海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応新20ドル札に黒人女性を起用!?アメリカの深刻な黒人差別の良策となるか

新20ドル札に黒人女性を起用!?アメリカの深刻な黒人差別の良策となるか

2016/12/02
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_306130409

銃社会のアメリカでは、年間3万人が銃による暴力で死亡しています。この数値は、銃の所持を認めている先進国の中ではずば抜けて高い死亡率です。

これを証明するかのように、オバマ大統領が2008年に大統領に就任してから、大きな銃乱射事件は毎年のように起きています。

銃規制を支持する団体「バージニア公共安全センター」より、驚くべき統計が発表されています。

これによると、アメリカ独立戦争(1775年~1783年)から2014年12月までに、戦争などの武力紛争で命を落としたアメリカ人は120万人。一方で、銃による死亡者数が確認できる1968年から2014年の間、アメリカ国内で銃により死亡した人の数は150万人以上。

つまり戦争で亡くなった人よりも、アメリカ国内で銃で死亡した人の方が多かったのです。

そんなアメリカ社会に疑問を持ち続けているのが、もうすぐ任期が終わってしまうオバマ大統領。今年1月には、銃規制になかなか動じないアメリカ国民に向けて、涙ながらに銃の規制強化の重要性を訴えています。

やられたらやり返す!白人警察官と黒人の終わらぬ対立

そしてここ最近頻繁に起こるようになったのが、白人警察官による黒人への射殺事件に怒りを覚えた黒人による、警察への報復射殺事件です。

今年7月には、黒人グループが警察に向けて銃を発砲し、5人の警官が命を落とす事件が発生しています。これもやはり、テキサス州で起きた白人警官が黒人男性を射殺した事件への報復が動機でした。

今年に入って既に123人の黒人が警察官に射殺されています。警察側は、銃を公共の場に許可なしで持ち歩く事の出来る社会に疑問を投げかけ、銃の存在自体が警察官の判断能力を衰えさせる、と主張しています。

深い人種差別の溝を埋めるために・・・国が発表した対策とは

黒人対白人、という銃殺事件が目立つようになったアメリカ。これはアメリカに根強く残る人種間の対立が浮き彫りとなり、アメリカ社会の複雑さをアメリカ人自身が再確認する機会にもなっています。

そんな深まる人種間の溝を埋める為なのか、今年の4月に、新しい米20ドル札の表面を飾る人物が、現在の第7代ジャクソン大統領に代わって、黒人女性「ハリエット・タブマン」に差し替えられる事が発表されていたのです。

黒人の救世主・ダブマン氏

ダブマン氏は奴隷として生まれました。その後、彼女の所有主から逃亡し、奴隷解放運動家として活躍した、非常に勇敢な黒人女性です。

そして皮肉にも現在の米20ドル札の表面を飾っているジャクソン大統領は、自らが数百人の奴隷を所有していた白人男性でした。

ジャクソン大統領は、アメリカでは英雄として絶大な人気を誇っている歴史的人物で、アメリカの高校の教科書では、彼の功績が大絶賛されているのだそうです。

しかし、ここ最近はジャクソン大統領に対する見解が変わってきており、フロリダ州にあるジャクソン大統領の銅像には、「黒人の命は大切だ」と書かれた上に、銅像の顔には先住民の仮面が被されているのが発見されています。

米国人歴史家のハワード・ジン氏は、アメリカはジャクソン大統領の奴隷所有者で先住民の虐殺者、という残忍な人間性を覆い隠すために、開拓精神旺盛の民主主義者として、わざと過剰評価してきたと指摘しています。

今回の新しい20ドル札は結局、英雄であったはずのジャクソン大統領(白人・奴隷支持者)から、自由を得たタブマン氏(黒人・奴隷解放者)が再び権利を勝ち取った形となってしまいました。

この記事の海外に対する反応

札の表紙を差し替えるのにいくらお金が掛かるの?アメリカ政府は借金抱えてるんだから、今のままでも別に良いんじゃない?

ジャクソン大統領は確かに悪い事をしたけど、タブマン氏より遥かに偉業を成し遂げてると思うけど。

ジャクソン大統領は、アメリカの為に良い事をしたけど、人類には最悪な事をした人だったよね。

今のアメリカを反映した判断だと思うけど。

アメリカ政府もたまには正しい判断をするんだね。

タブマンも銃を持って戦った人だよね・・・。

トランプ氏は恐らく反対だろうね。

アメリカ人がやっと奴隷制度に目を向ける時が来たって事。

新しい20ドル札には女性が起用されるとは聞いてたけど、黒人女性とわね。びっくりした~!

ハリエット氏がアメリカの教科書に登場するのに、更に後何年かかるんだろう?

アメリカ札って何か意味があるよね。ユーロ札なんてただの紙だよ。

100年後には、20ドル札がドナルド・トランプにすり替えられてたりして。

政治的に利用しているだけの様な気がするけど・・・。

これを機に、彼女について多くの人が学んで欲しい。

新しい20ドル札は、女性なら誰でも良かったんでしょ?

マリリン・モンローにすればよかったのに!

多くの白人がこの決断に腹を立ててると聞いたけど。

これで人種の溝が益々広がるのでは?

肌が白いって、そんなに良い事なの?

こういう挑戦なら、アメリカ政府を100%サポートするよ。

反発する団体。本当に黒人女性のドル札は実現するのか?

新しい20ドル札の最終デザインの発表は2020年で、偶然にもこの年は女性に参政権が認められてから100周年を迎える年でもあります。

この決定を受け、即座にツイッターで支持を表明したのは、民主党のヒラリー・クリントン氏とバーニー・サンダース氏でした。

しかしその一方今回の発表に不満を表明したのが、皮肉にも黒人奴隷制度に反対して形成されたはずの共和党員達でした。

ドナルド・トランプ氏は「ジャクソン大統領は偉大な功績を遺した人物で、紙幣から取り除くのは乱暴な事であり、ダブマン氏はあまり使用されない2ドル札に起用すべきだ」と述べています。

そしてスティーブ・キング共和党員は、今後は財務省が紙幣やコインのデザインを変更できなくする案まで提出しています。

キング氏曰く、「女性だから、或いは有色人種だから採用すると言うのは、逆に性差別主義者及び人種差別主義者的な考え方である」と主張しています。

アメリカで物議を交わしている新20ドル札。しかし、実際に新札が流通されるのは早くても2030年。大統領が変われば、勿論政策も変わる可能性は十分にあります。タブマン氏が描かれた20ドル札がお目見えする日は、本当に来るのでしょうか?

【参考URL】http://www.bbc.co.uk/news/business-36099791

せっかく使うお金なら、美しいレディが微笑んでいるドル札がいいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    すべての黒人をアフリカに送り返せ

  2. 日本の名無しさん より:

    悪貨は良貨を駆逐する

  3. 日本の名無しさん より:

    警察官に占める黒人警察官の割合が変わらない限り、中身のない平等アピールだろ。
    応募が少ないのか、採用担当が差別的なのか、採用基準に達してないのかは知らないが。

  4. 日本の名無しさん より:

    やればやるほど反感を買う。

  5. 日本の名無しさん より:

    TVドラマのレギュラーには必ず黒人を一人出しましょうの次は、必ず紙幣に一人黒人を入れましょうって?
    そんな事を義務としてやってる内は、絶対に民族融和なぞあり得ない
    そもそも筋を通すなら、ネイティヴへの方が先だろ

  6. 日本の名無しさん より:

    ※1
    それを本当にやって、アフリカでも有数の不幸な国になったのがリベリア。
    だったらアメリカは広いんだし、州の2つか3つやって黒人の国にすればいいだろうw

  7. 日本の名無しさん より:

    コレが実現したら、米国史上初めて大統領職を経験しない人物を紙幣の肖像に使うと云うことになりそうだが、ホントにイイのか ?

  8. 日本の名無しさん より:

    別にいいだろ
    日本にいて人種間の対立なんて分かるわけではないしとやかく口を挟むべきではない
    実際問題白人は有色人種を見下してるからな
    黒人も凶暴
    両方ともおかしいから

  9. 日本の名無しさん より:

    無理やりそういう事するから余計に腹立つんじゃないの?

  10. 日本の名無しさん より:

    >>8
    別に良くない奴がいるか?
    記事の感想書いてるだけで誰も口出ししてないし。

  11. 日本の名無しさん より:

    俺はそれに対して自分の意見を言ったまでだが

コメントを残す

キャラクター紹介