> > > 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ!

個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ!

事業を営んでいると常に資金繰りは頭の痛い問題になると思います。

大企業なら経費の借入先は安定しているでしょう。が、個人事業を営む個人事業主の場合には安定的な資金繰り先の確保は容易い事ではないと思います。

それゆえ、事業経費の借入が必要になった時に確実に融資を受けられる金融会社を確保しておく事は、個人事業主にとって命題と言って良いでしょう。今回はそんな個人事業主の資金繰りに関するとっておきの耳寄り情報を大公開します。

個人事業主の事業資金の借入は難しい

個人事業主が金融機関から資金繰りの融資を受けるのはそんなに容易い事ではありません。

そして、経費借入に利用できる事業性資金の融資に限らず、誰でも利用できる無担保個人向けカードローンの利用においても、自営業者に対する審査や融資はかなり厳しめとなり、かつ金融会社によっては「自営業者の利用はNG」としているところさえあります。

比較的審査が柔軟と言われている一般向けカードローンでさえ、このような事情なのですから、カードローンよりも借入額が大きくなる事業経費の為の「事業性ローン」になると個人事業主の利用はより厳しくなってしまう事は容易に推測できるのです。
(⇒カードローン審査に通る?通らない?緩い?

個人事業主の資金繰りは銀行か信用金庫がベスト

「個人事業主が資金繰りをどうする?」と考える際にまず頭に浮かぶのは銀行や信用金庫ではないでしょうか。銀行は金利が低く借りられる融資額も大きく、なによりも安心して長期間借りられる点がメリットです。

また、信用金庫は、その地域に根差した地域定着型の金融機関と言って良く、地元の経済情況や地元にある中小企業の経営状態に明るいので個人事業主にとっては銀行よりも借りる敷居が低くて、かつ融資を受け易い金融機関と言って良いでしょう。

信用金庫の「個人事業者向けのローン」では一般的に担保は不要です。しかし、連帯保証人は必要となる場合が多く、個人事業主の借入の場合には経営に参画している経営者以外に1名の保証人を要求されるケースが多いのです。(こちらもご参考に→キャッシングをするなら信用金庫?

加えて一般向けカードローンよりも金融機関に提出しなければならない必要書類も当然多くなります。具体的には以下の書類が一般的なものと言って良いでしょう。

  • 会社の登記簿謄本(履歴事項が全部記された証明書)
  • 各々の経費使用に対する見積書
  • 事業計画書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 仕入納品書
  • 購入支払書

個人事業主だと公的な事業資金の融資は受け難い

個人事業主が経費の借入を考えるなら、まずお勧めしたいものは政府系金融機関と各自治体で用意している中小企業向けの融資制度の利用です。政府系金融機関の個人事業主向けでよく知られているのは「日本政策金融公庫」と「中小企業制度融資」でしょう。

「日本政策金融公庫」では中小企業の資金調達の支援を目的とした融資をしています。「日本政策金融公庫」から個人事業主が経費の為の借入をするには、かなり煩雑な用意と手続きを覚悟する必要があると言って良いでしょう。

ここではそのすべてに触れる事は適いません。が、主に2つの点に関して言及してみます。「日本政策金融公庫」から融資を受ける為には“借りたい金額の3分の1は自己資金として用意しなければならない”のです。

もうひとつの難点は「審査に時間がかかる」ことなのです。

一方、「中小企業制度融資」は、各自治体で行っている中小企業向けの融資制度です。また、「中小企業制度融資」は、融資先の企業が融資によって事業を成功させ、あるいは拡大させることで収益が上がった分の税金がその自治体に寄与されることから地域活性化を目的とした「投資」的な側面があるのです。

ただし、利用する為にはそれなりの書類をきちんと揃えておく必要があります。そして、融資のうちの10%程度が銀行のプロパー融資となることから、実質的には銀行から経費の為の資金を融資してもらうことと同じになってしまうとも言えるのです。

以下に東京都新宿区で行っている「中小企業制度融資」の概要を紹介します。

申込条件 申込から紹介状の発行まで
・区内に営業の本拠地があり1年以上の営業実績がある事
・東京信用保証協会の保証対象業種である事
・住民税や事業税の滞納が無い事
面接の予約⇒申込書の必要事項を埋めて必要書類を揃える⇒面談終了後に紹介状を受け取る⇒紹介状を持参して金融機関で融資の相談⇒融資実行
個人事業主が自分の事業のための資金繰りをまかなうために運転資金を金融機関から融資してもらうことは決して容易い事ではありません。

が、個人事業主が資金繰りのために借りられる金融機関はたくさんあります。

個人事業主が資金繰りでお金を借り入れるなら、いちばんベストなのは政府系金融機関と中小企業向け融資制度を利用することです。

これらの融資は金利ではいちばん低金利となります。しかし、多くの個人事業主にとってはかなり審査ハードルの高い融資先となることから、なかなか利用できないのが実情と言えます。

そのことから多くの個人事業主が実際に資金繰りをまかなっているのは銀行や信用金庫の利用となっていると言ってよいでしょう。

ビジネスローンは個人事業主にとって頼れる味方

上記のように政府系金融機関や各自治体で提供している中小企業向けの融資制度を利用できてお金を借りられれば、それが一番ベストな方法だと思います。

しかしながら、そのような金融機関から事業資金を融資してもらうのはそう容易い事ではないのです。また、提出しなければならない必要書類の用意にそれなりの手間や時間もかかり、かつ審査にも時間を要することから“急な資金繰り”には不向きと言って良く使い勝手は良くないと言えます。

そのようなデメリットを勘案すると、個人事業が経費の為の資金の借入先としては、やはり民間の金融機関が利便性の面で高くて融資の融通が利き易いと言う事になるのではないでしょうか?

そして、民間の個人事業主向けの融資としては銀行や消費者金融が提供している「事業者向けローン」「ビジネスローン」と言われている金融商品がお勧めになると言えます。

ビジネスローンの選び方では“4つのポイント”あり

ここでは『ビジネスローンの基本的な選び方』について解説します。

ビジネスローン選びには、主に4つのポイントがあると言って良いでしょう。

1つ目は、「金利」です。金利については“低ければ低いほどいい”が本音でしょう。

たとえば、金利の低いビジネスローンは銀行のビジネスローンです。一方、消費者金融のビジネスローンでは、年6%台~18%といった金利水準になります。短期の資金繰りならば消費者金融のビジネスローンも選択肢となるでしょう。

2つ目は、「限度額」です。限度額が大きいのは銀行のビジネスローンです。

銀行のビジネスローンなら、たいていのところで5000万円くらいまで融資を受けられます。他方で消費者金融では300万円くらいが融資の上限となるようです。

3つ目は「融資までにかかる時間」です。消費者金融のビジネスローンでは申し込んだ当日に融資してくれるところが多いのです。一方、銀行のビジネスローンでは数日から1カ月程度の時間を要するのが一般的であり即日融資は難しいと考えておいてください。

最後の点としては、「利用目的」なのです。ビジネスローンなので事業性資金として利用できるのは当たり前です。が、事業性資金だけに限定されない、制限の無い自由な使い方ができるビジネスローンもあるのです。

また、個人事業主の場合には「事業性資金」と「生活資金」との明確な差別が曖昧で垣根が曖昧となっているのが一般的と言えるのではないでしょうか?それゆえ、「事業性資金として借りたお金を少しばかり生活資金の為に使いたい…」といった場合も十分にあるのではないでしょうか?

それゆえ、個人事業主にとっては使い道自由なビジネスローンの方が利便性が高いと言えるので、できれば制限無しの使い道自由なビジネスローンの方がお勧めになると思われるのです。

以下にビジネスローンの選択基準をまとめます。

  • 金利水準はどうか?
  • 限度額がニーズを満たしているのか?
  • 担保と保証人の有無は?
  • 融資までに掛る時間は?
  • 返済期間は長いのか?短いのか?

ビジネスローンだけじゃない!フリーローンも狙い目

「個人事業の資金繰りの借入に最適なのは銀行や消費者金融のビジネスローンである」と述べてきました。しかし、ビジネスローンの利用以外にも選択肢はあります。

それは銀行や消費者金融の「フリーローン」なのです。

フリーローンとは使い道が自由な上に、カードローンと似たような“利用し易さ”が魅力と言って良いのです。また、ビジネスローンのように面倒な書類を用意する必要も無く、また審査も柔軟になります。

フリーローンのメリットとしては、ビジネスローンの金利の低さには及びませんが、カードローンに比べると金利が低い点です。また、ビジネスローンの審査よりも審査時間が短めとなるので早めに融資を受けられるところが多いことです。

一方で、フリーローンのデメリットは、フリーローンでは追加の融資を受けられないと言った事です。

それゆえ、フリーローンを利用する際には追加融資を受けなくても済むように借入金額を慎重に吟味する必要があると言えます。

また、借入額が足りないからと言って続けてフリーローンに申し込む事は無理と考えておいてください。もうひとつのデメリットとしては、カードローンなら即日融資は可能ですが、フリーローンで即日融資が可能となっているところはあまりありません。

それゆえ、フリーローンで事業性資金を借りたい時は時間的余裕をもって申し込むのがベストです。そして、最後の点としては、すべてのフリーローンが「事業性資金」として利用できる訳では無いと言う事です。

たとえば、銀行のフリーローンは、ほとんどが事業性資金の利用を認めていません。また、消費者金融のフリーローンでも多くが事業の為の資金として利用できません。

しかし、地銀や信用金庫のフリーローンの中には「事業性資金」への利用もOKと言ったものがあります。

以下に幾つかの「事業性資金OK」のフリーローンを紹介します。

金融機関 金利 限度額 事業性資金の利用可否
大垣共立銀行『事業者向けフリーローン 「キラット」』 6.8%~14.8% 500万円  可
宮崎銀行『フリーローン「いーじぃポケット」』 4.5%~14.6% 10万円~500万円  可
中京銀行『フリーローン「はやわざ―α」』 5.90%~12.90% 10万円~300万円  可
松本信用金庫フリーローン 7.875% 10万円~500万円  可
玉島信用金庫『たましんフリーローン「ジャンプ」』 9.80%・14.50% 10万円~300万円  可

以上のように地銀や信用金庫のフリーローンの中には事業性資金への用途が認められているものがありますので、ビジネスローンの利用以外でも個人事業の経費の為にフリーローンが利用できるのです。

個人事業主が事業のための資金繰りとして利用しているのが銀行や消費者金融のビジネスローンです。

銀行と消費者金融のビジネスローンでは、共に担保は要りませんが銀行ビジネスローンの場合は保証人が必要になるケースが多いです。

それゆえ、ビジネスローンとしての利用し易さは消費者金融ビジネスローンの方が上です。

ただし、金利が高めとなり融資額は小さ目となります。ビジネスローン以外では使い道が自由な「フリーローン」が個人事業主にはお勧めです。

しかし、銀行のフリーローンは事業資金には利用できません。が、地銀や信用金庫のフリーローンなら個人事業主の資金繰りに使えます。

フリーローンはビジネスローンよりも審査が柔軟になり提出しなければならない書類の負担もグンと軽くなります。

ビジネスローンは長所・短所の比較で選ぼう

個人事業主の資金繰りのための融資では、やはりビジネスローンの利用を第一に考えるのが良いと思います。なぜなら、上記の章で触れた事業性資金にも利用可能な「フリーローン」を提供してる地銀や信用金庫が必ずしも住んでいる地域にあるとは限らないからです。

また、地銀や信用金庫の利用には原則として各々の金融機関の営業エリア内に居住もしくは勤務している事が利用条件となるので、地域外に居住している人や働いている人は利用できないからです。

つまり、地銀や信用金庫のフリーローンの利用は限定的になってしまうということです。

その事から個人事業主なら誰でも利用できる「ビジネスローン」がファーストチョイスになると言って良いのです。

そこでここでは「銀行ビジネスローン」と「消費者金融ビジネスローン」について各々のメリットとデメリットの観点から掘り下げてみます。

銀行ビジネスローンのメリット~低金利で資金繰りができる!~

銀行のビジネスローンのメリットは、なんと言っても金利の低さ!です。

それゆえ、金利が低ければ低いほど返済の負担は明らかに軽く済みます。また、借入期間が長くなっても金利が低ければその分の返済負担も軽くなるのは明白です。

2つ目のメリットは、「限度額が大きい」ことです。銀行ビジネスローンの融資の最大は5000万円くらいが普通です。それゆえ、個人事業主が必要とする資金繰りの融資額としては余裕十分と言ってよいでしょう。

もうひとつのメリットは、すべての銀行ビジネスローンに当て嵌まる訳ではないのですが、銀行によっては事業計画書や返済計画書等の面倒な書類の提出無しでも利用できる場合がある事です。そして、その事から銀行のローン審査としてはかなりスピーディーとなる点もメリットとして指摘できます。

銀行ビジネスローンのデメリット~返済期間が短め~

銀行ビジネスローンのデメリットとしては銀行のビジネスローンは割と返済期間が短いと言う事なのです。

一般的な銀行ビジネスローンの返済期間は1カ月~5年くらいとなっています。

他方、消費者金融のビジネスローンの場合には6年くらいが普通で、なかには10年と言う長期間に亘って借り入れできる会社もあります。

そして、「返済期間が短い」と言う事は、借入額によって毎月の返済負担がそれなりに重くなってしまうと言う事なのです。

それゆえ、銀行ビジネスローンは割と短期の資金繰りのための借入として利用されるケースが多いと言えるのかもしれません。

もうひとつのデメリットは、銀行のビジネスローンは他ローンに比べると審査が早いと言っても即日融資が可能なところは極めて少ないか、あるいは無いと言う事です。

融資までには早くて数日、長い場合は1カ月くらい時間を要する場合が少なくないようです。それゆえ、「早急に資金繰りを実現させたい!」と言った個人事業主の方には不向きとなります。

会社 金利 限度額 最長借入期間 融資までの時間 連帯保証人の有無
三菱東京UFJ銀行ビジネスローン『融活力』 2.35%~9.00% 500万円~5000万円 1カ月~3年以内 原則として契約から3営業日以内  有り
三井住友銀行『ビジネスセレクトローン』 2.125%~ 1億円以内 最長7年間 長い場合は1カ月程度  有り
りそな銀行 『スーパーリテール』 短期プライムレート連動型の変動金利 500万円~5000万円 1カ月~3年以内 早くて1週間程度  無し

消費者金融ビジネスローンのメリット~審査が柔軟で利用し易い~

消費者金融のビジネスローンのメリットとして、まず挙げられるのは “利用のし易さ”と言って良いでしょう。

銀行の審査に比べて消費者金融の審査は一般的に柔軟と言われています。

そして、この一般論は消費者金融のビジネスローン審査にも当て嵌められるのです。また、審査スピードが早くて即日に融資してくれるところが多い点もメリットです。

さらに、銀行に比べると審査に要する必要書類の提出が少なくて済む点もメリットですね。

たいていの消費者金融のビジネスローンでは、個人事業主として確定申告の提出は必須ですが、これに加えて納税証明書・仕入れ支払書等でOKであり、原則として「事業計画書」や「返済計画書」の提出は不要です。

3つ目のメリットとしては、返済期間が比較的長いと言う事です。

消費者金融のビジネスローンではだいたい6年間までの借り入れが可能で、長いところでは10年間の返済期間もあります。

そして、最後の点としては、ビジネスローンは総量規制の対象外と言った事です。

消費者金融で融資を受ける際には「年収の3分の1までしか借りられない」と言った総量規制がネックとして感じられてしまうケースが多いのですが、ビジネスローンに限っては対象外となるので必要な額を借りられます。

消費者金融ビジネスローンのデメリット~金利高めで負担が重い~

他方、消費者金融のビジネスローンの一番のデメリットは、やはり“金利が高め”と言う事ではないでしょうか?消費者金融のビジネスローンの金利は、およそ年6%台~18%となるので、銀行のビジネスローンの金利水準に比べると明らかに高めと言えます。

それゆえ、上記の指摘とやや反駁してしまうのですが、借入期間が長くなればなるほど金利負担は重くなります。もうひとつのデメリットとしては、“融資額が低い”と言う事です。

銀行ビジネスローンの融資の最大が5000万円程度と比較してみると、消費者金融のビジネスローンの融資の最大が300万円程度となっているので、「融資の桁が1桁違う」といった印象がありますね。以上が消費者金融のビジネスローンのデメリットとなります。

以下に主な消費者金融のビジネスローンの概要とまとめてみました。

会社 金利 限度額 担保・保証人の有無 返済期間 融資までの時間
アコム『ビジネスサポートカードローン』 ・12.0%~18.0%(100万円未満)
・12.0%~15.0%(100万円以上300万円)
1万円~300万円 不要 最長6年9か月(1~80回) 原則として即日融資
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)『自営業者カードローン』 6.3%~17.8% 300万円まで 不要 原則最長6年9か月(1~80回) 要相談
アイフル『ビジネスアイフル カードローン』 6.0%~18.0% 1~500万円まで 不要 最長10年(120回まで) 即日カード発行が可能な場合あり
銀行ビジネスローンと消費者金融ビジネスローンには各々にメリットとデメリットがあります。

銀行ビジネスローンのメリットは低金利と大きい融資額です。他方でデメリットは返済期間が3年~7年程度と短くなってしまうことです。

消費者金融ビジネスローンのメリットは、なによりも利用のし易さに尽きます。一般的に事業計画書や返済計画書の提出は不要で個人事業主なら確定申告書の写しや納税証明書などの書類でOKとなります。

が、デメリットとしては金利が高めで融資額が小さくなってしまうことです。以上のことから、同じビジネスローンを利用する上でも、両方の長所や短所をしっかり比較した上で、自分の資金繰りにとって有利なビジネスローンを選ぶことが肝心となります。

銀行ビジネスローンで資金繰りを成功させるコツはこれだ!

利用のし易さから言えば、消費者金融ビジネスローンがいちばんのお勧めと言えますが、借りた後の金利負担や資金需要を満たせる十分な運転資金の借り入れが可能となる点を考慮すれば、やはり銀行のビジネスローンが多くの個人事業主に強くお勧めしたいものとなります。

他方で、銀行ビジネスローンでの銀行融資は、少なくない個人事業主にとって敷居の高いものとなってしまうことも否めない事実でしょう。

しかし、個人事業主でも銀行ビジネスローンで資金繰りを成功させるポイントというものはあります。

“保証協会つき”の融資だと審査可決率がアップ!

個人事業主が特に銀行ビジネスローンを利用して運転資金での資金不足の資金需要を銀行融資でまかなおうとする時に、「保証協会つき」の融資というかたちで申し込むとグンと銀行ビジネスローンの審査可決率がアップすると言ってよいのです。

保証協会つきの融資とは、信用保証協会付けの融資のことであり、信用保証協会は全国の47都道府県に加えて、横浜、川崎、岐阜の4市に拠点を構えている、一般社団法人『全国信用保証協会連合会』といったものになります。

信用保証協会付けの融資になると、仮に銀行融資を受けた個人事業主が返済不能に陥ったとしても、信用保証協会付けとなっていれば信用保証協会に対して返済請求をして返済してくれることになるので信用貸しにやや難があるような個人事業主でも銀行融資がし易くなるのです。

それゆえ、銀行ビジネスローンの審査の敷居が高めの個人事業主でも保証協会つきの融資として申込めば、銀行ビジネスローンでの銀行融資で「融資可」となる可能性はグンと高くなると言ってよいので、個人事業主が銀行ビジネスローンで成功するためのコツと言って間違いありません。

“保証協会つき”の融資承認は甘くない

保証協会つき融資、あるいは信用保証協会付け融資となれば、個人事業主にとって銀行のビジネス向けカードローン、あるいは銀行ビジネスローンの利用においてこれほど頼もしい味方は無いと言ってよいでしょう。

が、個人事業主が保証協会つき、信用保証協会付けの融資を信用保証協会から認めてもらうのは簡単な話しではありません。

それは信用保証協会は個人事業主のための慈善団体ではないからです!信用保証協会は認可法人ですが、あくまでも営利を目的にした法人組織となるので、利益を上げる必要があります。

それゆえ、返済を負うリスクがとても高くて利益が見込めないような個人事業主には「保証協会つき」を認めません。

そのため個人事業主は、売上金や仕入れ代金などの売上を証明できる決算報告書や試算表、さらには資金繰り報告書などのもろもろの書類の提出が必要になり、銀行ビジネスローンでの審査とほとんど変わらない審査内容になると考えておいてください。

そして、無事に審査に通っても無料で信用保証協会付けとしてくれる訳ではなく、審査によるリスクの度合いによって異なりますが、銀行ビジネスローンで借りる銀行融資の金額における約0.45~2.20%程度の保証金を支払わなければなりません。

それゆえ、保証協会つき融資、あるいは信用保証協会付け融資となった場合には、銀行から融資を受ける金利にプラスして0.45~2.20%程度の金利が上乗せされてしまうと考えておいてください。

個人事業主がビジネスローンを利用して資金繰りを行うのであれば、銀行ビジネスローンがお勧めと言えます。

それは金利が低くて融資額が大きいからです。しかし、多くの個人事業主にとって銀行ビジネスローンの審査は敷居が高くなってしまいなかなか審査に通してくれないのが否めない事実でしょう。

が、個人事業主でも銀行ビジネスローンの審査通過の可能性を高くできるコツがあります。

それは“保証協会つきの融資”として申し込むことで、仮に個人事業主本人が返済できなくなっても信用保証協会が肩代わりしてくれるので銀行側でもグンと融資し易くなるからです。

しかし、保証協会つきの融資を信用保証協会から認めてもらうには厳しい審査があります。審査に通った後には「保証料」を収める必要もあります。

個人事業主の資金繰りならビジネスローンがいい!

個人事業主が資金繰りの資金として借りられる金融機関は意外に多いのです。しかしながら個人事業主が「事業性資金」を融資してもらうのはそんなに簡単な事ではありません。

政府系金融機関や自治体の中小企業向け融資が利用できればそれが一番です。が、利用のし易さで言えば、銀行や消費者金融の「ビジネスローン」がお勧めです。

また、銀行ビジネスローンで個人事業主が融資を受けるポイントは、保証協会つきの融資として申し込むことになります。

一方、消費者金融ビジネスローンでは、信用保証協会付けの融資とする必要は必ずしもありません。ただし、金利は高くなり融資額は低めとなります。

銀行ビジネスローンか消費者金融ビジネスローンが利用し易いかは、実際に資金繰りを借り入れる各々の個人事業主の経営状態などの条件によって左右されると思います。

が、金利の低さと融資額の大きさから言えば、銀行ビジネスローンがいちばんのお勧めとはなりますが、返済期間は消費者金融ビジネスローンよりも短くなってしまう点は留意しておく必要があります。

【参考ページはこちら】
自営業者でも借りられるおすすめ業者はどこ?

個人事業主が自分の事業の運転資金として資金繰りを金融機関からの融資でまかなうのは決して容易な事ではありません。

しかし、「個人事業主だと金融機関からは資金繰りの融資を受けられない」ということではありません。

たとえば、消費者金融ビジネスローンは個人事業主にとっていちばん利用し易い資金繰り先と言えます。

また、金利の低さと融資額の大きさで言えば、銀行ビジネスローンがお勧めであり、個人事業主でも審査に通って融資を受けることは可能です。

ただし、融資を受ける敷居が高くなってしまう事実は否定できません。

そして、個人事業主が銀行ビジネスローンで審査に通るためのコツは、信用保証協会付けの融資として銀行に申込むことです。信用保証協会付けの融資となれば、銀行融資を受けられる可能性はグンと高くなります。

また、利用可能であれば政府系金融機関や各自治体が用意している中小企業向け融資制度がなによりもお勧めとなります。

新着記事
カテゴリー