海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応日本だけじゃない!海外でも電気代で家計が圧迫…世界で一番電気代が高いのはどこ?

日本だけじゃない!海外でも電気代で家計が圧迫…世界で一番電気代が高いのはどこ?

2015/05/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_264189455

日本国内電力10社一斉値上げ!
このニュース(2015年3月30日)をみて、「今年は昨年夏以上のとんでもない電気代の請求が来るのか…」と眩暈がした人は大勢いるはず。

「日本ってもしかして世界一電気代の高い国なんじゃないか」と思ってしまいそうですが、意外(?)にもそうではありません。

世界の国、州、地域ごとランキングで見た場合、日本は9位。(2012年発表)

では「北欧?ドイツ辺りが一番高い電気代じゃないの」と思いませんか?

ところが、なんと…世界で一番電気代が高いのは大穴の南オーストラリアなのです!(2012年7月)

高額電気代ランキングにはオーストラリアが最多登場

The Energy Users Association of Australia(オーストラリア・エネルギー利用協会)は、2011年の家庭電気使用料金について92もの地域(35か国)で調査をとりました。

一番電気代が高額だったのは南オーストラリア、
2位はデンマーク
3位はドイツという結果が出ました。

お金5290-2
上記の表では確実な見込み分が含まれていないため、SA(南オーストラリア)が3位となっていますが、実際は栄えある(!)1位です。

南オーストラリアでは、キロワット時(kWh)あたり平均電力価格は28.6セント。
デンマークは31.4セント/ kWh
ドイツは28.7セント/ kWh

そしてなんと4位から6位もオーストラリアの州が占めており、
4位ニューサウスウェールズ州(NSW)、5位ビクトリア州(VIC)、6位西オーストラリア州(WA)

7位以下もオーストラリアの各地域の名が複数上がっています。

7位キプロス
8位ベルギー
9位日本
10位ノルウェー
11位タスマニア
12位クィーンズランド州(オーストラリア)
13位ノーザンテリトリー(オーストラリア)
14位ノルウェー
15位イギリス
16位オーストラリア首都特別地域
17位ニュージーランド
18位アイダホ(アメリカ)※最も安い地域

頼るエネルギーは他にもあるはず…!

南オーストラリアで電気代が著しく値上げをしだしたのは1999年。
この年にThe Electricity Trust of South Australia (ETSA)が民営化されました。

2007年以降は40%以上上昇。
その結果、年間の平均家庭電気代(2011年)は770オーストラリアドル(以下ドルで表記)、約70,830円でした。

南オーストラリアといえば、年中通して暖かく、太陽に恵まれた地域です。
太陽エネルギーをもっと有効活用をしてもよさそうなものなのですが…

一筋縄ではいかない電気代

shutterstock_141389794
ちなみに、純粋たる電力会社の正式請求金額によってこのランキングは算出されています。

どういうことかといいますと、国・地域によっては一言で「請求金額」と言っても色々あるわけでして…

私の経験ですと、エジプト在住時代は「外国人の一人暮らし」ということで目を付けられ、毎月かなりのボッタクリ金額を電気代集金係(各家庭をまわっている)に請求されていました。

分かっていなかった当初は「発電所が小さく停電が多いのに、日本より電気代がかかるんだなあ」と思っていました。

色々事情を知った後は電気代集金係が来る時には、予めエジプト人の大家(迫力のある巨漢オバチャン)を呼んで、金額についてつっこみをバシバシ入れて交渉してもらうようにしていました。

またインド時代は、近所の人に我が家の電気を盗まれたり、インド人の大家の家庭の分もこちらの電気使用料金に入れられたりしてたいへんでした。会社のインド人に間に入ってもらい随分苦労をしましたね…

間違いなく、世界中には他にもトリッキーな電気代の国や地域はあるでしょう。

とにかく電気代とは目に見えないものだが、電気は現代に生きる普通の人々には確実に必要なもの。
頼らざるを得ないのですが、とにかく高い!

電気代の高額ランキングに多くの州が登場してしまったオーストラリアの人々は、ネット上で様々な意見を述べています。

この記事の海外に対する反応

南オーストラリア在住で四人暮らし。贅沢なプールや高価なテレビ、または凄い電気製品は全然持っていないわ。

にもかかわらず、去年三か月で900ドル(約83,000円)以上の請求が来たの。私は大学に通う学生でありながら、子ども三人を育てるシングルマザーなの。

日々節約しているのに電気代に圧迫され苦しんでいるの。もうどうしていいんだが分からないわ…

南オーストラリアが一番高いんじゃないよ!僕はアメリカ領ヴァージン諸島に住んでいるんだけど、48セント/kWh。だからヴァージン諸島が世界一高額電気代の地域だよ!

自分の場合は気温が35度以上になっても扇風機しか付けないよ。それでもちゃんと眠れるよ。日中40度以上に上がると、木の陰に座って涼しんでいる。

冬は温めた料理をベッドの上に置いて寝どころを暖かくして眠りに入る。

このように工夫して電気代を節約しているおかげで、3か月分の請求は240ドル(約22,000円)ほどで済んでいるよ。

南オーストラリアは悪い意味で有名になったな。

民営化になった途端電気代が値上がりしだしたなんて、資本市場の悪い見本だと思うね。

高い電気代を払えないならば、ソーラーパネルを取り付ければいいんだ。でも金がかかるからお金持ちしかできない。皮肉な話だ。

電気の請求が来ても支払えない人々はもっと増えていくだろう。その時政府はどうするんだろうか。

電気代の問題の後は水道代の値上がり問題がやってくるでしょうね。

南オーストラリアってオーストラリア国内で最も貧しい州のひとつだよ。なのに電気代が世界一高い!一体全体どうなっちまっているんだ。

電気代がバカ高いおかげで、今では私たち家族は全然料理をしなくなったわ。電気を使わないで用意できるサラダとシリアルしか食べなくなった。

冬はエアコンの元をオフにして、家の中でも服を重ね着。手洗いの洗濯も食器洗いもお湯を使わず水ですましているわ。シャワーも週に3日しか浴びなくなった。

とにかく電気代を徹底的にケチったら3か月分の請求が今まで800ドル(約73,500円)だったのに、475ドル(約43,700円)まで下がった。工夫や努力はすべきだ。

我が家に届く電気代の請求書の入った封筒を見るとさ、上質な紙にカラフルな印刷がされた広告が必ず入っているわ。みんなの電気代が一体何に使われているか一目瞭然ね。

電気代ってかなりぼったくっているのに、でも世界中の電力会社はどのエネルギーよりも一番優れてメリットがあると洗脳してきているよね。

オーストラリアは石炭、天然ガス、ウランといった資源に恵まれているのに、僕たちは電気にこんなに高いお金を払わされている。

色々言いたいことは山ほどあるけど、とりあえず…去年自宅の屋根にソーラーパワーのアンテナを付けて本当に良かったと満足している。

風力発電についても真剣に検討すべきじゃないかしら。

ノルウェーに移ってきたんだけど、こっちでは電気代のみならず様々なことにとてもお金がかかる。

税金は34%だし、テレビ受信料金、車ライセンス代、石油代など途方もない金額で、ノルウェーでの生活はオーストラリアに住んでいた時より150%もお金がかかる。

電気代だけクローズアップするとオーストラリアは住みにくい国だという印象を受けるが、実際はそうじゃないってことだ。オーストラリアは鯨を殺していないしね。実はいい国だよ。

リッチな車を所有するのに大金がかかるのは分かるが、電気代が高額だというのは弱いものいじめだ。今こそ国民は立ち上がってストライキをおこすべきだ。

南オーストラリアでは電気代にかかわらずここ数年物価の値上げが激しいと思う。これならアメリカや中国、ドイツに住んだ方がよほど楽なんじゃないかなとさえ思う。

今こそDIYだ!自分でソーラーパワーのパネルとバッテリーを設置しよう!

そのうち庶民はろうそく生活を強いられるでしょうね。

【参考URL】http://www.adelaidenow.com.au/news/south-australia/power-prices-to-be-highest-in-the-world/story-e6frea83-1226305741810

日本に住んでて、そんなに高いと思ったことないけどなぁ?たしかにこの夏は暑くなるっていうし、冷房とかで電気代は心配だろうけどさぁ…。しかし世界では電気をめぐっていろんな攻防が起きてるな!筆者さんの話おもしろかったよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    オーストラリアの年収・諸物価と、日本の年収・諸物価を比較してごらんよ。
    騙されてはいけません、日本の電気代は高いのです。
    原発を造る費用とバラマキの補償費用は、火力発電を動かす以上に高いのです。

  2. 名無しさん より:

    価格以外の状況を考慮した数値で日本の生活費は世界一高いはず(税金、光熱費、エネルギー、移動代、食費、服、教育費、、、)
    だけど何も還元されてない
    財政の無駄も毎年何千億とあるし(特に外国人向け、道路や建設事業)少子化対策(地方移転、結婚、出産で現実的な給料アップや税制免除)に回せばいいのに

  3. 日本の名無しさん より:

    10年くらい前にオール電化勧められたけど、断ってよかったわw
    いまの電気代でオール電化だと月どのくらい払うことになるのやら

  4. 日本の名無しさん より:

    原発反対派は電気料金が上がる分、全部負担しろ

  5. 日本の名無しさん より:

    九電と東北電の管轄地域に住んでる人が羨ましい。
    自分は関電だけどそう思う。
    東電のエリアは地域自体が富裕だからなんとも思わん。
    九州は、JRも電力も良心的で羨ましい。
    外から見てる分にはそう思う。

  6. 日本の名無しさん より:

    原発を動かさないとそのうちにドイツみたいに電気代が高くなる。
    ドイツは選挙に勝つ為に原発反対の政策にした。
    その為にドイツは困ってる。

  7. 日本の名無しさん より:

    北海道は1Kwh=30円なんだが・・・36セントだね。
    早々に泊原発動かしてくれ!20%値上げだよ。
    電気足りなくて工場も動かせない。
    相変わらず放射悩の頭の悪いのが居るけど、時間軸を思考できない低脳だね
    既にある設備を有効利用すべきだろうに。あたらに作る訳じゃない!。
    電気は足りてると言うすり替えもいるけど、「節電要請」ってなに?

    日本がココまで円安になっているのも、無関係じゃないよ。
    電気代高騰の分まで含めて、円安にしないと海外での競争力を保てないから。
    さてお隣の国は何処までもつのかなww

  8.   より:

    日本は再生可能エネルギー(呆)のおかげでもっと高くなる
    それもこれも菅直人に取り入って高コストな買い取り料金を認めさせた孫正義のせい
    マスゴミはこの時もコストに付いては全く触れなかったからな
    日本人はもっと賢くなれよ
    いつまでマスゴミに騙され続けたら分かるんだ?

  9.   より:

    オーストラリアってバイトの最低時給が1500円ぐらいだったはず、人件費が高そう

  10. 日本の名無しさん より:

    オーストラリアは給与水準が高いから体感的には日本より電気代が安く感じるはず
    ドイツはエコロジーな民族だから、電気なんていらないでしょ

  11. 日本の名無しさん より:

    ドイツは専用税金の占める割合がすごく大きんですよね。 それでも、自由化で多様な選択範囲があって金額は結構差があってピンキリらしいです。
    日本の料金には、原発のバックエンド用積立と再処理機構への預託も含まれていますが、廃炉にかかる費用にはぜんぜん足りない金額で先般、将来2-3倍に値上ると言っていたのがこの廃炉分を加味したものです。

  12. ななしさん より:

    原発が答えだろな。
    有限で公害のある火力より、原発にして、廃炉の為の技術開発に投資するべきだ。

  13. 日本の名無しさん より:

    ノルウェーって豊富すぎる水力でほとんどの電力需要をまかなってるぐらいの上に
    石油やガスとかも輸出しているエネルギー大国なのに電気代高いのか

  14. 日本の名無しさん より:

    欧州勢は税金の分が高いんだよ
    ドイツは純粋な電気料金は為替の状況にもよるけど確か13~15セントぐらい
    日本は高いよ

コメントを残す

キャラクター紹介