海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応フランスで残業手当ってもらえるの?

フランスで残業手当ってもらえるの?

2014/07/24
このエントリーをはてなブックマークに追加


フランスでは、労働時間は週に35時間と決められています。細かく言えばこの35時間は目安で、年間で1607時間と定められています。つまり、忙しい週には40時間働いても、他の仕事が少ない週に、少ない時間働いて調整することができるのです。

ちなみに、2010年のデータで言うと、日本の1年間の平均労働時間は1733時間でした。フランスと比べると、年間にして126時間も多く働いていることになります。

日本人は働き者のイメージがありますが、平均労働時間は年々少なくなっているのが現状です。

フランスと日本の大きな違いは、フランスは法律で労働時間が厳しく決められていること。

もし残業した場合には、この残業が年間の労働時間よりも増える見込みがあれば、雇用者は残業手当を払わなくてはなりません。

経済不況が続くフランスで、この残業手当が問題になっています。雇用主はできるだけ出費を抑えたいところ。残業手当を支払わないケースが出てきているんです。こんな現状に、たくさんの声が寄せられました。

(コメントは、すべフランス人のものだと思われます。)

【参考URL】http://droit-finances.commentcamarche.net/forum/affich-4165363-heure-supplementaire-non-paye
http://www.le-forum-emploi.com/topic5404.html

この記事に対する海外の反応

契約に書いてある時間よりも多く働いているよ。でも残業手当をもらっていないんだ。

上司に言いたくても、せっかく就いた仕事を失うのが怖くて言えないでいるよ、、、。

上司に言うべきだよ。

自分で残業時間を計算して、上司にこの分を休みで補うようにするか、お給料で支払うのとどちらがいいか聞いたらいいよ。

自分の知りたいは1年に100時間くらい多く働いていたけど、計算すると一月に約80ユーロ(約1万千円)の残業代がもらえることになるよ。この額は、大きいね。

僕の仕事は配達だけど、残業代はもらえないよ。同じ量の仕事を、時間内で終らせる人がいるからね。

時間を超えて働くのは、僕がのろのろ働いているからだと思われているんだ。

僕たちは残業代をもらう権利があるんだから、上司に言うべきだよ。

こういう事は、働き始める前に話し合うべきだ。仕事が始まってから言われては、上司も嫌な顔をするかもしれないよ。

労働時間をどう証明するかも難しいよね。上司がいつも一緒にいるわけではないからね。

今は残業時間が短いもかもしれないから、残業代について言わなくても問題ないかもしれないけれど、この先増えるかもしれない。

それでもお給料が増えなかったら、もっと不満な気持ちになると思うよ。上司に言うべきだよ。

残業代を請求できるか、そうでないかは働きにもよるね。

上司に自分がよく働いている、必要な存在だと思われていると確信できたら残業代を請求したらいいよ。

自分の夫はレストランで働いているけれど、週に50時間も働いている。残業代はもらっていないよ。このレストランで働く他の人たちは残業代を請求しないからね。

残業代をもらわなくても、週50時間喜んで働く人たちいるんだよ。

喜んで働く人たちがいるから問題なんだよ。中国人たちかな。

彼らは、自分たちの国で長時間労働を強いられていると聞いたことがあるよ。

政府が合法で働かせているか雇用主をチェックしているのを知っている?

自分で上司に言わなくても、違法だったら検査機関に訴えられるんだよ。

確かに検査機関はあるけれど、パリには検査する人が二人しかいないって聞いたことがあるよ。

これだから不法に働かせている雇用主は、平気で時間外労働をさせるのさ。

僕の上司は、いくら残業代のことを言っても聞き流すんだ。まったく、途方にくれているよ。

残業代を払ってくれるのは、大企業なだけな気がするよ。

個人で経営しているようなところはやりくりが大変だから、残業代まで出していられないのさ。

もし週に39時間以上働いているのに残業代をもらっていなければ、契約を35時間から39時間に変えてもらったらいいよ。

39時間の方が、お給料はいいからね。

もし上司が残業代のことを無視したら、労働が合法で行われているか検査する機関に相談したらいいよ。

上司は罰金を払いたくないから、すぐに残業代を払ってくれるはずさ。

残業代をもらわなくても働いたら、雇い主の思うままだよ。みんなが権利を訴えなければいけないよ。

上司に言うタイミングをよく見る必要があるね。

こんなことは、誰かの前で言ってもいいかもしれない。第三者の前では不正はやりづらいからね。

残業代について上司に言う時には、紙面でやりとりをした方がいいよ。上司は記録が残っていたら、悪いことやりにくくなるから。

僕は残業代のことを請求しないで、もう3年も経つ。3年も経った今は、本当に上司に言えないよ。暗黙の了解のようなものさ。

でも本当は、後悔しているよ。何で無給で働かなくていけないんだ。早く言うべきだったよ。

農業とか、仕事によっては残業代がつかないものもあるよ。農業にはシーズンもあるしね。

労働の検査機関が仕事場に来て、取り締まったことがあったよ。

もちろん残業代も払うようになった。じゃないと営業の許可が下りないからね。

そうだね。規則を違反すると、雇用主は罰金も払わなくてはいけないと聞いたことがあるよ。

私の上司は残業代のことを言ったら、多く働いた分休みをくれたよ。

本当はお金が欲しかったけれど、何もないよりはずっといいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介