生活
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 生活中古住宅を購入するメリットとデメリット、そしてリフォームの注意点

中古住宅を購入するメリットとデメリット、そしてリフォームの注意点

2013/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古住宅を買うという選択

一戸建てやマンションを購入する際に、新築を選ぶのではなく、中古住宅を購入する人が増えているそうです。同じ予算でも、中古住宅だと住宅面積が広いものが選べたり、交通の利便性も備えているからです。築年数にもよりますが、かなりリーズナブルな物件があるようです。

中古住宅購入のメリット

中古住宅を購入するメリットはどのような点があるのでしょうか。第一に、住もうと思う地域で物件を探しやすい事です。通勤時間や生活環境を考えると、住みたいと思える地域は限られるものです。中古住宅を購入するなら、まず周囲の立地を選んでから住宅を決めるという選択が可能となります。

第二に、その価格の安さがあります。同じ広さと同じ住環境の場合、新築住宅と中古住宅ではかなり価格が違ってきます。築年数の経過にもよりますが、新築住宅に見劣りしない中古物件が数多くあるようです。一戸建てだけでなく、中古マンションの場合、価格はさらに新築マンションとの価格差があります。

中古住宅購入のデメリット

中古住宅を購入するには、メリットだけでなくデメリットもあります。それは、ある程度のリフォームが必要になると言う事です。そのまま住むことも可能ですが、最低限のメンテナンスを必要とする場合が多いようです。中古住宅を購入する際には、一戸建てやマンションに限らず、建物の状況を判断することが重要となります。

中古住宅購入の注意点

中古住宅を購入する際に忘れてはならない注意点がいくつかあります。ます、その建物の耐震性についてです。築年数が長い物件は、耐震基準を満たしているのか確認しておくことが大切です。また、中古物件の場合、その物件の劣化状況が判断しにくいということがあるようです。専門の建築士に依頼して、購入する前に建物を確認してもらうと良いでしょう。

リフォームの注意点

中古住宅を購入してリフォームすれば、自分のライフスタイルにあった居住空間を手に入れることが出来ます。しかし、理想的なリフォームが実現出来るとは限らないので注意が必要です。特に、建物の構造によりリフォームが制限されしまう場合があるので、購入する前に確認しておくことが重要となります。

せかっく予算以内で中古住宅を購入出来ても、そのリフォームに莫大な費用がかかってしまうケースもあります。長く住み続けることを前提として購入するのですから、見た目だけに囚われず、その建物の内面についてしっかり確認する事が最も重要な事となるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介