海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応第三次世界大戦がもし勃発したら…次の世界戦争で勝つのはどの国?

第三次世界大戦がもし勃発したら…次の世界戦争で勝つのはどの国?

2016/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

15image004


第二次世界大戦が終結して70年が経ちます。勝戦国、敗戦国、不戦国といろいろありましたが、あれから長い時が流れ、テクノロジー、経済状況等がドラマチックに変化を遂げました。

核ミサイルはより進化し、航空技術と海運技術も飛躍的にレベルが上がり、近代的な軍事の破壊力は成長を続ける一方です。もし今、再び世界大戦が始まったとしたら、勝つのはどこの国なのでしょうか?

そこで、アメリカのニュースサイト、10 Countries That Could Win A World War III(第三次大戦で勝利を収めるであろう10の国)の記事をみて、勝利を収めるだろう候補国を挙げていってみたいと思います。

大穴!?ダークホースはトルコ

image003

今でもトルコ人の中には「日露戦争でロシアを破った日本は凄い!」と絶賛してくることがあります。

確かにあの巨大なロシア帝国に勝利を収めたことは驚くべき史実ですが、日本の「戦争の放棄」の憲法第九条を絶賛する声よりも、「ロシアに勝ったことあるんだよね!」の感嘆の方が大きいことに、一日本人としてなんとも複雑な気持ちになったものです。

ところで、トルコの軍事予算は上位ランキングにいるいずれかの国々に比べ、とても少額です。しかし控えめな軍事費用で巨大な海軍と空軍を持っています。

ISIS(イスラム国)の脅威がある今、トルコはより軍事力を強力にしようと、軍人訓練の強化、空海軍の機体コンピューター改良を計っています。

核兵器シェアリング国でもあるトルコは、第三次世界大戦が勃発した時に意外と大健闘ぶりをみせる「ダークホース」かもしれません。

ちなみに紀元前1286年頃、ヒッタイト王国(現トルコの辺り)はラムセス二世が統治するエジプトと世界最古の国際条約―平和同盟条約を結んでいます。約3000年前にトルコは、平和が何より、平和しかないんだということを学び実行しているのです。

このことをトルコ人に限らず、人類は思い出すべきかもしれません・・・。

規律と統制と計算が得意―ドイツ

かつてナチスのユダヤ人収容についての記録を読んだ時、その残虐性はおろか、その“緻密さ”に驚嘆したことがあります。

どのくらいの人数をどのくらいの列車に、どのようにどうして運ぶか・・・それはもうびっくりするくらい細かくて正確な計算がされていたのです。

もしアバウトなラテン系の国であったならば、たとえユダヤ人迫害を行うにしろ、ここまで規則正しく巧みに実行できなかったのではないでしょうか。

さてドイツは多くのライバル国と異なり、第二次大戦以降、軍事トピックの話題の中心になることはありませんでした。実際、軍事的脚光を浴びている国々の影でなりを潜めてしまっています。

一方でその強力な経済力を見逃してはなりません。国として軍事費を増加する余裕は十分にあり、最先端の優れた技術と革新を高める余力、そしてレベルの高い軍事トレーニングを向上することも十分可能なのです。

そして前述した、その国民的気質・・・生真面目で細かく正確さを重視する傾向があることこそ、戦争時において非常に大切かもしれません。

ドイツ第三次大戦で勝戦できないであろうという理由を探すならば、それはロシアからの石油輸入依存という事実です。

とはいえ第三次大戦が始まる(であろう)前には、この問題はどうにかしてクリアしていることでしょう。しつこいですが、何しろドイツは緻密な計算と予測を立てるのが得意ですから!

いつでも戦闘態勢!?―韓国

image005

韓国の近接国、北朝鮮が「攻撃してやる、侵略してやる」と常に騒いでいることもあり、北朝鮮の不意打ちの攻撃に備えて大規模な軍事力を維持しています。

北朝鮮という緊張関係の国がすぐそばにあるために、韓国は最先端の軍事技術を取りこぼさない姿勢を保っています。よって突発的に第三次大戦が勃発したとしても、韓国は十分にスムーズに実戦に入っていける可能性は高いといえます。

強靭な精神力―日本

日本は第二次大戦後、憲法を改正し平和な国になりました。日本軍(※原文の「The Japanese military」をそのまま「軍」で訳しています)はこのランキングの国々に比べて、比較的小さい規模です。

しかし実のところ緩やかに大きくなっていっています。軍の人数が決して多くありませんが、人員が不十分の代わりに軍事技術革新でそれを埋め合わせしていると思われます。

日本の軍は歴史的に見てもとても強健な精神を持ち、素晴らしく整然としており、そして地理的に有利になる戦闘方法を見つけるのがとても有能です。

すべてのライバル国に対し、それぞれの国の軍の長所・短所を見つけ出し、自分たちが優位の立場に立てられる可能性を一番持っているのは、日本の軍と言えるのではないでしょうか。

軍の質の高さはピカイチ―フランス

「quality not quantity」
数ではなく質

このフレーズがまさにぴったりなのがフランスです。フランスの軍も決して大規模ではないものの、非常に高度な訓練と最先端の技術が導入されています。

そして何しろ核も保有しています。これは言うまでもなくかなりの強味です。また長引く紛争に巻き込まれることを想定し、それに対応できる兵器も製造しています。

恐るべしマンパワー―インド

image007

目まぐるしい経済発展を遂げるインドは、新興の第二階層のグループの中で、潜在的に将来大きな軍事超大国を脅かすことができる国と言われています。

軍事制覇のため生成油への重油消費相対がやや鈍ってはいますが、爆発的人口パワーと、急速に発展進展を遂げているテクノロジーを持っています。

それと、インドには大勢のエンジニアが存在します。世界規模のIT企業に行くと、頻繁にインド人のエンジニア集団に遭遇するほどです。

前回の第二次大戦と違い、第三次では間違いなくコンピューターも大きな役割を占めるはず。ですので近い将来、インドが軍事大国として頭角を現していくのは確実だと言えるのかもしれません。

島国の長所を生かして―イギリス

イギリスが上位に食い込んでいるのは、安定した強固な軍事力(兵士の人数、戦闘機等の数、テクノロジーの優秀さ)のおかげだけではありません。その地理的条件も関係しています。

イギリスはいわずと知れた島国です。つまり簡単に攻め込むことは困難です。

また英国経済はいまだに比較的頼もしいものです。追加の軍事支出に大きなゆとりを可能にします。イギリスは決して際立って脅威のある軍事国ではありませが、最高レベルの防御を誇るとみられています。

精鋭の兵士たち―中国

image008

もしテクノロジーを度外視した原始的な戦いに挑むとしたら、中国はどの国よりも勝るのに違いありません。なぜなら彼らの兵士たちはとても訓練され、強力で、またその人数はとんでもない桁だからです。

よって、地上戦になり敵国の兵士と一対一で戦っていくスタイルならば、中国の軍は驚異的な強さを見せるのに違いありません。

ところがこの国の技術進歩、原子力技術の面等ではまだ世界最高レベルを誇っているとはいえません。

もっともこの国の軍事面においての近代化は、恐ろしく急速に加速しています。最近の経済問題により、グローバル制覇に向けた中国の行進はやや鈍化していますが、中国が回復し、軍においてもより大きくなっていくことは間違いないでしょう。

石油を制する者は戦争も制する?―ロシア

image010

ロシアは世界の石油の大部分を制御しています。つまりライバルたちに比べてかなり有利な「武器」を持っているということを意味します。

ロシアの最も近いライバルであろうアメリカよりもかなり低い防衛予算にもかかわらず、ロシアは世界第2位の最強の軍事力です。

今後数年間で2番目に大きい航空機の艦隊、そして第3位の海軍の最大のタンク艦隊を所有する計画を持ち、軍事費も増大させる予定です。給油に強いこともあり、世界の軍事力ランキングにおいて、ロシアが第2位のポジションにつくことは当然といえます。

核保有が勝利に導く?―アメリカ

image012

アメリカは経済と債務のトラブルを抱えていますが、同時に世界最大の防衛予算も抱えています。

自国の開発による最先端の技術、世界で最高レベルの訓練を受けた兵士たち、そして大規模な核兵器保有。アメリカが第三次大戦で勝利を収めるのは、至極当たり前のことだといえるかもしれません。(※オーバーかもしれませんが、この記事の元サイトはアメリカです)

各国の軍の比較表

※それぞれクリックで大きい画像が見れます

軍比較1

軍比較2

戦争で儲ける人々がいる限り・・・

image014
トルコ、ドイツ、韓国、日本、フランス、インド、イギリス、中国、ロシア、アメリカ・・・これらの国の名前が挙がりましたが、もし本当に第三次世界大戦が起きてしまったら、実際に勝利を収めるのはどこの国なのでしょうか。

今回の記事を読んで、あなたはどう思いましたか?案外、この10の国以外かもしれないような気もしますね・・・!

私は「戦争」というと、ずっと以前に出会ったあるおじいさんを思い出します。

彼はパチンコ機材を細々と作っていたのですが、戦争開始後、武器製造の依頼が舞い込むようになると、ぐんっと単価が上がり驚くほどの収入を得るようになったのだとか。

「いやあ、儲かったねえ。パチンコの中身を作っているときより、ずっと実りがいいんだ。笑っちゃうほどお金が入ったよ。戦争は儲かる、最高だ!と思ったものさ」と語っていました。

戦争によってはこのおじいさんのレベルどころではない、大企業や特定の個所にもっともっと巨大なお金が入っていくことがあるのは間違いありません。

そこで改めて思うのは、第三次大戦が勃発する可能性はあるに違いないということです。ましてやこの不穏な世界情勢の流れをみていると、「そんなことは二度とない」とは到底断言できません。

それでも第三次世界大戦というものが永久に起こらないことを強く願わずにはいられません・・・。

ネット上では世界中の老若男女がこの話題についてコメントを寄せています。

この記事の海外に対する反応

第三次大戦で勝利を収める国なんてゼロだよ。すべての国が敗戦国になるんだ。それが戦争なんだよ。

山本五十六は言った。「there would be a rile behind every blade of grass(我々日本軍は、米国本土に侵入できない。なぜなら、米国の全ての草陰には民衆のライフルが潜んでいるからだ)」

勝者がいるとすれば、それは道化者だ。

こういうことを仮想でも考えるのは止めたほうがいい。

参戦した国のいずれかが核兵器を使用してしまったらこの世の終わりだ。

核兵器を積んだ飛行機が空に飛んだら、もう勝ち負けもへたくれもない。地球がめちゃめちゃになる。

第三次大戦ではメインはロシアvs中国になるだろう。ロシアはウクライナを味方につけられるかもしれない。

↑ああそうだな、ロシアと中国が戦争することになって、他国がそれに巻き込まれていくーこれが第三次大戦だろうな。

第三次大戦という呼称ではなくなると思う。「第一次核大戦」になるだろう。初めて敵国同士が互いに核爆弾を落とし合っていく戦争になるだろう。

俺はここ数年間、第三次大戦が起こりうるな、と考えている。

自分はアメリカ人だけど、第三次大戦ではアメリカはロシアに負けるんじゃないか、と思っている。

戦争だけはしてはダメ!負け犬たちがする愚かな行為だからだ。

↑世の中きなくさい雰囲気になってきているから、いくら嫌だと言っても大戦になるかもね。

アメリカの軍は十分強いと思うわ。でも長期戦になった時はどうかしらねえ。

オバマが大統領である限り戦争は起きないと思うけど・・・。

第三次大戦は国vs国ではないよ。モスリムvsクリスチャンの構図になるよ。ロシアは前面には出てこないで、裏でモスリムの国に武器を供給するだろう。

ロシアと中国は今やアメリカより軍事力が上回っていると思う。このランキングはおかしいんじゃないか。

第三次大戦は来年の2016年あたり起こる可能性もあるんじゃないかしら。

大戦とまでいかなくても、近いうち何かいろいろ起こりそうね。

すでに戦時中のようだよ。失業、賃金格下げ、保険、教育費問題・・・日々のお金の問題で押しつぶされて死にそうだ。

自分はアジア系ロシア人だ。アメリカがつぶれるまで、アメリカに立ち向かって戦っていきたいと思う。

戦争をしたがっている国はいろいろあるかもしれない。でも最初に攻撃をしかけたいと思っている国はないんじゃないか。

だからぐずぐずしてなかなか第三次大戦にならないんじゃないかなあ。

【参考URL】http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-95.html
http://www.therichest.com/rich-list/most-influential/10-countries-that-could-win-a-world-war-iii/
https://disqus.com/home/discussion/valuewalkcomments/world_war_3_would_russia_win/
http://www.truthandaction.org/putin-world-war-iii-inevitable/comment-page-6/#comments

いっそ宇宙規模の世界大戦になるんじゃない?まさにスターウォーズ級のね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    普通ならアメリカ
    対抗馬でロシアだろ
    他に覇権国家なんて無理だろ

    あと韓国とかねーわ
    米軍居なかったら北朝鮮に併合されてるだろあの国

  2. 日本の名無しさん より:

    んじゃ大穴で
    最も意外な国が勝者となるだろう。
    ただし、人類はもう石をなげて戦争しているかもしれんけどな

  3. 日本の名無しさん より:

    人間は戦争する生物だからな
    そういう現実を受け入れた上で平和を祈って武力放棄するより
    現実的な判断を政治にやってもらいたい

  4. 日本の名無しさん より:

    どの国がって言われても、世界大戦って基本的に二つの陣容に分かれるから、
    どの国がどう分かれるかによって変わるんだがなぁ。
    日本はまぁ太平洋側としてアメリカカナダオージーと手を組むんだろうけど。

  5. 日本の名無しさん より:

    アメリカの軍事費GDPの比率で3.5%で75兆円?
    それだと国家予算はもっと凄いだな
    意外と低かったのが中国10%くらいかと思ってたけど5%以下だったとはww
    お金持ちが羨ましいねー

    1. 日本の名無しさん より:

      中国のGDP比は当てにならんぞ
      純軍事費も当てにならんし、国営企業に色々紛れ込んでるからな
      そもそも正確なGDPが誰にも把握できない国だから

    2. 日本の名無しさん より:

      たけーーーーーーーーーーーーーーー¥

  6. 日本の名無しさん より:

    ロシアごときに勝っても自慢にならん。
    白人の兵法は他の国より有利な武器を持って、持ってない国を襲うというそれだけのもの。
    同等の武器を他の国も持つようになったらもう全然勝てなくなった。そんな奴らに勝ったところではなんの自慢にならん。

  7. 日本の名無しさん より:

    憲法9条を絶賛するのなんて、日本の一部のキチガイだけだろ。主権国家として恥だから、海外には話すなよ。

  8. 日本の名無しさん より:

    WW3の時は、米露はWW1,WW2の時のように手を結ぶんじゃないかな
    勝つ戦争しかしないと思う

  9. 日本の名無しさん より:

    どこが勝つかじゃなくてどこが負けるかなら中国朝鮮辺りじゃね
    あとは中東のどこかがついでに
    日本は中国と敵対するおかげで大きな痛手を負うとは思うけど戦勝国に名を連ねることになりそう
    そして戦後の世界の平和度は格段に上がると思う

  10. 日本の名無しさん より:

    ドイツのいない陣営が勝つわ

  11. 日本の名無しさん より:

    ホント9条(笑)
    を絶賛前提ってのが痛いよね。ここのお方。
    お里が知れる

  12. 日本の名無しさん より:

    イスラム国だろ。

  13. 日本の名無しさん より:

    始まってしまったら人類の終わりというシナリオが多くの場合の想定になっている。全ての国が敗戦国だ。人類の英知が狂気と自らの悪鬼に負けることになるんだ。だから狂気はしっかり監視しなくてはならない。勝利して喜ぶのは人間を喰らいたくてしゅーもない冥界の悪魔たちのみ、
    実際的には限定的な戦争で終わらせるのが普通だと思う。

  14. 日本の名無しさん より:

    >憲法9条

    理念は悪くないよ、理念はね
    現実に伴うかどうかは別にして

    1. 日本の名無しさん より:

      共産主義や社会主義と一緒だな
      理念は良いが実現は無理
      皆が平等公平に でもそんなの無欲で神様でもなきゃできませんよと

  15. 日本の名無しさん より:

    欧州が戦場にならないと世界大戦とは言わない
    核保有国同士が戦争をした事など、過去一度もない
    とどのつまり、WW3に勝者などいない
    あるのは破滅のみ

  16. 日本の名無しさん より:

    核兵器なんて大学生でも作れるだろ?材料があればの話だが。

    1. Bobbo より:

      - Your images tell such great stories Ann. This looks like so much fun, I bet you were in your eltenem. Love every single shot xOctober 5, 2012 – 6:38 pm

  17. 日本の名無しさん より:

    平和とは、次の戦争のための準備期間である…ってね。
    その意味じゃ憲法9条は、敗北宣言を他国や国民にしているようなものだ。

  18. 日本の名無しさん より:

    第二次大戦参加国が殆ど参戦をする様な様相ともなったら
    海外コメにもあるけれど、間違いなく「第一次(最終?)核大戦」にもなってしまうだろうね。
    例えば、アメリカとロシアが衆目の目する様に片一方ずつの陣営に分かれているとしたら、まぁ最初から使われていたらそもそもそこで世界も終わっているだろうけれど、そうでなくても、結局通常戦力戦で「負けそう」になった国は、「敗戦国」というレッテルを貼られる事を免れる為だけにも、その核戦力を総動員をしてくるだろう。結果、どちらにしても世界は現状よりも遥かに荒廃をした状況になる事も確実だろう。
    そういう意味でも、過去の敗戦国、戦勝国という戦後処理の仕方が、次の戦争の「苛烈さ」の呼び水ともなると思う。
    結局アインシュタインさんが、「第4次は石とこん棒・・」に近いLvにまで、一端文明が後退をしてもおかしくもない。

  19. 日本の名無しさん より:

    日本も無いわ現代の日本人はオカマ見たいな日本人ばかりだからな
    情け無い
    男らしい男が居なきゃ戦いにも成らない
    結局は兵器と兵が揃って始めて戦えるからな
    男が育つ土壌はアメリカにバラバラにされた。
    南鮮半島も虫鮮人民国も無いけどな

    1. 日本の名無しさん より:

      そんな単純頭では
      戦争には全く勝てんで

      1. 日本の名無しさん より:

        笑わせんな、そういうことじゃねえだろ?今の日本人が髪とか染めたりしてて普段の生活でもすぐ弱音吐くやつがいる今、日本人はあきらかだらしねえやつになったよ
        そう、71年前のあの戦争が終わったときから

  20. 日本の名無しさん より:

    戦争は嫌だな。でもやるからには絶対負けてはいけない。
    先の大戦で教えられた。

  21. 日本の名無しさん より:

    地球破壊しよう

  22. 日本の名無しさん より:

    日本は勝つとか勝たないとかの立場にない

  23. 日本の名無しさん より:

    負けなければ良しとすべし

    1. Allie より:

      Stay inoimratfve, San Diego, yeah boy!

      1. Carli より:

        Also, wenn ich’s dann mal so frei raus sagen darf: In dem o.g. Fall bevorzuge ich Fastfood. Außerdem erinnerte mich Herr Wählt K. immer schon an Pinocchio mit der Lügennase… was nicht ganz vom Tisch zu weisen ist. Sogar der Tisch passt zum Thema. Na, langsam verhasple ich mich dabei, es soll reichen mit der MeaÃgnusäunŸerung.LGBarbariPS: Mein Beileid zur B. Kost, welch ein Schicksal!

  24. 日本の名無しさん より:

    おぱいぴーや

  25. 日本の名無しさん より:

    今の大国に戦争できる経済力は無いし戦争を長期化させたら自国が滅ぶ
    例え勝っても自国が崩壊レベルで消耗で敗戦国の面倒見れずに共倒れ
    結果戦争に参加せず他国輸入に頼らない国が生き残る
    参加して勝つとしたら一番差後に参加した国米帝様のように

    1. 日本の名無しさん より:

      「米帝様」とか今の日本人はすっかり負け犬になっちまったな、マジで米国の思惑通りじゃねえか お前らは米国の属国で満足してんだな、悲しいわ

  26. 日本の名無しさん より:

    どこの国家じゃなくて多国籍に連なる大企業のシンジケートが勝利を納めると思うんだ
    その直後に宗教国家の乱立と冷戦が始まる

    1. 日本の名無しさん より:

      バカラ

  27. 日本の名無しさん より:

    巻き込まれなかった国が 勝者!

    1. 日本の名無しさん より:

      本当それ!

  28. 五年の終わり より:

    日本は、もう戦争しないんじゃ無かったんですか?

    1. 日本の名無しさん より:

      そういうのを「平和ボケ」っていうんだよ

  29. 五年の終わり より:

    1番平和な国が、勝利です。

  30. 五年の終わり より:

    っていうか、なんでそんなに戦争したがるの?            せ

    1. 日本の名無しさん より:

      もうかるからさ

  31. 五年の終わり より:

    戦争したら良いことが有るの?

  32. 五年の終わり より:

    現在は、地球温暖化とか、灯油がなくなるとか、戦争じゃなくて必要  なことが、たくさんあるでしょう。戦争など意味がありません。    大人の大きな喧嘩です。 イスラム国のデモとかもあるのに。     無駄にするのはもう、やめにしましょう。

    1. 日本の名無しさん より:

      バカかよオマエ?人によっちゃあ「地球」ってのは売りモンになるってことを覚えときな

  33. 五年の終わり より:

    でないと、地球から仕返しが来ます。

    1. 日本の名無しさん より:

      怖いよ

  34. 日本の名無しさん より:

    価値観の違いって大きいよな。

  35. 日本の名無しさん より:

    この話かなり以前から出てたけど・・
    オバマンがあれのおかげで意味無くISとかチナ国とか調子に乗ってしまったし、
    今じゃぷーちゃんは石油下落でお怒りですし、次期大統領は予測不能なレベルの
    カードの人だよwwwホント以前より増してWW3ヤバくなってるよね。

  36. 日本の名無しさん より:

    別に憲法9条をすばらしいと主張することが悪いとは言わない
    ただ綺麗事を現実にあてはめることに固執すると悲惨な結果になるのは共産主義国家の結果とEUの多文化主義の結果でわかるだろ?
    「話せば人はわかりあえる」も所詮はケースバイケースでしかないんだよ

  37. 日本の名無しさん より:

    戦争をしない国が最後の勝者。これだけ、コンピューター化が進み、人間の管理を強化した文明社会では富を失わないことが第1の条件。そのために、金融、保険、為替等の取り引きで最高レベルの科学、数学を用いる。戦争なんかもってのほか。
    金持ちは自分の財産を危うくする戦争、災害のリスクを少しでも減らすために金融数学やコンピューターに投資する。今度の戦争は、金持ちと貧乏の間の戦争となる。

    1. 日本の名無しさん より:

      国民の富より国家の富そのために戦争は起こるんだよ、金持ちがどうとか一人でやってろ

  38. 日本の名無しさん より:

    次のアメリカの大統領なんか怖いんですけど・・・

  39. 日本の名無しさん より:

    もう日本に対する工作は始まってんだよなぁ・・・

    1. Tory より:

      I am using MAC OS Snow Leopard and using Google Chrome Beta 6.2..70433 and I can not use keyboard to open new tab, new window, copy, paste or any tasks. Please check it out this issue. Thanks.

    2. Minnie より:

      I’m impressed! You’ve managed the almost imepbsislo.

      1. Latrice より:

        Na miña opinión este problema estase tomando un pouco á lixeira pois se lle está dando máis importancia á crise económica ca a algo que co paso do tempo pode acabar asolagando illas como as illas Fiyi,Seichelles incluso as Maldivas,que viven do turismo e no que tampouco se pensa é en que estas persoas nun futuro terán que mudarse a outras zonas do muFto.ninalmende se se razoa non só estas illas poden acabar así senón que a maioría e tamén zonas costeiras.

  40. デリンジャー より:

    すでにカウントダウンがはじまってる。戦争の資金元が同じ。何処の国が滅びようが元金利息で大儲け。人口も減らせる。核は使わせない。土地の利用価値が無くなるから。日本はアメリカの前に破綻。

  41. 永遠の暇人 より:

    第二次世界大戦で結構やばい事になってるんだから、第三次世界大戦って地球崩壊するんじゃね?

  42. 日本の名無しさん より:

    どうやったってそうなるシナリオならいっそのこととっとと終わってくれ

    1. Lisa より:

      With her success on the Moore show, Burnett finally rose to headliner status and appeared in the 1962 special Julie and Carol at Carnegie Hall, coart-rsing her friend Julie Andrews. The show was produced by Bob Banner, directed by Joe Hamilton, and written by Mike Nichols and Ken Welch.[8] Julie and Carol at Carnegie Hall won an Emmy Award for Outstanding Program Achievement in the Field of Music.

  43. 日本の名無しさん より:

    正義のアメリカ合衆国が味方になれば問題なし!

  44. 日本の名無しさん より:

    もし日本が戦争の被害を受けなくても結局は輸出入がうまくいかなくて飢餓地獄だな

  45. 日本の名無しさん より:

    アメリカとアメリカ人さえこの世からいなくなれば何でも良いわ
    ロシアでも中国でもどの国でもよいからアメリカを殲滅してくれ
    今の日本はアメリカの奴隷国家に成り下がってしまったから本気で悲しい

    穢れた白人ごときが生意気に生きてるこの世界が憎い
    穢れた白人ふぜいがアメリカやオーストラリアの原住民を虐殺した歴史は消えない
    アジア人が支配する世界になればと願うばかり
    大東亜共栄圏のようなアジア主義の本当の右翼が台頭することを心から願う。
    その頂点に日本が立つことを心から願う。
    再びアジアに栄光が訪れることを心から願う。

    1. 日本の名無しさん より:

      願うだけじゃ何も変わらん、今の日本人は情けねえやつばかり、これも米国の思惑通りだろうな、つくづくえげつない国だよ米国は

    2. Deon より:

      Mandy you card is so cute! I love the row of rolled flowers at the top! I enjoyed the pictures of your little boy too. He is such a cutie! Thanks for playing in Sqiguglefly's challenge!

  46. 日本の名無しさん より:

    チャンスかもよ?最後のな

  47. 日本の名無しさん より:

    日本は無しって選択肢はないのかな?

    1. Ella より:

      That’s a genuinely imesvsripe answer.

  48. 日本の名無しさん より:

    欧州、イスラム、露中日韓VSアメリカ
    になるだろうね

    でも、こうなったら米に勝ち目ないから狂ったみたいに核ミサイル撃ってくるだろう
    そうなったらもう人類滅亡まっしぐらだから絶対起こしてはいけない(戒)

  49. 日本の名無しさん より:

    強靭な精神力なんて日本人にはもう無いと思う。もう真面目でもないし我慢強くもないし、平和ボケもしてると思う。
    すぐ文句言うし、真面目に行動しないし。
    強い精神の兵士達なんて、日本にできるのかな、日本弱くなってそう(;´・ω・)
    けど国民としてはもし戦争が始まるなら勝ちたいっていうか勝つしかないっていうか…

  50. 日本の名無しさん より:

    きゅ、キュージョーを絶賛するより?
    ここで読むのやめたw
    さいならー
    やっぱ遺痛いねここ

  51. 日本の名無しさん より:

    まぁ今回も勝つのは朝鮮人が味方にならない側だろうね
    米国でさえ、韓国軍が参加してしまったベトナム戦争では
    敗退してるし
    そのまえは日本軍もそう、古くは元寇のときの中国も
    先陣を朝鮮人にやらせたら、見事なほどの大敗北
    とんでもない人数の捕虜まで日本側に捕獲され
    のちに交換&賠償で大金まで失った

    1. Charlotte より:

      Buen reportaje. Creo que la facultad es un lugar que está muy bien acondicionado para las personas diaaipscatcdas, la pena es el calvario que deben pasar hasta llegar a la facultad, aceras en mal estado, por no hablar del acceso al edificio nuevo de esta facultad.

  52. 日本の名無しさん より:

    マジでありうるかも?
    イギリスがEU離脱まで、あと2年・・・
    そうなったら世界中が混乱しまくり・・・
    マジであるかも!?

  53. 日本の名無しさん より:

    第三次世界大戦が起きる前に人工知能の暴走で人類はゼロになる。
    つまり、WW3は、人類vs人類ではなく、AIvs人類となるだろう。
    止めることは出来ない。ドライバー1本で、壊せるAIは脅威ではない。
    あらゆる手段を講じても破壊できないAIが脅威である。もう既にある。
    2030年と予想す。

  54. 日本の名無しさん より:

    正直、戦争って何が起こるか分からないよね笑っ

  55. 日本の名無しさん より:

    正直、技術の進歩と共に戦争が有ると思うんだ。だって、戦国時代も。剣や鉄砲とかの技術が上がってからだし、第一次、第二次世界大戦も銃や、戦車とかで技術が上がってからだし、今回も核の技術が上がったからだ。

  56. 日本の名無しさん より:

    リベラルが進む限り、兵士の命は高くなるし厭戦感情も強くなる
    そして移民が増えるほどリベラルも進むから、欧米はもう派手な戦争が
    できなくなるかもしれない

  57. アホらし より:

    人生一度きりなのに人間同士で争うなんて本当馬鹿みたい。

  58. 日本の名無しさん より:

    大穴とかダークホースとか…まるで人ごと

  59. 日本の名無しさん より:

    WW3が起これば、間違いなく映画の世界みたいだけど
    地球が砂漠化・異常気象・放射能汚染
    地球破滅のカウントダウンが始まる
    いっそのこと火星で一生暮らした方が安全だなw

    1. 日本の名無しさん より:

      うんうんw

  60. Egypt より:

    This is just the peerfct answer for all of us

  61. 日本の名無しさん より:

    9条ねぇ…自分が交通ルール守ってりゃ事故は起きませんってか?相手が突っ込んでくる事とかは考えてねーのな
    9条信者は自宅に平和憲法を守ろうって幟掲げとけよ、世の中の強盗や殺人鬼は9条信者のとこならガンガンに押し入って好き勝手やって良いから、罪にも問わないし裁判もさせない全力で擁護してやるよ

  62. 日本の名無しさん より:

    9条信者と基地外アメ公は死んでどうぞ

  63. R より:

    戦争なんて悲しいだけだよな

    結果罪のない子供や様々な人が巻き込まれて死んでくのって切ないって言うより同じ人間として愚かだと思うわ

    第三次世界大戦が勃発したら過去の失敗から何も学んでない何よりの証拠だわな

  64. american より:

    We don’t want to have WW3.

  65. 日本の名無しさん より:

    島国としての強味があるのはイギリスより日本だろ

  66. 日本の名無しさん より:

    差別、直感、偏見的な殺戮が、今後頻繁に起こる…世界中で

  67. 日本の名無しさん より:

    我々日本が戦争に負けるはずがない!
    もう一度大日本帝国を復活させるべきだ!
    我々はアジアで最強の国なのだから

  68. 日本の名無しさん より:

    痛いコメントばっかりだね。

  69. 日本の名無しさん より:

    核保有国同士って、お互いの核にビビって直接的に戦争したことは1度もないから、仮に第三次世界大戦になったとしても絶対に直接的に戦わず、ベトナム戦争や朝鮮戦争みたいな間接的な代理戦争しかやらないでしょ。

    裏で糸を引く宗主国は敗戦しても生き残り、代理戦争の手先にされた国だけが戦争責任と負債を負わされ損するだけ。
    勝てば勝ったで手柄は宗主国の物に。

  70. 日本の名無しさん より:

    どうせ死ぬから自爆テロくらいやりたい

  71. 日本の名無しさん より:

    第3次世界大戦が勃発すれば、それだけで人類が存亡の危機に陥る。何故なら、地球上の核兵器を全て使えば、人類を滅ぼしてもまだ余りがあるからだ。
    核兵器の中でも中国の「東風41」は1基だけで数千万人殺害可能との事。そんな核兵器が何千、何万もあるとなれば…

コメントを残す

キャラクター紹介