金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶ2014年の世界1位の金持ちはインドのムケーシュー・アンバーニー氏

2014年の世界1位の金持ちはインドのムケーシュー・アンバーニー氏

2014/07/28
このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカの有名な経済誌「フォーブス」は、毎年、世界長座番付を出していますが、今年、2014年の、世界長座番付一番は、インドの実業家、ムケーシュー・アンバーニー氏になるだろうと予想しています。

ムケーシュー・アンバーニー氏が、世界で一番のお金持ちになるのは、今年が初めてですが、彼は、ここ数年、フォーブス誌の世界長座番付の上位に入っていて、世界では注目されているビジネスマンです。

彼のすごいところは、自分の力で道を開いていき、世界の頂点に登りつめたところ。

なんと彼の人生は、普通の2LDKのアパートから始まります。それが、今では、世界で一番高価と言われている家に住んでいるんです。その額、日本円にしておよそ870億円(総工費)。

本来であれば、60階の建物になるところを、1階ごとの高さをかなり高くして、27階にしていて、とにかく豪華。彼の家は、彼と同じくらい有名だと言えます。

また、彼は、奥さんに、6000万ドルの飛行機をプレゼントしたこともあります。そして、フォーブス誌によると、彼の2014年の手取りは、620億ドル(約6兆2千億円)になる見込み。

どうしたら、2LDKのアパート暮らしのビジネスマンがこれだけの富を築くことができるようになるのでしょうか?

まずは、彼の経歴を簡単にご紹介しましょう。

経歴

彼は、1957年に生まれで、現在、57才。彼は、インド人として知られていますが、実は、イエメンで生まれです。

3才の時に、父親の仕事の関係で、ムンバイに移りました。そして、彼は、彼の父親のもとビジネスを始めます。

最初の仕事は、父親の繊維工場での仕事。彼が20代の頃です。父親の片腕となって働き、ゆくゆくは、工場を受け継いで、工場のトップとして働くだけでも、素晴らしいことですが、彼は、常に前を見ていました。

ムンバイで、ポリエステルの会社を開くように父親から勧められ、ポリエステルの会社の社長になったのです。

彼の勢いは、これで終わりではありません。父親と共同で、石油化学製品、石油精製、通信、石油がガスの発掘などまで手がけるようになり、父親が創業のリライアンスという会社をインド有数の会社にしました。

中でも、石油の分野での成長は著しく、この分野での売り上げが、彼に富を持たらします。そして、資産を増やしていく彼ですが、彼は、ビジネスで儲けたお金を、自分のためだけでなく、ビジネスにもどんどん回していきます。

まずは、インドに700もの食料品店をオープンさせます。この時の彼の年収は、すでに、400億ドル(約4兆円)でした。さらに、従業員は、食料品店の従業員など、すべて含めると2000万人くらいと言われいます。

彼は、今でも、石油を中心として新しい工場や会社、そして、食料品の小売店も増やしています。

彼は、富を築いただけでなく、インドでの彼の功績は大きく、インドの人達に職を与え、食料品の分野では、農家と小売店の架け橋となりました。インドでは、農家の人達が収穫したものを、小売店に販売しやすくしたのは、彼だと言われています。

彼の経歴を見ると、どんどんお金を儲けるようになっても、その状況に満足せずに、常に上をみて、ここまでになったと言えます。

世界一のお金持ちの彼。世界中の多くの人たちから、彼の成功の秘訣な何なのか注目を浴びていますが、その大きなものは、父親の影響だと言われています。

実は、彼、アメリカの名門大学、スタンフォード大学に入学していますが、中退しています。彼のビジネスマンとしての手腕は、学問から得たものではなく彼の父親から学んだものなのです。

彼の父親は、彼ほどには、お金持ちにはなりませんでしたが、ビジネスの世界の大物として知られています。父親なくして、今のムケーシュー・アンバーニーはあり得なかったいっても過言ではありません。

ムケーシュー・アンバーニーの成功も、父親が築いた基盤があっでこそなのです。ここで、彼のビジネスの手法に多大な影響を与えたという、父親(ディールバーイ・アバーニ)のビジネスを成功させるための7つの鍵についてご紹介しましょう。

彼の息子は、普通のビジネスマンだったのが、これらの鍵をヒントに、世界の頂点に登りつめ、世界一のお金持ちになりました。彼のビジネスを成功させるための7つの鍵に、私たちにとってもヒントになることがたくさんあるでしょう。

成功させるための7つの鍵

1.どんな情報でも、集める。

政治から地元の情報まで、とにかく、情報を集めること。会社で言えば、市場から、顧客、サービスのことまで、とにかくどんな情報も役に立つから、何にでも、常にアンテナを張っておくこと。

実際、彼は、インータネット世代ではありませんが、彼の情報収集力は驚異的だと言われています。

2.機会をつかむ。

情報を常に収集している中で、これという時には、チャンスに変える。 実際には彼は、これと彼が目につけた時、行動を起こしビジネスの成功に結びつけてきました。

彼は、お金を儲けるのに、受け身でいては始まらないと言っています。つまり、ビジネスチャンスは、自分から掴んでいかないといけないのです。

3.軌道に乗っても、次の軌道に乗り換えていく。

1つの仕事に就いたら、そこで精一杯働いていく。でも、そこで終わりではなく、そこで働きながら、次の仕事に移るためのエネルギーを貯めていく。

そして、これぞという、さらに大きな仕事がある時に、その仕事に乗り換えていく。こうしていくことで、成功の階段をどんどん上ることができる。

また、彼は、新しい仕事に移る時のタイミングを見分けるのが大事だと言っています。急ぎ過ぎてはだめで、まずは、就いている仕事に本気で向き合い、得られること習得することが重要なのです。

4.仕事を期限内に終わらせる。

仕事は、期限内に終わらせること。実際に、彼にしても、彼の息子(ムケーシュー・アンバーニー)にしても、仕事を期限内に終わらせることは徹底しています。

そして、この事により、周囲から熱い信頼を受けているとも言えます。日本よりも、かならりルーズなインドのビジネスの社会で、時間を守ることを貫くのは、相当大変だと思いますが、彼らは、それらをやってのけているのです。

5.考える時には、大きく、そしてグローバルに。

注目に値するのは、彼は、この考えを、今のグローバル化という考えが一般的になる前から、持っていること。彼が、いかに先見の明があり、物事を大きく考えられるだけのかがが分かります。

6.従業員は、能力の高い従業員を雇い、彼らには、いい雇用条件で働いてもらう。

会社のトップの中には、いかにして儲けようと、従業員のサラリーカットをする人もいますが、彼は違います。従業員を大切にするのです。大切にするぶん、それだけの働きをする人を選びますが、ここに好循環が生まれると言えます。

彼は、ビジネスの成功には、能力のある従業員の存在が欠かせないと考えているのです。

7.株主を丁重に扱う。

彼は、何か大きなビジネスをする時に、株主の力が必要なことを分かっていました。何かという時に、株主に多額のお金を投資してもらえるよう、常に株主を大切にしているのです。

まとめ

以上が、世界で一番のお金持ちに影響を与えた父親の、ビジネス理念の柱になりますが、皆さんにとって参考になるものはあったでしょうか?

彼のビジネス理念を見ると、彼は、インチキをしないで正当な道を貫いているとも言えます。

世界で一番のお金持ち、ムケーシュー・アンバーニー氏こそ有名ですが、インドを始め、彼のことを知る人は、ムケーシュー・アンバーニー氏のことを思う時には、彼の父親の事をすぐに連想する人もたくさんいます。

実際、彼の父親の生涯は、ボリウッド(インドの映画界)で「Guru」という映画になったほどです。私たちも、世界一のお金持ちの父親(ディールバーイ・アバーニ)から、ビジネスの成功の秘訣のヒントを得、実行できたらいいですね。

【参考URL】http://www.moneyandmatters.com/personality-of-the-week-mukesh-ambani/
http://www.businessblog360.com/2009/03/05/indian-business-tycoon-mukesh-ambani/
http://expertsmag.blogspot.fr/2012/10/business-secrets-of-dhirubhai-ambani.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    jhhhjj

  2. 日本の名無しさん より:

    当たり前の事なんだけど、一つ一つをやりとげる事ってやっぱり大事。
    起き掛けにこの記事見れて良かった^^b

  3. 名無しの豚さん より:

    ロックフェラーとかいうキチガイジジイはなんでランク外なの?
    CIAとかFRBも所有してるじゃん。

  4. fr より:

    本物の黒幕はこういうランキングに顔を出さないものです。
    日本で言えば世沢翼とかw ああいうのはタダのタレント。
    本当に裏経済を動かしてる奴らは隠れてます
    各国の貨幣をいくらでも刷ることができるやつらなんですから。ビルゲイツ? 単なるタレントです

コメントを残す

キャラクター紹介