お金の学校

  1. >
  2. 海外の反応楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の審査を徹底解説

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の審査を徹底解説

2022/01/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天銀行のカードローン商品である「楽天銀行スーパーローン」に申し込みたいけれど、審査が厳しいのか、どのような審査が行われるのか不安で申し込みをためらっている人もいるのではないでしょうか。

楽天銀行スーパーローンの審査基準は公開されていませんが、審査は返済能力の確認を目的に行われるもので、見られるポイントはある程度決まっています。

今回は楽天銀行スーパーローンの審査について徹底解説するので、不安の解消に役立ててください。

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の基本情報を確認

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の審査について確認する前に、まずは基本情報を確認しましょう。

金利や利用限度額など商品概要をチェックしよう

楽天銀行スーパーローンの金利や利用限度額など、商品概要を紹介します。

項目 内容
金利 年1.9%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円(10万円単位)
※専業主婦は50万円まで
資金使途 原則自由
※事業性資金としては利用できない
契約期間 1年
※自動更新
担保・保証人 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社が保証
※楽天銀行が認めた場合は不要
保証料 借入利率に含まれる
手数料 ATM利用手数料
1万円以下の借入:110円
1万円超の借入:220円
※一部提携ATMでは無料

楽天銀行スーパーローンの金利は年1.9%~14.5%ですが、以下のように利用限度額によって金利の幅が決まっているため、どれくらいの金利になるかある程度予想できます。

利用限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.5%
100万円以上200万円未満 年8.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 年5.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 年3.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 年3.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 年3.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 年2.0%~7.8%
800万円以上 年1.9%~4.5%

利用限度額が高いほど金利が低くなる傾向が見られます。しかし、最初から高額の借入ができるケースはあまりなく、希望が通るとは限りません。

返済計画が立てやすいので、利息を予想する際には希望する利用限度額に対応する金利の幅の中で最大の金利になると考えましょう。

楽天銀行スーパーローンの資金使途(借りたお金の使い道)は原則自由ですが、事業性資金としては利用できません。契約期間は1年間と決められていますが、自動更新されるため返済上の問題を起こしたなどの理由がない限りは継続して利用できます。

銀行のカードローンに特徴的なのが、保証会社を付ける必要がある点です。保証会社とは楽天銀行に対して利用者の返済能力を保証し、万が一返済が滞った場合には利用者の代わりに楽天銀行に対して返済を肩代わりする役割を持っています。

返済を肩代わりしてもらった場合は保証会社に返済をするルールで、借りたお金を返済しなくてよくなるわけではありません。消費者金融で借入をする場合は、保証会社は不要です。消費者金融が銀行カードローンの保証会社になっているケースも多く見られます。

保証会社に対しては保証してもらうための保証料の支払いが求められますが、保証料は金利に含まれているため新たに計算する必要はありません。

利息がどれくらいかかるか試算してみよう

楽天銀行スーパーローンの利息は、以下の計算式で計算します。

借入元金✕金利÷365日×借入日数(借入日当日は除く)

希望する利用限度額にもよりますが、初めて借入をする場合は最も高い金利が適用されるケースが多いため、金利は年14.5%として、楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションを利用して計算しています。

紹介しているのは、楽天銀行スーパーローンの返済方式に従って返済をした結果です。

借入額 半年で返済
10万円 52,790円
30万円 273,670円
50万円 479,022円
100万円 1,381,949円

決められたルール通りに返済をすると、かなりの利息額になるのがわかります。

利息を減らしてお得に借入をしたい場合は、余裕がある時に自由に返済ができる随時返済を併用する方法がおすすめです。随時返済とは、毎月の返済とは別に好きなタイミングで行う追加の返済を言います。

追加の返済の方法は以下の2通りあり、事前連絡の必要はありません。

  • インターネットからの返済
  • 振込での返済

振込で返済をしたい場合、利用者ごとにカードローンの返済口座が用意されています。口座番号を問い合わせてから随時返済をしましょう。

先程利息の計算式を紹介しましたが、利息は借入日数分必要です。借入日数が少なくなれば、利息が軽減できます。

随時返済をした場合でも、通常の返済は必要です。通常の返済を忘れないようにしましょう。

満たしていないと借りられない!楽天銀行スーパーローンの利用条件

楽天銀行スーパーローンの利用条件は以下の通りです。

  • 満年齢が20歳以上62歳以下※パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下
  • 日本国内に居住している※外国籍の人は永住権または特別永住権がある
  • 勤めていて毎月安定した定期収入がある、または専業主婦
  • 保証会社の保証が受けられる
年齢と居住地に関する条件のほかに、勤めていて安定した定期収入を得ているという条件が設けられています。専業主婦の場合は配偶者の収入を安定収入とみなして借入ができる仕組みです。保証会社の保証を受ける必要もあります。

年齢の部分に記載されているように、楽天銀行スーパーローンはパート・アルバイト・専業主婦(主夫)でも申し込み可能です。専業主夫については商品概要の部分では触れられていませんが、申し込みフォームの分類が専業主婦(主夫)とされています。

楽天銀行スーパーローンの借入方法と返済方法

楽天銀行スーパーローンの借入方法と返済方法は以下の通りです。

取引内容 方法
借入 提携ATMまたは提携CD
希望する口座への振込
返済 提携ATMまたは提携CD
指定口座からの自動振替
インターネット返済

借入の単位は1万円からで、千円単位での借入はできません。

楽天銀行の口座が無くても利用可能だがあると便利

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座を持っていなくても利用可能です。しかし、楽天銀行の口座を持っていると以下のようなメリットがあります。

  • 24時間365日即時振込での借入ができる
  • 楽天銀行アプリで利用状況の確認や借入・返済ができる
  • 返済日として27日が選べる
楽天銀行の口座を持っていると、24時間365日即時振込での借入が可能です。他の金融機関の口座の場合は金融機関によって対応可能な時間が異なるため、困った時にすぐに借入ができない可能性もあります。

楽天銀行の口座を持っていれば、楽天銀行のアプリで利用状況の確認や借入・返済ができて便利です。

楽天銀行スーパーローンの返済日は、1日・12日・20日から選べます。楽天銀行の口座を持っている人に限り、27日も選択可能です。

24時間365日即時振込で借りられるのは大きなメリットなので、口座がない人は開設を検討してもよいでしょう。

スムーズに申し込めるよう審査の流れと必要書類を確認

スムーズに申し込みができるよう、楽天銀行スーパーローンの審査の流れと申し込みに必要な書類を確認しましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査の流れを解説

楽天銀行スーパーローンの審査の流れは、以下の通りです。

1、 申し込みフォームに必要事項を入力して送信する
2、 受付完了メールが届くので内容を確認する
3、 審査が行われる
4、 審査結果が出たらメールで連絡がある
5、勤務先へ在籍確認の電話がある
6、契約内容の確認のために本人に電話がある
7、電話で案内された必要書類を提出する
8、手続きが完了したらローンカードが発行される
9、必要に応じて口座振替依頼書を返送する

申し込みフォームに必要事項を入力して送信したら、受付完了メールが届きます。メールにはローンカード発行までの案内が記載されているので、確認しましょう。

受付完了メールが届いたら審査が始まり、審査結果の連絡がメールで届きます。

メールが届いたら勤務先へ在籍確認のための電話があり、契約内容確認のために本人にも電話があります。勤務先への在籍確認と契約内容の確認は、状況によって順番が逆になる可能性もある点は知っておきましょう。

契約内容確認の電話で必要書類が案内されるので、確認してから提出します。書類の提出は郵送でも可能ですが、アプリで提出すると便利です。

手続きが完了したらローンカードが発行されます。楽天銀行に口座を持っていて、口座の情報を引き継いで申し込みをした場合以外は、口座振替依頼書の返送が必要です。

楽天銀行スーパーローンは土日祝日でも審査を申し込める

楽天銀行スーパーローンは、土日祝日でも審査申し込みが可能です。ただし、土日祝日には審査が行われていないため、審査結果が出るまでに余分に時間がかかる可能性があります。

楽天銀行スーパーローンの公式サイトを確認すると、土日祝日が間に入る場合は審査時間がより長くなる可能性があると案内されていました。

申し込みの際に最初に入力が求められる内容が、就業状況と生年月日です。専業主婦(主夫)以外で就業していない人や年齢の条件が合っていない人は、先に進めません。申し込み条件を満たしていれば、以下の3つの内容について尋ねられます。

  • 本人情報
  • 勤務先情報
  • 申し込み内容

申し込みの際に入力した内容を元に、審査が行われます。

楽天銀行スーパーローンの審査を受ける際の必要書類

審査を受ける際に必要な書類は契約内容の確認のための電話で案内されますが、求められる可能性がある書類は以下の通りです。

必要書類の種類 具体的な書類
本人確認書類
※(1)か(2)のいずれか
(1)住民票の写しまたは印鑑登録証明書を1点
(2)運転免許証・パスポート・健康保険証、楽天銀行が指定する本人確認書類の中から2点
収入証明書類 勤めている人:源泉徴収票・課税証明書(所得証明書)・給与明細のいずれか
自営の人:課税証明書(所得証明書)・確定申告書のいずれか

上記の書類の中から、電話で指示された書類を提出しましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査基準を詳しく紹介

楽天銀行スーパーローンの審査基準について詳しく紹介します。審査が不安な人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査基準は非公開でもポイントはある

消費者金融も含めて、どのカードローンを利用しても審査基準は公開されていません。楽天銀行スーパーローンでも、公式サイトを確認すると「審査基準や審査内容の詳細については案内できない」と記載されているのが確認できます。

しかし、共通して見られるポイントはあるので、ある程度の推測は可能です。

楽天銀行スーパーローンの審査は、申し込みフォームに入力された内容と在籍確認、提出された必要書類を元に行われます。

また楽天銀行スーパーローンでは、個人信用情報の確認や警察庁のデータベースの確認も行われているので、それぞれについて詳細を見ていきましょう。

申し込みフォームで確認しているのは返済能力

申し込みフォームを元に確認しているのは、返済能力です。先程確認したように、申し込みフォームでは申込者が申し込み条件に合っているかをチェックしたうえで、以下の内容について入力を求めます。

情報の内容 項目
本人情報 氏名・性別・家族構成・居住形態・連絡先など
勤務先情報 勤務先名称・勤務先電話番号・年収・勤務形態など
申し込み内容 希望の限度額など

本人情報は連絡がつく連絡先があるか、居住形態を元に引っ越しにくく連絡がつかなくなりにくい状況かなどを確認しています。本人以外が申し込んだり連絡がつく連絡先が無かったりしない限りは、審査の合否にはあまり影響を与えません。

ただし、利用限度額の参考にされる場合はあります。
勤務先情報は審査の可否に大きく影響を与える項目です。勤務先が大企業や公務員なら、収入が途絶えにくいため有利になります。パートやアルバイトなどの勤務形態の場合は、収入が途絶える可能性がある点で不利です。

とはいえ、楽天銀行スーパーローンはパートやアルバイトなどの勤務形態でも融資の対象としているため、勤務形態が問題で借りられないとは考えにくくなっています。勤務形態によっては利用限度額が低くなるケースが見られます。

勤務先情報が問題で借りられないのは、以下の例のように利用条件とされている「毎月安定した定期収入がある」という項目を満たしていない場合です。

  • 短期のアルバイトをしている
  • 短期派遣で働いている
  • 自営業などで時期によって収入が大きく変動する
  • 日雇いで収入が安定しない

借入をした後は返済をしますが、返済はすぐに終わるものではなく長期間にわたって続きます。審査は貸したお金を返してくれるかにポイントを置いて行われるため、返済期間中に収入が途絶える可能性がある場合は審査に通りにくいのです。

申し込み内容に関しては、希望の利用限度額が影響します。収入に対して高すぎる借入額を希望していると、返済を管理できるか不安に思われて審査結果に影響する可能性があるため注意しましょう。

消費者金融カードローンの場合、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制と呼ばれる法律に基づいた決まりがあります。銀行カードローンには影響しない法律ですが、銀行カードローンの場合も年収の3分の1を目安として限度額を決定するのが一般的です。

消費者金融カードローンで年収の3分の1までしか融資をしないのは、過去の融資経験を元にこの割合までなら返済が可能だろうと考えられたためです。年収の3分の1を超えると返済が難しくなるため、銀行も同じ基準を採用しているケースが多く見られます。

単純に金額が高いか低いかではなく、自分の年収を元に判断する必要がある点に注意しましょう。

勤務先への在籍確認は収入の裏付けを取る重要な審査

勤務先への在籍確認は収入の裏付けを取る重要な審査なので、在籍確認が上手く行かないと審査に通らない可能性もあります。

申し込みフォームに記入する内容は自己申告なので、お金が借りたいために嘘を入力する人がいるのも事実です。退職した職場名を記入したり知人の職場名を借りたりといった例もあるため、電話という嘘がつけない方法で裏付けを取っています。

電話がつながらなければ、本当に申し込みフォームに記載されている職場で働いているか確認ができません。確実に収入があるとは言えないので、審査に通らない可能性があるのです。

必要書類は申し込みフォームの正確性をチェックするためのもの

必要書類は申し込みフォームの正確性をチェックするためのものです。必要書類は主に本人確認書類と収入証明書類ですが、本人確認書類では他人が申込者になりすまして申し込みをしていないか確認しています。

収入証明書類は、本当に申し込みフォームに記載した年収を得ているか確認する目的の書類です。在籍確認によって収入を得ている裏付けが取れても、金額まではわかりません。収入証明書類があれば、年収がはっきりわかります。

楽天銀行スーパーローンでは、原則として利用限度額が50万円を超える場合に収入証明書類を提出しなければいけません。限度額が高くなるほど返済が難しくなるため、返せるだけの収入を得ているか厳しくチェックする必要があるのです。

利用限度額が50万円以下でも、審査を行った結果として楽天銀行が必要だと判断すれば、収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

個人信用情報の確認では3つの項目がチェックされている

楽天銀行スーパーローンに申し込むと、個人信用情報が確認されます。個人信用情報とは個人がお金を借りた履歴に関する客観的な情報です。

個人信用情報を確認すれば、楽天銀行スーパーローンに申し込んだ時点で契約しているローンや返済状況、クレジットカードの利用状況、他のカードローンへの申し込み状況などがわかります。

個人信用情報は個人信用情報機関と呼ばれる機関に集められ、保管されています。カードローンの申し込みを受けると、加盟している機関に情報を問い合わせ、情報を審査の参考にするのです。

チェックされる項目を確認しましょう。

  • 借りたお金の返済状況
  • 借りているお金の金額
  • 他のカードローンへの申し込み状況

組んでいるローンの返済が滞っている、クレジットカードの支払いができていないなど、借りたお金の返済状況が悪いと返済できる能力がないと判断され、審査に通りません。

借りているお金の金額が高すぎる場合も、新たにカードローンを利用しても返済が難しいと判断されます。

楽天銀行スーパーローンだけではなく他のカードローンに申し込んでいると、お金に困って急いで借りたがっていると思われ、審査に不利になるので注意しましょう。

警察庁のデータベースへの照会では反社会勢力と繋がりがあるかを確認

楽天銀行スーパーローンの審査では、警察庁のデータベースへの照会が行われ、反社会勢力との繋がりがあるかもチェックされます。

反社会勢力には融資が行われません。

楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすくする4つのコツ

審査の内容を元に、楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすくする4つのコツを紹介します。

  • 他のカードローンと同時に申し込まない
  • 借入額が多すぎる場合は返済してから申し込む
  • 必要書類をきちんと揃える
  • 在籍確認の電話に出られるようにしておく
他のカードローンと同時に申し込むと審査に通る可能性が下がるので、審査結果が気になる場合もまずは楽天銀行スーパーローンに絞って申し込みをしましょう。複数一度に申し込むと、同時申し込みが原因で複数のカードローンで審査に落ちる可能性もあります。

万が一楽天銀行スーパーローンの審査に落ちたとしても、結果を見てから別のカードローンに申し込めば別の申し込み先では審査に通るケースも見られるので、同時申込みは避けましょう。

借入額が多すぎると返済能力がないと思われて振りになります。借入額が多い人は返済を進めてから申し込む方法がおすすめです。

必要書類の準備や在籍確認の準備もしておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査難易度について検証しよう

楽天銀行スーパーローンの審査は甘いのか厳しいのか、審査難易度について検証しましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査通過率は非公開

楽天銀行スーパーローンの審査通過率は非公表です。審査通過率とは審査を受けた人がどれくらい審査に通ったかを示す数字なので、審査通過率を見れば審査に通る可能性が高いかどうかが予想できます。

審査通過率が高いカードローンの審査が甘いわけではありません。それぞれのカードローンごとに設けられた基準できちんと審査が行われています。審査の甘い・厳しいを判断する数字ではなく、客観的に通過する人が多いかどうかを判断する数字として見ましょう。 

楽天銀行スーパーローンは審査通過率を公表していません。しかし、審査通過率はあまり高くはないと考えられます。消費者金融のカードローンのように審査通過率を公表しているカードローンがあるので、消費者金融カードローンの数字を元に検証しましょう。

審査通過率の高い消費者金融カードローンの審査通過率は40%程度、審査通過率が低い消費者金融カードローンの審査通過率は35%程度です。

一般的には金利が低いカードローンの方が審査が厳しくなる傾向が見られます。消費者金融カードローンの金利は年18.0%程度、楽天銀行スーパーローンの金利は年14.5%程度なので、審査通過率は35%よりも低いと考えましょう。

金利が低いカードローンの方が審査が厳しくなりがちなのは、返済が滞った場合に対する備えが少ないからです。利息には事務手数料などの必要経費と合わせて、万が一返済が滞った場合に備える意味も含まれています。

長期滞納が起こった場合は保証会社に返済してもらう方法を取りますが、1か月や2か月の滞納では保証会社に請求しないのが一般的です。金利が低いカードローンは得られる利息が少なく備えが少ない分、審査を厳しくして本当に返してくれそうな人にしか融資しません。

甘い?厳しい?審査に関する口コミから審査難易度を確認しよう

楽天銀行スーパーローンの審査に関する口コミを集めました。審査を受けた人がどう感じているのか、口コミを元に審査難易度を確認しましょう。

  • 他のカードローンで落ちたのに審査に通ったのは良かったが上限額は低かった
  • 楽天ヘビーユーザーだからか借入額が多い気がするのに審査に通った
  • 300万円希望したが100万円で審査に通った
  • 200万円で希望したのに10万円の限度額になった
  • 200万円借りたかったのに50万円の枠になった
  • 他社借入が150万円あるのに50万円で審査に通った
  • 50万円で希望したら100万円で通った
  • ダメ元だったが通った
  • 仮審査で通ったのに本審査では落ちた
  • かなりの早さで否決された
  • メールですぐに否決された
  • 楽天銀行スーパーローンに落ちた後別のカードローンに通った

「ダメ元でも通った」「借入額が多い気がするのに通った」「50万円の希望だったのに100万円で通った」など、審査がそれほど難しくないという意見も見られました。一方で「希望額より低い金額で可決された」「すぐに否決された」という意見もあります。

特に多く見られたのが「希望額よりも低い金額で可決された」という声です。全体的な印象から、審査が甘いとは言えず、厳しい雰囲気が伺えました。

即日融資を希望するなら楽天銀行スーパーローンより消費者金融

即日融資を希望する人やどうしても電話による在籍確認を避けたい人は、楽天銀行スーパーローンよりも消費者金融がおすすめです。即日融資ができる可能性があり、電話による在籍確認を避けられる方法もある消費者金融を5社紹介するので、チェックしてみてください。

電話連絡なしで借りられる申し込み方法を持つSMBCモビット

SMBCモビットの特徴は、以下の通りです。

楽天銀行スーパーローンで不安な内容 特徴
即日融資 即日融資も可能
審査時間は最短30分
急いでいる時には優先的な審査も可能
電話での在籍確認 Web完結申込なら原則電話連絡なし

SMBCモビットは、急いでお金を借りたい時に優先的に審査を始めてくれる便利な業者です。インターネットで申し込みを済ませた後で電話をすれば、すぐに審査を始めてもらえます。

審査時間は最短30分とスピーディーで、Web完結申込という方法を選べば原則電話連絡もありません。

クレジットカード機能付きのカードも発行できるため、ショッピングにも借入にもカードを利用したい人にもおすすめです。

アプリローンで最短1時間融資も可能なプロミス

プロミスの特徴は、以下の通りです。

楽天銀行スーパーローンで不安な内容 特徴
即日融資 即日融資も可能
審査時間は最短30分
事前審査結果が最短15秒で表示できる方法あり
アプリローンで最短1時間融資も可能
電話での在籍確認 不安な場合は相談が可能

プロミスはアプリで申し込みから契約までできるアプリローンがある消費者金融で、最短の審査時間は30分です。アプリローンでは最短1時間での融資も可能です。

事前審査結果が最短15秒で表示できる申し込み方法もあるため、借りられる可能性があるかどうかだけでも早く知りたい人は試してみてください。

勤務先への電話連絡が不安な場合は、相談も可能です。

プロミスは初めて借入をする人を対象に、30日間無利息で借入ができるサービスを提供しています。利息を軽減したい場合にもおすすめです。

最短30分で審査結果がわかるアコム

アコムの特徴は、以下の通りです。

楽天銀行スーパーローンで不安な内容 特徴
即日融資 即日融資も可能
審査時間は最短30分
電話での在籍確認 不安な場合は相談が可能

アコムは最短審査時間が30分で、即日融資にも対応できます。電話での在籍確認が不安な場合は、電話で相談に乗ってもらいましょう。

アコムは審査通過率が他の業者より高めな傾向が見られます。30日間の無利息サービスも実施しているので、利息を軽減したい人にもおすすめです。

最短25分で融資が受けられるアイフル

アイフルの特徴は、以下の通りです。

楽天銀行スーパーローンで不安な内容 特徴
即日融資 即日融資も可能
審査時間は最短25分
アプリからの申し込みも可能
急いでいる時には優先的な審査も可能
電話での在籍確認 原則電話連絡なし

アイフルは原則電話連絡がないのが特徴の消費者金融です。審査時間は最短25分と速く、アプリからの申し込みにも対応しています。急いでいる時にはインターネットで申し込んでから電話をすると、審査が優先して開始されるのもメリットです。

アイフルでも30日間の無利息サービスが実施されています。

アプリから便利に申し込め審査結果が15秒で分かるレイクALSA

レイクALSAの特徴は、以下の通りです。

楽天銀行スーパーローンで不安な内容 特徴
即日融資 即日融資も可能
審査時間は最短15秒
アプリで最短1時間融資も可能
電話での在籍確認 不安な場合は相談が可能

レイクALSAはインターネットで申し込むと最短15秒で画面に審査結果が表示される、スピーディーな審査が可能な消費者金融です。アプリで最短1時間での融資も可能で、当日
21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了すれば即日融資が受けられます。

勤務先への電話連絡が不安な場合は、相談に乗ってくれるのもメリットです。

レイクALSAには3種類の無利息サービスがあり、条件によって適用されます。複数のサービスが適用される場合はお得な方を選べるので、事前に公式サイトを利用してシミュレーションをしたうえでお得に借入をしましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査で見られるのは返済能力

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の審査で見られるのは、返済能力です。貸したお金が返ってこないと経営にダメージを受ける可能性もあるため、カードローンを利用する際には必ず返済能力を確認するための審査を受けなければいけません。

楽天銀行スーパーローンの審査で主にチェックされる項目は、安定収入と他社での借入状況です。毎月同じくらいの収入があり、他社での借入状況に問題がなければ、審査に通る可能性があると言えます。

申し込みの際に間違えないように入力する、必要書類をきちんと用意するなど、少しの工夫で審査に通過する可能性を挙げられるので、しっかり準備したうえで申し込みをしましょう。

この記事に対する反応

日本国内に住んでて「永住権」か「特別永住権」を持っていれば外国人でも楽天銀行スーパーローンを借りれるらしいよ

楽天会員ならポイントがもらえたりキャンペーンで金利が半額になったりとするらしい!しかも会員ランクに応じて審査を優遇してくれるとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加