お金の学校

  1. >
  2. 海外の反応イタリアの世界遺産を守れ!でも金がない??

イタリアの世界遺産を守れ!でも金がない??

2014/11/19
このエントリーをはてなブックマークに追加


イタリアを思い浮かべると、次々と浮かんで来る世界遺産。コロッセオにピサの斜塔、トレビの泉。上げればきりがない程である。街中にこんなに世界遺産に溢れているから、住んでみたい!と思うけれど、現実は実は違うみたいだ。

というのも、イタリア中の世界遺産が危機にさらされているのである。破損が目立ち、落書きされ、テレビで映されている映像が、奇麗な場所だけを映したワンカットに過ぎないそうだ。

事実イタリアに住んでいる友人から聞いた話、世界遺産があろうが無かろうが、町中はゴミや落書きだらけで、酷い所じゃ犬の糞がいっぱい。しかもそれは街中が世界遺産で指定されている地域でも同様である!なんて事を言ってた。

行った事が無いから想像つかないが、なんとも残念な話である。

おまけに今イタリアは、若者が就職難に嘆く程、経済的に困窮しているのである。

本当は世界遺産で溢れて誇れるイタリアの街だけれど、景観はすっかり汚された。おまけに修復する十分なお金もない。八方ふさがりな状況である。

そんな世界遺産改修に向けた、イタリアの今を紹介したいと思う。

問題山積みです。みんなの世界遺産

そんなイタリアの中でも一番頭を抱えているのが水の都・ベネチアだったりする。この街で有名な、ため息橋やドゥッカーレ宮殿等に必要な修繕費用は、数年で28億ユーロを超える金額が必要とされている。

ナポリ近郊の古代都市ポンペイもなかなかの被害に遭っている。幾つかの壁は倒壊しており、壁画も崩れている。最悪な事に、数年前にフレスコ画が盗まれている。

まだ救われている話だと、あのトレビの泉を改装工事を行っており、水が空っぽになっているというエピソードだ。現在はトレビの泉に工事用の足場が組まれているが、わざわざ見に来た観光客250000人は、その残念な姿しか拝めなかったという。

私たちが知っている有名な世界遺産はどこらかしこも問題を抱えているみたいだ。

民間や企業から取り組む保全

イタリア政府から助成される予算は本当に微々たるものである。故に、個人や企業が基金を募って保全を取り組んでいるのが現状である。

例えばベネチアでは、人気ブランドDIESELの創業者レンゾ・ロッゾ氏が500万ユーロをリアトロ橋に提供したり、先ほどお話ししたトレビの泉の改修に投資したのも、同じく有名なファッションブランドFENDIである。

また日本の企業も参加しており、海外のファッションブランドのバイヤー事業を行う八木通商株式会社の社長である八木雄三氏は、ガイウス・ケスティウスのピラミッドへの改修費用を援助した。

専門家は世界遺産を取り巻く環境について、「イタリア政府が保全に対する見解がなかなか定まらず、先行きが不透明である。」とコメントしていた。

なんだか衝撃的な話ばかりだが、これがイタリアの現実である。

海外の声はいかがだろう?一部コメントを抜粋して紹介したいと思う。

【参考URL】http://www.spiegel.de/reise/staedte/italien-sucht-sponsoren-fuer-erhalt-des-kulturerbes-a-993941.html#js-article-comments-box-pager

この記事に対する海外の反応

優先順位がどのように設定されているのであろう?同情するよ。

世界遺産を保全する為に企業を誘って、投資の代わりにプラカートで宣伝しちゃうもんな。

コロシアムでグーグルのロゴが貼ってあるのをみたな。

街中に援助した会社の広告だらけだもんな。

まあガイドブックと実際の景色が違うのは当然だ。

ローマは完全に車を無くすべき!そうすればもっともっと素敵に!

ドイツは70年前に、ほとんどの世界的に貴重な建造物がぶっ壊されてしまったから。羨ましい話だな。

たしかドイツは州立美術館などの収益は、歴史的建造物などの貴重なものに投資しているんだよね。

広告看板があると、やっぱり残念に感じてしまうんだよな。

お金ではなく、ノウハウがあり意志をもった人が回復の為に必要なのだ。

でもイタリアはこれに費やしているお金があったら、使わなければ行けない所いっぱいあるからね。

どっかの観光地、たしかコカコーラ社のものにならなかったっけ?

これは政府に仕組まれた民営化計画なんじゃない?

イタリアは今、世界遺産でしか金を稼げないからな。

だれもゴミ問題を処理出来ないでいるんだよね?何を期待する。

私たちは正当に文化遺産を受け継ぐ権利があるんだよ。

EUのためになるのかな?

ローマを含めこれはみんなヨーロッパの財産である。

ヨーロッパ文化を守る為にも必要な経費だけど、EUを沈ませかねない要素もあるよね。

この国でのマフィアはどうなんだ?寄付は呼びかけているのか?

アメリカはモダンな美術館に費やすお金がある。

イタリアは古代の遺産がいっぱいだけど、それを守る術が無い。

よりよく管理される必要があるよな!何百万人と訪れる場所だから。

まとめ

イタリア文化はヨーロッパ全体の文化だから人ごとじゃない、という意見に拍手を送りたくなった。

世界の人達を魅了する、人間の英知の結晶とロマンを感じる事ができるヨーロッパの遺産を国を超えて、自分達共通のモノと考えている人がいる事実は感動的だ。

必ずしもその国にある世界遺産が、その国の民族と直接関わりがある背景であるとは限らない程、国ごとではなく地域全体で作られた歴史だからこそ、こういう人が増えて行って欲しいな。

コメントにもあったが、融資した企業の中には、交換条件で世界遺産の土地に広告を貼ったり、企業のイメージで世界遺産の画像や映像を用いる事ができるそう。だから余計、現地では企業のロゴが目立って見えるんだとか。

政府の力だけではどうしようも出来ないからこそ、企業の力で保全をしていく傾向がはっきりとわかるため、遺産保全を民営化したんだ!みたいなコメントが書き込まれたのだろう。

富士山がノミネートされたりと、日本も世界遺産は数多くあるけど、このまま景気が悪化すればイタリアみたいなことになりかねないかも。

登山家の野口健さんのように自主的に守っている人は日本にもいるが、私を含めた一般の人達はそんなことはどうしても考える機会がないのだ。

世界遺産はほっといても綺麗な姿をとどめると思ったら、大間違いだなと思わされた。

トレビの泉の水がないなんて…!その時期に観光に行っていたとしたらとてもショッキングだ。しかし企業のロゴが目立ってしまう光景は寂しいものだね…。日本の京都みたいに、景観の保護に徹してほしいところだ。世界的にも有名で価値のある遺産だからこそ、どうにかいい方向にむかってほしいところだね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. n より:

    人手は余ってるのに、掃除する人が居ない…? なんじゃそりゃ

  2. 麻布十番 より:

    イタリアは日本の未来形
    笑い事じゃない

  3. 日本の名無しさん より:

    あー、イタリアって、統計数字に現れる表の経済市場よりも、まともに税金納めてない裏のアンダーグラウンド経済市場が2倍以上の規模があるって言う世界でも特異な国だからw
    表面上の失業率が高いっても、数字の上では失業者でも実質的にはアンダーグラウンド市場に吸収されてる人がけっこうな割合でいるから、統計数字見て経済学者が言ってるほど悲惨でもないんよ。

    それも政府主導でやろうとしてるから金なくてできないって事態になるだけで、イタリアンマフィアとかアンダーグラウンドのみなさんを洗脳して景観保護へ乗りださせれば一気に問題解決するかと。そんなことできるかどうかわからんけどw

  4.      より:

    バブル期は日本の企業がだいぶ改修してあげてたみたいだけど、日本も今金ないしね。
    それに東南アジアなんかは日本のお金で作ったものに感謝してくれるけど、ヨーロッパは
    「させてあげた」みたいなかんじだから金あってももういいやってかんじだな。

  5. hoge より:

    イタリアの美術品工芸品を海外で展示して、儲けを遺産保護にあてていく。
    日本の美術品をイタリアで公開して売り上げをイタリアに寄付する。
    美術展の儲けを私企業や一美術館にやるのでなく、公的な目的に使うよう改める。

  6. 日本の名無しさん より:

    そもそも主さん、世界遺産に対する知識なさすぎ。
    まず、トレヴィの泉は世界遺産ではないからw
    無知なバラエティ番組やツアーガイドなどの知ったかぶりを真に受けては駄目よ。
    同じくローマ歴史地区においてはよく世界遺産と勘違いされるスペイン広場も世界遺産ではない。
    真実の口なんかもってのほかで、あれを世界遺産として紹介しているブログを見たときはシラケたね。
    動産だし単なるマンホールの蓋だし。

  7. 日本の名無しさん より:

    世界共通のユネスコの世界遺産とひとつの国が定めた文化財はまた違う。
    簡単に言ってしまえばトレヴィの泉は県大会、フォロ・ロマーノやコロッセオなんかはインターハイってこと。
    さしずめノイシュヴァンシュタイン城あたりだと市内大会にすら出場させてもらえないレベルだけど。

  8. Edwardjam より:

    No inГ­cio da dГ©cada de 80, o guitarrista Ross deixa a banda temporariamente para ingressar no Manowar, sendo substituГ­do por Andrew Duck McDonald, que simultaneamente passou a tocar com o Blue Cheer, durante sua turnГЄ em meados da dГ©cada de 80.
    A new book called It s Basic Income has a contribution from Brian.
    Rock art is still very relevant to Aboriginal people and in many cases it shows cultural objects and activities that are still used and performed to this day.
    http://gukswordcasternador.info/320kbps/eyes-in-the-mirror-various-body-section.php Jackie Wilson Count Basie.
    Ramsey not planning January exit.
    Is it OK for me to tell him different ways to masturbate and what girls like kissing, touching, poetry, etc.

  9. The best sites http://money-academy.jp Shaneglony より:

    The best sites http://money-academy.jp

コメントを残す