海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応借りても借りてもまだ足りない?ギリシャの借金事情と返済について

借りても借りてもまだ足りない?ギリシャの借金事情と返済について

2015/11/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

19.shutterstock_271076408

ギリシャのここ数年の動きは非常に慌ただしく、ニュースを読む度にハラハラしました。特に夏初め、EU脱退の可能性が示唆されていた時は、毎日ニュースを見て経過をよくチェックしたのを覚えています。

というと聞こえは良いですが実際は違ったりします(笑)実は私は海外在住で、日本への帰国を計画していました。そのため、お金をユーロから円に換えるタイミングを伺う為に逐一ニュースを見ていたのです。

しかし、いつの間にかニュースそのものをチェックするのが楽しみになっていました。おかげさまでそれほど詳しく無かったギリシャについて知識を深める事が出来ましたし。

学校の社会の時間等でそれなりに習って情報がある筈なのですが、外国の事ってあんまり知る機会は無いですよね(ギリシャについて当初知っていた情報は、地中海とオリーブくらいでした…)。ですから調べていて、面白い発見があって驚きました。

こっちでギリシャ人と知り合う機会も無かったので、この騒動が無かったらもしかしたらギリシャの事を検索したりする事は無かったかもしれません。

話を戻しますが、EU脱退の危機の情報を追っていると、付随してギリシャの借金問題の情報も入ってきます。数年前のギリシャ危機で明るみになった、財政赤字。それにより多額のお金をEUのいろんな所から借りまくってました。

その内の一部分を今回ギリシャ政府はきちんと返済したのですが、こういうニュースって他の国でどんな風に報道されているか気になりますよね。

という事で、ギリシャと今関係があまり良くないドイツが報じたギリシャの返金のニュースを紹介したいと思います。

ヨーロッパ銀行へ、貯まった借金の返済

ドイツ政府のギリシャへの新しい援助プログラムの合意から数時間、アテネの政府は、最初のクレジット・トランシェ(国際通貨基金から借り入れられる枠のこと)を手にしました。

ESM(European Stability Mechanism)が報告した様に、ヨーロッパのギリシャのパートナーである国々は130億ユーロ(約1兆7600億円)をギリシャ政府に振り込みました。

ギリシャはそのお金を、支払い期限に達した以前の借金返済に充てるため即座にヨーロッパ中央銀行(以下EZB)に支払いました。

そしてその後、ギリシャからEZMに34億ユーロ(約4605億円)が返金された事がギリシャの報道で明らかになりました。32億ユーロ(約4335億円)の借金と2億ユーロ(約270億円)の利子はきちんと期限内に正式に返金が果たされたのです。

さらにアテネ政府は、前の月に資金不足を補う目的だった、別のローンである71億6000ユーロ(約9690億円)も返金しました。

これらをもってギリシャは、最初のEZBからの借金の契約期限を果たし終えたのです。

これからギリシャが受け取る新しい援助

EUの経済大臣は260億ユーロ(約3兆5200億円)の援助プログラムに賛成しました。そしてすでにアテネに送金された130億ユーロ(約1兆7600億円)に加え、その後さらに100億ユーロ(約1兆3500億円)がESMから送られました。

このお金はギリシャの銀行の資本を再生させる為に使う事を予定されています。そして残りの30億ユーロ(約4100億円)は秋頃に改めて渡されるそうです。

そして3年後にはさらに、最大で870億ユーロ(約11兆7800億円)がギリシャへ送られる事も予定されています。

以上がドイツで報じられていた内容です。金額が大きすぎて、何がなんだか全く分からないですね(笑)。一旦お金を返してまた援助を受けるって、なんだか行ったり来たりしている印象を受けます。ギリシャ再建はなかなか難しいなというのが伝わってきますね。

そういえば冒頭で、ギリシャとドイツは関係があまり良くないと説明しましたが、この両国は第2次世界大戦の頃からぎくしゃくしているのです。

ナチス・ドイツの卑劣な指導のもと、ギリシャはドイツの富豪に対して、国家銀行から公債を発行させられていました。現在の価値にすると110億ドル(約1兆3100億円)もするそうで、未だ返済されていません。

ギリシャは、昨年この問題を引き合いに出しました。しかし対するドイツは、それに相当する程ギリシャに多額の援助を施しています。

それにも関わらずギリシャは借金返済を迫った・・・という事もあり、お互い相手に対しあまり良い感情を持っていないと言われています。

実際は、ドイツ人の中には夏期休暇でギリシャに滞在するのを好む人が多いというので、一部の過激的な人がその怒りを唱えている可能性もありますが・・・。

それではこの借金のニュースに関して海外の人はどのような反応をしたでしょうか?一部コメントを抜粋して紹介したいと思います。

この記事の海外に対する反応

わあ、なんて素敵な話。私たちの税金が回り回ってギリシャへ行ってるわ。

さあ、次の選挙を待とうか。

敗者はドイツの納税者ですね。

こういった援助をする事によって、私たちの負担は年々上昇していくわけだ。

このニュースは間違っている。ギリシャ政府はそれと共に満期の延滞利息と延滞返済を支払っている。

いったい、何が起っています?

(返金を)延期すればする程事態はどんどん悪化します。

私たちの政治家は問題を非難しますけど、問題は解決出来ません。ただ有権者を魅了し、同意させる事しか出来ません。

ドイツの有権者はこの件に関して、後悔する事もあったと思います。

いつもながら・・・センセーショナルだ!

この問題に終わりはないね。まさにネバー・エンディング・ストーリーだよ。

コレはジョークでしょ?

人は頻繁に借金を支払う為に、借金をするもんなんだよ。

4つ目の援助プログラムは既に話し合われていて、最低限2500億ユーロ(約33兆8700億円)を援助するそうだよ。

私はあまりよく理解出来ていないよ。

ギリシャはEUの金庫から、“支援”としてどんどんお金を取っていく。

返済義務に関しては全く話になりませんよ。

全部は茶番。不当だね。

全くクレイジーだ。どうなっているんだい?

ゴールは遠い・・・完済するまでの長い道のり

本当に“ネバーエンディングストーリー”って言葉がぴったりくる様な状況ですね。お金を借りて、それで返すって、失礼ですがなんだかギャンブラーみたいです。

でもいつかはギリシャが復活する事を信じています。だって経済が破綻したらもうおしまい、なんて世の中のルール、嫌じゃないですか?だからギリシャが立ち直り、成功モデルになってもらいたいと思います。

しかし言うのは簡単です。実行はとっても難しいし、時間がかかります。完済するまで本当に時間がかかると思います。

だからこそ否定的な目で見ないで、むしろ応援する気持ちでこれからのギリシャを見守っていきましょう。いつか立ち直ったギリシャを見れる時がくるまで。

【参考URL】http://www.spiegel.de/wirtschaft/soziales/griechenland-bekommt-geld-und-zahlt-schulden-zurueck-a-1048967.html

いつも思うけど、EUの国々はどうしてギリシャにこんなにお金を渡すんだ?ジョニー的には見返りがないとお金あげないけどな~。自分が苦しくなったときに助けてもらうための保険かね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    頑張れドイツ
    遠くから見守っているよw

  2. 日本の名無しさん より:

    大元はオスマン帝国からの独立に遡るからねえ
    イギリスやフランスに騙されて独立したら後からヤクザ紛いに独立させてやった資金=借金と取り立てされてオスマン時代より税金がバカ高くなっちゃたという
    カスピ海縁側諸国にはよくある話

  3. 日本の名無しさん より:

    EUにしてみたらギリシャの借金なんてたいした金額じゃないだろ。
    貸すのが嫌なら貸さなきゃいい。好きにしなよ。

  4. 日本の名無しさん より:

    EUROを作る時点で、こんなこと予測済みだろw問題ないw

  5. 日本の名無しさん より:

    お荷物ギリシャが脱落するとユーロが高騰するかもしれないからな。輸出をしたい独仏にとっちゃ程よくユーロを安くしてくれるギリシャはありがたい存在なんだろう。生かさず殺さずでだらだらと援助を続けるだろうな。

  6. 名無しの権兵衛 より:

    >いつか立ち直ったギリシャを見れる時がくるまで。
    いやいやいや。400年後には生きてないから。
    その間禁欲的にギリシャが過ごす事も無い。
    税金が上がればシェンゲン協定によりギリシャから人は居なくなるだろう。
    ギリシャは緩慢に殺されて、その負債は各国が負担する事になる。

  7. 日本の名無しさん より:

    しかし、これでまたギリシャが立ち行かなくなったら、今度こそEUがギリシャの経営に乗り出すのかな、ギリシャの公務員全てをリストラしたら観光事業だけでウハウハのような気がするんだけど。

  8. 日本の名無しさん より:

    なんかココの管理人ってマクロ経済に関心無いっぽいよね。ユーロ離脱してドラクマ復活するくらいやらんとギリシャ経済復活なんてできなさそうなのに。

    1. ドイツ人留学生 より:

      一通り読みましたけど、「経済に関心がある学生」というだけで、
      海外のニュースを適当に翻訳して発信しているだけじゃないですかね。
      日本人の場合、自分自身の意見がないですね。まるで他人事で、自分なら
      どうやって解決するのか、普通は考えるでしょう。
      だから日本は衰退するんじゃないですか?
      外国人としてはアベノミクスを管理人はどう思っているのかなと思いますね。
      マイナス成長で観光資源も韓国以下、どう説明するんですか?

      1. 日本の名無しさん より:

        >日本は衰退
        EU衰退の立役者にしてユーログローバリズムの権化「第四帝国」ドイツ様に心配していただき恐悦の極み。ああ、アベノミクスは失敗ですよ?金融緩和だけで財政出動やってないですからね。まあマクロ経済理解してないのはココの管理人もEU首脳も阿倍信三もおんなじですわ。みんなおんなじグローバリストwもうみんな滅びろw

        1. ドイツ人留学生 より:

          メルケルを選んだドイツも確かに無能ですが、それ以上に日本の場合は
          隣国が攻めてきた時にドイツと違って核シェアリングが出来ないから
          哀れだなと思っています アメリカも捨て駒としか思っていないんじゃないんですか?

  9. 日本の名無しさん より:

    借金返すために借りてる状態でしょ
    自転車操業もいいとこじゃん
    国家にも総量規制が必要かな?

  10. 日本の名無しさん より:

    デフォルトした方が早く解決するのかもね
    痛みを伴って、早く終わらせた方がいいんじゃね

    バブルの後片付けを「ソフトランディング」の言葉に踊らされて「空白の20年」を送った日本からの提案だけどねw

  11. 日本の名無しさん より:

    スペインもよくヤバイって言われたけど、結構踏ん張ってる。
    ギリシャは救いようが無い。

  12. 日本の名無しさん より:

    ダメな国家が出来上がるようなシステムなんだからギリシャじゃなくても結局はEU内のどこかがダメになるだけなんだよ…

  13. 日本の名無しさん より:

    ドイツはシリア難民の人身売買を始めるかもな。

  14. 日本の名無しさん より:

    EU離脱したらギリシャはロシアに狙われて、ヨーロッパの歴史的な建築物や遺跡がロシアのものになってしまうからね
    それらをもし買い取るとなると、もっと大きなお金が必要になる
    無駄に領土拡大したがるロシアと中国に、これ以上国土を与えてはいけないよ
    難民も受け入れないくせに国土だけは奪いたがる国というのが、ロシアと中国という国

コメントを残す

みんなが見ている人気記事

まだデータがありません。

キャラクター紹介