> > > 自営業向けのキャッシングで行われる審査とは?

自営業向けのキャッシングで行われる審査とは?

消費者金融や銀行のカードローンでは使用目的に必ずといって良いほど、「事業資金を除く」という文言を目にします。自営業者に融資可能でも、その使用目的は運転資金以外でなければいけないということですね。

多くの自営業者は、運転資金が不足する為にキャッシングしたいと考えているのに、それでは借り入れできません。自営業者にはカードローンは無理なのでしょうか。実はどこでもという訳ではないのですが、自営業者へ向けての融資を行っているところもあるのです。

今回は自営業者が利用する為のカードローンについて、その審査内容なども合わせてお話ししてみましょう。運転資金をキャッシングしたい自営業者必見ですよ。

自営業者がカードローン審査に通りにくい訳

どのカードローンも申込条件は安定した収入のある人となっています。銀行のカードローンの場合は配偶者に収入のある専業主婦も申込めますが、これも配偶者に安定した収入があることが条件です。安定した収入とはどのようなものなのでしょうか。

  • 毎月ほぼ決まった金額の収入がある
  • 一つの会社に勤務し給与を貰っている
  • 平均して毎月勤務日数が安定している

毎月一定した勤務日数があり、ほぼ同額の収入が継続してあることを、安定した収入がある人と呼んでいます。

アルバイトでもパートでも一か所で毎月同じ日数働いている場合は、収入が安定していると見なされますが、自営の場合は安定に欠けると見なされるのです。

年収面では高収入であっても、月によってばらつきがあると見なされると、審査では不利になります。その点で自営業者は審査に通り難くなってしまうのですよね。

またカードローンの使用目的は、自由ではあってもあくまでも生活資金である必要があります。事業資金での使用は出来ないのです。

自営業者はこの事業資金での使用ではないかと思われてしまうのも、審査に通り難い一因かもわかりません。

自営業者の金銭感覚が審査のネックになる

一概にはいえませんが、自営業の人は一日に動く金額も大きく、給与所得者と比べると金銭感覚も違ってきます。そういったことも自営業者がカードローンの審査に受かり難い原因にあげられる場合もあります。

もちろん自営業者の中には、しっかりとお金の管理ができ、金銭感覚もしっかりとしている人もいるので、これがすべてに当てはまる訳ではありません。ただ、一般的にはそう取られやすいということです。

(⇒個人事業主のキャッシング情報

自営業者でもカードローン審査に通る場合もある

カードローン会社によっては、自営業者であっても申込可能としているところもあります。その場合はもちろん審査状況によっては融資可能な場合もありますよ。

まずは自営業者でも申込可能と明記されたカードローンを選びましょう。

自営業者は通常カードローンの審査に通り難いといわれます。それは申込条件の安定した収入というところに不安があるからです。

カードローンの中には自営業者可という所もありますが、審査で不利になりがちです。それに用途が自由であっても、事業資金には利用できないのも自営業者には辛いところです。

総量規制と自営業者ローンのかかわりについて

銀行のカードローンは対象外ですが、消費者金融など貸金業者の為の貸金業法には総量規制という貸付金額を年収の3分の1以内に規制するという法律があります。

通常のカードローンであれば自営業者ももちろん総量規制対象となります。

当然自営業者には給与というものはありませんから、確定申告に基づいた年収となります。経営が上手くいっている自営業者の場合は個人名で通常のカードローンに申込、融資を受けている場合が多いのですが、資金不足を補いたいと思っている事業主さんにはこれは難しいですよね。

それでは自営業者にキャッシングなんてできないじゃない?そう思われますよね。ところがこの総量規制ですが、実は規制対象外、規制例外、規制除外と規制されない場合もあるのです。どういった内容なら規制されないのか確認してみましょう。

総量規制対象外 銀行のカードローン
クレジットカードでのショッピング
総量規制例外 おまとめローン
緊急を要する費用の為のローン
配偶者貸付
個人事業者の為のローン
総量規制除外 住宅ローン自動車ローンなど大口融資
高額医療費の為のローン
上記の表でみると、自営業者へ貸付は総量規制例外の個人事業者の為のローンになります。個人で借入するのでなく、個人事業者として借入することで、総量規制例外として扱われるということです。

ただし、自営業者向けのキャッシングの場合、通常よりも提出書類が多くなったり、事業計画などの詳細を確認される場合もあります。カードローン会社で充分に確認して下さいね。

貸金業法の総量規制には対象外、除外、例外があり、個人で借入せずに個人事業者として借入すれば総量規制例外となるのです。

自営業者向けのキャッシングでは、提出書類が通常よりも多くなる場合があります。それでも年収を気にせずに借入できるのはうれしいですね。

自営業者の為のカードローンの特長と申込方法

大手消費者金融の中には自営業者専用のキャッシングを扱っているところがあります。総量規制例外となり、年収に対しての規制はありません。だからといって、いくらでも思うままに借入できるという訳ではなく、当然ですが、審査は厳しく行われますよ。

それでは自営業者専用のカードローンについて、大手消費者金融のA社のものでその特長や申込から融資までを詳しく確認してみましょう。まずは自営業者専用のカードローンの特長をいくつか挙げてみましょう。

  • スピード審査により迅速な融資が可能
  • 事業資金としてだけでなく生活資金にも利用可能
  • 全国の提携ATMで自由に出し入れ可能

自営業者用のカードローンであっても、審査は迅速、即日融資にも対応しているのはうれしいですね。貸付条件はどうなっているのでしょうか。

申込出来る人 20歳以上65歳以下の自営業者
利用限度額 300万円
使用用途 事業費、生活費
実質年率 6.3%~17.8%
返済期間、回数 最長6年9ヵ月 1~80回
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

ほぼ通常のカードローンと同様の貸付条件ですね。申込に必要な書類はどのようなものがあるのでしょうか。自営業専用カードローンの場合、この書類が少し複雑になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 事業内容を証明する書類

この書類に関しては限度額に関係なく必要となるので、あらかじめ用意しておく必要があります。

収入証明書は確定申告、青色申告決算書など、事業内容を証明するものは営業許可証、受注書、納品書、発注書などとなります。

自営業者専用カードローンの申込から融資までの流れ

自営業者専用カードローンの申込から融資までについて、おおまかな流れは次のようになります。

1申込(インターネット、自動契約機、電話、店頭、郵送)→2審査→3審査結果連絡→4契約、融資

契約時に返済方法や融資方法を選択する事もでき、振込みでの即日融資も可能なので確認して下さい。流れ的には通常の個人への融資と自営業者への融資はあまり差がないのがわかります。

事業者専用のカードローンといっても内容は通常のカードローンとそれ程差はありません。

本人確認書類とともに収入証明書も必要になりますから、早めに用意する必要がありますね。

自営業者がカードローン審査をクリアする為のポイントは?

自営業者専用のカードローンについてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。続いて自営業者がカードローンの審査に受かる為に特に気を付けるべきポイントについてお話ししましょう。

  • 収入など今後の事業計画をしっかりアピールする
  • 返済計画を提出するなど信頼できる事を知ってもらう
  • 日頃から自分自身の信用実績も積むように努力する
  • 提出書類などに不備がないようにあらかじめ用意しておく

自営業者がカードローンの審査に受かる為には、何よりも信用してもらえるかどうかが重要なポイントとなります。

会社に勤めている場合は後ろ盾に会社という信頼できるものがあるのですが、自営業ではそういった後ろ盾がありません。

自分の事業が将来性があるものだという事業計画を提示し、アピールする必要があります。実際に必要書類に事業計画書を挙げている業者もありますよ。必要書類にも不備がないように用意して下さい。

また日頃から自分自身の信用実績を積むことも必要です。公共料金の支払い期日、クレジットカードの支払いなど遅延や延滞のないように気を付けましょう。日々の積み重ねが信用実績につながりますよ。

【参考ページはこちら】
資金繰りに悩む個人事業主はここをチェック!

自営業者がカードローンに申込むと、借入出来ない事があります。原因のひとつは安定した収入という申込条件と反するところがあるからではないでしょうか。

そこで自営業者には自営業者専用のカードローンがあります。内容は通常のカードローンとそれほど変わりませんが、総量規制例外の融資となり、個人事業者にとってはうれしいローンですね。

新着記事
カテゴリー