> > > アルバイトのあなたでもOKなキャッシング利用法

アルバイトのあなたでもOKなキャッシング利用法

生活は年々厳しさを増してきているようでも、友達との付き合いやコンパなんかで新しい出会いも少なくなるどころか、いよいよ機会が増えてきているようです。

そんな時代、アルバイト・パートに従事している身分であっても、事情は同じです。生活費が必要だし、学生なら参考図書を自前で購入しなければならなかったりするもの。

だからこそ、突然の出費にとても心強い味方だとされるキャッシングローンが使えれば、事態は大きく改善すると考えられますが、何の予備知識もなければ、危険も招くことになるでしょう。

今回はアルバイト・パートでもキャッシングローンを利用できるように最低限の知識を確認しておくこととしましょう。

キャッシングローンとはキャッシングしてからローンで返済すること

キャッシングローンって、なんだかわかっようなわからないような言葉に思えます。キャッシングをローンするなんて説明をする人は多分よくわかっていないのでしょう。

キャッシングローンの意味をしっかりと知っていることが上手に利用するための第一歩ですから、確認するつもりで説明します。

キャッシングとは当面必要な現金を借りてくることです

突然、お金が必要になったという事態は誰にでもありますが、その時の財布に十分なお金が入ってなかったという経験も同様に経験したことがあるでしょう。

お金がいつも十分に財布に用意できているなんて、ある種、特別な人たちだけの話に違いありません。私たち一般庶民にとって、財布とは会員カードを入れる入れ物だったりします。

銀行に多少でも預金があれば、それを引き出して使うでしょう。でもそれはキャッシングと呼びません。その時、一緒にいる友人や家族から少しの間、立て替えてもらうとかするとキャッシングといいます。

キャッシングとは自分のお金ではないお金を一時的に借りて使わせてもらうこと。どこからキャッシングするかは関係ありません。友人からでも家族からでも専門業者からでもキャッシングと呼びます。

キャッシングを返済する方法にもいろいろあります

もちろん一時的には便利ですが、キャッシングは一時的に足りないお金を借りて使わせてもらうことですから、それは返済して清算しなければなりません。

少額のキャッシングであれば返済するのは比較的容易かもしれませんね。ですから、借りた分を帰宅してから、あるいは翌日会ったときに全額清算すれば、それで返済完了です。

しかし、キャッシングの金額が少し大きくなっていたらどうでしょうか。一回で全額を返済するのは難しくなる場合もあります。そんな場合は、数回に分割して返済することになるに違いありません。

数回に分割して返済することを「ローン」と呼んでいるのです。ローンは家電などを購入した時に利用しているかもしれません。それらの支払いは何度かの分割払いになっているはずです。


つまり、キャッシングを利用してローンで清算することをキャッシングローンというわけです。

正しく利用する!夢が広がるキャッシングローンの使い方はこれだ

家族、親戚そして友人などの知り合いからキャッシングさせてもらうと、ほとんどの場合、利息などを要求されることはないでしょう。ちょっと考えれば、とてもお得ですね。

でも、これには大きなデメリットがあります。返済の仕方にも大きく融通が効くことが少なくありません。これが段々と関係を劣化させてしまう危険が高いのです。


専門業者からキャッシングする場合、利用元金に利息を加えた合計金額を返済します。

金融業者が設定している利率によって支払利息を計算しますので、総額がいくらになるか、利用金額からだけではわかりません。

それでも、メリットは小さくありません。例えば、3割引の商品を買うために年利20%のキャッシングを利用したとしても、まだ割安で購入できたと言えそうだからです。

商品の正札よりキャッシング利用の総支払額の方がまだまだ低いというケースは決して少なくなく、キャッシングを利用したお得な買い物ができる可能性は十分あります。

これは絶対禁止!キャッシングローンのべからずとはこれだ

キャッシングローンはとても便利で、しかも使い方次第でお得な利用も可能なので、使い慣れると手放せないツールになるという人も少なくありません。

そのような便利でお得なツールとして使い続けるためには、どうしても守りたいルールがあります。それが以下の3つの禁止事項なのです。

  • 1.毎回決められた支払日を守らない
  • 2.ローン支払い中に別のキャッシングを利用する
  • 3.ローン支払いのために別のキャッシングを使用する

1.の支払日を守らないと確実に信用を損なう結果を招きます。信用を損なうとその後のローン審査に通らなくなったりと面倒な状況を招くことになるでしょう。

2.のように複数のローンを重ねる使い方は「多重債務」と呼ばれる問題状況です。たとえ金額的に負担が少なくてもそれは一種の多重債務状況に違いなく、何かの拍子に進退が窮まる危険があります。

3.も多重債務なのですが、さらにひどい状況になります。一般的なリボ払いには金利分が含まれていますから、その利息をキャッシングで支払った計算になり、複利で返済する事態になります。

複利計算とは
元金に利率を計算して利息を求めるだけではなく、利息を元金に取り込む計算の方法です。この方法でローンを利用すると元金がなかなかなくならなくなって長期化し、不利なローンになります。
キャッシングローンは金銭の借り入れと返済のことでした。

だから、正しく利用することができれば、安全にお得な利用も可能になります。

でも、ちょっとした気持ちの甘えから大きな問題になってしまうこともありそうですね。

問題はキャッシングをどこから?どのように?

これでキャッシング・ローンがどのようなものかという概略は理解できたのではないでしょうか。ともかく漠然とイメージを持つことができれば、具体化していくことが可能になります。

アルバイトでもキャッシングできる業者は決して多くない

アルバイトだからこそキャッシングを利用したい。あなたはそう考えるかもしれませんね。でも、アルバイト・パート職員にキャッシングローンを提供している業者は決して多くありません。

キャッシングローンの利用は一定期間の問題です。半年から一年のローン支払い、あるいは数年にわたるローンを契約して返済を実行しなければなりません。

ですから、利用対象者としては公務員や会社の正社員などが想定されていました。社会的な身分が安定しているのが一番大切だと考えられているのです。

この点でアルバイト・パートの身分は大変不利です。もちろん場合によっては収入面において正社員に引けをとらないこともありますが、それでもキャッシングしてくれる金融業者は決して多数派ではありません。

キャッシングのパターンを工夫すれば、上手に利用できる

ですから、アルバイト・パートの人たちがキャッシングローンを利用するためには、公務員・正社員たちとは少し違った工夫が必要になってきます。

まず、少額の利用に徹すること。高額になればなるほど、高い信用度が求められるのは当たり前。キャッシングローンは少額利用が圧倒的に有利なのです。

高額ローンを利用するためには煩雑な書類が必要になったり、決済まで時間がかかってしまったりという面倒が少なくありません。

最初から大きな信用度を獲得しようとするのではなく、少額利用で完済する回数を重ねていけば、着実な信用度を積み上げる結果を得るでしょう。

銀行・消費者金融カードローンとフリーローンの違いはこれだ

アルバイト・パートのキャッシングローン利用の可能性は金融業者によって、また利用するローン商品によって多少異なってきます。

銀行が発行しているカードローンは非常に高い信用度と年収を必要としますから、アルバイト・パートだと難しいという結論になりそうですが、そうでもない場合もあります。

銀行の場合、家族カードを用意している場合があります。これを利用できれば、アルバイトでもパートでも利用できる可能性が出てきます。

有名大手の消費者金融業者のカードローンはアルバイト・パートでも申し込み可能で利用できる可能性はあります。ただし総量規制があり、利用総額が年収の3分の1までに制限されています。

そしてその他の中堅・中小の消費者金融業者も全国にあり、優良な業者も少なくありません。少額キャッシングでこのような業者を利用するのであれば、フリーローンを利用することになります。

毎回必要になってから、キャッシングローンを申し込みして審査を受けます。支払い回数も固定であることがほとんどですから、計算の手間もあまりなく簡便です。

アルバイト・パートが利用するキャッシングは、少額が基本なのですね。

社会的・経済的身分の評価が低いとは、気になりますが、それなりに信用を獲得していく方法もあるわけです。

どれだけ評価が高くても高額利用はオススメではないので、社会的な身分も実はあまり関係ないとも言えそうです。

利用の難しさ。どんな人がキャッシングが利用できるのか

サイトによっては、キャッシングローンの利用は難しくないと説得するのに一生懸命です。そのようなサイトではむしろ(⇒無職の専業主婦でもラクラク通過できる審査)があると宣伝しているのです。

しかし、アンケートデータを眺めてみるとそのような主張とは少し違った現実が目に止まります。

申し込み段階で落ちてしまう人も少なくないという事実

なんと審査まで行かない利用申し込みがなくならないのです。インターネットを利用した申し込みが原因なのか、むしろ最近は増えてきているともいいます。

個人名は当然、連絡先、勤め先の記入など申し込みには多くの項目に記入を求められますが、それらに記入ミスがあってもシステムは何も助けてくれません。

このようなあからさまな問題を抱えた申し込みを相手にできるほど余裕がある金融業者はいないでしょう。

審査通過率が語るのは消費者金融業者の審査の厳しさだった

審査が緩いというイメージを持たれる消費者金融業者なのですが、そんな有名大手の消費者金融業者中、もっとも審査の通過率が高い業者でも50%を少し上回る程度です。

この数字が高いのか低いのか判断はさまざまにあるでしょう。しかし、その判断をする前に知っておくべきことがあります。それは審査で通らない人たちの特徴です。

過去に支払い遅延などの事故を経験している人は、審査に通りません。個人信用情報機関に記録された事故情報は申し込み者がどのような利用経歴を持つか、5年以上にわたって明らかにします。

最近別のキャッシングローンを申し込んだばかりの人も審査に通るのは難しいです。申し込みの記録が個人信用情報として参照できるのであり、過度の利用を避けるために審査で否決します。

他の業者ですでに利用中であれば、その事実も明らかになりますので、さらに審査項目が追加されることになります。この審査に通過するのはさらに難しいでしょう。

利用金額の合計が総量規制にかかっていれば、まず通らないでしょうし。申し込み金額が50万円を超えていれば、慎重審査という項目を条件にします。


このように消費者金融業者の審査に通過するのは並大抵ではないのです。

在籍確認を通過するためにできる事前準備をしておく

ローンの審査で行われるのは通常、勤務している会社に個人名で電話があって、在籍を確認するだけですから、本人が電話口で対応する必要はありません。

在籍していなくても大丈夫というわけです。しかし事実としては在籍確認でローン審査に落ちてしまう人も少なくありません。

それは申し込み者が派遣会社に在籍している場合やアルバイトの場合、電話を受ける事務員が本人の名前を知らないこともあるからなのです。

ですから派遣会社に在籍している場合は、電話に応答してもらえるように会社に交渉しておくなどの事前準備が必要です。ほとんどの派遣会社ではこのような電話対応に対処してくれるようです。

アルバイトの場合も派遣要員と同様で事前に準備しておく必要があります。対面審査の最中に会社に在籍確認して、名前を知らない人が対応したら残念な結果を招きます。

審査に通りやすいとされる消費者金融でもローン審査に落ちてしまう人は多いのですね。

自分でできる準備はしっかりとしておくべきです。

このような準備はまた計画性と密接に結びついているので、準備がしっかりとできていると、心証もよくなって希望する結果に結びつきやすくなるでしょう。

キャッシングローンは法律に従って行われる法的行為です

キャッシングローンは慈善事業ではありませんし、福利厚生事業でもありません。紛れなく法律行為であって、一個の個人として厳粛に行われる契約行為なのです。

権利と義務とを果たせる成人に認められた法律行為のひとつですから、利用者も最低限の法律知識を持っていることが期待されます。

消費者金融は貸金業法に登録されて、監督されています

だれでも、お金をたくさん持っていれば、人にお金を貸して商売をしてよい、のではありません。商売にして利益を得るので、法律による義務が課せられているのです。

消費者金融業は各都道府県知事、または内閣総理大臣による登録が必要な登録事業です。

一つの都道府県に事務所があるだけなら、知事の登録が必要ですし、複数の都道府県に事務所を開くなら、内閣総理大臣による登録が義務付けられています。

登録状況は金融庁の公式サイトで公開されており、登録貸金業者検索ページから誰でも検索して確認することが可能になっています。

このサイトで検索できない業者は無登録の金融業者ですから、消費者金融業者ではなく、「ヤミ金」と呼ばれる違法業者です。

その利息が高いか低いか?利息制限法を見ればわかります

利息制限法は、貸付した元金に対する利息の上限を定めています。この法律に決められた利息以上の利息を徴収するような利率は違法だという判断になります。

一般に、高利貸しとはこの法律に違反した利息を請求する業者のことで、ヤミ金のやり口の一つなのです。

利息制限法は利用元金ごとに利率の上限を次のように定めています。

元金 上限利率(%)
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

簡単にわかるリボ払い!利息の計算方法はこれで決まり

利息の計算方法は法律で定められているものではありませんが、ローンの商品詳細を確認すれば、必ずどのような計算式を用いるかが明記されているはずです。

それらの計算方式をすべてを網羅するには、少し煩雑になりすぎると思いますので、ここでは現在もっとも普及しているリボ払いを解説します。

リボ払いはクレジッカードのショッピングなどでも利用されている方法で、毎回の支払いにそれまでの利息と元金の一部とを支払う返済方法です。


毎回支払うたびに元金が減少していくことになり、返済回数を重ねるごとに利息も小さくなっていきます。

計算式は
利息(円)=元金(円)×利率(%)×利用日数(日)÷365(日)
うるう年の場合は366日で割る

例えば年利20%で1万円を利用して30日後の支払日を考えると

元金 年利 日数 利息
1万円 20% 30日 164円

この計算結果と返済金額の元本分を求めます。
元本を3000円返済するなら、支払い金額は3164円になり、支払い金額を3000円にするなら、元本支払い分は2836円になります。どちらになるかはローンの詳細に決められています。

キャッシングローンの利用って責任ある大人のすることだったのですね。

法律で様々に制限を受けているようですが、それらは利用者の生活を守るためのもののようです。

利息計算ができないと大人として計画的な利用なんてとても望むことはできない相談になってしまいます。

計算は少し面倒だけどしっかりとマスターしておきたいですね。

銀行系ローンのメリットとデメリットを考えて選びましょう

どうせなら信頼できる銀行のカードローンがいい、とおっしゃる方は少なくありません。でもうっかりすると意外な落とし穴が口を開けてることもあるというなら、本当は結構怖い話になってしまいますよね?

銀行系ローンのメリットとして大きくは3つありますが

なによりもローン金利が低いのは銀行系ローンの最大の魅力でしょう。消費者金融系がどれだけ頑張ったとしても提示できる金利は14%程度が最低限度と思われますが、銀行なら4%台も提示していたりします。

この点、少しだけ気をつけなければならないのは、それぞれ最高限度額に対する金利だということ。


銀行は大きな資本力を背景に最高限度額が消費者金融の2倍近い設定になっているため、提示できる最低金利も下げられるのです。

こんな設定が可能なのも銀行が貸金業法の規制範囲外だということに起因します。貸金業法の制限ではないため、総量規制の制限がありません。

貸金業法の制限ではないことで、専業主婦でも利用できることになります。個人収入ではなく世帯収入がローン審査の対象になるからです。ただしこの仕掛けを利用するために、配偶者の了解が必要になるのは当然です。

裏に隠れがちの銀行系ローンのデメリットも次の3つあります

審査通過のために必要とされる最低年収が実は結構高いのはあまり知られていないかもしれません。銀行は利用者に求める水準が決して低くありません。それは銀行の事業の中心が個人向け金融事業ではないからです。

その結果、利用申し込みに際して最低申し込み金額が高いのです。消費者金融では1万円からキャッシング利用を想定していますが、銀行では10万円以上の単位になっているようです。

公務員・正社員であるならまだしも、アルバイト・パートの身分では10万円分の信用度を獲得するのは相当困難かもしれません。これも個人向け金融に対して関心度が低いためでしょうか。

それでも最近の銀行は消費者金融と業務提携するなどして、消費者金融のノウハウを獲得しつつあります。ローン詳細に記載されている信用会社がそれです。信用会社に審査を委託することで、個人向け金融にふさわしいを実施しようとしています。

その結果、審査に要する時間も以前に比べれば圧倒的に短縮できたといいますが、それでも審査会社が銀行の外部組織になってしまうため、審査に想定外の時間がかかってしまう状況も出現しています。

安心できる銀行のカードローンでも良いことばかりではないのですね。

たとえどれだけ良い条件を提示していても、利用できなければまったく意味はありません。

低金利でも審査に通らないのであれば、何の役にも立たないです。

利用できる条件をよく考えてから、申し込みをするべきなのです。

消費者金融系ローンのメリットとデメリットはこれです

個人向け金融といえば、消費者金融。怖い人たちが取り立てにきて困るという話は混同した結果の妄想に過ぎません。消費者金融はれっきとした公的な事業の一つなのです。しっかりとメリットとデメリットを把握してから利用を考えたいものです。

消費者金融を銀行ローンと比べればこれがとても便利です

消費者金融はもともと個人にキャッシングを提供して利益をあげる事業ですから、個人向け金融のノウハウを十分に蓄積しています。

個人向け金融で一番求められる要件こそがスピードです。何日も前から予測できていれば、あれこれキャッシングの算段が立つものですから、そうできないキャッシングが消費者金融の舞台になります。

ですから審査が早いのが基本。申し込みをしてすぐに結果が出るのを期待できます。そして可決すればその場でキャッシングや振込という手順になっているのです。

業者は個人相手の専門家ともいえます。ですから相談もこなれたもので、わからないことはその場で相談できたりして、手軽に利用できるのが大きな魅力です。

もちろん銀行のように高収入な人だけを対象にしていません。ですから少ない収入でも利用できます。つまりアルバイト・パート程度の収入でも利用できる可能性が高い。これらがメリットです。

メリットばかりじゃない。少しがっかりのデメリットを3つ

よく言われるように確かに金利が比較的高めの設定に見えます。ほとんどの業者で20%前後の金利が提示されています。この数字を見ると気が引けるのは確かですし、暴利を貪っているのでは?という厳しい意見もあるようです。

でもそんな金融業者が採用している返済方式はほとんどの場合、リボ払いになっている点に注意しましょう。リボ払いは返済支払いのたび毎に元金を一緒に支払い、元金は小さくなります。


結果として1年間の支払いから逆算してみると、金利は5%程度になってしまいます。

利用者が感じる不便の一つに総量規制があります。総量規制は貸金業法で定められているため、消費者金融業者は規制以上にローンを提供できません。

総量規制とは
ローンの利用総額を年収の3分の1までにするという取り決めのことで年収が200万円だと67万円がローン利用の上限ということになり、ローン申込の際に利用中のローンの総額を含め67万円に接近すると慎重な審査を実施することが義務付けられている。

結果的に無収入だと利用できないのが結論になります。アルバイト・パートなどで収入があれば良いのですが、消費者金融のローン提供は個人対象なので、個人に収入が必要になります。

キャッシングローン利用を考えると銀行と消費者金融とはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

一方がすべて良いという状況ではないので、自分で条件に合わせてしっかりと考えて選ぶ必要があるのですね。

特に消費者金融は規制がしっかりしているのが良い点でもあり、同時に不便な点にもなっているのが特徴です。

アルバイトで消費者金融のキャッシングを利用するコツ

パートを含めアルバイトでも消費者金融でキャッシング利用するのは十分可能です。そのことをこれまでいろいろと書いてきましたが、最後にもう一度ポイントをおさらいしながらまとめておきます。

アルバイトならフリーローンタイプの利用を考えよう

カードローンは便利だと考えられています。一度キャッシング利用しても、限度額内のキャッシングをなんども利用できる設定になっているからです。

しかし、その分の高い信用を必要としますし、勤務先を変更しなければならない事態などに面倒な対応が必要になったりという場合もあることを覚悟しなければなりません。

身分が不安定だという評価を覆すよりは、その評価を前提に利用を考える方が容易に解決を得ることができます。つまり一回毎に申し込みと審査を受けて利用するフリーローンタイプのキャッシングです。

これであれば、一回利用に対応する信用度と収入があれば審査に通る可能性が高くなりますし、その後の管理も比較的単純なものになります。

しっかりした業者を利用しないととんでもない事態になります

消費者金融はヤミ金ではないことを忘れてはいけません。中には審査なしでキャッシングを提供するという業者も見られますが、消費者金融では審査なしにキャッシングを提供できません。

未登録などの金融業者、ヤミ金の利用を試みるとキャッシングに応じてくれないのが通常です。さらにあとあとまでつけまわされたりと、関わればかかわるほど被害が増える結果を招きます。

消費者金融業者とヤミ金業者とでは収益を求める領域が異なっています。消費者金融は利息を収益にしますが、ヤミ金業者にそのような制限はありません。

また消費者金融は問題が発生した時も法的に手続きを進めますが、ヤミ金にはそのような手続きはなく、むしろ彼らの側から問題を起こします。

甘い言葉を信じて関わるようなことがあってはいけません。家庭生活をはじめ社会生活まで破壊されることにもなりかねないからです。

正規の消費者金融は日本全国の各市町村に見つけることができます

よく知られているのはテレビコマーシャルなどで広告している大手の消費者金融業者ですが、消費者金融業者はそれらばかりではありません。

地元に密着して生活の必要に応え続ける中堅・中小の消費者金融業者も多く見つけることができるのです。

彼らは貸金業法に基づいた登録をしている正規の消費者金融であり、もちろん優良な業者も数多くありますので、安心して利用できます。

そのような業者は店頭で申し込みして利用する対面審査を基本にしています。ですから、申し込みの時に心配事などを相談することもできるでしょう。

中には中堅・中小の消費者金融業者は金利の設定が高いのではないかとおっしゃる方もいます。しかし正規の業者であれば利息上限方をはじめ関係法令を遵守しているのは当然ですから、実際の金利の設定はあまり変わらなくなっています。

少額の利用に制限されるのは、消費者金融の資本規模が小さいからではありません。少額利用は個人向け金融利用の常識なのです。金融業者にすれば、むしろ高額ローンの方が効率が良いのです。

ですからアルバイト・パートがキャッシング利用を考えるなら、中堅・中小の消費者金融業者がむしろ使いやすく安全だということになります。

【参考ページはこちら】
審査が甘いと評判のアスカのキャッシング

できれば、キャッシングを利用しないでも大丈夫な生活設計が良いのはいうまでもありません。

それでも、必要になる事態に出くわした時に、最低限の知識も持たずに危険なキャッシングを利用することはなんとしても避けるべきでしょう。

アルバイト・パートでも正規のキャッシングの利用を考えましょう。

ただし、キャッシングの利用はそれなりに困難な解決策だということをお忘れなく。

新着記事
カテゴリー