お金の学校

  1. >
  2. 海外の反応公務員のカードローン審査のポイントとバレないための借り方を解説

公務員のカードローン審査のポイントとバレないための借り方を解説

2022/01/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員はカードローンの審査には有利な属性ですが、バレないように借りるならバレやすい状況を知ったうえで申し込む必要があります。

今回は公務員がカードローンを利用する際の審査のポイントと、バレないための借り方を紹介するので、参考にしてみてください。

公務員でもカードローンは利用できる?利用状況を確認

公務員でもカードローンは利用できるのか、実際に利用している人がいるのか、利用状況を確認しましょう。

公務員のカードローン利用の割合を紹介

一般社団法人全国銀行協会が2019年に行った「銀行カードローンに関する消費者意識調査」によると、カードローンを利用している公務員の割合は以下の通りです。

  • 銀行カードローンを利用している公務員:全体の5.4%
  • 貸金業者のみを利用している公務員:全体の4.4%

銀行カードローンの利用者には、銀行カードローンのみを利用している人と貸金業者と併用している人が含まれています。銀行カードローンのみを利用している公務員は全体の7.6%、銀行カードローンと貸金業者を併用している公務員は全体の4.5%という結果です。

全体としては、カードローンの利用者の5%程度が公務員だと言えます。一見低い割合に見えますが、「Government at a Glance 2017」という資料によると2015年の日本の公務員の割合は5.9%でした。

公務員の割合を見ると、カードローンを利用している公務員は少なくないとわかります。

公務員ならカードローンの審査で有利になる可能性あり

公務員は以下の理由で信用が高く、カードローンの審査で有利になる可能性があります。

  • 倒産がなく収入が途絶える心配が少ない
  • 給与が業績によって左右されない
  • ボーナスが決まって受け取れる

カードローンの審査の目的は、返済能力の確認です。返済能力を確かめる際には、継続して同じくらいの収入を受け取っているか、収入が安定しているかが重要視されます。

カードローンの返済期間は長期にわたるので、途中で収入が途絶えたら返済が進みません。倒産がない公務員や倒産するとは考えにくい大手企業に勤めている会社員は、途中で収入が途絶える不安が少ないため審査に有利です。

逆にアルバイトやパートなど正社員と比較して仕事を辞めやすい勤務形態の人は、審査上不利になります。短期アルバイトや短期派遣など、近いうちに収入がなくなるのがわかっている人は審査に通らない可能性もあるのです。

一般企業では業績に左右されて給与が下がるケースも見られますが、公務員なら規定によって給与の額が変動せず、ボーナスも決まってもらえます。給与が減って返済が難しくなることがないのも、公務員が有利な理由の一つです。

公務員のカードローンの利用限度額は年収の3分の1が目安

信用が高い公務員ですが、利用限度額は他の職業の人と同様に年収の3分の1程度が目安です。

消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合、貸金業法という法律の取り決めによって年収の3分の1を超える融資が受けられません。

職業に関わらず借入額が年収の3分の1を超えると返済が難しくなるため、多重債務者を出さない目的で年収の3分の1を超える融資が禁止されています。

貸金業法は消費者金融など貸金業者に分類される業者に関係する法律で、銀行カードローンには関係ありません。しかし、どこで借入をしても年収の3分の1を超えると返済が難しくなることに変わりはないので、銀行でも年収の3分の1を一つの目安として融資をしています。

ただし、公務員専用の商品を利用する場合や年収が高い人の場合は、銀行カードローンであれば年収の3分の1を超える借入が可能なケースも見られます。広島銀行の「公務員カードローン」という商品を例に見てみましょう。

融資枠 必要年収
50万円型 安定継続収入があれば借りられる
100万円型 税込定例年収300万円以上
200万円型 税込定例年収400万円以上
300万円型 税込定例年収500万円以上

年収が低い場合は年収の3分の1が目安となりますが、年収が上がれば生活に余裕が出る可能性があるため、年収の3分の1を超える借入が可能になるケースがあります。しかし、年収の条件をクリアしていても希望の金額で審査に通るとは限りません。

公務員がカードローンの審査を受ける際にチェックされるポイント

公務員はカードローンの審査で有利とは言われますが、公務員であれば誰でもカードローンの審査に通るわけではありません。審査の結果、返済能力がないと判断されれば審査落ちする可能性もあります。

公務員がカードローンの審査を受ける際にはどのような点がチェックされるのか、詳しく確認しましょう。

申し込みフォームでチェックされる収入の安定性は公務員なら問題ない

カードローンの審査は、まず申し込みフォームに記入された内容を元に行います。申し込みフォームでチェックしているのは収入を得ているか、収入が安定しているかです。

公務員であれば収入の安定性には問題がないため、勤続年数や年収の確認が行われます。勤続年数が短すぎる場合は退職の可能性があると考えられて審査に落ちるケースがあるので、仕事を始めてすぐに申し込むよりも数か月経過してから申し込んだ方が安心です。

家族形態や自宅が持ち家か借家かなどの情報も含めて総合的に判断されますが、これらの情報は審査の可否よりも利用限度額を決める参考にされます。

申し込みフォームに入力する内容で公務員の場合に審査の可否に影響するのは、他社からの借入状況です。他社からの借入がある場合は、借入額や借入件数の記入が求められます。他社からの借入状況には個人信用情報も関連するので、詳しく見ていきましょう。

必要書類の提出で申し込みフォームの内容が正しいか裏付けが取られる

カードローンに申し込むと、書類の提出が求められます。主な書類は以下の2点です。

書類の種類 提出の目的
本人確認書類
運転免許証やパスポートなど
誰が借入をしているのか明らかにする
なりすましを防ぐ
収入証明書類
源泉徴収票や給与明細書など
働いて収入を得ているか確認する
年収をはっきりさせる

本人確認書類には、誰が借入をするのか明らかにする意味があります。同姓同名の人もいるので、個人信用情報機関に情報を問い合わせた時に間違って別人の情報を照会しないよう、申込者を明らかにする必要があるのです。

本人確認書類の提出には、なりすましによる借入を防ぐ目的もあります。申し込みフォームの情報のみで融資をすると、他人が申込者の名前を利用して借入をしていても見分ける方法がありません。本人確認書類を提出してもらえば、本人確認が可能です。

収入証明書類には本当に働いていて収入を得ているかを確認し、いくら収入を得ているかはっきりさせる目的があります。

職場への電話連絡で在籍確認が行われる

カードローンに申し込むと、ごく一部の申し込み先を除いて職場への電話連絡が行われます。申し込みフォームには嘘の記入もでき、書類は退職した職場の物を提出するなどの不正も可能です。

不正がないか、本当に公務員として働いているのか裏付けを取るには、嘘がつけない方法で確認を行う必要があります。電話なら嘘がつけないので、職場に電話連絡をする方法で在籍確認を行うのです。

在籍確認では、担当者の個人名で電話をかけるケースが多く見られます。ただし、銀行のカードローンに申し込んだ場合、以下のパターンが考えられるため注意が必要です。

  • 担当者の個人名を名乗る
  • 銀行名を名乗る
  • 担当者の個人名で電話をかけて聞かれたら銀行名を言う

たとえば三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」、PayPay銀行カードローンは、銀行名を名乗って電話をかけます。楽天銀行スーパーローンは担当者の個人名で電話をかけ、社名を聞かれたら楽天銀行と名乗るルールです。

申込者本人が電話に出られれば、簡単な確認で終わります。本人が電話に出られなくても電話に出た人から「今外出している」「業務で別の場所にいる」などの回答が得られれば、働いている裏付けが取れるため在籍確認は完了します。

在籍確認はどのように行われるのか、会話の例を見てみましょう。まずは申込者本人が電話に出た場合から紹介します。

審査担当者 「〇〇(担当者の個人名または銀行名+担当者名)と申しますが、△△様(申込者)はいらっしゃいますか?」
申込者 「私が△△です。」
審査担当者 「□□(カードローンの発行元)の〇〇と申します。在籍確認のためにお電話をいたしました。確認は終了いたします。」

申込先によっては、生年月日など簡単な質問をするケースも見られます。

次に申込者本人が出られない場合の例を見てみましょう。

審査担当者 「〇〇(担当者の個人名または銀行名+担当者名)と申しますが、△△様(申込者)はいらっしゃいますか?」
電話に出た人 「ただいま席を外しております。折り返し電話をするよう伝えましょうか。」
審査担当者 「個人的な要件なので、あらためてお電話させていただきます。」

本人がいない場合と同様に、電話を取り次いでもらう場合もカードローンの審査であるとわからないようにしてくれます。

公務員が知っておきたいカードローンの利用がバレる原因と対策

在籍確認以外にも、カードローンに利用が周囲にバレる場合があるため注意が必要です。周囲に利用をバレたくない公務員に向けて、カードローンの利用が周囲にバレる原因と対策法を紹介します。

申し込みのタイミングでバレる3つの原因

申し込みのタイミングでバレる原因は、主に以下の3つです。

  • 来店で契約する際に見られる
  • 申し込み画面を見られる
  • 電話で申し込んだ時に会話を聞かれる

大手消費者金融や一部銀行カードローンは自動契約機での申し込みも可能ですが、自動契約機を利用しているところをたまたま見られると借入がバレます。見られるのを防ぐには、インターネットからの申し込みがおすすめです。

インターネットで申し込む場合も安心できません。申し込みをしている画面を家族に見られて借入がバレたという声も聞かれました。電話で申し込みをしたら会話を聞かれていたという例もあるため、申し込みの際は周りに人がいないか確認してから申し込みましょう。

借入のタイミングでバレる6つの原因

借入のタイミングでバレる原因は、主に以下の6つです。

  • 業者名の入ったATMで借入しているところを見られる
  • 通帳の履歴で借入がバレる
  • ローンカードを見られる
  • アプリアイコンからバレる
  • 共有のパソコンの履歴からバレる
  • 滞納時にかかってきた電話の内容を聞かれる

大手消費者金融など社名の入ったATMを利用して借入をしているところを誰かに見られた場合、借入がバレます。自社ATMには手数料が無料などのメリットがありますが、見られるのが不安な場合は提携ATMを利用しましょう。

家族と通帳を共有している場合、通帳に残った入金や出金の履歴から借入がバレるケースも見られます。通帳には借入先の名称が記載されるので、見られたら言い訳ができません。

「財布に入れておいたローンカードを見られた」「スマホのアプリアイコンからバレた」「家族共有のパソコンの履歴から取引がバレた」などの例も見られるので、カードローンの利用中は以下のような対策をしましょう。

  • 通帳を共有しているならカードローン専用の口座を作る
  • ローンカードは使わない時は見られない場所に保管する
  • アプリを見られないようスマホにロックを掛ける
  • 家族共有のパソコンで取引をするなら履歴を消しておく
  • 周りに人がいないところで利用する

滞納すると、督促のための電話がかかってきます。電話の内容を聞かれると借入がバレるので、滞納しないよう注意しましょう。

郵送物からカードローンの利用がバレる3つの原因

カードローンの借り入れ先から送られてきた郵送物がきっかけで、家族にカードローンの利用がバレる可能性もあります。郵便物が送られるタイミングは、主に以下の3つです。

  • 契約時
  • 利用明細の送付時
  • 滞納時

カードローンの契約をすると、借入先によっては契約書類やローンカードが送られてきます。借入先によって利用明細が必ず送付される場合もあります。

しかし、消費者金融であれば借入がバレないように業者名の入っていない封筒を使ってくれるため、それほど心配はいりません。

銀行カードローンの場合は銀行名が入っている場合が多く見られます。銀行からは案内が届く機会も多いので、不自然に思わずに済むでしょう。

不安な場合には以下のような対策方法があります。

  • Web完結ができて郵送物が送られない借入先を選ぶ
  • Web明細にしてもらえる借入先を選ぶ
  • 滞納しない

借入先によっては郵送物が送られない方法で契約できる、Web明細が利用できて明細が送られてこないなどの特徴持つところもあるため、不安な場合はそういった借入先を利用しましょう。

滞納すると電話がかかってきたり督促状が届いたりします。貸したお金が返ってこないと困るため、滞納すると連絡が避けられません。

電話で督促を受けても返さなかった場合に書面が届くケースが多いので、返済を忘れていたのであれば早めに支払いを済ませましょう。

長期間滞納して給与が差し押さえられれば確実に借入がバレる

長期間カードローンの返済ができずにいると、給与が差し押さえられる場合もあります。給与が差し押さえられれば、確実に勤務先にも家族にも借入がバレるので注意しましょう。

滞納から給与の差し押さえまでの流れは以下の通りです。

1、滞納するとまず電話や書面で督促を受ける
2、2か月から3か月間返済できないと個人信用情報機関に滞納の情報が記録される
3、借入残高を一括返済するように求められる
4、一括返済できないと裁判所に訴えを起こされる
5、裁判が行われ訴えが認められたら給与が差し押さえられる

預金がある場合は、給与ではなく預金が差し押さえられる場合もあります。給与が差し押さえられた場合は勤務先に連絡が行って給与から天引きされるので、勤務先に黙っているわけにはいきません。給与が減ると家族にもカードローンの利用がバレるでしょう。

カードローンをバレないように利用するなら、滞納は絶対に避けなければいけません。

どうしても事情があって支払えない場合は、自分から連絡を入れましょう。いつ支払えるかを伝え、支払う意思を見せれば、すぐに差し押さえにはなりません。督促を無視し続けると強硬な手段に出られる可能性が高まるので、誠実な対応が必要です。

公務員が職場にバレずに利用できるおすすめのカードローン5選

職場にバレずにカードローンを利用したい公務員の方におすすめのカードローンを5つ紹介します。即日融資にも対応可能なので、急いで借りたい場合にも利用を検討しましょう。

消費者金融の中には初めて利用する人を対象として、決められた期間無利息で借りられる無利息サービスを実施しているところもあります。無利息サービスがあれば、お得な借入も可能です。

電話連絡も郵送物もなしの申し込み方法があるSMBCモビット

SMBCモビットは電話連絡も郵送物もなしの「WEB完結申込」という申し込み方法がある、周りにバレたくない人におすすめの業者です。

「WEB完結申込」を利用するには以下のいずれかの銀行に口座があり、健康保険証の種類が社会保険証または組合保険証である必要があります。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

公務員なら組合保険証を持っているので、口座の条件を満たしていれば「WEB完結申込」による申し込みが可能です。バレ対策に重点を置いて、SMBCモビットの特徴を紹介します。

項目 特徴
郵送物 WEB完結申込なら郵送物なし
在籍確認 WEB完結申込なら原則電話連絡なし
Web明細 対応可能
即日融資 即日融資も可能
無利息サービス なし

Web明細にも対応可能で、郵送物をなくす方法もあります。

審査時間が最短30分で状況によっては即日融資も可能で、急いでいる場合はインターネットから申し込んだ後に電話で連絡をすると優先的に審査をしてもらえる利便性の高い業者です。

クレジットカード機能付きのカードも発行できるので、ショッピングも借入も便利にしたい場合にも向いています。

カードを発行しなければWeb完結が可能なプロミス

プロミスはインターネットまたはアプリから申し込めば、カードを発行せずに郵送物なしでWeb完結できる業者です。カードありを選ぶとカードと契約書類が郵送されるため、契約時の郵送物をなくしたい場合はカードなしで契約しましょう。

プロミスの特徴は以下の通りです。

項目 特徴
郵送物 カードレスを選択すれば郵送物なし
在籍確認 不安な場合に相談に乗ってくれる
Web明細 対応可能
即日融資 即日融資も可能
無利息サービス 初回出金日の翌日から30日間

プロミスはアプリからも申し込みが可能で、スマホを使えば人がいない場所で申し込みがしやすくおすすめです。Web明細にも対応しています。

在籍確認の電話なしで申し込む方法はありませんが、不安な場合は事前に相談しておくと相談に乗ってもらえるので、まずは相談してみましょう。

他の大手消費者金融は上限の金利が年18.0%ですが、プロミスは年17.8%と他の業者よりも少ない利息での借入が可能です。初めて借入をする人を対象に、30日間無利息で借入ができるサービスも提供しているので、利息を抑えたい場合にも向いています。

在籍確認について相談が可能なアコム

アコムは在籍確認について相談に乗ってくれるので、不安な場合におすすめです。アコムの特徴をチェックしましょう。

項目 特徴
郵送物 契約時の郵送物はなしにできない
在籍確認 不安な場合に相談に乗ってくれる
Web明細 対応可能
即日融資 即日融資も可能
無利息サービス 契約日の翌日から30日間

アコムはカードの発行が必須なので、契約時の郵送物をなしにはできません。自宅に送られてくると困る場合は、自動契約機で受け取れば郵送を避けられます。

自動契約機を利用するなら人に見られないようにする必要があるため、あえて遠方の自動契約機を利用するなどの対策を考えましょう。

Web明細には対応していて、在籍確認が不安な時には相談にも乗ってもらえます。最初の契約書類を受け取る際に見られなければ、バレずに利用可能です。

Web完結もアプリからの申し込みも可能で原則電話なしのアイフル

アイフルは郵送物なしのWeb完結にもアプリからの申し込みにも対応していて、原則申し込み時の電話もないため、バレずに借りたい場合におすすめの業者です。アイフルの特徴を確認しましょう。

項目 特徴
郵送物 カードレスのWeb完結なら郵送物なし
在籍確認 原則電話連絡なし
Web明細 対応可能
即日融資 即日融資も可能
無利息サービス 契約日の翌日から30日間

アイフルは審査時間も最短25分と速く、急いでいる時にはインターネットで申し込んでから電話をすると優先して審査を始めてもらえる点でもおすすめです。

公務員がカードローンを利用するなら希望の借り方に合わせて選ぼう

公務員は収入の安定性からカードローンの審査では有利になるので、消費者金融や銀行など様々な借入先が選べます。公務員ならではの借り方として、共済貸付の利用も可能です。

審査上有利ではありますが、すでに借入額が多い場合や過去に返済上の問題を起こした経験がある場合には審査に通らない可能性もあるため、注意しましょう。

できるだけバレないように借りたい場合や即日借りたい場合は消費者金融、少しでも金利を抑えたい場合は銀行やろうきんのカードローン、時間的余裕があり繰り返し借入が出来なくても困らない場合は共済貸付がおすすめです。

どのような借り方をしたいか考えてから、希望に合う借り方を選びましょう。

この記事に対する反応

アコム以外は永住権持ってない外国人でも申し込めるんだって

公務員=安定、ってイメージだから審査に強そうって思ってたらやっぱり強かったでござる。

このエントリーをはてなブックマークに追加