海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応鳥やペンギンの服までも! ペットの服にまつわるエピソード・ユニークな服をお値段と共にご紹介!

鳥やペンギンの服までも! ペットの服にまつわるエピソード・ユニークな服をお値段と共にご紹介!

2014/11/24
このエントリーをはてなブックマークに追加


ニューヨークに本社を構える(日本では特にトートバッグで有名な)United Bambooが、人間向けにデザインした服の猫バージョンを製作しています。

実際に猫用ドレスの販売はしていないものの、モデルの猫たちにそれらを着させて写真に収めカレンダーとして販売しています。

2011年から始まり、来年2015年度の猫カレンダーはまだ発売されていませんが、毎年非常にセンスがよくドレスもモデルの猫も、ポーズも写真の質も最高!猫好きのみならず、アート好き、ファッションフリークたちをも喜ばせているお洒落カレンダーです。

暴走族の恰好に扮していた「なめ猫」の猫の真似?という気がしないでもないですが、人間のどんなスーパーモデルよりも、ブランド服を見事に着こなしている猫たちの姿を見ると、思わずにやにやしてしまいます。

さてこの猫たちのファッション服姿は、あくまでもコマーショル用。実際に世の中の猫たちのために販売しているわけではありません。残念です(笑)。

愛猫とお揃いのUnited Bambooのワンピースを着たかった、という女性は大勢いることでしょう(笑)。

しかし、「はっ?」と思わず目をぱちぱちさせられてしまうような、「意外な」ペット(アニマル)に服を着せ、もしくは「意外な」服を彼らに着せる飼い主は大勢います。

普段なかなか現実に目にかかれることのないような、面白ユニークペット服をここではご紹介したいと思います。

さあどんな動物がどんな服を?そしてハウマッチ!?安いの?高いのでしょうか!?


United Bambooコレクションより

United Bambooコレクションより

United Bamboo猫カレンダーより

おむつを着けて飛び回ろう、鳥たちよ!

オーストラリアのシドニーにて、30年以上もの長い間、毎年開催されているあひるのファッションショーはとても有名です。

「あひるに服?あくまでもこのようなイベントの時だけ着せているんでしょ?」と一笑するかもしれません。そう、確かにこのあひるたちは普段は「裸」です。

確かに鳥には通常は衣服を身に付けさせません。しかし「おむつ」は人間の赤ちゃんや仔犬のようにつけるのは当たり前?

1998年にアメリカでオープンしたJungle Wear Birdie Diaper(http://www.diapersforbirds.com/specialty.asp)は、Diaper(おむつ)という言葉が店名についていることから分かるとおり、「鳥のおむつ」専門店です。(ネットより注文可)

確かに需要はあります。

家の中を自由に飛びまわらせる時、おむつを着けておけば、糞を部屋中に巻き散らかされることもありません。

鳥だけではなく、モルモットといった小動物を飼ったことがある人なら共感できるはず!

彼らを部屋中自由にさせると必ずその後の掃除が大変だ、ということがあるのではないでしょうか?

「なるほど、おむつ・・・」目から鱗です。

もしかしたら鳥や小動物を飼う多くの人々にはおむつを、というのは常識なのかもしれませんが、一方で「へえ・・・」と感心?する人々もいるのではないでしょうか。

おむつを当てることにより、鳥を長時間ケージの外に出してストレスを発散させ、かつ飼い主とのコミュニケーションも密に取れる・・・いいことづくめの気がしますが、ひとつ、素朴な疑問。

おむつをつけることによって下半身が重たくなります。鳥が飛ぶ時に、それは何か関係しないのでしょうか??

ネットを見てみると、欧米には鳥用おむつや服を販売する鳥専門ショップが数多くあるようです。


様々なサイズをとりそろえたおむつコットン


鳥用おむつ
およそ19米ドルから28米ドルまでほど

オプションで鳥の名前も入れてくれる場合もあります。約6ドル前後


21.99米ドルの「フライングスーツ」。


鳥用ベスト。胸元を守ります。約19米ドルから26米ドルまで


鳥用ボレロ服。約11米ドルから13ドル


あひると鶏用おむつ。約36米ドル


24.99米ドル


Birdie Snuggle 39.99米ドル

「Snug暖かい、気持ちいい」から生まれた言葉であろうSnuggle。「鳥の心地よいおむつ服」ということになる?


27.99米ドル。

可愛いデザインですが、胸元のビーズのような飾りを食べようとしないのでしょうか・・・

鶏たちも服を着ます。

虐待や劣悪な環境にいた鶏が毛を失い、皮膚を保護するために動物愛護団体などが服を着せる、または冬の時期に寒さから体を守ってやる、という理由で「鶏にも服を」という考えです。

決して販売をされているわけではありません。団体や飼い主が手作り(手編み)をして着させています。

よって鶏の服の金額について、ここでは「プライスレス」「慈善料金」「贈り物」とします。

しかしここでまた素朴な質問が・・・。

「寒さから身を守る」意味で服を着せる場合、足は冷えないのでしょうか?靴も必要なのでは??

約2000万円近くの大金を愛犬につぎ込んだ女性!


上の画像は、5084米ドル(約55万円)する犬のためのダイヤモンドコートです。

一体どこの誰がこんなものを買うのだ、と思いきや、イギリス人のルイーズさんなら愛犬ローラのためにポンッと購入してしまうかもしれません。

イギリス人のルイーズ・ハリス(Louise Harris)さんはウイリアム王子とキャサリン妃のウェディングの当日、花嫁ドレス姿の妃が現れるのを多くの群集の中の一人として見つめていました。

当時32歳のルイーズさんはしかし決して熱心なロイヤルファミリーのファンでも、キャサリン妃のファンでもありません。

ルイーズさんが熱い視線を送っていたのは、妃の頭上のダイヤモンドが散りばめられたティアラでした。

「まあなんて豪華なティアラ!うちのローラにも同じものを飾らせてあげたい!」

ローラというのはルイーズさんの姉妹でも、娘でもなく、ヨークシャテリアの雌犬です!

ルイーズさんはネットで検索し続け苦労をして、ようやく犬用ダイヤモンドのレプリカのティアラを見つけました。

「500ポンド(約8万円)したけど、その価値があったわ!だってローラにすごくよく似合ったのよ!」

溺愛するローラを飼ってすでに七年の歳月がたっていますが、ルイーズさんはこの犬のためにすでに100,000英ポンド(約1千750万円)も使っているといいます。

ローラのために5,000ポンド(約88万円)かかったデザイナーによるハンドメイドのベッドを特注し、一着400ポンド(約7万円)以上はするハンドメイドの犬用の服を合計数百枚購入しています。

パーティドレスも山ほど持っていますが、やはり特注であるため、どれも一着1000ポンド(約18万円)以上の値段です。

「ローラは飼い主の私より服持ちで、私よりも高い服ばかり着ているのよ!」ルイーズさんはにっこり微笑みます。

なぜオートクチュールの犬服ばかり購入するのかというと、既製服でぴったりとローラに合うものがなかったこと、ローラを最高に可愛く見せて最高に心地良い服を着させてあげたいからだと言います。

そして350ポンド(約6万1千円)したペットバギーに乗ります。ローラが人々の目により素敵にみえる可愛いバギーを必死に探しました。

日本でも5万円以上するペットバギーに犬猫を乗せる飼い主たちはいますが、この人たちは「頑丈な作りでタイヤの滑りがいいこと。絶対に落下しない構造になっていること」という点を重視し、それだけの金額を支払い購入しています。

ルイーズさんの場合は、むろんローラが快適にバギーに乗れるようにと考えているものの、それよりも「いかに彼女を可愛く映えさせるか」ということを一番重要にしています。

ローラのための山ほどのジュエリーコレクションの中には、本物のルビー、エメラルド、パール、サファイアがあしらわれた、675ポンド(約12万円)のネックレスも含まれています。

「私たちはジュエリーをシェアしているのよ。時々私もローラのジュエリーを借りて身に付けて外出するの」。

ローラは毎日オーガニックの高級チキンを夕食に食べています。一方で飼い主のルイーズさんの夕食は近所のスーパーですぐに買うことができる、安いスナックばかりです。

「7年間でローラのために100,000ポンド以上使ったけど、全然惜しいと思わないわ。彼女は私の子どもであり、私の人生を変えてくれたとても大事な家族。あの子のためには何でもしてあげたいもの」。

ローラを飼うまで、ルイーズは仕事に追われくたくたの日々を送る典型的な独身のワーキングウーマンでした。本当に仕事しかしていなかった無味乾燥な生活であったと言います。

しかし、ふとしたご縁でヨークシャテリアを飼い出すと途端にめろめろになり溺愛を始めます。そして会社を辞めて、ラグジュアリーな犬グッズを販売するビジネスを始めます。

ローラによりインスピレーションを受け、「このビジネスは絶対成功する!」。

実際その通りになり、2014年の現在でもルイーズの犬グッズのお店は好評だと言います。開業したタイミングも良く、ちょうどイギリスでも日本のように小型犬ブームがおとずれ、多くの人がチワワやミニチュアダックス、トイプードルなどを家の中で飼い始めました。

それまで犬のためのお洒落な服(コスプレ)やアクセサリーはアメリカとは違い、イギリスではほとんど売られていませんでした。しかし小型犬を溺愛しちやほやする飼い主が増え、その時期にルイーズはそういった専門店を開いたのです。

サーフィンで例えるならば、いい波が来たときにちょうどうまい具合にすっと乗ってみせたということです。


犬のドレスやファッション、美容、しつけ、飼うにあたっての準備などについて書いた本も出版

現在ルイーズは恋人の男性と結婚し、ローラ(Laura)とそしてもう三匹のヨークシャテリアーのルル(Lulu)とローリー(Lorry)とラリー(Larry)・・・(どの犬も「L」から始まっています。ややこしくないのでしょうか?)と一緒に暮らしています。

「でもローラは特別な存在よ。一番最初に飼った犬だし私のハートの中の特別の位置に鎮座しているわ。自分自身の人間の赤ちゃんも欲しいけど、犬はいかなる状況であれ常に家族よ」。

飼い主のルイーズが恋人男性と挙式を挙げた時には、当然家族であるローラと三匹の犬たちも参列しました。

またその後ローラもチャイニーズ・クレステッド・ドッグと盛大な結婚式を挙げました。
(しかし「結婚」後、犬夫婦は別居して生活しているようです・・・・)


どれがローラか聞かないでください・・・

ローラの結婚式には280万円以上かけました。招待客の犬の食事はそれぞれに1万円、招待客の人間には2万円ほどの食事を提供

水着とナイトガウン、パジャマまで!お犬様

愛犬のヨークシャテリアのローラに2000万円近く使ったルイーズさんの例は特殊あとしても、例えそんなに高額な犬の服ではないにしろ、「本当にこんなもの必要なの?」と思わず首をかしげてしまうような、犬のウェアを購入する飼い主たちもいます。

「うちの愛犬はTシャツ、トレーナー、セーター、ボレロ、マフラー、コート、ジャンパーを着るよ」

という飼い主はもちろん数多くいるでしょう。

そう、ルイーズさんのように高額な特注犬服を、といわなくても犬に服を着せるのはもはや当たり前。虫よけ効果、身体を冷やす/暖める機能を持ち、そして汚れよけの役割も果たす服を着て散歩にトコトコ出ていくのはごく日常的な光景です。

しかし犬のための水着やナイトガウン、パジャマというのはそう目にしないですし、持っていることはあまりないのでは!?


男の子用スイミングウェア。19.99米ドル


犬用ビキニ。オッパオを隠す部分が二つしかありません。犬はもっとオッパイがあるのに・・・値段は24.99米ドル。


19.99米ドル


バスローブ 19.99米ドル


29.99米ドル


犬のパジャマ 43.75米ドル

馬だって寒い!コスパがばっちりの馬専用コート

秋に入ると、馬たちも寒さを感じるようになります。そこでやはり秋風・冬風・雨から身体を守るためにコートを着ます。

イギリスのDerby House・・・馬具専門店から様々な、軽量かつ防水機能を持ち、優美でシックなデザインを持つ良質な馬用コートを販売しています。(http://www.derbyhouse.co.uk/)


69.99米ドル
画像:


69.99米ドル

年寄りぺンギン・ラルフ君のウェットスーツ

馬が寒さや雨の濡れから身体を保護するためにコートを着るとするなら、別の理由でウェットスーツを着るペンギンがイギリスのハンプシャー州にあるMarwell動物園にいます。

ラルフ君という名のペンギンは現在15歳(2014年)。ラルフ君はある問題を抱えていました。

ペンギンというのは通常は一か月ほどかけて羽根毛の毛が生え変わっていくものなのだそうですが、ラルフ君だけはなぜかたった2,3日で羽根毛が全部抜けてしまっていました。

羽根毛がないとどういう問題が起こるのか・・・外側の羽根毛は水をはじくように(濡れないように)固い毛質になっているようです。

他のどの鳥の羽よりも固いようです。そして油で防御されています。内側は暖を取れるように薄い羽根毛が生えているようです。

よって羽根毛が2,3日で一気にばっと全部抜けてしまうと、強い紫外線から皮膚を守れないという問題をはじめ、様々なトラブルが起きてしまいます。

そこでどうにかラルフ君の羽根を守るためにどうにかしてあげたい、と考えた動物園は、このペンギンのために、ウェットスーツを特注することにしました。今から四年前の2010年のことです。

そうして開発製造された、ラルフ君専用のウェットスーツは伸縮性に優れ身体を冷やし、逆に夜になると身体を温めてくれる作用があります。

動物園側が心配したのは、例えこのスーツが快適で素晴らしく役に立つ機能を果たしてくれても、ラルフ君だけが「裸」ではなく、スーツ姿・・・他のペンギンたちに異質者扱いされ、仲間外れにされたりいじめられたり、攻撃されないか・・・

この心配もあったため、スーツの色も「黒色」にしたのだそうです。

ところが、実際にウェットスーツを着せたラルフ君を群れに入れてみると、非常にどのペンギンも優しく、ごく自然に彼を今までどおり受け入れたといいます。

ラルフ君のウェットスーツ代はいくらかかったのか、どうも公表されていない模様です。間違いなく決して安くはないでしょうが、このスーツのおかげでラルフ君はまだ元気です。

動物園はウェットスーツ姿のラルフ君が「スター」になるとはまったく予想をしていませんでした。

ただひたすら「どうしたらラルフ君が快適に生活を送れるか」だけを真剣に検討してスーツを着せるアイディアが生まれたのです。羽根毛の問題を放置する、ラルフ君を見放すといったことは動物園側の誰一人提案した者はいませんでした。

全員がラルフ君を守ることしか口に出しませんでした。

結果、「ウェットスーツ姿がキュートなペンギン」が世界中のメディアで広まり、動物園の入園者数は増えたといいます。まったく予想もしていなかった副産物です。

きっと急増した入園者たちの落とすお金のおかげで、簡単にウェットスーツ代も元が取れたのでは?まさに「ペンギンの恩返し」!

大金を出して素晴らしいウェアを動物(生き物)のために買ってあげた、という話も決して悪くはないですが、ラルフ君のようなお金にまつわる話だと、なんだかほっこりしませんか(笑)?

ネット上でイギリスとアメリカの人々がここでご紹介したペット(動物)の服について様々なコメントを寄せています。

【参考URL】http://www.diapersforbirds.com/photogalleryalbum.asp?can=26A00775&currencychosen=&photoaction=display&photoalbum=Main+Photo+Gallery
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2193394/Ralph-balding-penguin-need-new-WETSUIT-protect-sunburns.html
http://www.poshpetglamourboutique.com/default.asp
http://www.marwell.org.uk/
http://www.bornrich.com/luxury-pets-britains-pampered-pet-enjoyed-luxuries-worth-100000.html
http://www.dailystar.co.uk/real-life/334450/Meet-the-world-s-most-pampered-pet-diva-dog-Lola
http://www.amazon.com/Small-FlightSuit-Diaper-Lanyard-Flightliners/product-reviews/B00028LEB4
http://www.amazon.com/Derby-Originals-Winter-Stable-Blanket/product-reviews/B00EAXNJ74/ref=cm_cr_dp_see_all_btm?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending
http://www.amazon.com/Midnight-Fleece-Turtleneck-Pajamas-Bodysuit/dp/B0071HC8TG/ref=sr_1_4?s=pet-supplies&ie=UTF8&qid=1412269134&sr=1-4&keywords=dog+pajamas#customerReviews

この記事に対する海外の反応

(ウェットスーツ姿のペンギン・ラルフ君)

このストーリーを聞いて、思わず微笑んじゃった。ラルフは世界で一番キュートな男性だと思うわ(イギリス)

(ウェットスーツ姿のペンギン・ラルフ君)

ウェットスーツからにょきっと出ている裸足の足がめちゃめちゃ可愛い!

動物園がラフル君を「消耗品」として処分する方向に検討しないで、ちゃんと力になってくれたことを心底うれしく思うね(イギリス)

(ウェットスーツ姿のペンギン・ラルフ君)

いい話かもしれないけど、なぜラルフ君だけが短期間で羽根毛を失う症状を持つようになったのか、ちゃんと原因も追究すべきであると思う(アメリカ)

(ウェットスーツ姿のペンギン・ラルフ君)

間違いなくラルフはスーツ姿で色男にみえるため、雌のペンギンたちに一番もてていると思うよ。

実際いつ見ても奴は群れの真ん中にいるしね(イギリス)

(ウェットスーツ姿のペンギン・ラルフ君)

ほっこりする記事だわ。ラルフがちゃんとケアをしてもらえてうれしいと思うわ(イギリス)

(犬に大金をつぎ込んだ女性)

非常に愚かな女性だと思う。犬は犬として扱われるべき。(イギリス)

(犬に大金をつぎ込んだ女性)

犬のドレスやらジュエリーを買うお金を、精神科の診察に使うべきだ。彼女は一度専門医師に診てもらったほうがいい(イギリス)

(犬に大金をつぎ込んだ女性)

面白い内容だとは思うけど、まったくもって異常だわ(イギリス)

(犬に大金をつぎ込んだ女性)

まったくもってナンセンス。犬は洗ってもらうことが必要であって、フリルが付いたドレスなどは必要ない(イギリス)

(鳥のおむつ)

サイズが難しいわね(アメリカ)

(鳥のおむつ)

インコのためにネットで注文。サイズが合わなくて交換してもらったんだけど、確かにサイズは難しい。

試着できないからねえ(アメリカ)

(鳥のおむつ)

鳥を部屋中自由に過ごさせることができて本当におすすめ!(アメリカ)

(鳥のおむつ)

うちの鳥は本当に賢くて、最初は嫌がったのだけどおむつをつけるとかごの外に長く出してもらえることを学習したの。

今では自分から「おむつ付けて!」というように近づいてきてくれるわよ(アメリカ)

(鳥のおむつ)

私のインコは嫌がるの。無理してつけさせると本当に辛そうなの。そもそもオーダーしたものがちょっと小さかったというのもあるのだけど、お尻に布をあてがわれるのがすごい辛いみたい。

可哀そうだからもう付けないであげているわ(アメリカ)

(馬のためのコート)

毎年11月になると愛馬に着せてやっているんだ。暖かくて軽いので馬も気に入っているみたいだ。

コストパフォーマンスがいいことが、馬主の自分は気に入っているよ(アメリカ)

(馬のためのコート)

年老いている雌馬に買ってやったんだ。雨の日と雪の日に着ているよ。暖かくてうれしいみたいだ(アメリカ)

(馬のためのコート)

義理の息子がクリスマスプレゼントに馬のコートを買って欲しい、とリクエストをしてきたんだ。馬を持っていないのに不思議だな、と思ったが近々馬を手に入れるつもりなんだろう。

馬が来てもすぐに着せてあげられるから、先にコートを手に入れたかったというのはいいことかもしれない(アメリカ)

(犬のパジャマ)

毛がない犬種を飼っているの。だからパジャマを着て寝るとすごく暖かくてうれしいみたい(アメリカ)

(犬のパジャマ)

とても年をとっていて、盲目でかつ糖尿病を患いやせ細っている犬を飼っているの。だからパジャマを買ってあげる必要があったのよ。

サイズが難しかったけど、買ってよかったわ(アメリカ)

(犬のパジャマ)

ペットの衣服を買うときは、ちゃんとサイズ表で先に確認すべきよね(アメリカ)

でた~!ジョニーより動物のほうがいい暮らししてるシリーズ!(泣)鳥さんにおむつをはかせるのはなるほどなって納得できるものがあったけど、ダイヤモンドコートやスイムウェアはな~。野ざらしの悪劣な環境の中を生きてるわんちゃんもいるのにね。防寒だとか、なにかはっきりした理由があればまだわかるけど、宝石とか着飾るだけのものは「はい、かわいいね」って感じだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    犬に飼われてんな……

  2. 日本の名無しさん より:

    そのうち犬猫は毛が退化して衣服なしではいられなくなるわ。
    そして二速歩行、言葉を話しついに地球上の覇権をめぐって人間と死闘を繰り広げるように…。

  3. 日本の名無しさん より:

    金あってペットが嫌がってない(これ大事)のなら良いじゃん。好きにさせてやれば
    こういう人たちが商売にお金落としてくれるんだから

  4. 日本の名無しさん より:

    コレはペットに対する愛情ではなくて「歪んだ愛情=醜悪」に見える。
    例えるなら、羊の全毛を刈りこんでその毛でセーターを作って羊に着せるみたいな。
    前に白髪老女とマルチーズがペットと共に髪の毛の色を一部「紫色」にして
    散歩しているのを見て物凄い醜さを感じたのを思い出したわ。

コメントを残す

キャラクター紹介