海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応犬と猫、どっちがお金かかるの?ペットの一生を通し飼育費を徹底比較!

犬と猫、どっちがお金かかるの?ペットの一生を通し飼育費を徹底比較!

2015/09/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

image001

「猫ってお金がかからないんだよね。貧乏人が飼うペットだよね」この非常に腹立たしい台詞を言った、会社の女上司(フレンチブルドッグを飼っている)がいました。

犬派(Dog people)と猫派(Cat people)が議論するのは、

  1. 「犬猫どちらが賢いか」
  2. 「犬猫どちらが可愛いか」
  3. 「犬猫どちらが自分の生活により色彩を与えてくれるのか」
  4. 「犬猫どちらが面白いのか」

一般的にはこれらのトピックでああだこうだ言い合います。

しかしたま~に冒頭の女上司のように「犬の方が猫より購入金額も高いし、医療費も高いし、しつけ教室やドッグトレーナー代がかかるから、お金が要るのよ。」という滑稽な優越感を持つdog guyもいます。

では実際に比べてみましょう。犬と猫を飼うのに、どちらの方がよりコストがかかるものなのでしょうか。

犬猫飼育コスト比較表

実際に具体的項目を比較してみましょう。犬と猫を飼育するのに、必要経費はどのように変わってくるのでしょうか。(※ざっくりとした目安です。実際は各犬猫の年齢、健康状態、大きさ等によって大きく変わってきます)

犬猫比較

この表にはありませんが、犬の場合はペットシート、服代もかかってくることがよくあります。(これが結構バカにできない金額です)

また猛暑や病弱などの理由でペットバギーも必要の場合があります。犬猫が身体を動かせなくなった時に車椅子や、家のバリアフリー工事ということもあるかもしれません。

サプリメント、漢方、手作りフードの食材(新鮮な肉など)しつけやご褒美、コミュニケーションのためにおやつなどもいるかもしれません。

そしてトイプードルなどの犬種だと、頻繁なカットが必要であるため、実際はもっとトリミング代がかかるでしょう。

彼らのための、部屋の暖房代冷房代も忘れてはなりません。つまり真剣に考えると、実際はもっともっとお金がかかるであろうということです・・・。

image002
スクラッチングポスト

実際は猫の方がお金かかる!?

上の表を見ると、やはり犬よりも猫の方がお金のかからないような印象を受けます。しかし犬は大概15年間生きるものです。

犬種、サイズ、病気、怪我などによってかかる金額は変わってきますが、1年に最低910ドル(約11万円)はかかると考えてみます。単純計算をすると、犬一生分の費用は以下のようになると考えられます。

910ドル×15年=1万3650ドル(約166万円)

(※年を取るにつれ、フードの内容やトイレシート、おむつの使用量が異なってくるため、実際はこの計算通りにはならないでしょう)

一方猫は約20年間生きます。(私の知り合いの猫は27歳まで生きました)

フード代、トイレの砂代など年間にかかるコストは約880ドル(約10万7000円)。こちらも実際この数字とおりにならないものの、単純計算をしてみると以下の様になるでしょう。

880ドル×20=1万7600ドル(約214万円)

つまり犬の年間コストより安いですが、猫の方が一般的に長生きをするため、結果的には猫を飼う方がお金のかかることになるかもしれない、ということです。

結局は個体差によりけり・・・

image004

ちなみに私は今まで様々な犬猫を飼ってきていますが(全て保護犬・保護猫)、自分の犬猫飼育の経験でいうと、どっちがよりお金がかかるというのは一言では言えません。

猫Aは病弱で、とにかく医療費と特別療養食にお金がかかりました。猫Bは年老いるまでずっと健康でしたが、かなりのグルメであり、スーパーで売っている安い猫フードを与えるものなら皿をひっくり返して暴れるため、食費がかかりました。

しかし猫Cはなんでも食べてくれました。その代わり人間のご飯もよく盗んでいた上、私の服を噛み切り新品の衣服をだめにすることもしばしばありました。

さらに極度のキレイ好きであり、トイレが少しでも汚れていると、おしっこもうんちもしてくれませんでした。そこで猫Cがいる時は、頻繁に猫砂を買うはめになり、「砂のために一体いくら使っていたんだ」と思うくらいでした・・・。

犬Aは先天性遺伝的疾患を持っていました。年老いた放棄犬を引き取ったためペット保険に加入できなかったこともあり、途方もない医療費がかかりました。犬Bも交通事故に遭い、手術入院に数十万円一気にかかりました。

犬Cは食が細い愛玩犬で、放っておくと病院で点滴しなければならないほど何も食べませんでした。人間のチーズやアイスクリームにも目をくれず。唯一口にしてくれたのが馬刺しや徳島産の高級チキンでした。

雑種犬Dは元気いっぱいで食欲旺盛。出すものは何でもしっぽを振って食べてくれたので、お金もほとんどかからず最期もポックリ逝ってくれました。非常に飼い主孝行でした。ただし家具破壊や靴を噛みちぎったりしていたので、家の物の破損代が結構しました。

結論としては身も蓋もないのですが、犬と猫どちらにお金がかかるというのは一概には言えない、ということです。あくまでも個体差が大きいです。

ただ犬の方が義務づけられた注射の回数が多く、寒さや暑さに弱い犬は服も必要。よってもしかしたら一般的に言うと、猫より犬のほうがやはり多少お金がかかるものなのかもしれません。

ちなみにこれも自分の飼育経験で言うと、犬も猫も純血種の方が身体の弱いケースが多い気がします。つまり言い方を変えればお金、医療費がかかります。

すぐに具合が悪くなり下痢をしたり嘔吐したり、脱臼捻挫骨折、心臓を悪くし、何かのアレルギーを持ち皮膚が弱い。雑種(ミックス)はこういうことはほとんどありませんでした。

やっぱりプライスレス!愛情をかけて共に生きよう

image006

もしも犬を飼おうか、猫を飼おうかを迷っているのなら自分の好みやライフスタイルに合った方を選ぶのが一番です。

どちらにせよコストはかかります。病気や事故に遭ったら多額の費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。

それに、あれこれ買ってあげたくなってしまうものなのです。冷静に考えれば不要であろうコスプレ衣裳や可愛い食器皿、ぬいぐるみ。ばかばかしいと思いつつも、ついつい財布の紐が緩んでしまうのです・・・。

そして飼育のお金の心配も大事ですが本気で犬猫に向き合う姿勢と覚悟もとても大事です。よく仔犬や仔猫の愛くるしさに「癒される」と言いますが、癒しを求めるなら犬猫を飼うのではなくマッサージサロンに足を運ぶべきです。

犬猫を飼うなら「ちゃんと愛情をかけてあげよう」「ちゃんと世話をしてあげよう」「共に生きて行こう」「一緒にいる時間を大事にしよう」ということを、お金のことと同時に考えるべきです。

犬猫はお金がかかるけど、同時にプライスレスでもあるのです。もしかしたら海外旅行一月分、車一台分のお金がかかるかもしれません。しかし旅行や車の価値以上のものを、犬猫は飼い主に与えてくれるのだと思います。

ネット上で「犬猫飼育コスト比較」についてアメリカ人をはじめとする海外の人々も様々な意見をあげています。

この記事の海外に対する反応

毎月3匹の猫のフード代として50ユーロ(約6800円)使っている。時には新鮮な魚やお肉も与えているよ。

それはともかく、一言にキャットフードといってもオーガニックの上質なものか、安い粗悪なものを与えているかによって、かかる費用がまったく異なってくるだろう。

ここドイツでは犬税があるから、なんやかんやいっても猫より犬を飼う方がお金はかかると思う。

ドッグフードもいいものを与えなくっちゃ。その観点から言うと、犬のフード代ももっとかかるとみなすべきね。

ペット保険に加入することよりも、健康にいいフードを食べさせることを重要視すべきね。安いフードを食べさせていると病気になるし長く生きられないもの。

犬や猫を手に入れるのに大金をかける、というのだけは納得できないわ。引き取り手のない気の毒な犬猫をシェルターから迎えてあげるのが当たり前だと思う。

ブリーダーやお店から高額なお金で「買う」というアイディアはもう時代遅れよ。

犬より猫の方がお金かからない、という最大の理由は「猫の方がお利口」だから。

犬は変な物を口に入れてお腹を壊して病院にかかり医療費が必要、という話がよくあるけど、猫は毒を盛られる以外コインや固形物を飲み込んでしまうということがないでしょ。

犬は可愛いけどおまぬけな面があるから、色々出費があるのよね・・・。

あたしは猫のフード代に毎月60ドル(約7300円)は払っているわ。高いかもしれないけど、質のいいものを食べてもらいたいから仕方ないわね。

猫砂には毎月30ドル(約3600円)。これはなんだかばかばかしいけどやむを得ないわ。

ちなみに猫のグルーミング代の項目が意味不明。猫は自分でグルーミングをするものよ。サロンに連れていく必要がないのよ。

猫が家のものを破壊したことは一度もないけど、犬にはいろいろやられたね。パソコンのコード、家具、本をことごどくかじられた。

こういった修理代や買い直しを考えると、犬を飼うほうが断然お金がかかる。

猫の方が段ボールや庭の木で遊んでくれるからおもちゃ代がかからない。犬にはぬいぐりみやらボールやら買い与えないといけないから大変よ。

一般的に犬の方がお金のがかかるものだけど、僕が飼っている猫は持病があるから高価な療養食を与えて医療費もかかっているんだ。

だから結局犬猫、というより個体差によってかかるコストが変わってくるんだよ。

猫のご飯代は大変よ。どんどんグレードアップしてしまうもの。私の猫は今やデラックスなお肉やサーモンしか食べないの。

あまりにも猫の食事代がかかるから、人間の私はいつも豆を食べているわよ・・・。

最愛のペットの健康のためにお金を費やすのは当たり前のこと。このように「犬猫どっちを飼うのが安くすむか」という比較は腹だたしい。

犬猫両方飼っているんだけど、ドッグフードよりキャットフードの方が高いわよ。一体いつからキャットフードってこんなに高額になってしまったのかしら。

こういう記事は猫を飼う方が安上がりだから猫を飼う、という発想に繋がらないか。非常に不愉快だ。

お金ではなく「愛」が重要。ペットを語るのは「愛」を基準にしてほしい。

愛猫のために手作り料理をしているのだけど、チキン、にんじん、お米に一年で115ドル(約1万3000円)以上は使っているわね。彼女の健康のためだからまったく勿体ないとは思わないわ。

僕はドッグフードに毎月60ドル(約7300円)、キャットフードに25ドル(約3000円)は使っているよ。

質の悪いものを口に入れさせたくないからね、多少のはフード代出費は覚悟しないとね。

犬と猫両方を飼っているんだけど、お金に余裕がある生活っていうわけじゃないから色々工夫努力をしているよ。

ペットフードは極力セールの時に買いだめして、犬猫のおもちゃは手作りにするとかね。彼らは大事な家族だから、できる範囲で精一杯やってあげているつもりだよ。

犬も猫も可愛いわ。彼らを飼うのにいくらかかるなんていうことはどうでもいいわ。

犬を飼うのに「○○ドルかかる」というのは難しいよ。超小型犬から超大型犬までいるから、本当にまちまちだもの。

人生に「愛」をもたらしてくれるペットに「○○ドルもかかる」という風に思うのが間違い。

キャットフードの方がドッグフードより高いよね。

犬も猫も年老いたら医療費がかかるよ。

スウェーデン在住なんだけど、ウサギを飼っているんだ。ウサギのフード代、トイレ代、保険代、医療費、おもちゃ代などなど毎年合計1500ドル(約18万2000円)以上かかっているよ。

ウサギもお金が必要だ・・・。

犬のおもちゃ代で10ドルもかけるのはばかばかしい。1ドルショップに行って、犬が喜びそうながらくたを見つけるべきだ。

ずっと節約できるし、犬にとって1ドルのがらくたも10ドルのおもちゃも一緒だ。リードにも30ドルもかけないで、普通の縄を使えばいいんだ。

ショップでマンチカン猫を1000ドル(約12万1000円)で購入した。医療費も含め、この猫を飼うのに毎年900ドル(約10万9000円)くらいかかっている。でも後悔していないよ。

動物はファンシーなおもちゃやケア用品、洋服を必要としていない。彼らが必要としているのは安心できる寝床と愛情だ。それを忘れるべきではない。

猫は自分の「テリトリー」が必要だから、専用部屋やキャットタワーを用意してあげなきゃいけないんだよ。それらの項目がこの記事にはないよね。

犬猫どっちも人間の子どもを育てるよりか安く上がるね。

ジャーマンシェパードを飼っているんだけど、毎年フード代に600ドル(約7万3000円)はかかっているよ。その価値があるからいいんだけどね。

【参考URL】https://www.rspcansw.org.au/learn/owning-a-pet/costs
http://www.care2.com/greenliving/cats-vs-dogs-which-one-will-cost-more-money.html

チワワ飼ってるよりゴールデンレトリバー飼ってる方が金かかりそうだもんな。ジョニーのおばさんはダックスフント2匹飼ってるけど、それはそれはいい服着せてるしネイルケアとかトリミングに余念がないよ。いくらかかってんだか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    >>猫のご飯代は大変よ。どんどんグレードアップしてしまうもの。私の猫は今やデラックスなお肉やサーモンしか食べないの。
    あまりにも猫の食事代がかかるから、人間の私はいつも豆を食べているわよ・・・。

    こいつ馬鹿なんじゃないかな
    自分よりペット優先とかアホくさ
    大した稼ぎもないならペットなんて買うな

  2. 日本の名無しさん より:

    そもそも犬猫は毛皮っていう服を着てるのにそこに服を着せるとか虐待だから。

  3. 日本の名無しさん より:

    猫が20年生きるのは言い過ぎ!!15年を越える様にはなったけど20年は滅多にいない。日本人は長生きだけど100才まではなかなかいないのと同じだよ。

  4. 日本の名無しさん より:

    田舎だとノラを飼って餌も人間の食べ残しだから殆ど金はかからないな
    もちろん外に繋いでおく。そして名前すらつけない

    1. 日本の名無しさん より:

      それは「飼う」とは言えないね
      野良への餌やりと行動制限だよ

  5. 日本の名無しさん より:

    とりあえず、しっかり墓に入るまで面倒看ろよ。

    処分する施設の維持・管理費用は、飼わない人間も負担してる。

    そのうち、車みたいに登録時に費用はらったり、飼うにも免許・認可必要になるぞ。

    1. 日本の名無しさん より:

      当たり前だよ。ペットが病気なったから捨てるなんて話、ふつう聞いたことあるか?
      とんちんかんなこと言うなよ。

      1. 日本の名無しさん より:

        あるよ。保健所行ってごらんよ。血統書犬猫いくらでもいるから。現実をもっと知るべきだ

  6. 日本の名無しさん より:

    うちの猫は10歳の時にピンポン玉サイズの腫瘍ができて、治療に100万じゃ済まない金額がかかった。今では寛解に近いからよかったけど、金持ちでもなんでもないから費用捻出に苦労してる。

  7. 日本の名無しさん より:

    シャチの方がお金が掛かる

  8. 日本の名無しさん より:

    どっちにしろ

    犬のほうが速く死ぬから安いし犬を飼おう

    という人間に動物を飼う資格はないと思うが?

  9. 日本の名無しさん より:

    そうだなあ・・・猫だと室内飼いか外出させてるかで寿命や病院代が違ってくるね
    犬は座敷犬だとペットシーツ必要だし、うれションやけションで家の臭いが凄い事になるから
    やっぱ好きな方飼えば良いんじゃないの?
    比較するのはともかくコストを考えるのは悪い事じゃないと思うよ
    初めて飼う時の参考になるしね

    ※5
    それやって欲しいね
    自動車免許の更新みたいなやつにするとかさ

  10. 日本の名無しさん より:

    生体購入金額って・・・。
    購入金額でいいじゃん。死体を購入する場合ってなんだよ。

  11. 日本の名無しさん より:

    にゃんこに1食100円のカウチパック1日2こ
    人間は安い60円台の食パン2日で食べてるw医療費は人間の何倍かな?
    猫の腎臓逝かせて何百万もかかる治療費出すくらいなら高いご飯なんともない
    にゃんこが幸せならそれでいい

    1. 日本の名無しさん より:

      主旨と関係にゃいレスですまんが、言いたい。正直何百万もかかるなら、治療せずに死なせる。人それぞれでいいと思うけど、自分なら死なせる。その何百万で、殺処分前の猫達を引き取って養う方を選ぶ。

      1. 日本の名無しさん より:

        ペットを飼ってない人のコメントだね。

        1. 日本の名無しさん より:

          無理に延命させない、って人、結構いるよ
          お財布事情も含めね

  12. 日本の名無しさん より:

    田舎で猫を放し飼いしてるから金かからんな
    毎日近所の人に餌貰ってるし
    寝る時だけ帰ってくる

    1. 日本の名無しさん より:

      そういうの、田舎でも最近は獣医がやめてって言ってるよ
      猫エイズの蔓延にも広がるし

  13. 日本の名無しさん より:

    犬は専用のトイレを必要としないのかww

コメントを残す

キャラクター紹介