海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応ロシアはチェチェン紛争の賠償金を払う義務がある!いまだ解決しない軍の拉致問題

ロシアはチェチェン紛争の賠償金を払う義務がある!いまだ解決しない軍の拉致問題

2015/07/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

4.shutterstock_89420647


国際ニュースをみると、今年も我が国は隣の国との摩擦が多そうな一年になりそうです。特に今年は第2次世界大戦終結から丸70年。そんな年だからこそ、穏便に物事が進んで、表面化していた国家間の問題がクリアーになってもらえたらなと思います。

日本にいると、目にするニュースのほとんどが中国か韓国の問題を取り上げたもので、他の国々のニュースはあんまり知る機会がありません。

私は今ドイツで生活していますが、ドイツのニュースを読んでいても日本を取り上げたニュースを頻繁には目にしません。当然の話ですが、それに変わって他のヨーロッパ諸国のニュースが取り上げられているのをよく見ます。

ドイツメディアから手にする事ができるニュースの中でも、やはり日本のメディアが日中韓の国際問題を多く取り上げる様に、ヨーロッパの国々の国際問題は頻繁に扱われています。

とくにドイツなら、今はギリシャ問題。戦後の賠償金の支払いを求めるギリシャと、経済危機の時、ギリシャに多額の援助をしたドイツのバチバチした争いが頻繁に報道されていいます。

特に記事を執筆している現在、ギリシャとヨーロッパの援助問題でもめている時期なので、特別こういった記事が多い時期なのかも知れませんが…。

戦後から70年経過した現在でも、当時起きた問題を未だ解決出来ずにいるのは何処の国も同じのようです。第2次世界大戦の頃の話でこれだけ揉めているのなら、それ以降の戦争で起きた問題も、より解決が難しいでしょう。

たまたま私が読んだニュースで、ロシアがチェチェン紛争の賠償金を要求されている事を知りました。普段目にしないニュースだったので、今回はこのニュースを紹介したいと思います。

ロシア VS チェチェン!チェチェン紛争とは

現在国際的に未承認国家であるチェチェン・イチケリア共和国でおきた紛争。もともとこの地域はソ連の一部でしたが、ソ連崩壊後の1994年にロシアからの独立を宣言。

そして1994年~1996年の2年間と1999年~2009年の10年間に、チェチェンの独立武装勢力とロシア軍との争いが起きました。

特に第2次チェチェン紛争では、ロシア国内で武装勢力によるテロが多発。紛争後もロシア国内の交通機関が爆破される等、紛争の影響はしばらく続いています。

その一方ロシアも、チェチェンに対して空から爆撃等の攻撃を行い、一般市民の中でも多数の被害を出した争いとなり、国際社会から非難を浴びる結果となりました。

軍が拉致!?チェチェン紛争の賠償問題

今回、焦点が当てられたのは第2次チェチェン紛争の間で起きた拉致問題です。

  1. 3人のチェチェンの男性が、ロシアの軍人によって拉致され、その賠償で80000ユーロの慰謝料がヨーロッパの上級人権裁判所で決定。
  2. 裁判所は自身の判決で、行方不明者の所在を明らかにする為に、ロシアの担当の部署がこの問題に関してほぼ捜査を行っていないと判決。
  3. 3人の男性は2001年~2005年の間に拉致されたと考えられており、それ以降消息不明となっている。

 
ただいつ慰謝料が支払われるのかは未だ明らかになっていません。それ故委員会は裁判によって、判決された慰謝料が実際支払われるか監視する責任も持っています。

ロシア軍の振る舞いが問題

上級人権裁判所では、しばしばロシア軍の風紀を問題視されています。先ほどの裁判と共に、もう一点ロシア軍に慰謝料を要求する裁判があり、それを読む事によって、ロシア軍の実情を伺い知る事が出来るでしょう。

こちらはロシア軍内で起きた事件ですが、当時新米の兵だった男性が2度の逃亡を企てたことを理由に、練兵場で罰として他の兵士の前に裸にさせられました。その罰として15000ユーロの慰謝料を男性に支払う事が決定しました。

毎年、100人のロシア兵士たちが死へと追いやられています。原因は将校や同僚達から苦しめられることによるものです。

人権擁護連盟に加盟しているロシア政府はその判決に対し控訴を提出しましたが、裁判所からは拒絶されたそうです。

ロシア軍が内外でも凄まじい事をしている事を初めて知りました。流石、「危険な国ロシア」と言われているだけあります。正直言って軍によって拉致が起きるなんて信じられません。

この記事の海外に対する反応

ノーコメントだよ。

私も非常に興味があるトピックスだよ。あんまり騒がれていないのが不思議だ。

ロシアの憲法はまるで価値が無いな。

なんと不道徳な国なんだ。私はもうロシアを必要としたくないよ。

この紛争を調べると残虐な動画が沢山出てくるよ。

↑ ネットでは消されたが、調べると信じられないのが出てくるらしいな。

チェチェンにおいてロシア軍はもはや軍という形を成してないよ。

チェチェンの文化を消し去ろうとしているのだろう。

たぶん貴方はロシア人がウクライナやチェチェンでした嫌がらせを知る事が出来るよ。

相変わらず怖い国だな。

なんでクリミアでは投票を行わせたのに、チェチェンでは独立に関する住民投票が無かったんだい??

↑ それはロシア憲法はそんな事をさせるために用意されてないから。加えてチェチェン人は左翼過激派なんだよ。

ロシア憲法って一体・・・・。

大半のチェチェン人は自身の国に支払い義務を負いたくない。

私はこのロシアのこのサクセスストーリーにまったく理解を示す事が出来ない。

余談だけど、1991年の時点でクリミアはウクライナの一部になりたがらなかった。初めて連邦から解放された。

複雑化していくよな。ロシアと旧ソ連の国家達は。

次は何処にロシアの旗がなびくのだろうか?

独裁者の元で虐待が行われる国って一体どうかしているぜ。

ギリシャが取り込まれたらいよいよ冷戦の始まりかもな!EU対ロシアの。

恐怖の国ロシア?

コメントをみると、当然ですがヨーロッパの人たちは私たちが想像している以上に、ロシアは怖い国というイメージを固く持っているんだなと思いました。たしかにこの数年のロシアの暴れぶりをみると、そう思わない方が不思議でしょう。

それにしても、こういったニュースを聞くと、平和な国っていうのは本当に数少ないんだなと思わされます。日本もこの数年雲行きが怪しくなっていますが、こうして今現在安全に暮らせているのは本当に幸せな事です。

私たちの国が、こういった危険な国の仲間入りをしないような将来を期待したいものです。

【参考URL】http://www.politik-forum.eu/viewtopic.php?f=10&t=1591&start=40#p2729855
http://www.welt.de/politik/ausland/article136504632/Eine-Million-Tschetschenen-gegen-Charlie-Hebdo.html#disqus_thread
http://www.augsburger-allgemeine.de/politik/Russland-muss-hohe-Schmerzensgelder-zahlen-id7824071.html
http://www.politik-forum.eu/viewtopic.php?p=2807482

日本は北と拉致問題でもめてるけど、他の国でもそういうのでもめてるんだな~。全然知らなかった・・・。けっこう残虐だったっていうのは昔の日本軍にもいえることかもだけど、ロシア恐ろしあってやつだな。ロシア恐ろしあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    チェチェンVSロシアのグロ動画は、イスラム国のと遜色無いよ。

  2. 日本の名無しさん より:

    それを言ったら南樺太と南千島の占領と、事後法によってサハリン2の接収をした事に対して金払えって思う。オイルメジャーのロイヤルダッチシェルも同じ事を思っているだろう。

コメントを残す

みんなが見ている人気記事

まだデータがありません。

キャラクター紹介