので、公務員の共済組合や企業の健康保険組合などが発行している種類の保険証です。企業で健康保険組合を持つには会社の規模などに関する条件がありますから、この保険証を持っている会社員は大規模な企業に勤めているとわかります。

次に社会保険証ですが、こちらは会社員が持っているもので、協会けんぽによって発行されているものです。主に中小企業に勤めている人が持っていることが多いもので、やはり給与所得を得ていて、毎月の収入が安定していると考えられるわけです。

つまり、これらの種類の保険証を持っている人は、公務員や自衛官、会社勤めをしている人などということですね。ここでは挙がっていない国民健康保険証は自営業の人など先ほど挙げた保険証を持っていない人が持つものです。

要は、健康保険証の書類を見ることで、収入の安定性をチェックしているんですね。

提出書類に関する条件

最後に、WEB完結を利用するために必要な書類の種類と具体的な書類の内容をご案内します。

本人確認書類 収入証明書類 勤務先確認書類
運転免許証・パスポート 源泉徴収票・税額通知書・確定申告書・所得証明書・給与明細書直近2ヶ月分と賞与がある場合は賞与明細書直近1年分を合わせたもの 組合保険証か社会保険証と直近1か月分の給与明細書

具体的な書類については、全てが必要なのではなく、ここで挙げたもののうちいずれかの写しが提出できれば大丈夫です。

ただし、勤務先確認書類は両方提出することが求められます。

モビットのWEB完結でも電話以外の方法で勤務先の確認をしている!

このように、モビットのWEB完結は電話連絡や郵送物が審査上必要とされない限り無い代わりに、別の方法で勤務先の確認をしたり収入の安定性をチェックしたりしているわけですね。

勤務先の確認が無いというわけではなく、別の方法に変えてきちんと行っているということがよくわかります。

モビットのWEB完結は、審査上必要とされない限り電話連絡無しで契約まで行うことができます。ただし、それは勤務先のか国をしていないというわけではなく、口座や健康保険証に関する条件を設けたり書類の提出を義務付けたりすることによって、別の方法で収入の安定性や勤務先についてチェックしているという意味です。

どんなところでも、それらの確認なしで借り入れができるところはありません。とはいえ、電話以外の方法で確認してもらえることで安心感があるという方もいらっしゃることでしょう。そのような人で、条件が満たせる場合は、モビットのWEBをオススメします。

過度に怯える必要はないが不安ならこの方法で在籍確認を乗り切ろう

以上のことから、勤務先への在籍確認に関してはプライバシーに配慮されているため、角に怯える必要無いことがわかります。

とはいえ、職場の事情などでそれでも不安を感じる方は、以下のような方法で上手に在籍確認を乗り切りましょう。

  • 銀行系カードローンを借り入れ先に選ぶ
  • 在籍確認の時間を指定して自分が電話に出やすいようにする
  • クレジットカードの審査など別のそれらしい理由を考え事前に伝えておく
  • 在籍確認を電話以外の方法に変えられないか審査担当者に相談する
  • 条件を満たせそうならモビットのWEB完結を利用する

これらのことを参考に、在籍確認を乗り切りたいものですね!

【参考ページはこちら】
キャッシングの質問や悩みを解決!

カードローンを利用する場合には審査がありますが、その一部として職場に電話連絡を入れるという在籍確認が行われます。収入が無いと返済ができませんので、業者にとってその人が本当に申込書に書いた場所で働いているのか、休職などしていないかをチェックすることは大切なことです。

とはいえ、業者も十分にプライバシーには配慮していますから、キャッシングをしていることがバレるような電話のかけ方はしませんので、過剰に不安に思う必要はありません。

ですが、職場の状況によっては電話がかかって来ることが不自然など、様々な理由で在籍確認が難しいこともありますよね。そのような時には、銀行系カードローンを選ぶなどの上手な方法で乗り切りたいものです。

新着記事
カテゴリー