> > > 銀行なのに即日融資してもらえる!?進化した銀行キャッシング

銀行なのに即日融資してもらえる!?進化した銀行キャッシング

お金を借りるとなれば消費者金融か銀行かと悩むことも多いかと思いますが、できれば銀行で借りたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

消費者金融と聞くと「サラ金」「闇金」「いかにも借金」というような、なんとなく悪いイメージを持つことも多いですよね。他人に消費者金融を利用しているなんてことも言いにくい部分があります。別に悪い事ではないんですけれどもね。
(⇒貸金業者でキャッシングをする場合

逆に銀行と聞けば、例えお金を借りている、消費者金融となんら変わらないサービスを受けていたとしても、自分にとっても、他人からしても、不思議なことにそんなに悪いイメージはありませんよね。

しかし、銀行でちょっとしたキャッシングを利用しようと思うと、時間がかかるのではないか?という疑問と不安が残ってしまっています。実際、銀行での融資はどうなっているのでしょうか?

審査にかかる時間は?今は銀行だって即日融資の時代です♪

銀行に融資をお願いするとなると、銀行の窓口に行って、いろんな説明を聞いて、申し込み書類に記入して、確認書類を提出して、審査の結果は後日…なんて事も多かったですよね。最短でも数日、長いと約1か月も掛かることもあったとか。

これでは急な出費には対応できません。

長時間待って窓口に行く必要はなし!!

お金が必要になる時間が、銀行の営業時間だとは限りません。お仕事をしている方なら、お休みの日とも限りませんよね。

まず、お金が必要になった時に、銀行に行くことができるかどうかと言われても分からないと思います。

また、銀行の営業時間に行くことができないことが原因で、銀行でのキャッシングを諦めてしまってた人も多いかもしれません。しかし、銀行のキャッシングも必ずしも窓口に行く必要はなくなったのです。

銀行ってATMは遅くまで開けててくれてても、窓口は15時くらい、早い時間に閉まってしまう事も多いですよね。最近では、銀行でも自動契約機を設置してくれていて、窓口に行く必要がないことも多いですが、やはりこちらも営業時間が限られてしまいます。

お仕事の帰りや用事の帰りでは間に合わない事も多かったですし、土日しかお休みのない方などにも、窓口に行く必要がなくなれば安心ですね。

家でも出先でも、申し込みから融資までスマホ!!

では、窓口に行かずにどうやって申し込みをすればよいのでしょうか?

それは、ネットです!

スマホやパソコンから24時間、いつでも申し込みができます。実際に審査をしたりするのは、銀行の営業時間になりますが、前もって申し込みを済ませておくだけでもスムーズに手続きが進みますね。

本審査でなく仮審査なら、即、メールで結果を教えてくれる場合も多いです。

家にいるならパソコンでも良いですが、スマホでなら通勤の電車の中や、仕事の休憩時間など、ちょっと手が空いている時にササっと申し込みをしておく事ができます。

審査結果もメールでお知らせしてくれる(電話の場合もあり)ので、窓口に行く必要はありません。審査に合格していれば、その場で振込みの手続きをすることも可能です。

申し込みを全て午前中に終えていれば、最短では数十分で審査結果が出ることもあり、多くは1時間~3時間で結果を聞いている様子。だから即日融資も可能なのです。

銀行だと…カードないと借りれないんじゃ?

家や職場からスマホで申し込みをして、審査に通ったとしても、キャッシングをする為のカードが手元にないのが不安ですよね。カードを自宅に郵送してもらうには、約1週間かかってしまいます。カードを使ってのキャッシングは即日ではできません。(カードを取りに行ける場合は別です。)

しかし、キャッシングの方法はカードだけではありません。お手持ちの口座に振り込みをする形の融資であれば、リアルタイムに対応が可能な事も多いです。電話やネットから申し込みができるので、審査に合格して契約となれば即融資してもらうことができます。

その為にも、申し込みはネットを利用し、営業時間前には終わらせておき、契約をする時間に余裕を持たせておきましょう。口座振り込みによるキャッシングでも、営業時間を超えてしまうと対応できなくなってしまいます。

銀行と言えば、銀行に出向いて長時間待つのが当たり前なイメージがありました。キャッシングを考えている時は、焦っているという時でもあるでしょう。

出向かなければいけない上に、長時間待たされるのはイヤですが、今では銀行もネットからの申し込みに対応していることがほとんどです。申し込みだけなら、夜中でも早朝でも土日でも、気にせずに申し込めて便利ですね。

ネットだからスムーズ!確実に即日希望ならネット銀行!

しかし、すべての銀行のキャッシングが即日融資可能かと言えば、まだそうではありません。増えて来てはいますが、まだまだ少ないでしょう。確実に狙うならネット銀行がオススメです。

窓口のない銀行、ネット銀行は何でもネット!?

ネット銀行というだけあり、何でもネットで行う事ができます。ネット銀行の口座の開設すらネットから行います。だって、ネットの中の銀行ですからね。店舗に行こうにも店舗がない事も多いんです。

キャッシュカードの残高照会から、振込み、キャッシングの返済に関してまで、何でもかんでもネットから操作する事が可能になります。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると便利過ぎるんですよね。

もちろん、キャッシュカードやキャッシングのカードを発行してもらって、全国のコンビニATMなどから利用する事もできるので、ネット銀行でも普通の銀行と同じように利用する事も可能です。

全てがネットだからこそ即日可能!!

普通の銀行も即日可能になっているという話をしましたが、それはどうしてなのかお解りいただけたでしょうか?そうです!ネットからの申し込みが可能になったからです。

つまり、元々ネットでやり取りを行うネット銀行は、問答無用で銀行キャッシングに関してもネットからの申し込みしかありません。

お近くの普段利用している銀行がネットの申し込みや即日融資に対応してなければ、ネット銀行を選んで損はないでしょう。

注意して!!ネット銀行は全て24時間対応ではない

ネット銀行であっても全てをコンピューターで処理しているわけではなく、人が対応しなければいけないことも多々です。24時間いつでも人が対応しているというわけではありません。

例えば、夜中に急にお金が必要となったとしましょう。「ネット銀行ならすぐに対応してくれる!」と思ったら大間違いです。

中には夜中であってもリアルタイムに対応してくれるネット銀行もあるようですし、キャッシングカードを発行してもらった後なら、夜中であっても問題はないでしょう。

ただ、お手持ちの口座に振り込みをしてもらうタイプのキャッシングを利用する場合、例えリアルタイムに夜中に振込み作業をしてくれるネット銀行であったとしても、実際に振り込まれるのはお手持ちの口座の営業時間でなければダメだという場合もあります。

また、ネット銀行口座を含む、銀行のキャッシュカードは、週末や週明けの夜中にメンテナンスをすることが非常に多いです。いざ、夜中に引き出しにコンビニなどに行ったところで、使えないなんてことも多いんです。

ネット銀行、お手持ちの口座の銀行、コンビニATMのメンテナンス時間など、様々な時間が合わなければ、24時間いつでもというのを【完全・完璧】には言えないのが現状です。できるだけ営業時間内に利用したり、時間や日数に余裕を持って利用すれば安心ですね。

在席確認があれば即日融資は不可能なのでは?

どんなに収入があっても、「○○万円も年収があるならOKです♪」なんて簡単に審査は終わりません。キャッシングの審査でみなさんも気になっているのではないでしょうか?『在席確認』です。

銀行であっても、ネット銀行であっても、在席確認を行う会社は行います。在席確認には2つのパターンがあります。自宅や携帯への本人確認と、職場への収入見込み確認です。

どちらの在席確認を行うのか、どちらも行うのか、残念ですが分かりません。ネットから申し込みをした場合、どのタイミングで連絡が来るのかも分からないので、電話に出れなかったら即日融資はアウトだな…と思いますよね。

在席確認を審査に重視している銀行の場合、アウトです。在席確認後に融資が可能になります。ただ、全ての銀行に在席確認があるとも限りませんので、在席確認なしで即日融資可能なこともありますし、在席確認は後日行う場合もあります。

また、審査結果はメールでOKという銀行も増えて来ていますが、融資希望額は多い場合や、銀行によっては、申し込みをした時点で電話が来ることがあります。「申し込みされていますが大丈夫ですか?」的な電話です。

本当に本人が申し込みをしたのかどうかの確認も兼ねているのでしょう。ネットなのでイタズラも多いのが現状なのかもしれません。この電話…ついでに在席確認もできちゃってますよね。

在席確認がどこまでその銀行にとって重要視されているのか、私たちは知ることはできません。ただ、スムーズに確実に即日融資を狙うのならば、申し込みをした日はこまめに携帯の着信をチェックしておいた方が無難です。

ネットで申し込み時、必要書類はどうするの?

キャッシングを申し込む時、必ず必要になるのが『本人確認書類』です。免許証や健康保険証・住民票などですね。また、借りる銀行や金額によっては、収入証明が必要になることもあります。

この様な書類ですが、ネットで申し込みをする場合、

  • 写メを撮って送信(添付)する
  • コピーを郵送する
  • コピーを店舗に持って行く

のどれかになります。ネット銀行なら店舗に持って行くことは不可です。

多くの場合は、店舗に行かずに申し込みから契約を完了させたいと思いますし、即日融資を希望するなら郵送では時間がかかってしまいます。写メがベストですね。

ネットの申し込み欄に写メ添付場があったり、申し込み後の確認メールなどに返信時に添付して送信したりというのが多いですね。どちらにしても、他の送信方法を指定されても、写メをなんらかの形でネットを通して送信するのは、ほぼリアルタイムに相手に届きます。

審査や確認に掛かる時間のみ。即日融資を希望するなら、かなり助かりますよね。

大手の銀行でも地方銀行でも、ネットから申し込みができることが増えていますし、即日融資可能なことも増えています。

ですが、窓口に行った方が早かったり、短い営業時間の為に翌日以降に流れることもしばしばです。

そんな時にはネット銀行だと安心ですね。『ネット銀行=何でもネットが当たり前』なだけあって、スムーズに利用できるメリットがあります。

金融会社は銀行だけじゃない!結局はどこで借りても同じ!?

消費者金融は即日融資が当たり前な時代になってきています。銀行も即日融資できるところが増えていますよね。これから先、どんどん増え続け、その内、どこで借りても即日融資が当たり前になるのではないでしょうか?

同じキャッシング、消費者金融と銀行の違いは?

キャッシングをいう点だけを考えると、最初にも言ったように、なんとなくのイメージの違いだけであり、どちらも即日融資してもらえるならば、同じような感じはしますよね。

例えば大手消費者金融のモビット。三井住友銀行グループです。モビットで借りるのと三井住友銀行で借りるのと、そんなに違うものなのでしょうか?

消費者金融 銀行
即日融資 ほぼ可能 これから増える!?
金利 最高18%前後ほとんど 最高14%前後がほとんど
総量規制 対象 対象外

気になるのは金利でしょうか?銀行の方が低金利であると言えますね。ですが、少し借りてすぐに返す分にはそれほど気にならない程度かもしれません。リボ払いで長く返済をするならば、多少の金利の差もチリも積もれば…なんとやらですね。

最大の違いはやはり総量規制でしょう!年収の3分の1までのお借り入れしかできない今の法律ですが、銀行での融資は総量規制の対象外です。年収の3分の1以上のお借り入れも可能になります。

融資してもらいたい理由によっては、総量規制が邪魔をする事もあるでしょう。その場合は必然的に銀行を選択する事になると思います。しかし、対象外であったとしても、総量規制以上の融資は厳しくなっていくのが現状であることはお忘れなく!

銀行で借りるには通帳がなきゃダメなんじゃ?

みなさんが心配していること、銀行は時間がかかるという以外にもありますよね。銀行で借りるなら、その銀行を利用していなければいけないんじゃないの?っていう話です。要は、その銀行の通帳(口座)を発行していなければいけないのでは?ということ。

これは、申し込むキャッシングによって様々です。例えば、キャッシュカードとキャッシングのカードが一体型にできるタイプの場合は、通帳が必要ですよね。中には「当銀行をご利用の方」という申し込み条件を出している銀行もあります。

でも大丈夫。こんな場合にはキャッシング申し込みと同時に、通帳も作ってしまえば良いだけの話です。ネット銀行なら尚更、口座開設さえもネット申し込みですから、問題なく作れます。

もちろん、その銀行を利用したことがなくてもOK、通帳が無くてもOKという銀行も多々ありますよ。返済を口座引き落としにする場合、他社銀行の通帳が必要となり面倒かもしれませんが、不可能ではないですよ。

銀行で借りるには審査が厳しいんじゃ?

みなさんが心配していること、更にもう1つありますよね。そう、銀行は審査が厳しくて貸して貰えないんじゃないの?っていう話です。

他社に借り入れが多かったり、延滞や滞納をしているなどの事故があれば厳しくなってしまいますが、ぶっちゃけてしまえば…大差ありません。みなさんが思っているほど、銀行の審査は厳しくないですよ。以外とアッサリ…なんてことも多いのが現実。

住宅ローンのような大きな融資を申し込むわけではありません。かしこまる必要もなければ緊張する必要もありません。もっと気楽に申し込みしてみましょう!!

キャッシングを利用するなら、もしかしたら消費者金融の方が借りやすいのかもしれません。なんせ、消費者金融はお金を貸すことが仕事です。

ですが、その『お金を貸すことが仕事』というイメージは、世間的には良いものではないので、お金に困っていても抵抗がありますね。

銀行だからと言って審査がとてつもなく厳しいというわけでもなく、金利は低い、総量規制以上の借入も可能、イメージも良いなんて、実はメリットだらけなんですよ。

どこで借りるにしても即日融資可能になるポイント!

銀行であっても、消費者金融であっても、即日融資可能と言っているからと言って、必ずしも即日融資してもらえるというわけではありません。

審査内容や申し込みをした時間によっては翌日以降に延期されてしまう事もあります。

時間も日数も、余裕を持って申し込みを!!

どうしても今日、お金が必要となれば慌ててしまう気持ちも分かりますが、お客様はあなた1人ではありません。窓口となれば他にも待っているお客様もいるでしょうし、忙しい時間に行かれたことがある方なら分かると思いますが、何時間も待たされるなんて事は日常茶飯事なのです。

ネットから申し込みができるとなると、自分の都合だけを優先していますし、自分以外のお客様は目に見えませんよね。どれだけネットの先が混み合っているのか分からないです。

できるだけ余裕を持って、なんなら明日でOK♪くらいの余裕で申し込みをしましょう。即日融資じゃなかった場合も文句は言っちゃダメですよ!!

ミスが遅くなる原因?ミスを無くしてスムーズに!!

審査自体は銀行やローン会社にもよるかもしれませんが、申し込みから数分~1時間もあれば完了する事がほとんどです。かなり混み合ってしまっている場合や、営業時間外になると別ですが、平日の午前中に申し込みを完了させておけば、その日の内に審査結果は聞けるでしょう。

ここで注意しておきたいのはミスをしないことです!ミスが多いほど、確認を取らなければいけないことが多いほどに、審査や手続きが止まってしまいますよね。

記入漏れや、書類の写真の撮り方などなど、ミスや不備のないように注意しておきましょう。また、ミスや不備は信用をなくしてしまって、審査に落ちる原因になる事もあります。

銀行で便利に気軽に即日融資!のポイント7つ

銀行で即日融資をしてもらう為のポイントをおさらいしておきましょう。

  • 即日融資可能な銀行かどうかを確認する
  • ネット銀行を利用する
  • 本人確認書類(免許証がベスト)を準備しておく
  • ミス・不備のない内容を記入する
  • 収入証明の必要のない程度の希望額で申し込む
  • 午前中に申し込みは済ませておく
  • カードを受け取りに行けない場合は振り込んで貰う口座を用意しておく

他社からの借り入れが全くなかったとしても、あまりに高額な融資を希望すると、それだけ審査が厳しくなって時間がかかってしまいます。また、収入証明などの別の書類が必要になる事も多いです。

即日融資を確実にしたいならば30万円くらいまでの希望額で、無理のない融資を希望しましょう。

このくらいであれば、銀行であっても消費者金融と大差なく融資してもらえることも多いと思います。

【参考ページはこちら】
中小キャッシングは柔軟審査で意外と使える?

即日融資可能と言っている金融会社であっても、確実ではなく、あくまでも『可能』であることは忘れてはいけません。

最低でも『即日融資可能』であることを確認し、更に余裕を持って申し込みをすると良いでしょう。

目安として、ネット申し込みを賢く利用して、お昼の12時までに全ての申し込みを完了させておけば、即日融資可能率はアップしますよ♪

新着記事
カテゴリー