海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応ドイツの医療の新しい試み!!

ドイツの医療の新しい試み!!

2015/02/14
このエントリーをはてなブックマークに追加


医療が進んでいる国として有名なドイツ。

私は今ドイツへ留学中で、語学学校に通っている。語学学校は毎月クラスが変わるので、1年通して多くの人と知り合える。

まあ喋れない頃は、お互いの話なんてなかなかできないし、「それイイネ!」「最高でしょ!」みたいな簡単な会話になっちゃうけど、言葉を覚えるに連れてだんだんと会話の内容が充実してきて面白い。

特に私立の語学学校は、ドイツで働く為に来ている人達を中心に授業を行っているから、いろんなエキスパートと知り合える。

多い職種は、美術・音楽のアーティスト、翻訳者、そして医療。

看護士や薬剤師、医者といった医療の分野で働いている人と知り合う確立は非常に多い。この分野に関しては完全に門外漢だが、非常にドイツの医療が優れている事と働き口が多い事を伺い知る事が出来る。

とくに授業で行われるプレゼン練習の時なんかは、医療をテーマにしたものを聞く機会が多く、途中までわかってるけど、段々知らない単語が連発してきて、何言ってるのかさっぱり分からなくなってしまう・・・みたいな事が最初は頻発していたな 笑

多くの人は自分の国での働き口が無いからという理由だったり、こっちの大学で博士号を取りたいという理由でドイツに来ている。

かすかな知識だと、ドイツは世界で最初の社会医療保険制度を取り入れた国だったなとか、医者の業務の負担を分担する目的で、家庭医が存在するといった、日本以上に役割分担がきちんとされているイメージだ。

そんな構造がしっかりしているドイツの医療だが、この度大きな改革が行われるそうだ。というのも、品質が劣っている病院は治療手当やベット等の設備を削減していく方針を発表。

一体どういったものだろうか?私が読んだニュースをもとに紹介したいと思う。

ドイツの医療

基本的にはドイツでは健康保険に加入していれば無料である(数ヶ月に一度診療費で約1500円程払う必要がある)。また、基本は処方箋の額も10ユーロ以内の支払いと決められていたり、入院費も年間300ユーロを超えないとされている。

また病名によっては自己負担になるものが有るが、医師からの許可があれば、治療プログラムや器具の援助を得られる事が出来る。加入している保険の内容によって、先程述べた金額や保証等のカバー出来る範囲が異なるが、患者に易しい医療制度といえる。

改革

そんなドイツでは、国家と州で新しい政策の意見が一致した。将来、国から病院へ多くの手当が支払われる様になる事。また、手術の品質、患者への介護が良くない部分が目立つ病院にたいしては、少ない金額が支払われる様になる。

また不必要な患者用のベットの削減、介護スタッフの人員が補強されるという点だ。

良い医療を行う病院にはさらに国からの補償を与えるべきだと、厚生大臣は語る。このドイツの医療改革に対して、保険基金からは10億ユーロ(約1500億円)を超える額が用意されるそうだ。

3年後にはこの効果に対する調査が行われ、更なる投資の有無が検討される。

大きな目的として、品質向上とチェックの為に、将来は病院は全てを請け負うのではなく、個々に専門化し、それぞれの分野でより良い成果をもたらすよう取り組んでいく事だ。

またいま問題となっている患者に必要以上にオペが発生している現象を食い止める為に、品質調査を行いこれらを取り除いていく事も計画の一環として行われる。

これによって患者はオペの準備段階で、どの病院が適切な医療を行ってくれるかのイメージを持ち、知る事が出来る様になる。

介護スタッフ

またそれに加えて、援助計画の範囲内で、6万人を超える人を介護スタッフの労働力として、病院で養成、雇用される。多くの世話を必要する人が増えると予想される為、そういった人達の為に人材補強される。

このプロジェクトには、6億6千万ユーロの投資が今後3年間の為に行われる。

このプロジェクトを通して、新しい雇用を生み出す事ができる。また少ないオペ、少ない病院、そして素晴らしいクオリティーを実現させるそうだ。

とても大胆なプロジェクトのように感じた。この記事を読んで海外の人はどのような感想を持ったのか気になる所。一部コメントを紹介したいと思う。

【参考URL】http://www.spiegel.de/wirtschaft/soziales/klinikreform-bund-und-laender-einigen-sich-auf-bezahlung-nach-erfolg-a-1006908.html#js-article-comments-box-pager

この記事に対する海外の反応

私は病院の品質を図る事が出来るシステムなんて存在しないと思うよ

悪い品質のオペは、健康保険から来るオペの補償が低いから何じゃないかな

結果だけでは、全てのものは図る事は出来ないんじゃないかな?

これから高齢者が増えるのに、病院へって大丈夫なのかな

どのように病院を測定しろというのだ!

オンラインでランキングされるのかな?どこの病院が水準より高いとか、この病院が複雑じゃないとか?

公的なランキングじゃ何も達する事が出来ないと思う

私は報告する。私が大きな病院で受けた簡単なオペで素人のようなぞんざいな仕事をされた

私は私立、公立病院でシステムを調査される事を願う

より良いシステム?どこなのそれは?

これは合併症等引き起こした場合の対策はどうなる。

「悪い病院が受け取るお金が減る」これは生産的ではないと思う

予算が削減される事で、悪循環が生まれるケースだってあるよね

国際的な比較で、ドイツの医療システムはあまりいいとは思えないな

どのように病院はいい診断してくれるのだろう?

いつも少ない賃金から問題が起きる、魚はいつも頭から腐るというだろ?

必要な成果の為の支払いと悪い賃金が、悪い薬を作る

市場原理主義が・・・

どのくらいの技術がどこの病院にあるか、データをスイスがまとめあげた。ドイツでも可能な筈!

これが非生産的だと?

見えない結果

病院ごとに専門化するなんてちょっと危険がする気が・・・。でも医療の品質チェックなどという試みは賛成だな。でもこの政策で同時にいろんな事が取り組まれるから、正直、どのような結果がおきるとか欠陥があるかとはまだわからないな。

そして悪く評価された病院の補償が減るというのもなかなか恐ろしい気がするな。例えば何らかの事態で、一度に沢山の病院が閉業に追い込まれる事で,カバーしていた地域の患者が途方に暮れるなんて事が起きなければいいけど。

いずれにせよ、高齢化が起きているドイツだからこそ,いい医療制度に発展する事を願う!

日本の医療系のテレビドラマみたいだ。最近みたドラマでネットの口コミサイトの評価で運営者が右往左往する、っていうのがあったけど、ほんとにドイツはどういう風な基準で評価をするんだろうね?ジョニーの人生でめっちゃムカつく病院はいくつかあったから、そういうのはどんどんチクっていけば良くなるかな?(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介