雑学
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 雑学ロングセラーの”チープ”なお菓子のオカシナ裏話。

ロングセラーの”チープ”なお菓子のオカシナ裏話。

2013/12/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

19-Fotolia_58540008_Subscription_XXL

街角の駄菓子屋で売られていたあのお菓子もこのお菓子も、今ではその風景を変えてコンビニやスーパーで見られるようになりました。

消費税の荒波にもマケズ、大手のプレミアム菓子にもマケズ・・・。小さい頃から親しんでいたお菓子たちには、親世代になっても愛着があり、見つけたら嬉しくてつい買ってしまいますよね。

今回は、そんなロングセラーのお菓子の裏話をご紹介します!

チープと言えばこれ!うまい棒

うまい棒、確かに素朴で特に凝ったつくりではありませんが、旨いですよね~。そんなうまい棒は、単純に”うまいから”という理由だけでうまい棒と名付けられ、1979年に世に誕生して以来、老若男女に愛されています。

さて、このうまい棒、1日に140万本生産され、販売されています。1本10円のうまい棒も、140万本売れれば素晴らしい数字になります。

かつてちょっとした試みで「デラックスうまい棒」という1本20円のうまい棒が発売されたこともありますが、やっぱり王道のチーズ味やサラダ味、コーンポタージュ味の威力には敵わず、現在ではさまざまな種類の10円のうまい棒が売られています。

うまい棒にはなぜ穴が開いているのか?と思ったことがある人も多いことでしょう。もしかして、材料費削減?コストダウン?

色々想像してみましたが、理由は、輸送上の割れを防止する為、つまりうまい棒の強度を上げるためなんです。穴を開けて作る方がコスト高になるので、むしろお金を掛けて作られているんですね。

うまい棒への愛情は、梱包時にも見られます。梱包は従業員の手作業によるもの。一つ一つ愛情込めて出荷されているんですね~。

歴代ガリガリ君とガリガリ君の歴史

みんな大好きなアイスと言えば、ガリガリ君ですよね。1981年の発売以来、国民的アイスと言っても過言ではありません。前出のうまい棒同様、商品の食感がそのままネーミングになったあたり、ロングセラーの法則とでもいえるかもしれません。

ガリガリ君のキャラクター、ガリガリ君(紛らわしいですが)は、発売当初から現在で5代目だそうです。筆者の個人的な意見ですが、現在のガリガリ君は、鼻の穴のデフォルメが消え、頭のイガイガ頭も心なしか洗練されているように見えます。

発売元の赤城乳業(旧ヒロセヤ)は、元々氷の販売を行っていた会社です。天然の氷を扱っていたからこそのガリガリ君誕生だったのですね。

ガリガリ君と言えばソーダ味やコーラ味などが有名ですが、実は通常品だけでも実に50種類もあります。大まかには、ジュースのようなジャンルと果物系の味がありますが、中にはリッチバージョンとして、コーンポタージュ味(通称ガリポタ)のように、ネットで(良い意味でも悪い意味でも)話題になった味もあります。

赤城乳業は、「あそび」の精神を大切にしているそうです。ガリポタの出現のように、賛否両論ある味で世間に果敢に挑戦して話題になり、これで人が元気や笑顔を持てれば本望とばかりに、今後も赤城乳業のあそびは続くでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介