お金の学校

  1. >
  2. 海外の反応消費者金融おすすめランキング!借りやすいカードローンは?

消費者金融おすすめランキング!借りやすいカードローンは?

2022/05/20
このエントリーをはてなブックマークに追加


金利や審査のスピード、利用のしやすさなど様々な角度からカードローンを比較して、本当におすすめのカードローンだけを厳選してご紹介します。

金利が低い方がいい、審査が早い方がいいなど、カードローンに求めるものは人それぞれですから、よく比較することが大切です。

様々な条件を比較して、ご自分の求めるカードローンを見つけてください。

消費者金融とは?個人に対して貸付を行う業者のこと

まず、消費者金融とはどのようなものか、簡単に説明します。

消費者金融は、一般の個人向けに小口融資を行う貸金業者のことです。

基本的には無担保・無保証人で借りることができ、審査のスピードが速いのも特徴の一つです。

他にも、このような特徴があります。

  • お金の使途が自由
  • 最短で即日融資も可能
  • 申し込みから借り入れまでWEBで完結する
  • 家族や会社にもばれにくい

身分証明書があれば契約ができるので、手続きが簡単なのも人気の秘密です。

銀行カードローンとの違い

銀行にもカードローン商品があります。銀行自体は企業への融資も行なっていますが、カードローンは個人向けの商品です。

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低いのが特徴です。

消費者金融は、自社で審査を行い、個人の信用でお金を貸すのですが、銀行は保証会社の保証を受けられる人にのみお金を貸すので、貸し倒れのリスクが低いことと、貸付のための資金が豊富なことが金利の低さの理由です。

また、消費者金融には貸金業法による総量規制という決まりがあるため、年収の3分の1までしか貸付できないことになっています。

それに対して銀行カードローンは銀行法が適用されています。総量規制の対象とはなっていないことから、理論的には年収の3分の1以上の貸付も可能です。

とはいえ、銀行も自主規制によって借り入れ金額を抑えていますので、一般的には年収の3分の1までしか借りられません。

消費者金融は即日融資が可能

お金を借りるなら、断然金利が低い方がいい、それなら銀行カードローンがいい!となりそうですが、そうではない理由として、銀行カードローンは審査に時間がかかるという点が挙げられます。

かつて、みずほ銀行が反社会勢力との取引を知りながら放置していたという不祥事がありました。

その反省から、銀行カードローンでは審査が厳しくなり、申し込みがあった場合に必ず警察庁のデータベースに照会をすることが義務付けられたのです。

その回答が早くても翌日になるため、即日融資は難しくなりました。

また、銀行では基本的に土日や祝日まで審査してくれないところが多く、金曜日の夜に申し込んだら審査結果は月曜日以降になってしまうこともあります。

その点、消費者金融は審査が早く、WEBからの申し込めば最短60分ほどで借り入れできる場合もあります。

もちろん、土日・祝日でもスピーディに審査をしてくれます。

バレ対策がしっかりしている

お金を借りる時に気になるのは、家族や会社の同僚にバレたらどうしよう?ということではないでしょうか。

会社に在籍確認の電話が来たり、家にローンカードが送られてきたり、なんらかのアプローチをされると、それがきっかけでバレてしまうのではないかと気が気ではないと思います。

その点、消費者金融はユーザーのニーズに応え、とても柔軟に対応してくれています。

カードの発行をなしにすることが可能なので、自宅に郵送物が送られてくる心配はありません。

また、在籍確認についても、プライバシーには十分配慮し、会社名を名乗ることはなく担当者の個人名でかけてくれます。

どうしても電話に出られない事情などがあれば、個別に相談も可能です。事情によっては電話の代わりに書類での審査にしてくれる場合もありますので、会社に電話をかけられたくない人にとっては、とてもありがたい対応でしょう。

消費者金融ってみんな利用してるの?リアルな現状

消費者金融は実際どのような人が利用しているのか、カードローンに関するアンケートからリアルな現状を見てみましょう。
(※自社調べ)

借りている人の年齢、働き方

消費者金融を利用している年代で最も多いのは、31歳から40歳で38%、次いで20歳〜30歳の26%という結果でした。

年齢 割合
20~30歳 26.2%
31~40歳 38.2%
41~50歳 24.4%
51~60歳 9.4%
61歳~ 1.8%

20歳から40歳までで全体の64%、半数以上を占めています。

次に働き方ですが、やはり正社員が50.6%と半数を占めていることから、会社員がよく利用しているということがわかります。

職業 割合
正社員(公務員以外の会社員) 50.6%
パート・アルバイト 13.0%
派遣社員 5.6%
主婦・専業主婦 10.8%
自営業・フリーランス 11.8%
公務員 2.0%
学生 1.6%
その他 4.6%

ただ、次いで多いのは13.0%とパート・アルバイトです。派遣社員、主婦と合わせて4分の1を超えますので、様々な職業の人に利用されていることがわかります。

みんな何に使ってるの?お金の使い道

借りたお金は何に使っているかも気になるところですが、最も多いのは生活費で、全体の6割を占めています。

使い道 割合
生活費 59.4%
趣味・娯楽 37.0%
借金返済 11.8%
事業資金 2.8%
冠婚葬祭 5.0%
治療費、通院費 5.4%
学費 2.2%
住宅・車・バイクなどの購入費 9.8%
家賃の支払い・転居費用 5.6%
その他 4.2%

ついで趣味・娯楽が37.0%となっていますが、旅行や遊びに使うお金というよりも、給料日までまだ時間があるのにお財布がピンチ!という時に多く利用されているようです。

実際に借りた金額

実際にいくら借りているのか、というアンケートでは、11万円〜50万円が30.8%と最も割合が多く、ついで10万円以下が27.4%となりました。

50万円以下の、収入証明書が不要な金額が多いということがわかります。

借りた金額 割合
~10万円 27.4%
11~50万円 30.8%
51~100万円 22.8%
101~200万円 10.6%
201~300万円 4.8%
301~400万円 1.4%
401~500万円 0.2%
501万円以上 2.0%

おすすめの消費者金融カードローンランキング

それでは、本当におすすめの消費者金融カードローンをランキング形式でご紹介していきます。

簡単にそれぞれのカードローンの特徴を一覧表にまとめましたので、こちらも参考にしてください。

SMBCモビット プロミス アコム アイフル レイクALSA 三井住友カード「カードローン」
最短審査時間 30分 30分 30分 25分 15秒(仮審査結果表示) 最短即日
最短融資時間 60分 60分 30分 25分 60分 最短即日
即日融資 可能 可能 可能 可能 可能 可能
金利 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 1.5%~15.5%
無利息期間 なし 借入の翌日から30日 契約の翌日から30日 契約の翌日から30日 契約の翌日から30日〜180日 最大3ヶ月(2022年5月31日までのキャンペーン)
申込方法 パソコン・スマホ・郵送・電話・三井住友銀行内ローン契約機 パソコン・スマホ・郵送・電話・店舗窓口 パソコン・スマホ・郵送・電話・店舗窓口・自動契約機むじんくん パソコン・スマホ・電話・無人店舗 パソコン・スマホ・電話・自動契約機 パソコン・スマホ
融資限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 500万円 900万円
バレ対策 WEB完結で郵送物なし、在籍確認の電話なし WEB完結で郵送物なし、在籍確認の電話は要相談 むじんくんでカード受取、在籍確認の電話は要相談 WEB完結で郵送物なし、原則在籍確認の電話なし WEB完結で郵送物なし、在籍確認の電話は要相談
手数料の有無 三井住友銀行提携ATM無料、その他は有料 三井住友銀行提携ATM無料、その他は有料 アコムのATMは無料、その他は有料 アイフルATMは無料、その他は有料 有料 有料

1位:審査の早さとバレにくさを兼ね備えたSMBCモビット

審査はなるべく早くしてほしい、それにプラスして郵送物とか電話もなかったら嬉しい。速さだけでなくバレ対策も重視したい人におすすめなのがSMBCモビットカードローンです。

審査時間は平日の19時までに申し込めば最短30分ととても早いのですが、特に急いでいる人には、申し込み後に電話をすれば優先的に対応してくれるので、確実に審査を進めてほしい人にはありがたいサービスです。

もちろん、WEB完結でカードレスにできます。郵送物もなしにできますから家族にバレたくないという人も安心して申し込めるでしょう。

しかも、WEB完結にすれば在籍確認の電話もなしになります。会社に電話をかけられたくない人にもおすすめのカードローンです。

【SMBCモビットカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した定期収入のある方
実質年率 3.0%〜18.0%
カードローンの特徴 ・最短30分で審査完了
・WEB完結でカードレス、在籍確認もなし
・申し込み後電話で優先審査

2位:金利も低く審査も早いプロミス

消費者金融の中でも金利を重視したい人におすすめなのがプロミスです。

プロミスの上限金利は17.8%。初回の借り入れの時はこの上限金利が適用されますので、他社の18.0%と比べると0.2%も低いのです。

プロミスには初めての利用なら30日間の無利息期間もついているので、合わせて使うことで利息の支払いを抑えることが可能です。

少しでも返済額を小さくしたいという人におすすめのカードローンです。

もちろん審査も早く、最短30分、融資までは最短60分なので、即日融資も可能となっています。

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入があること
実質年率 4.5%〜17.8%
その他の特徴 ・上限金利が17.8%
・30日間無利息期間あり
・即日融資可能

3位:初めてでも借りやすいアコム

アコムといえばテレビのCMでもおなじみなので、消費者金融が初めての人でも抵抗なく利用できるのではないでしょうか。

アコムは申し込みから借り入れまでWEBで完結できるので、家から出なくてもキャッシングまでできてしまいます。楽天銀行に口座を持っている人は、24時間、365日最短1分で振り込みしてもらえます。

ローンカードは、郵送の他、自動契約機「むじんくん」で受け取ることも可能なので、カードレスにはできないものの、郵送物を無しにすることはできます。

アコムの利用が初めてなら、契約の翌日から30日間無利息となります。WEBから申し込めば最短30分での融資も可能です。早さだけでなくお得さも兼ね備えたカードローンです。

【アコムのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入がある人
実質年率 3.0%〜18.0%
審査の流れなど ・カードは自動契約機「むじんくん」で受け取れる
・30日間の無利息期間あり
・最短30分で融資

4位:審査が早くアプリも便利なアイフル

とにかく早さを重視したい人におすすめなのが、アイフルです。

審査のスピードは業界最速で、WEBから申し込みをすれば審査・融資まで最短25分です。

確実に審査をしてほしい人には、優先審査もサービスもあります。WEBから申し込み後にフリーダイヤルに電話をかければ、すぐに審査を開始してくれます。

アイフルはアプリも便利で、アプリがあればカードがなくてもセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで借り入れも返済もできます。

利用残高や返済金額の確認もアプリひとつでできますし、アプリのアイコンが4種類から選べるのも、地味に嬉しいポイント。うっかりスマホを見られても、アイフルを利用していることがばれません。

書類のアップロードもアプリからできますので、利用の前にインストールしておくと便利でしょう。

アイフルは、原則として在籍確認の電話をしていないことも大きなメリットです。会社に電話をかけられたくない人にとっては、安心して申し込めるのではないでしょうか。

【アイフルのキャッシングローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 定期的な収入がある人
実質年率 3.0%〜18.0%
カードローンの特徴 ・電話をかけると優先審査してくれる
・融資まで最短25分
・WEB完結で在籍確認なし
・アプリで借入・返済可能

5位:最長180日間の無利息期間があるレイクALSA

とにかく利息の支払いを抑えたいという人におすすめなのが、レイクALSAです。

他社と比較すると無利息期間が長く、最長で180日間もあるからです。借入額のうち、5万円までなら180日間無利息です。

5万円以上の金額を無利息にしたいなら、WEBから申し込んで60日間の無利息期間を選択しましょう。借入額200万円まで、60日間無利息になります。

審査時間も早く、最短15秒で審査結果の表示が出ますので、その後は指示に従って本人確認書類などを提出するだけです。

本審査が完了し、契約手続きが21時(日曜日は18時)までに済めば当日中の振込依頼が可能です。

【レイクALSAのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 安定した収入がある人
実質年率 4.5%〜18.0%
カードローンの特徴 ・審査結果は最短15秒で表示
・無利息期間は最長180日(借入額のうち5万円まで)
・21時(日曜日は18時)までの契約完了で即日振込

6位:利用するほど金利が下がる三井住友カード「カードローン」

銀行カードローン並みの低金利で借入できるのが、三井住友カードのカードローンです。

元々の上限金利も15.0%とかなり低いのですが、返済の実績に応じて翌年度からさらに金利が下がります。

1年で0.3%、最大1.2%まで引き下げしてもらえるので、初年度に15.0%だった人は5年目に13.8%まで下がる可能性があるということです。

銀行の目的別ローンなどは低金利で借りられる商品もありますが、消費者金融カードローンでここまで金利が低い商品はなかなかないでしょう。

ただし、他社と違ってアルバイトをしていても学生は申し込み不可となっていますので、ご注意ください。

【三井住友カード「カードローン」】

条件等 内容
申込年齢 満20歳以上〜69歳以下
申込要件 安定収入のある人
※学生は除く
利用限度額 900万円まで
実質年率 1.5%〜15.0%
カードローンの特徴 ・他社と比べて低金利
・返済実績に応じて金利が下がる

おすすめの消費者金融カードローンは早さや利用のしやすさで比較!

おすすめ消費者金融カードローンをランキング形式でご紹介しました。

早さを重視するか、それとも金利か、バレ対策、ATM手数料など比較する点はたくさんあります。

ですので、自分がカードローンに求める条件をまず決めて、その点で比較しながら選ぶと良いでしょう。

誰にも知られたくない、会社にも電話をかけられたくないという人はばれ対策が充実しているSMBCモビットやアイフルがおすすめです。

消費者金融カードローンは審査が早いですが、特に早さを重視するなら融資までの時間が短いアコムやアイフルがおすすめです。

金利を重視したい人には、元々の金利が低いプロミスや三井住友カード、無利息期間が長いレイクALSAが良いでしょう。

同じように見える消費者金融カードローンもそれぞれ特色がありますので、よく比較して、ご自分に合った商品を見つけてください。

この記事に対する反応

大手消費者金融カードローンなら外国人も利用できるからいいよね。

大手ならバレにくいし、外国人も日本人とかわらない条件で借りられたりする。

CMのインパクトが強くてけっこう知ってるのあるよね。ジョニーならスマホ1台で全部できるのがいいかなー。

このエントリーをはてなブックマークに追加