海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応有名旅行口コミサイトが”偽コメントを掲載した罪”で50万ユーロの罰金刑!

有名旅行口コミサイトが”偽コメントを掲載した罪”で50万ユーロの罰金刑!

2015/03/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

お金4758

掲載されたあるホテルに対するコメント内容が不適切だとして、反トラスト局は2014年12月、世界的に有名な旅行口コミサイトであるトリップアドバイザーに対し、50万ユーロ(約6千880万円*)の罰金を課しました。

*:2015年1月20日現在の為替レートにより計算。1ユーロ=137.55円

イタリアのホテルへのコメントが発端

イタリアのあるホテル協会と消費者団体は、2014年秋頃、トリップアドバイザーに掲載されていたホテルに対するコメントが不適切、不透明であるとし、反トラスト局へ訴えを起こしていました。

その結果、当局は2011年から2014年12月までの経過を吟味、ホテル協会らの主張を支持する姿勢を取り、アメリカトリップアドバイザーとイタリアトリップアドバイザーへ責任を追及しました。

反トラストとは、自由競争を阻害する独占や取引制限などを禁止すること。

それを取り締まる反トラスト局は今回、イタリアのあるホテルに対するコメントの出所が不明確で情報に欠けるため信頼に値しないと判断し、このような処置を公式に発表しました。

標的となった大手口コミサイトの反応は

しかしながら、トリップアドバイザー側はこの発表に納得がいかず、再審議を要求するとのこと。

同社は訴えの成立した2014年12月某日から90日以内に、不適切な掲載情報と業務手順を廃止し、その由を当局に報告しなければならないことになっています。

自社の調べによると、トリップアドバイザーはアクセス数が毎月2億8千万回、そしてコメント数が1億7千万、ホテル・レストラン・アトラクションの総掲載件数が4百万という膨大な規模を誇っています。

世界44カ国において親しまれているサイトであるだけに、その情報の持つ影響力は計り知れないものがあります。

この一件に関して、イタリアの人々の間ではどのように思われているのでしょうか。ここでいくつかコメントを見てみましょう。

この記事の海外に対する反応

私は、いつも旅行へ行く時など、ホテルやアパートを参照するのにこのサイトを見ていきますが、今までに掲載されていたコメント内容はみな正しかったです。

信頼を置いていたのに、そんなことをして利用者を裏切って台無しにするなんて。

罰金ぐらいではそういう企業の姿勢というものは変わらないのではないか。

他の口コミサイトでは、証明されてもいない悪評コメントをサイトから除去するために、そのコメントを受けた経営者はお金を支払わなければならないらしい!

こういうサイトを作っている会社は、利用者たちが損得をしようが全く構わないんだよね。

自由とチャンスというものは、常に値の張るものである。

それでも、トリップアドバイザーとかそれに似た多くのサイトは、無いよりあるほうがいいよね。サービスを提供する側は、より良くしようと努力するわけだし。

僕は今までにたくさんコメントを掲載してきたけど、全て自分の経験だけを書いたよ。このサイトもよく利用して参考にするけれど、コメントの類はかなり信頼できるレベルだったと思う。

下手な情報雑誌よりも、こういうサイトのほうが役に立つことが多い。

ホテル協会の取った行動は、利用者に情報を保証するというよりは保身のためという感じだな。

利用者は良しも悪きも極端な意見を除いていけば、比較的満足のいくコメントをピックアップできるんじゃないかな。

実際、コメントの真偽を一つ一つチェックするなんて無理じゃない?

コメントは売買されているらしい。自分の客寄せのためにポジティブな内容のコメントを、そして競争相手にダメージを与えるためにネガティブな内容のコメントを買うとか…

隠すべきような事がある店がびくびくしてるんだよ。

↑ その通り。正直な店だったら悪評コメントで訴えを起こしたりしないよね。

コメントをよく読んでいると、同じ人が良い意見と悪い意見を載せてたりする。一発で偽コメントってわかるよ。

このサイトは完璧な物ではないけど、利用者の大きな助けになっていると思う。

↑ トリップアドバイザーに店の住所などを掲載するのに、1年間で600ユーロも払わなくちゃいけないって知ってる?れっきとした営利目的の企業で、私たちのコメントで儲けてるんだよ。

利用者の方が、トリップアドバイザーだけに信頼しきらずに、他の情報源も合わせて利用して行けばいいことじゃないかな。

他のオンラインストアのように、購買者だけがコメントを残せるようにしたらいいのでは?

何を信じて行動するか?

溢れる情報に囲まれている現代社会。その中から利用すべきものとそうでないものを選択していくのは、私たち自身なのです。

【参考URL】http://www.ilfattoquotidiano.it/2014/12/22/tripadvisor-sanzione-500mila-euro-dallantitrust-informazioni-ingannevoli/1290673/#
http://www.ilsole24ore.com/art/impresa-e-territori/2014-12-22/l-antitrust-bacchetta-tripadvisor-161015.shtml?uuid=ABQmsOUC

「あっこれ絶対業者のコメントじゃん^^;」っていうのあるよな~。たしかに微妙だった!とかアレはいいけどコレはアカンかった!みたいなめっちゃ正直なコメントばっかりなら助かるのにな!レビューってほんとどこまで信用していいのか自分でしっかり吟味しないとね…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    食べログとおなじだね。
    店の評価を金で買えるということだ

  2. 日本の名無しさん より:

    ココ含めまとめ的なアフィサイトにも同じ事言えるんだけどな…
    基本的に自分の体験か周囲の、本人からの情報しか信用してない
    食べログとか見てみた事あるけど
    営業日や時間、値段が知りたいのにそれが一番見辛くなってるし信頼性も薄い
    味覚や好みの違う他人の評価を鵜呑みにしてそれを基に出掛けるとか私はあり得んよ
    信頼の無い記事に責任を取らず、購読者を誘導していたなら
    罰を受けて当然だと思う
    口コミサイトとアフィの違いが有るとすれば
    アフィはバラエティー番組だから騙し・釣りありきだと
    始めから解って見てることかなぁ
    まあ、管理人さんもやりすぎて儲け吐き出さないようにね!

  3. 日本の名無しさん より:

    管理できないなら規模を縮小しろ

  4. 日本の名無しさん より:

    トリップアドバイザーは海外行く時に必ずチェックするサイトの1つやわ。
    どこに泊まろうか悩んだ時とか参考にしてる!
    でも、海外のホテルやのに日本人の口コミで“日本語が通じなかった!”って理由だけでマイナス評価してる人も居るから面白い。

  5. 日本の名無しさん より:

    あれ単なる宣伝サイトだからな。
    楽天とかも書き込み業者がいい加減ってホテルのオーナーが言ってたの聞いたことあるわ。

  6. 日本の名無しさん より:

    悪質企業に厳しい対応できるのは、正直うらやましいな
    日本の消費者庁は、食べログが問題おこしまくっても全くやる気ないし…

  7. Agatha より:

    Good ¡V I should certainly pronounce, impressed with your website. I had no trouble navigating through all tabs and related information ended up being truly easy to do to access. I recently found what I hoped for before you know it in the least. Quite unusual. Is likely to appreciate it for those who add forums or anything, website theme . a tones way for your customer to coumanicmte. Nice task..

コメントを残す

キャラクター紹介