金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶラスベガスの成功者 シェルドン・アデルソン氏のお話。

ラスベガスの成功者 シェルドン・アデルソン氏のお話。

2014/07/30
このエントリーをはてなブックマークに追加


シェルドン・アデルソンという人物をご存知でしょうか。日本ではまだあまり知名度は高くないかもしれませんが、彼はアメリカのビジネスマン、投資家、慈善事業家として知られている人物です。

彼はCOMDEXというコンピューター・トレード番組を作成し、カジノリゾートビジネスで成功し、億万長者となった人物です。フォーブズ誌では「アメリカで最もリッチな人々」の8位にランクインしており、その地位を確固たるものにしています。

彼はラスベガス・サンズ・コーポレーションのCEOであり、ラスベガスでも最も高級なホテルのうちの一つであるベネシアンホテルを含むベネシアン・リゾートやサンズ・エキスポ・コンベンションセンターを運営している最高責任者です。

また、彼はイスラエルの新聞社、「イスラエリ・ヤ・ハム」も保有しているのです。

たくさんのビジネスを経営し、成功者となったアデルソン氏。貧しい家庭に生まれた彼はどのようにして現在の地位まで上り詰めたのでしょうか。その成功の秘訣を見ていきましょう。

私は、いつでも運営されているビジネスを見るたびに、「このビジネスはどのくらい持つだろうか?現状をどのように定義するだろう、そしてそれをどのように変えられるだろう?」と問いかけるのです。―シェルドン・アデルソン

アデルソン氏の生い立ち

シェルドン・アデルソン氏はマサチューセッツ州、ボストンで1933年に誕生します。彼はボストンの貧しい地域に生まれます。

彼の両親はユダヤ系ウクライナ人でした。彼の父親はタクシーの運転手で、また広告の販売を行っており、彼の母やは小さなクラフトショップを運営していました。

幼き頃のアデルソン氏は小さいころから新聞配達をして働いていました。彼は小さいころから起業家精神を発揮していました。彼はいくつかの、成功したビジネスを誕生させていたのです。

彼が12歳の頃、彼は最初の起業を行い、日用品・洗面用品を販売していたのです。そして同年、叔父から借りた200ドルでボストンで新聞を販売するライセンスを取得したのです。

16歳になるころには、彼はキャンディの販売機のビジネスをスタートさせましたニューヨーク市立大学では企業会計を学んでいましたが、二年生になる頃には退学し、軍隊に入隊します。

起業家は、リスクを取ることを恐れない。そして起業家に必要な精神は:勇気、自分を信じること、そして最も重要なのが、失敗しても起き上ってまた挑戦する精神である。―シェルドン・アデルソン

アデルソン氏のキャリア

起業家精神

小さいころから起業家精神を発揮していたアデルソン氏。軍隊退役後は、職業学校に通い、ウォルストリートにある裁判所の記録係になります。そこで彼は富を築くコツを学んだのです。

そしてウォルストリートで働いた後は不動産投資ブローカー/アドバイザーとして成功し、最初の富を築きます。

1960年代には彼はボストンに再び引っ越し、様々な企業に投資します。彼が投資した中で最も利益を得られて企業がアメリカン・インターナショナル・トラベル・サービスという旅行会社でした。

しかし、1960年代の後半に株価が暴落し、彼の成功は一転して水の泡となるのです。

彼は20代の頃から他にも様々なビジネスを行います。冬に雪で凍った車の窓を簡単に解凍してきれいにするスプレーを売ったり、1960年代にはチャーターツアーのビジネスも始めます。

彼が30歳になるころには二回も成功し、富を築き上げました。彼のビジネスキャリアの中で、彼は50以上ものビジネスを作り上げたのです。

1970年代にはボストンで不動産投資ビジネスに乗り出し、コンドミアムなどへの投資ビジネスを行います。そこでも彼は成功しますが、そのコンドミアム市場が暴落してしまうのです。

なんとか、生計を立てようと彼は「データ・コミュニケーションズ・ユーザー」というコンピューター雑誌を買収し、そこで大きなブレイクスルーを経験します。

コンドミアムビジネスを行っていた際に、その雑誌社はコンドミアム雑誌も出版している事を発見し、コンドミアムビジネスで培った経験が、同じようにコンピュータービジネスでも活きると考えたのです。

そしてそこで始めたテレビ番組が少しずつ人気を博し始めます。彼は所有していたコンドミアムをと雑誌社を売り、テレビ番組に専念するようになります。コンピューターの番組に特化した「インターフェース・グループ」という会社を設立するのです。

会社は少しずつ成長し、初年には25万ドルの利益を出します。この頃、アデルソン氏は最初の妻となるサンドラに出合い、三人の子供を養子にしますが、彼らは1988年に離婚します。

COMDEX

1979年、アデルソン氏はCOMDEXという会社を立ち上げ、ネバダ州ラスベガスのリゾートホテルの一つであるMGMグランドホテルでショーを始めます。彼がこのビジネスを始めたタイミングが完璧で、パソコンがやっと一般的に普及し始めた時だったのです。

IBMやアップル、マイクロソフトなどが急成長を成し遂げたころで、1987年にはCOMDEXは二百万ドルの売り上げをあげ、ラスベガスのショーの中でも一番大きなショートなるのです。

1980年終わりには彼のビジネスパートナーが彼らの旅行会社のニーズを満たすホテルの土地を探し始めます。

1988年には彼らはフランク・シナトラやラット・パックらがよく訪れていたというあの伝説のサンズ・カジノを1億2800万ドルで買収します。そしてアデルソン氏は自分のビジネスに合わせて、サンズ・カジノをデザインしなおします。

そしてCOMDEXのショーを含む会社のイベントセンターやショッピングモール、コンベンションセンターなどを併設した巨大ホテルを創設するのです。

ミリアンとの出会い

1991年にアデルソン氏は現在の妻であるミリアンと出会います。彼女と一緒に新婚旅行に行ったイタリアでベニスの運河と建築にインスパイアされ、ベニスをモチーフとしたホテルを創設します。

それが、あのラスベガスに行った人ならだれもが知っている「ベネチアン」というラスベガスストリップ上でも最も高級で巨大なホテルのうちの一つになるのです。

現在でもそのホテルの地位を確固たるものにしているベネチアン。このホテルの成功により、アデルソン氏のセレブとしての地位は揺るがぬものとなります。

それ以来、毎年フォーブズ誌で特集されたり、他メディアなどでもセレブとして騒がれるようになるのです。

まとめ

貧しい地域に生まれたアデルソン氏。周りの環境をものともせず、自分で小さいころからビジネスを始めようとする起業家精神には、頭が下がりますね。

30歳になる頃までには50以上もの会社・ビジネスを創設していたという彼は、うまくいったビジネスもあり、またうまくいかなかったビジネスもあります。

そこでうまくいかなかった時にあきらめず、成功するまで挑戦し続けた末に、ベネチアンというホテルによって大きな成功を成し遂げます。

ついにはあのニューヨーク市長であるブルームバーグを抜いてフォーブズ誌の「最もリッチな人々」の8位にランクインされるという快挙を成し遂げるのです。

起業家に最も必要な事はたくさんあるが、その中でも最も重要な事が失敗しても起き上ってまた挑戦できること―そんなアデルソン氏のアドバイスには重みを感じます。

私たちもアデルソン氏の逆境にも負けず常に挑戦していく生き方から学ぶことが多くあるのではないでしょうか。

※年数ミスを修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

【参考URL】http://www.biography.com/people/sheldon-adelson-20956059
http://en.wikipedia.org/wiki/Sheldon_Adelson

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    海外の反応と関係ない記事はアンテナに流さないでください

  2. 日本の名無しさん より:

    本当だ。反応がない。

  3. 日本の名無しさん より:

    1993年生まれなのにふけてるな

  4. 日本の名無しさん より:

    >ボストンで1993年に誕生

    っておいwww

  5. 日本の名無しさん より:

    若いのにやるよね〜

  6. 日本の名無しさん より:

    若いのにこんなに老けこんで、相当苦労したんだな

  7. 日本の名無しさん より:

    タイムスリッパーならそら成功するわw

コメントを残す

キャラクター紹介