海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応チケット代金は高い、安い?超ハイになるヨーロッパの夏フェスに行こう!

チケット代金は高い、安い?超ハイになるヨーロッパの夏フェスに行こう!

2018/01/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパの夏、と聞いてイメージするものはなんですか?

大型ヴァカンス、街中の広場や教会、ホールで開かれるミニコンサート、サーカス、そして初夏の5~6月に開催される、クラシック国際音楽祭の「プラハの春」など。

実際、一般的にヨーロッパ=オペラ、クラシカルコンサート、バレエのイメージが強いのではないでしょうか。日本=相撲、歌舞伎、マンガというように。

しかし、夏の日本でもフジロック、FREEDOM aozora 、ROCK IN JAPAN 、RISING SUN ROCK FESTIVAL、サマーソニック等の数々の有名音楽フェスティバルがあるのと同様、夏のヨーロッパでもダイナミックなエキサイティング音楽フェスがたくさん開かれています。

しかし一体どんな音楽フェスがあるのか、それぞれの特徴はどうなのか、チケット代はいくらぐらいなのか、高いか、それともお得な料金なのか・・・

ヨーロッパを代表する、巨大有名音楽フェスティバルのいくつかをみていきましょう。

ビッグパーティ!― Secret Garden Party(SGP)(イギリス)

開催地:ケンブリッジシャー州、ハンティンドン(イギリス)
2017年の開催期間:7/20-7/23
チケット料金:170ポンド(約19000円)から

湖と川も流れる、ジョージア王朝時代の農家の庭で開催されるアートと音楽のフェスティバル。

「シークレット」ガーデンパーティーといいつつ、まったくシークレットでもなんでもなく、大いによく知られた有名なクレイジーパーティーです。

なぜ「パーティー」なのか・・・それは、ただステージを観に来るというよりも、盛大なパーティーを愉しむ様々な工夫をされているということです。

例えば「ゲームアリーナ」では様々なゲームやスポーツを楽しむことができて、「サーカスファン」では子どもたちが遊べるようになっており、「マッドレスリング」では泥遊びを、「ザ・レイク」の湖ではボート乗り、そして多くのインターナショナルな飲食店も出店されています。

2004年に第一回目が開催されたときの、観客動員数はわずか1,000人でした。ところが2011年にはステージの数は15以上になり、26,000人もの人々が入場!

超一流のアーティストの参加や数多くのセレブも集まることで、イギリスのメディアの話題となる「パーティー」で、SGPを聞いたこともないイギリス人は果たしていないのではないでしょうか。

チケットが約19000円から、という料金が決して高くないといえると思います。

ちなみに、麻薬犬のパトロールもされており、ドラッグを使用していないか検査も実施されています。あくまでも健全なパーティーであるべき、という姿勢をストィックに貫いているのです。

実は今年の2017年が最後の開催だと発表されているのがなんとも残念と言わざるをえません・・・

工業地帯とロックフェスの融合!-Colours of Ostrava(チェコ)

開催地:オストラヴァ(北モラヴィア地方、チェコで三番目の大都市)、チェコ
2017年の開催期間:7/19–7/22
チケット料金:97.65 ~113.33 ユーロ(約12400~14374円)

2002年より始まった、チェコで最大の国際的音楽祭です。

このフェスのユニークな点は、脱工業化地帯の景観の場所で開催されること(ちなみに2012年までは有名なSilesian Ostrava城で開催されていました。)、ステージ上の音楽パフォーマンス以外に、高レベルのDJや演劇も楽しめることです。

年々、動員人数が増えており16ものステージ(うち4つは屋外ステージ)全体が熱気に包まれます。特に15,000人収容できるメインステージの盛り上がりは最高!

よってチェコの物価にしてみれば、この約12400円からというチケット代は決して安くないですが、それに見合う最高の内容のフェスだといえます。

ウィーンの島自体が!-Donauinselfest Festival(オーストリア)


開催地:ウィーンのドナウ島(オーストリア)
2017年の開催期間:6月中旬
料金:入場料無料


330万人以上が訪れ、1500 人ものボランティアがスタッフとして働く、というほどの、ヨーロッパで最大規模のオープンエアイベントです。

そもそもは1983年に一日限定のオープンエアコンサートが開催されました。これがあまりにも好評であったため、毎年恒例の大きなフェスになっていったのです。

34年も続いているというわけなのですが、過去のDonauinselfest Festivalの中で、もっとも印象深いのは1993年に開催されたものだったのではないでしょうか。

オーストリアが誇る歌手のファルコ(代表曲「ロックミーアマデウス」)が亡くなり、追悼ステージとなったのです。

しかもあいにくの悪天候で、ステージ上の一部は洪水状態に。

しかし約100,000人ものファルコファンが集い、激しい大雨の中、その熱狂とファルコの死を悲しむ嘆きの大きさは、それはすさまじいものでした。(ちなみにファルコは国葬されています)

また、Donauinselfest Festivalはなんといっても入場料がタダ!

しかしこのフェスがウィーンの都市にもたらす経済的効果は大きなもので、4000万ユーロもの利益を生みだしています。さらに年々観客が増えているため、その額はうなぎ上りです。

例え音楽に興味がなくても、グルメのためだけにでも足を運ぶ価値はあるかもしれません。

タイ料理、ギリシャ料理、インド料理、トルコ料理、イタリア料理、そしてベジタリアン用の料理にオーストリアの伝統料理など、ひじょうにバリエーションの多い料理も楽しめるからです。

音楽の都ウィーンのオペラハウスでヨハン・シュトラウスの演奏を愉しむのもいいですが、いまどきのウィーンっ子たちが集まる熱気むんむんのドナウ島フェスに行ってみるのも、この街の別の側面が見られて面白いのでは!?

始まりは社会主義の時代―Sziget Festival(ハンガリー)


開催地:ブダペストの北部のHajógyári Island(“Old Buda Island”)、ハンガリー
2017年の開催期間:8月中旬
料金:7日パスー 325ユーロ(約41800円)、1日パスー70ユーロ(約9000円)

Sziget(=島) Festivalについては、まずは社会主義時代に遡らなければなりません。

1989年、ハンガリー政府は首都ブダペストで行われる、すべてのサマーフェスへの出費を打ちきりました。なぜなら反政府体制の集会、または政府への不満を爆発させる集い、西側への憧れを強くする集いのように危惧されたからです。

政府による援助がなくなった結果、フェス開催に暗雲が・・・

ところが政府の思惑とは裏腹に、フェスがなくなったことはアーティストたちやそのファンたちのロックへの情熱をよりいっそう掻き立てることになりました。

1990年に社会主義政権に終止符が打たれます。

ようやく好きな音楽を自由に・・・西側のロックも公に演奏したり聴いたりして楽しめる時代がやってきました。

Diáksziget (=学生の島)という名称だったSziget Festivalは1993年にスタート。音楽ファンたちが限られた予算で仕事の後や授業の後で準備をし、開催していました。

言うまでもなく非常に運営は苦しかったのですが、社会主義時代にはありえなかった、アーティストたちがロックを自由に演奏し、人々も堂々と鑑賞する・・・

このことにこのフェスに関わるすべてのハンガリー人は感慨深い気持ちでいました。

1996年になり、米国企業のペプシ―がスポンサーに名乗り上げます。2001年にペプシ―がスポンサーをやめるまで、この期間はPepsi Szigetというフェス名でした。

Sziget Fesztivál の名前になったのはその翌年の2002年以降です。

2011年、Sziget Fesztiválはイギリスの新聞紙「ザ・インデペンデント」による「ヨーロッパフェスのベスト5」のうちのひとつに選ばれます。

それだけではありません。2012年―2015年の期間の、Best Major European Festivalのthe European Festivals Awardsに二度も輝きました。

高評価の理由は様々ですが、まずはパフォーマンスの数の多さです。

1000以上もある上に、水準の高い数多くのステージパフォーマンスが多いこと。
そして観客の国際色豊かなことも見逃せません。

入場者の半分はハンガリー国外から、このフェスにためにわざわざやってくる外国人たちなのです。オランダ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランスそしてアイルランドから大勢の人々が押し寄せてきます。

東側諸国に組み込まれた一党独裁制国家だったハンガリーで、このようなインターナショナルなロックフェスを存分に楽しんで盛り上がれるとは!

約9000円の一日チケットだけでも購入して、いざSziget Fesztiválに飛び込むべし!

地球に感謝、大地を称えよう!- Earth Garden(マルタ)

開催地:the Ta’ Qali National Parkマルタ島
2017年の開催期間:6/1-6/4
料金:15ユーロ(/ワンデイパス、約1930円)、40ユーロ(キャンプ場パス/日、約5140円)


渋谷の野外音楽堂でも行われているオーガニック&エコロジーなイベント「アースガーデン」フェス。こちらのスケールは小さいものですが、マルタのアースガーデンは非常に盛大で、毎年20,000 以上もの来祭者の人数になっています。

マルタでもっとも気候のよい6月に行われるアースガーデン。4つものミュージックエリアが設けられています。

そして35ものの演奏ライブ、35もののDJs、また2つに分けられた、必要品が揃えられたキャンプ場も設けられています。

その上、ヨガや瞑想を行えるヒーリングフィールド、インドの更新料や衣類などが売られたスニックマーケット、自然療法用品など取り揃えられたホリスティックエリア、ファンパーク・・・

さらにさらに自然食品がメインのフードコートやおびただしい数のバーなどあり、一般的なお音楽フェスとはまったく異なった趣です。

余談ですが、マルタ島でのほかのおススメはフィッシュマーケット!

様々な新鮮な魚介類が売られていますが、そのほか生花、手作りジャム、パン、チーズ、マルタワインなどもよく売られています。

地中海に浮かぶ、一見地味な小さな島・・・

しかし人情が感じられる市場や、意外と多い親切なマルタ島との交流ができる夏フェスに出かけてみると、マルタ人たちの良さに触れ合えます。

年齢制限なしのライブも!-Bukta Open Air Festival(ノルウェー)


開催地:トロムソ、ノルウェー
2017年の開催期間:7/20-7/22
料金:830.00 NOK/日(約11240円)

Bukta Open Air Festival が始まった最初の年、2004年にすでにいきなり5,000人もの観衆が集まりました。

2007年になるとフェスは2日間開催から3日間になり、現在では約6000人/日がやってきています。

このフェスの面白い点は、毎年開催中の土曜の午前になると、年齢制限が一切ない無料ライブが開かれることです。

家族連れが対象であるため、無料ライブの時にはアルコールのサービスはなされません。

ヨーロッパ最古の老舗フェスーRoskilde Festival(デンマーク)

開催地:ロスキレ、デンマーク
2017年の開催期間:6/24-7/1
料金:2020.00 DKK(フェス共通券、約35000円)

ロスキレと呼ばれるこの野外ロックフェスは、ヨーロッパ最古の老舗フェスティバルとして知られています。

この音楽祭典がスタートしたのは1971年のこと。大学生二人の情熱により、出発した非営利目的のものでした。

当初はフラワーチルドレンによるヒッピー文化色の濃い、サイケデリックなバタくさい音楽イベントでした。

しかし開催を続けていくにしたがい、大物アーティストたちの参加が増えていき、ロスキレの音楽祭の名前は知られていき、どんどん大規模なイベントになっていきました。

現在では広い敷地に開かれるヨーロッパ最大音楽フェスのひとつで、北欧最大のロックフェスティバルとしても名声は確立されています。

海外からも大勢のお客が押し寄せてきていますが、とくにドイツ人、オーストラリア人そしてイギリス人が多いです。

日本人ミュージシャンでは布袋寅泰が出演(1990年)、東京スカパラダイスオーケストラが出演(2005年)をしています。

十分、料金に見合った価値のある、一流フェスといえるでしょう。

まだある、ヨーロッパフェス

そのほかにもお勧めのヨーロッパ開催夏フェスはいろいろあります。

ベルギーのCactus Festival 。1982年に始まり、2017年は7/7-7/9開催。料金は47-117ユーロ(約6040円~15040円)。

フランスのBout du Monde Festival は84-8/6開催。レギュラー料金は15ユーロ(約1930円)などなど。

もし夏の間、ヨーロッパを周る予定があるのなら、こういった夏フェスに順番に足を運んでみるのも面白いかもしれません。

実際にそれぞれ行ってみると、ステージの内容はもとより、客層、熱気、雰囲気、盛り上がり方、演出の工夫などまったく異なります。各夏フェスの比較はさぞかし面白いことでしょう。

やはりといおうか・・・ラテン系の国ではライブの進行やセキュリティが多少緩い場合もあるし、ジャーマン系の国ではスケジュール通り、きっちり進む・・・夏フェスでもお国柄を伺うことができます。

筆者のフェスバイト経験談

尚、蛇足ながら、この記事の主のかつての経験を最後に・・・

その昔、人の紹介でフ○ロックフェスの裏方のバイトをしたことがあります。ギャラはほんのわずかな金額。

しかし仕事をしていないときは、すべてのアーティストのステージを見放題!

単純に面白そうだな、と思い何も深く考えず「やるやる!」と即答。

しかしあてがわれた宿泊施設はボロボロの建物のタコ部屋。それまでタコ部屋たるものを実際に見たことがなかったのですが、これぞまさにタコ部屋。

黄色くなった古い布団、二段ベッド、裸電球、真夏なのにエアコンも扇風機もない部屋・・・

暑苦しく息苦しい部屋の窓の真下には、お墓に供えるようなお花が置いてある!(かつて誰かが飛び降り自殺でもした!?)

日中は汗をかきながら、ブース作りをし、夜は入場案内係をし、酔っ払いたちに絡まれ続ける・・・

これが20代ならまだ体力があるからいいものの、30過ぎた身にはきつくてたまらず、余ったわずかな時間に、様々なステージを見てまわろうという気力も体力も湧き起こらず。

こういったイベントというものは、あくまでもお客としてこないと、楽しくともなんともないんだな、というのをしみじみ思いました。

(同じスタッフだった19歳の青年は「え?最高に楽しいじゃないですか!」と言っていました・・・年齢と音楽に対する情熱と性格の違いなの!?)

最後の最後に話は逸れましたが・・・日本で普段目にすることのない様々なパフォーマンスや演奏を見ることができる、ヨーロッパ各国の夏フェス。

今回ご紹介した7つのフェスはとくに、それぞれの料金の価値がある、むしろそれ以上の価値がある、最高のものばかりです!

この記事の海外に対する反応

Ozzfest(オリジナルはアメリカのフェス) とRock AM Ring(ドイツ)がヨーロッパで最高のロックフェスだと思うけどな!

イギリスのSGPはばか騒ぎしているだけのイベントよね。本来の主旨である、地球へのリスペクトの意だなんて全然ないじゃないの。

音楽フェスに来る輩は、実際は絶対みんなドラッグでハイになっていると思う。

イギリスのフェスティバルにしては、SGPは比較的ゴミがさほど散らからない、マトモなフェスティバルじゃないかしらね。

何いっているんだ、SGPでもいたるところにゴミが散乱しているじゃないか!大地への敬意がまったくないフェスティバルだよ!

アメリカだけど、ウルトラ・ミュージック・フェスティバルが一番さ!

ハイ、僕はウィーン出身のオーストリア人だ。この国の”Donau-Insel-Fest”がヨーロッパでもっともイケているフェスだと思うよ!

世界最大のEDMフェスのtomorrowland(ブラジル)ほどエキサイティングなフェスはヨーロッパにはないと思うね。

芸術的価値があってレベルも高いのはエジンバラのフェスだね。

それにしてもフェスといえばロックばかりだな。一体どこでメタルフェスはやっているんだ?

ロシアのエレクトロニックダンスミュージックのフェスティバル、ALFA FUTURE PEOPLEこそナンバーワンだ!音楽だけでなく、様々な催しがあるこのフェスは、遊園地よりずっとわくわくはらはらする超クールなフェスなんだ!

あたしはとあるロックフェス会場の近所に住んでいるの。おかげで毎年自宅にいても、タダですごいアーティストの演奏が聴けるのよ!うふふ。

僕はラトビア人なんだが、ヨーロッパ各国のフェスを回るのが好きなんだ。だってどのフェスで出会う人たちもフレンドリーで、外国の友人が作り易いんだよ。できればビーチが会場のフェスがいいよね、とてもアットホームな雰囲気になるから。

ロックフェスはヨーロッパよりも南米開催のほうが断然熱気にあふれていて面白いよ。ラテン系が集まるフェスほど、盛り上がるものはないね。

歴史に残るフェスは、1985年7月13日のライブエイド(メイン会場のイギリスとアメリカ+日本を含む数か国)だろう。ライブエイドほどの大規模のフェスはそれ以降まったくないね。伝説のフェスは文句なしにライブエイド。サマーフェスファンは一度DVDをみてみるべきだ。腰を抜かす大規模なフェスだったからね。よくまあできたもんだよな・・・

ジャズフェスも忘れてもらったら困るわ!

ロックフェスとマイケル・ジャクソンのライブ、どっちを選ぶかっていわれたら、オレは迷わずマイケルだな。

ポーランド版「ウッドストック」、野外音楽フェスのKuestrinも最高だと思うわ。

どのフェスが一番か、だなんてどこに基準をおくか、だよね。出演アーティストの顔ぶれ、規模の大きさ、フェス自体のさまざまな工夫、動員数・・・

8月に開かれるイギリスのレディング&リーズ・フェスティバルも忘れちゃ困ると思うよ。

巨大フェスだと、ステージのアーティストと距離が遠すぎる。アーティストのリアルな歌声、熱意、カリスマ性を感じたいなら、絶対に小規模なライブハウスに行くのが一番だよ。

もっともロックフェスというのは、ただ音楽を楽しむだけでなく、総合エンターテイメントとお祭りとキャンプと合コンをミックスしたようなもの・・・ばか騒ぎをしたいのなら、迷わずフェスに行くことだよな。

【参照URL】http://coolczechguide.com/en-US/E2836D449/Colours-of-Ostrava
http://www.nme.com/blogs/nme-blogs/11-things-you-wont-know-unless-youve-been-to-the-secret-garden-party-770102
https://www.europeanbestdestinations.com/top/best-summer-music-festivals/
http://www.secretgardenparty.com/
https://en.wikipedia.org/wiki/Colours_of_Ostrava
https://en.wikipedia.org/wiki/Donauinselfest
www.earthgarden.com.mt/
https://en.wikipedia.org/wiki/Primavera_Sound
http://szigetfestival.fr/tickets/category/entry-ticket
https://en.wikipedia.org/wiki/Sziget_Festival
https://en.wikipedia.org/wiki/Iceland_Airwaves
https://en.wikipedia.org/wiki/Roskilde_Festival
https://en.wikipedia.org/wiki/Bukta_Troms%C3%B8_Open_Air_Festival
http://www.cactusfestival.be/2017/home_nl.asp
https://www.wikifestivals.com/wiki/cactus-festival
https://www.youtube.com/watch?v=Qt1bkIUZT2k
https://www.youtube.com/watch?v=5iY9d3uVP_A
https://www.youtube.com/watch?v=WFvR2XufeV4
https://www.youtube.com/watch?v=EBFz-DQvioI

なんで音楽フェスって夏にするの?冬にした方があったか~くなれそうじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    ドラッグでバカ騒ぎしてるだけ。

  2. 日本の名無しさん より:

    >音楽の都ウィーンのオペラハウスでヨハン・シュトラウスの演奏を愉しむのもいいですが、

    夏休みにはオペラハウスは閉まってるよ。
    だからウィーンフィルもザルツブルク音楽祭とかに行ってバイトをしてる。 

コメントを残す

キャラクター紹介