節約術
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 節約術リサイクル用品を賢く利用して楽しく節約をしよう!

リサイクル用品を賢く利用して楽しく節約をしよう!

2013/10/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

gf1420133464l

おせっかいと言われようとも、勝手に計算してみました。

今や、世間一般的に広く利用されているリサイクル用品。一昔前までは、中古品というと、白が付くビンテージとは一線を画して、ちょっと人知れず購入してみたり、使っている間もなんとなく人に知られないように・・・。とまあ、こんなイメージでした。

しかし最近では、リサイクル品を賢く生活の中に取り入れるのは、一種の生活の知恵として認知されつつあります。

それなら、もっと思いっきり!リサイクル品を活用してみようではありませんか~!

赤ちゃんグッズは新品じゃなきゃって、誰が言った!?

赤ちゃんが生まれるとなると、いろんな出費が目白押しになります。まずは必要になるのは、おむつ、衣類、子供が自家用車に乗る場合はチャイルドシートといったところが最低限の分類に入ります。

それからは、ベビー布団、ミルク、哺乳瓶、ベビーカー、マザーバッグ、おんぶ紐、子供用椅子・・・、そうこう言っているうちに新生児の服はサイズアウトになり、それからは、成長期でこの前買った服があっという間に入らなくなってしまうというサイクルに突入するのです。

これらのものは子供が成長すると全く必要ありませんので、親戚や近所の方でお下がりがありそうかどうか、それとなく聞いてみるのがおススメ。それがなければ、大型の赤ちゃんグッズは、子供専門のリサイクル店を上手に活用しましょう。

ちょっと衣類を例にとって計算してみると、某ウサギのマークの赤ちゃんグッズ専門店の場合、セールなら大体Tシャツ、肌着、ズボンを1枚350円ほど。1枚を考えてみるとタバコ一箱より安い金額ですので大した額にはなりませんが、この出費がサイズアウトの度に怒涛のように押し寄せてくるのです。

服は、だいたいサイズ60~70から始まり3~4か月で次のサイズへ(70~80)、更に半年後には次のサイズへ(80~90)と1~1.5歳くらいまでの間に実に3~4サイズアップします。もちろん各シーズン1枚だけという訳にも行きませんので、生まれてから1.5年間の衣類の出費だけでも、相当な金額になることが分かります。

自分の服を考えてみると、このシャツは5年物、あのスカートは8年物、靴に至ってはもう年齢不詳なほど使い込んでいる有様ですから、そう考えると、新生児の服は、全部新品を買うのは随分と勿体ないハナシ。究極は、古くからある良き日本の習慣、「おさがり」が最強のリサイクルでエコなんです。

筆者の経験から言うと、2歳くらい年が離れて、同じような季節に生まれた子供からもらうお下がりがベスト。ある程度の年齢まで、衣類、靴、その他の小物も、季節にジャストサイズな服が沢山もらえて、とっても有り難かったですね。その際は感謝の気持ちを込めて、子供が喜びそうなお菓子を手土産にお渡しすることをお忘れなく。

短期間の着用なら断然リサイクルの制服編

子供の制服って、新品で買うと結構お金かかりますよね~。しかも、成長するので途中で買い替えの必要も出てきたり、イヤ、かなり痛い出費です。

でもちょっと待ってください。他の人も買い替えているなら、この制服に袖を通す期間って本当にチョッピリじゃないですか。コレ、使わない手ありませんってば。

例えば良心的な私立の幼稚園なら、秋冬あたりに行われるバザーで、これらのリサイクル制服や帽子、更には通園バッグを販売するところもあります。小・中学校、高校生の制服になると、近所のリサイクルショップに専門コーナーが設けられていることもあるので、まずは新品を買う前に要チェックです。

運が良ければ、新品同様の制服が格安で手に入ることもあります。この時期だけのものですので、リサイクルを上手に活用したいものです。

因みに東京都の都立高校や近辺の公立高校の場合、標準服と呼ばれる制服は3~4万円。これが私立になると、7万円前後くらいに跳ね上がります。この数字、あなたには安いか?高いか?

意外と難しい家電のリサイクル品

リサイクル家電は世の中にたくさんありますが、こちらは購入の際にちょっと注意が必要です。しっかりした業者から購入するならまだ安心ですが、中には注意が必要な店舗も。

リサイクル家電を購入するなら、

①生産年度の確認
②保証書・取扱説明書の有無
③メーカーの保証期間内かどうか
④お店(業者)で動作確認が行われているか。

傷やちょっとした部品の有無でも、正直に細かくお客さんに提示する業者が信頼できます。買う時はお得だったけど、帰って動かしてみたら肝心な部分が動かず、修理に●万円もかかってしまったというのは、意外とよく聞く話です。ちなみに家電製品になると、購入金額とコンディションはほぼ正比例しています。あまり安価な品を購入しても中身が×だったり。リサイクル家電の購入は、よく検討して行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介