金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶアメリカ大統領レベルの権力者?!セレブ司会者オプラ・ウィンフリー

アメリカ大統領レベルの権力者?!セレブ司会者オプラ・ウィンフリー

2014/06/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

pura

日本で知っている人は少数かもしれませんが、アメリカで知らない人がいないくらい有名なテレビ司会者、オプラウィンフリー。貧しいアフリカ系アメリカ人の両親の間に生まれたのですが、逆境に立ち向かい、トークショーの司会者として成功を収めました。

その成功のおかげで今や総資産は約2900億円だと言われています。芸能界でもオプラを敵に回したら終わりととい言われるくらい絶大な支持とご意見番として知られているオプラ。社会への影響力も強く、オバマ大統領の一回目の大統領選挙では、 オプラの支持で約100万票以上も動かし、オバマ大統領の当選のキーパーソンとなりました。

また、慈善家としても知られていて、オプラを崇拝する人がアメリカにたくさん。オプラ教といわれるほど!!まさに富と名声を得た女性です。オプラはどのようにして今の位置にまで登りつめたのでしょうか?

オプラの悲惨すぎる生い立ち

実際オプラは決して恵まれた環境に育った訳ではありません。オペラウィンフリーは1954年1月29日にミシシッピー州で未婚の10代の親の元に生まれました。

母親と父親はつき合ってもおらず樫の木の下で一夜を過ごしただけの関係でそれからつき合う事もなかったそうです。 母親はオプラが生まれてすぐに6年間旅に立ち、それまで貧しかった祖母のもとで育てられました。

貧しい環境だったので 、着る服もなく、ジャガイモの袋を切って服として着ていたそうです。そんな金銭的に過酷な環境にオプラはいたのですが、祖母は小さい頃から熱心に教育しました。

三歳になる頃には読むのを教わり、それから難しいキリスト教の聖書を愛読し復唱するようになりました。目立ちたがり屋のオプラは教会に行っては聖書を復唱して教えを説こうとしていたそうです。

このおかげでオプラは読むのも書くのも得意で普通の幼稚園児と比べたらその賢さは群を抜いていました。オプラは幼稚園児の時に飛び級しすぐに小学校に入学、小学一年も飛び級しすぐに小学二年生に進学します。

性的虐待と貧困による絶望時代

しかし、その後母親に引き取られ、母の元で暮らす事になりました。母は家事手伝いとして遅くまで働いている上に、祖母の様に教育熱心ではありませんでした。9歳の頃から親戚の男性や母親の友人から強姦、虐待を受け苦しい生活を送ります。

また、後に亡くなってしまいますが、この間にオプラの母は妹と弟をもうけます(妹は43歳の時にコカインの多量摂取により亡くなり、弟も1989年にエイズ関連の病気で亡くなりました。)子供が増えたため、生活はよりいっそう苦しくなりました。

苦しい生活から抜け出したかったオプラは13歳の時に家出をし、14歳ときには妊娠し男の子を出産しました。しかしオプラの赤ちゃんは乳児の時に亡くなってしまいます。この頃からオプラは母親に反抗したりする態度に拍車がかかり、母のお金を盗んだりするようになります。

耐えきれなくなったオプラの母は父親の元に連れていき、父親が住むテネシー州に移住しました。

人生の再チャレンジ

これがオプラにとっての転機となりました。オプラの父親は厳しかったのですが、教育もきっちりとし、学業に専念するようにオプラをすすめました。また、オプラは容姿端麗だったためテネシー州でミスブラックに選ばれます。

この頃オプラはまだ高校生。16歳になるとラジオ局WVOLでニュースを読み上げる仕事をアルバイトで雇ってもらえる事になり、オプラは仕事を始める事になりました。

後に成績優秀だったオプラは奨学金をもらって テネシー州立大学に1971年に入学し、ラジオ局での経験も活かし、19歳でローカルニュース番組のアナウンサーとして仕事を始めました 。放送局でオプラは一番若く、初の黒人キャスターだったそうです。

頭の回転の早さと親しみやすい性格で人気となり、さらにキャリアをつみます。ここで成功をするも、厳しい父親のおかげで謙虚な態度でいつづけました。夜10時から10時半までのニュースキャスターの仕事だったのですが、父に定められた門限が11時だったそうです。

成功者への転機

ニュースキャスターとしての経験を積みますが、自分の意見がいえなく、原稿を読み上げるニュースキャスターの仕事が自分に向いてないという事をオプラは悟ります。でもこの時期に生中継放送ができるようになり、各局で生中継の時間がもたれるようになりました。

トピックや原稿がないまま生中継の時間を繋げなくてはいけないという中でオプラはアドリブ力を発揮します。また、そのあと運良く トークショーのホストとしての仕事を依頼されるのです。

そこで、原稿だけじゃなく自分の意見もいえるトークショーの司会者が自分の力を一番発揮できることに気づきます。ここからオプラはキャスターとしてのキャリアではなく、テレビ番組の司会者としてのキャリアを目指します。

そして成功者へ

その後、オプラは1976年にメリーランド州のバルティモアに移住し、キャスターの仕事はもうやめ、“people are Talking “というテレビ番組の司会者としても仕事をはじめました。

ここで、オプラの巧みな話術と共感を呼ぶ意見、同情的で真摯に人々の相談にのる姿が視聴者を虜にし、10年後にはアメリカ全土で放送される人気番組になります。

その後、自身のブロードキャスティング会社も設立し、1986年には2011年まで続いたオプラの代表番組でナンバーワン高視聴率番組, The Oprah Winfrey Show がはじめました。

自分の過去の苦悩、性的虐待の経験や黒人差別をうけた経験などを包み隠さずに話し、 相談者に寄り添って親身に相談をきく番組スタイルとオプラの人間性そのものが評価されました。

過去のトラウマを告白してつらい思い出を克服し、前向きに生きていけるようにサポートする形のテレビ番組を作る事で悩みを抱えている人の支えとなるような番組になります 。これが特に主婦の間で絶大な支持を得るのです。

またオプラの番組でのプレゼントは型破りで、オプラの誕生日の時には番組を観覧しにきたお客さん全員に車をプレゼントする豪快っぷり。2009年にはアメリカだけで週に4900万人の視聴者を得、その他に他国147カ国で放送されました。

月刊のマガジンも創刊され月の購買者がなんと230万人。北米で一番成功しているマガジンです。

オプラの影響力は強くなりすぎていると懸念する人も少なくありません。実際、オプラが言った事は社会的影響力が強く、以前に発言した「もうバーガーは食べない」という発言のせいで牛肉の需要が減り価格も下落。

結果家畜者がオプラを訴えるまでの事態がおきました。経済的にも大きな影響力があるオプラ。 オプラは市場を動かし、人々の意見に絶大な影響力がある、生き神の様な存在になったのです。

オプラ成功の秘訣

これまで、オプラの経歴について話してきましたが、何が一番のオプラの成功の秘訣だったのでしょうか?

オプラはインタビューでこう答えています

「一番の要因は私が自分の本能に従って常に動いていたからです。人間一人一人この世の中にやるべき事、運命があって生まれてきていると私は信じています。

なので自分の心の声に耳を傾ける事ができれば、自分の正しい道を選択できることができます。一番大事なのはその自分の中の感情や心の気持ちにちゃんと耳を傾けて聞く事です。そうすれば間違った判断をする事はないでしょう。

もし、自分のやりたい事が何かわからない時はやりたくない事にまず気づくのが大切だと思います。私もニュースキャスターの経験を経て、自分のやりたい事は他にあると気付き、テレビ番組の司会者がやりたいという事を気づかせ気づけました。

テレビ番組の司会者を始める時に親友の一人以外からはみんなに失敗すると言われましたし、反対されました。できる訳がないと。でも私は自分の心の声に耳を傾け、向き合い、自分を信じる事でここまで来られました。

【参考URL】
ttps://www.youtube.com/watch?v=6DlrqeWrczs
ttp://blogs.marketwatch.com/behindthestorefront/2013/08/09/oprahs-2-9-billion-net-worth-not-enough-for-swiss-shop-clerk/
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Oprah_Winfrey

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    素晴らしい‼ありがとう‼

コメントを残す

キャラクター紹介