海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応寄付金を洋服に使ったシングルマザー。全米の非難轟々!

寄付金を洋服に使ったシングルマザー。全米の非難轟々!

2015/02/20
このエントリーをはてなブックマークに追加


みなさんはShanesha Taylorを覚えているでしょうか。

彼女は3月20日、仕事の面接に行っている45分間、車に2人の幼い子どもを置いていった罪で逮捕されました。その時、彼女の涙を流す写真を見た多くの人から寄付が集まり、合計114,000ドルを手にしたのです。

集まった寄付金はどうなったの…?

幼い子どもを抱えたシングルマザーを助けるために…と善意で集まったお金はどのように使われたのでしょうか。子どもたちの教育費?それとも生活費?答えは「ブランドの服」です。

今、彼女はアメリカで一番非難されているシングルマザーではないでしょうか。

Taylorを監視、サポートする役目のMaupinは言います。

「彼女のために多くの仕事の面接を用意した。子どもの将来のための国債信託も勧めたし、二度と薬に手を出さないように指導もした。でも、彼女はちっとも耳を貸さなかった。」

「彼女は面接にも行かなかったし、電話さえしなかった。」

ある日、ブランドもののジーンズを履いた彼女を見て、Maupinは尋ねました。

「寄付でもらったお金をどうしたの?」

「全部使っちゃったわ。」とTaylorは答えました。

「彼女はブランドの服を買って、おまけに子どもの父親のスタジオ代のために使ってしまったんだ。彼はラップ・ミュージックをしていて、貸しスタジオ代が必要だったんだ。」とMaupinは言います。

「びっくりしたよ。しかも彼はいままで全然連絡さえなく、すっかり疎遠だったのに…きっと寄付金が目当てで帰ってきたにちがいないんだ。」

「彼女には本当にがっかりだよ。失望した。国中の善意を踏みじらないでほしい。他にも助けが必要な人がいるんだから!」とMaupinは言います。

裁判所で検事は寄付を無効とし、Taylorには支払い義務があるとしました。一方、彼女に寄付をした人は返金を請求しています。彼女の私立弁護士は担当を外れました。

彼女は既に公選弁護人の手配を済ませ、12月10日に裁判を控えています。

【参照URL】http://fox6now.com/2014/11/18/the-money-is-gone-teary-mugshot-drew-114k-in-donations-but-prosecutors-have-taken-back-their-deal/
http://www.reddit.com/r/news/comments/2myfb6/woman_who_received_over_100k_in_donations_after/

この記事に対する海外の反応

なんて最低で、身勝手なんだろう…

子どもが犠牲になるなんて、悲しいよ…

貧乏な人に突然114,000ドルが現金で手に入ったら、世界が変わっちゃうんだろうね。

↑僕は貧乏じゃないけど、それでも突然114,000ドル手に入ったら、てんぱっちゃうよ。

宝くじがあたって大金が手に入る人も結構道をあやまるよね。その後ものすごい借金を背負うんだ。大金をどう扱っていいか分からないんだ。

そもそも、どうして人々は車に2人の息子を置き去りにするような人に寄付をしたのだろう…。この行為は彼女を助けることなのか…?

純粋に助けが必要な人がいた時に誰も目もくれないような、ばかげたことが起こりそうな気がする。

子どもは死んでいたかもしれないんだよ。彼女は母親の資格なんてないよ。お金が解決法だなんて思ったのかな。

彼女はそのラップ男が出世して、金持ちになれると思ったんじゃないかな。

どっちが愚かかな…?この女性とこの女性に寄付をした人々と…

↑寄付した人かな。もし寄付金がなかったら、この女性は面接に行ってたんじゃないかな。

寄付の場合は税金は払わなくてもいいの?

↑いいんだよ。プレゼントだから。

これは貧困層によくある現象だよ。お金についての判断がひどいんだ。だから僕はかれらにお金をあげないで、物をあげる。

彼女に10、000ドルあげる代わりに洋服のためにショップカードをあげるべきだし、子どものために信託財産を組んであげるべきだったんだよ。

わたしの母は、貧困エリアの小学校の保健室の先生だった。数年前、生徒の一人が糖尿病だったんだ。保健室は唯一彼がインシュリンをもらえるところだったんだ。秘密だけどね。

彼の家族は冷蔵庫もなかったんだ。紛争地区みたいなところから来るんだよ。よくぐれなかったよ。

先生たちはカンパをして、彼に冷蔵庫を買ってあげたんだ。彼の家族はそれを売って、ディズニーランドに行ったよ。

彼らは5年間冷蔵庫がなくてもやってこれた。でも、ディズニーランドに行けるチャンスはこの先決してない。彼らは子どもたちに特別なことをしてあげたかったんだ。

貧困を理解することはこういう心理を理解するってことなんだ。単純な同情は彼らを助けない。

”お金の使い方がひどい”ということと”子どもを危険なめにあわせて、刑務所に行く”ってことは同じじゃないよ。

これは彼女が貧乏だからじゃないんだ。だから、彼女は貧乏なんだ。貧乏を冒涜しているよ。

仮に貧困層の人たちが宝くじかなにかで大金を手に入れたとする。果たして彼らは賢くお金を使うことができるだろうか…?

彼女に経済のことでも生活のことでもきちんとアドバイスした人がいたのだろうか…?”面接に行って、スタッフになれよ!じゃ、さよなら!”こんな感じだったら…?

わたしは彼女を責めない。責められるべきは彼女を助けようとしたばかな人たちだ。貧困層の人たちは、突然与えられた現金をどう使っていいのか分からないんだ。だれかがもっと丁寧に指導しなきゃ!

↑できるんじゃないの?お金がない人が大切な物にお金を使ったり、一番必要な物に費やすことはできるはずよ。

わたしの両親だって文字通り貧困層に生まれ、ひどいうちに住み、寄付をもらえるようなチャンスに恵まれなかったけど、こんな恥ずかしいことはしなかったわ。

今彼らはある程度お金もあるし、そこそこのうちに住んでいるけど、貧乏だったころのことは忘れず、貯金しているわ。ただこの女性がばかだっただけよ。

彼女は母親とかいう以前の問題だね。一番なってはいけない例だ。

でも、悲しいことに彼女のような人はたくさんいる。自分の子どもを虐待するような…まだ、子どもが虐待されてもそれを見過ごすような社会であり、法のシステムなんだ。

どうかこういう人は子どもを持ちませんように。

ブランドの服を買わないで、彼女の代わりに子どもを育ててくれる人を探して、その人にお金を渡してほしい。彼女にとって子どもが大切ではないから。

人種、国籍、財政状況に関わらず、子どもは親にとって1番優先しなきゃならないことであるべきなんだ。

本当に頭に来るわ。

わたしだって4人の子どもがいて、去年の2月に会社が倒産して、失業したわ。

2ヶ月後に面接に行くとき車が壊れて、何もかもうまくいかないわ。いまだに小さな2人の子どもを連れて、仕事を歩いて探しているし…わたしには選択がないからよ!

もし114、000ドルあったら、車を買って、家賃を払って、子どもたちのために貯金するわ。裁判所は彼女に甘いのよ。彼女は自分の子どもを危険なめにあわせて、チャンスを棒にふったのよ。

みんなから寄付金が集まるような幸運はめったにないのよ、世界中に塩をまいたようなものよ。母親の価値なんてないわ。シングルマザーは毎日子どものために生きていくのに必死なのよ。恥を知ってほしいわ。

↑100%賛成よ。

わたしも2人の子どもがいるシングルマザーだけど、わたしも全く同じことをするわ。だってわたしたちは親として責任があるのよ。こんなに恵まれたチャンスを無駄にするなんて、ばかよ。

寄付って実は難しい…?

アメリカではホームレスにお金をあげないで、食べ物や他の物をあげるそうです。麻薬やお酒に使ってしまうから。また、ホームレスはもらった食べ物を食べない人が多いそうです。見知らぬ人からもらう食物を口にするのは危険だから…。

「人を助ける」って難しいですね。

記事内の母親の「ブランドの服にお金を使う」っていうのは言外ですが、個人的にはスレの中の「冷蔵庫を寄付してもらった両親が子どもたちに、一度でいいから楽しい夢を見させてあげたいという気持ちでディズニーランドに連れて行った」という話に考えさせられました。

人の価値観はそれぞれ違います。外から見たら、冷蔵庫がなくてかわいそうかもしれないけど、本人たちはもっと違うものを求めているのかもしれないですよね。寄付をするときに相手に使い道を強制することはできません。人が欲しいものはそれぞれ違うから…。

あちゃ~!あえてブランドの服買っちゃったのかよ~。しま◯らの服ならある程度は文句言われなかったかもだな(笑)好意が悲しい事件になっちゃうのはほんと見てて歯がゆいなぁ。ほんと、人を助けるって難しい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    身勝手だから子供を置いて行けるわけで
    どういう理由があろうと小さい子供を車の中に置いて行ける時点でまともじゃない
    そんなのに寄付した方が悪いわ

  2. 日本の名無しさん より:

    1万4千ドルかと思ったら11万ドルかよw
    そりゃ、変わるかもなw
    けど、一千万なんて簡単に無くなるぜ、すぐにどん底生活に逆戻りだな
    しかも、もう誰も助けてくれない
    一本の蜘蛛の糸を掴かんだけど、ブランド品を買い過ぎ、重量オーバーで切れて落下w

  3. 日本の名無しさん より:

    寄付という仕組みそのがそもそもおかしいと思わないのかね
    人を間に挟んでいる以上中取りは発生するし日本ユニセフ役員の給与みれば分かるだろう

  4. 日本の名無しさん より:

    日本だったらシングルマザーってだけで擁護する人多そう。非難される彼女を庇い(悲劇のヒロインに仕立て上げ)、非難する側に「ひとでなし」のレッテルをはって彼女の罪をうやむやにする人達。「シングルマザーの悲哀」を言い訳に利用する人達。

    ほんとうに彼女をのことを想う人がするのはきっと擁護じゃない。子供の扱いにも似てるけど、叱るより庇うほうが(自分は)気楽だよね。

  5. 日本の名無しさん より:

    お金を与えるという考え方がそもそも人を助ける方法として間違ってる
    お金を受け取った側はお金を他人から貰う事を学ぶだけ
    お金の稼ぎ方や使い方を学ぶ訳じゃない

  6. 日本の名無しさん より:

    勝手に寄付しておいて返せとか言ってるの?

  7. 日本の名無しさん より:

    日本のマンコはオボカタでさへ庇うからな
    同性に対しては甘甘よ

  8. 日本の名無しさん より:

    返せというのもおかしいがw寄付のやり方もまさに「丸投げ」w
    この女性もオ軽いけど、なんてなんてお粗末な。

    世の中そんなに単純なの?ちょっと役所いって相談するだけでもそりゃもう恥をかなぐり捨てて役人の同情を買っても、まだ事は運ばんよ?…やったことないけど。恥ずかしいから。

  9. 日本の名無しさん より:

    衣食住は生きるうえで必要なことだが、
    このダメ母、よりによってブランド服と別れた男に使ったのかいっ!!
    子供は大丈夫なんだろうか。

  10. 日本の名無しさん より:

    寄付した相手が自分の望む人間性を持っていなかったからって
    自分の判断で与えたものを返金請求ってのもどうなんだよ
    自己満足極まれりだな

  11. Isaias より:

    Really appreciate you sharing this article post.Thanks Again. Cool.

コメントを残す

キャラクター紹介