金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶドイツで一番お金持ちの女性「スゼンネ・クラッテン」

ドイツで一番お金持ちの女性「スゼンネ・クラッテン」

2015/02/03
このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツの高級車と言えば、BMW。ドイツ一のお金持ちの女性は、このBMWの大株主です。

また、スゼンネ・クラッテンさんは、ドイツの大手の製薬会社、アルタナや電池製造会社のファルタの大株主でもあります。

ドイツで一番お金持ちの女性、スゼンネ・クラッテンさんの人生は、波瀾万丈の人生。

いったいどうして彼女がドイツで一番のお金持ちの女性になったのか、そして、彼女がどんな人生を送ってきたのかをご紹介しましょう。

スゼンネ・クラッテンさんがドイツで一番お金持ちになった訳

スゼンネ・クラッテンさんは、クヴァントというお金持ちの一族に生まれました。生まれたは、ドイツのバート・ハンブルグという町です。

彼女は、富を父親から得ました。父親から、BMWや製薬会社のアルタナの株を譲り受けたのです。ちなみに、彼女の父親はヘルベルト・クヴァントという人物で、BMWが倒産の危機にあった時にBMWを救った人として知られています。

BMWではまさに伝説的な人物、ヘルベルト。クヴァント氏が父であったために、彼から財産を受け継いだ彼女でしたが、父から受け継いだ富をさらに増やしたのは彼女の力だと言われています。

また、ヘルベルト・クヴァント氏は遺言で彼の財産を、彼女と彼女の弟、そして彼の妻三人に残したのでした。彼の財産をすべて引き継いだわけではないのです。

秀才家の彼女

高校卒業後、スゼンネ・クラッテンさんは、フランクフルトでビジネスを学び、その後イギリスのバッキンガム大学で、マーケティングとマネージメントを学びました。そして、さらにスイスのローザンヌにある国際経営開発研究所でMBAを取得しました。

両親から莫大な財産を受け継ぎ、自分は悠々自適の暮らしを送る人もいますが、彼女は違いました。ビジネスに関する専門的な知識を身につけ、株主としてだけでなく会社の売り上げが上がるように自ら会社を引っ張っていくのです。

実際、スゼンネ・クラッテンさんはBMWやアルタナの大株主だけでなく、両方の会社の監査役員会のメンバーにもなっています。

彼女のビジネスでの力量は大したもので、例えばBMWの株を父親から譲り受けた1年後には、会社の売り上げが上がるよう自らが会社のトップとして会社を引っ張ったことで、株価を3100億円ほど上げたこともあります。

彼女の現在の自己資産額は、およそ1兆8200億円。ドイツでは、一番のお金持ちの女性とお伝えしましたが、世界では46番目にお金持ちです。

彼女は、1962年生まれ。現在、52才です。彼女はこれからもビジネス界で活躍し、持株の更なる成長を促していくでしょう。

また、最近、彼女が監視役員をしているアルタナの売り上げが、2020年までに、倍になるだろうという予想が発表されました。

さらに、彼女の母親も、母親の夫であるヘルベルト・クヴァントさんから莫大な財産を受け継いでいますが、彼女が逝去なさった時には、さらにスゼンネ・クラッテンさんは財産を増やすだろうと言われているのです。

こうしたことからも、スゼンネ・クラッテンさんはこれからも益々財産を増やしていくだろうと言われているのです。

父親から莫大な財産を受け継ぎ、また自ら、持ち株会社の売り上げに貢献している彼女ですが、彼女は人生は、まさに波瀾万丈と言えます。ここにご紹介しましょう。

スゼンネ・クラッテンの波乱万丈な人生

偽名を使って、働いていた!

彼女のことを知っている人には、知られていることですが、スゼンネ・クラッテンさんは、若い頃から、偽名を使って働いていました。

なぜかというと理由は、2つ。

1つは、本名を使うと、お金持ちであることがばれてしまい危険だからです。危険というのは、特にお金目当てに誘拐される可能性があるからで、実際に、彼女が16才の時に誘拐されそうになりました。

また、彼女が偽名を使ったもう1つの理由は、仕事場で彼女が、BMWを救ったヘルベルト・クヴァントの娘だと知られたくなかったからです。ヘルベルト・クヴァントの娘と言えば、大富豪の娘。職場の人たちの彼女に対する接し方も変わってしまうのです。

大学でマーケティングとマネージメントを学び、スイスのローザンヌにある国際経営開発研究所でMBAまで取得した彼女。会社では彼女の父親の娘としてではなく、彼女自身の力で、経験を積んでいきたかったのです。

彼女は、仕事場で素性を表さなかったことに関しておもしろいエピソードがあります。

彼女は、ある会社で研修をしている時に今の結婚相手に会うのですが、結婚相手にもしばらくの間、素性を知らせなかったというのです。財産目当てに、彼女と結婚して欲しくなかったのかもしれませんね。

不倫相手に恐喝される!

彼女は今も研修中に出会った彼の奥さんで彼との間に子供が3人いますが、不倫をしたことがありました。彼女の人生が波乱万丈と言えるのは、この不倫相手が大の詐欺師だったことです。

ドイツ一のお金持ちが不倫をしているというだけでも話題に上りますが、その不倫相手が詐欺師だったということで、当時、この事件は大スクープされました。

スゼンネ・クラッテンさんの思いとは反して、彼女の不倫相手であるヘルグ・スカルビ氏は、お金目当てに彼女に近づいたのでした。

彼は恋愛感情を利用し、彼女からお金を奪ったのです。秀才の彼女にしても、初めは彼の真相を見抜くことができず、彼の要求に応じてお金を渡していたと言います。

渡したお金の額も半端ではありません。よく知られているのは、ヘルグ・スカルビ氏が、アメリカで車の事故を起こし、その事故を負わせた相手がマフィアだったたと嘘をついたこと。

マリアに莫大な慰謝料を請求されていると彼女にせがみ、700万ユーロ(およそ9億8千万円)を現金で用意させたのです。

普通の人では、1億円ですら現金を用意することはできないですが、大富豪のスゼンネ・クラッテンさんは違いました。彼に心を奪われていた彼女は700万ユーロの現金を用意し、BMWの車で運んだのです。

しかし、ヘルグ・スカルビ氏がその後も彼女にお金をせがみ、また彼女との赤裸々な関係を映したDVDを買うように恐喝してきたので、さすがの彼女も真相に気づきました。そして、彼女は然るべき行動を取ったのでした。

然るべき行動というのは警察に真相を話し、彼のことを訴えたのです。

この事件が起きたのは、彼女が44才の時でした。ちなみに、この時こそ世間から彼女は注目を集めましたが、実は、彼女はプライベートを明かさないことでよく知られています。メディアからのインタビューも滅多に受けることがないのです。

彼女のクヴァント家は、今でも凄い!

スゼンネ・クラッテンさんは、ドイツでよく知られているクヴァント家の出身ですが、このクヴァント家は、特に2つの点で凄いんです。

1つは、クヴァント家から多くの億万長者を出していること。実際、彼女の父であるヘルベルト・クヴァント氏から財産を譲り受けた彼女の母親も、弟も、彼女には及びませんが、フォーブス誌の億万長者番付に名前が挙がっています。

そして、もう1つは、これはいいことではありませんが、クヴァント家はナチス時代に、ナチスの民衆の強制徴用と労働に関わっていたというのです。さらに、戦後クヴァント家は、その事実を認めず罰を逃れたと言います。

今でも、この事実のために、クヴァント家を批判する人たちもいるくらい。彼女の富は過去の悲しい出来事の上に成り立っているとも言えるのです。

まとめ

スゼンネ・クラッテンさんの波瀾万丈の人生を紹介しましたが、彼女は、こんな人生にもめげずに、ビジネス・ウーマンとしてまっすぐ活躍を続けていると感じます。

そうでなければ、彼女の元不倫相手、ヘルグ・スカルビ氏をはじめ、彼女のお金を狙う人たちに、とっくお金を巻き上げられているかもしれません。50才の彼女。これからもBMWやアルナタを盛り立てていくでしょう。

【参考URL】http://www.forbes.com/profile/susanne-klatten/
http://www.dw.de/richest-germans-the-family-behind-bmw/a-1799630-1
http://www.rightcelebrity.com/?p=4582
http://topics.bloomberg.com/susanne-klatten/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1380883/Heiress-Susanne-Klatten-handed-6-2m-gigolo-Helg-Sgarbi-love.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1.   より:

    これ前も見たな

    1. Ella より:

      pues llevamos unos días grises grises… pasa que la primavera empezó, los árboles sacaron hojas y estan verdes, pero no se porqué llueve como en invierno e incluso nevó en las monstñaa! el tiempo está loco…

  2. 名無しさん より:

    「秀才家」って造語だとしても日本語的にはおかしいから

  3. 日本の名無しさん より:

    不倫相手はユダヤ系でドイツ人が憎かったといっている。

  4. 日本の名無しさん より:

    どうやって盛り立てたのか具体的な話がない。
    正直これを読んでためになることは1つもないと思う。
    まるで今のテレビや新聞みたい。お金をどのように稼いだのかはやり口、学ぶことほかにたくさんあるだろうに。

コメントを残す

この記事が最新の記事です。
キャラクター紹介