節約術
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 節約術結婚式の1.5次会って?会費制の披露宴の新しい形

結婚式の1.5次会って?会費制の披露宴の新しい形

2013/12/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

af9920053046l

結婚式の1.5次会って何

結婚式のスタイルも、時代とともに変化しています。挙式を済ませてから披露宴、親しい人達との2次会パーティーが一般的でしたが、最近では「1.5次会」を企画するスタイルが増えてきています。

結婚式の1.5次会は、披露宴ほど堅苦しくなく、2次会のように砕けたパーティーではない、新しいお披露目の形です。披露宴と2次会の間のスタイルということで、1.5次会と呼ばれるようになりました。

1.5次会には、様々な目的や種類があります。海外挙式を行ったカップルが、帰国して結婚のお披露目をする1.5次会や、披露宴の変わりに1.5次会を行う場合もあります。

形式的な披露宴よより経費を安く抑えることも可能なので、若いカップルを中心に行われる場合が多いようです。

1.5次会のメリット

結婚式の1.5次会のメリットは、披露宴よりカジュアルなウェディングパーティーを企画できることです。

一般的な披露宴は、招待客が御祝儀を出しますよね。受付で記帳して、披露宴会場でのお祝いが行われます。1.5次会の場合は、形式にとらわれないウェディングパーティーが基本です。ほとんどの場合が会費制で行われ、招待客はご祝儀の必要がありません。

1.5次会の会場や企画にもよりますが、1万円から1万5千円位が相場となっています。主催する側は、会費の予算に合わせたウェディングパーティーを企画し、招待客は決められた会費を用意するだけでよいのです。

1.5次会のスタイルは立食式やビュッフェ形式などが一般的ですが、中にはレストランを貸し切った着席スタイルもあります。きまりきった式次第もなく、自由な結婚パーティーを開催できるのです。

また、結婚式の費用を安く抑えられるのもメリットと言えます。ホテルウェディングの場合、挙式から披露宴までの費用は300万円以上になり、このうちほとんどが披露宴にかかる費用です。披露宴にあまり費用をかけたくないけど、結婚のお披露目はきちんとしたいと考えるカップルに、1.5次会は人気があるようです。

1.5次会の会場

結婚式の1.5次会に利用される会場にも様々な種類があります。ホテルで挙式を行った後、同じホテルの部屋で行う場合や、ゲストハウスで行ったり、レストランを借り切ったりと、予算や招待客の人数に合わせて選ぶことができます。

ホテルでの1.5次会のメリットは、多くのゲストを招待できることです。会費の予算は少々高めの設定となりますが、広い会場が用意されています。一方、ゲストハウスやレストランでの1.5次会は、着席してゆったりと過ごすことができます。

会費の予算に合わせた料理が用意されています。ウェディングプランを企画している多くの会社が、1.5次会の企画も同時に行っています。

中には、自己負担の金額が10万円というウェディングパーティー企画もありますが、一般的には招待客に多額のご祝儀の負担をかけることなく、リーズナブルなウェディングパーティーを行える1.5次会は、結婚式の新しい形としてこれからも人気が高まっていくのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介