雑学
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 雑学麦わらの一味もビックリ!世界の賞金首たち!

麦わらの一味もビックリ!世界の賞金首たち!

2013/10/02
このエントリーをはてなブックマークに追加

逃亡している凶悪犯に対して、逮捕につながる情報提供者に懸賞金が渡されることがあります。日本でもありますね。罪の重さによりますが、最高で300万円もの懸賞金がかけられることもあります。

しかし、世界を見れば「とんでもない額の賞金首」がいるんですよ。

そこで、5億円以上の賞金がかけられている「The World Most Wanted Man」を紹介していきましょう!

サイフ・アル・エデル

エジプトの殺し屋。アルカイダの幹部メンバーの1人とされています。

この人、アフリカ大陸でアメリカ大使館や関係施設を「ドッカン!ドッカン!」と爆破させた人です。ついでに、エジプト元大統領も暗殺しちゃいました。お~、こわっ!

さらに戦術に長けた人物であり、アルカイダの戦闘員を育成する係でもあったのです。

この犯人にかけられた懸賞金は「5億円」なり。街で見かけても声をかけないようにしておきましょう!

アブダル・ラーマン・ヤシン

イラク人の両親を持ち、アメリカで生まれ育った人です。一応、国籍はアメリカみたいですね。両親は思想的にも穏やかな人で、アブダル少年も優しい性格に育っていきました。

しかし父親が医師免許を取得。「祖国で困っている人を助けたい!」という思いで家族揃ってイラクに帰国したのです。そこから、アブダル少年の考え方が大きく変わっていきました。

イラクの宗教指導者に、徐々に洗脳されていくアブダル少年。かつては父親と同じ医師を目指す少年でしたが、いつのまにか「武器のエキスパート」にデューダ。

911で使用された爆弾を製造した人物とされており、同時多発テロで「唯一、捕まっていない犯人」なのです。そのおかげで懸賞金もウナギ登り。「5億円」の賞金首となっています。

でも、今さら出頭できないだろうな…。絶対に「死ぬほどの拷問」を受けるでしょうから…。

死ぬまで逃げ続けるか、見つかって射殺されるか…あるいは捕まって、「死んだ方がマシ」という拷問を受けるのか…。とにもかくにも、悲惨な未来しか見えませんな…。

フェリシエン・カブガ

「見るからに悪党」という人物ではなく、ルワンダのビジネスマンだった人です。でも、犯罪で稼ぎまくった金を「ひたすらマネーロンダリング」して、ついに国際刑事機構から「指名手配」を受けました。

アメリカもなぜか追跡をしており、「5億円」の賞金首となっています。

「えっ!?マネーロンダリングだけで5億円の賞金首!?」と思ってしまいますが、なんと、この人は大量殺人を首謀した犯人でもあるのです。

自分のお金のためなら、不都合な人間をドンドン殺しちゃったんですね…。そんなことして、最後に裏切られるのは自分なのにね…。

ダウッド・イブラヒム

インドのムンバイ(ボンベイ)を拠点とする巨大地下シンジケートのボス。ギャングよりも、マフィアよりも恐ろしい地下シンジケート、「D-Company」の親分です。

日本ではあまり知られていませんが、1992年と1993年にかけて、ボンベイを中心に爆破テロが頻発したんですよ。ヒンズー教徒の紛争がきっかけだったのですが、とにかく街中を「ドッカン!ドッカン!」と爆破しまくり、多数の死傷者を出しました。

当然、賞金首にかけられ、懸賞金は「5億円」となっています。

ちなみに、「世界でも最もルールが通用しない犯罪者」と言われています。近寄らない方が身のためですな…。

ジョークイン・ガズマン

世界最大の麻薬ブローカーを取り仕切るボス、ジョークイン・カズマンにも「5億円」の賞金がかけられています。メキシコを拠点に、主にアメリカ向けの麻薬を販売(?)しているんですな。

メキシコはアメリカと国境を接する国ですが、国境警備隊に見つからないよう、国境をまたいで地下トンネルが無数に掘られているのです。んで、そのトンネルを使って麻薬をアメリカ国内に密輸。荒稼ぎをしているというわけです。

アメリカ政府もトンネルを必死のパッチで見つけて埋めているのですが、「ダミートンネル」があったり、あるいは埋めてもすぐに新しいトンネルができるなど、まさに「いたちごっこ」になっているんですよ…。

クスリはダメ!

実名を出すと問題があるので「ピー」を入れますが、「のりピー」だってクスリでボロボロになったんですから。

エイマン・エル・ザワヒリ

最後にとっておきの賞金首を紹介しましょう。これまでは5億円の賞金首ばかりでしたが、今度は違いますよ~。なんと、「25億円」もの懸賞金がかけられているのです。

でも、間違っても「一獲千金」といって捕まえに行かないようにしましょう。確実に返り討ち(=死亡フラグ)に遭います。

エイマンはエジプト出身の宗教指導者であり、哲学者でもあります。知らない人も多いと思いますが、オサマ・ビン・ラディンの死亡後、アルカイダのリーダーとなった人物です。

地球上で最も大きく、凶悪なテロ集団と言われるアルカイダだけに、懸賞金の額も25億円になっているんですよ。

でも、なんでテロなんか起こすんだろう…?

アメリカはジャイアンなので、もちろん汚いこともたくさんやっています。でもね、暴力で片付けようとすると、さらに大きな暴力を生むことになるんですよ。そんな事も分からずに無駄に仲間の死を祝福するなんて、日本人からすれば信じられない話です。

そうしなければいけない事情があったとしても、やり切れませんなぁ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 乙女座さん より:

    わー、怖い!!
    ちょっとびっくりしましたよ。

  2. 日本の名無しさん より:

    捕まえたらカッコいいよな…
    がんばろうかな。

  3. 幮鑄さん より:

    25億とか笑えない額

  4. 民間人さん より:

    日本じゃ5億や25億なんて懸けるような犯罪者なんていなさそうだな・・・

  5. 日本の名無しさん より:

    潜入しよっかな。ボスみたいに

  6. 日本の名無しさん より:

    ゴールドロジャーもビックリだね

  7. 日本の名無しさん より:

    なんでテロを起こすかって?オイルマネーで儲かるからだよ。

  8. 日本の名無しさん より:

    ラファエルから

    1. Hollie より:

      Furrealz? That’s mavsleourly good to know.

  9. 日本の名無しさん より:

    ラファエル

  10. 日本の名無しさん より:

    ラファエル無断でパクリwww

  11. 日本の名無しさん より:

    ラファエルこれパクったのに
    URLとかなんものせてねーな

  12. 日本の名無しさん より:

    ラファエルからw

  13. 日本の名無しさん より:

    ラファエルから多いな

  14. Wilma より:

    Luis, estoy impresionado del blog.Después de oirte esta mañana, y tener que soportar mi inoportuno vacile, he decidido visitarlo y tengo que reconocer que me parece interesante y bien cuabrdo.Enhorrauena.

  15. 日本の名無しさん より:

    いや、日本人にも億単位の賞金首に該当する奴がいるよ。そのうちの一匹が森元首相だよ!奴が長生きする事と、重ねて続ける悪事は、日本を崩壊に導き続けるから。

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介