> > > ローンの利用限度額を新生銀行カードローン レイクで考えてみよう

ローンの利用限度額を新生銀行カードローン レイクで考えてみよう

「レイク」とは、新生銀行のカードローン商品の名称です。銀行の商品なので安心感がありますし、さらにこの商品では来店不要での契約、即日融資、提携ATMの手数料無料サービスなど、様々なサービスが受けられます。その上、無利息期間まで設けられていますから、お得な商品だとも言えます。

とはいえ、お金を借りたい人の場合、その目的がありますよね。そのため、どんなに安心でお得なカードローンでも、必要なお金が借りられないとなると考えものです。では、ローンの利用限度額はいくらなのでしょうか?

そこで、今回は大手の金融機関である「レイク」で借り入れをすると仮定したうえで、ローンの利用限度額について詳しく検証していきましょう。

商品の最大融資額を超えては借りられない!貸し付け条件をチェック

新生銀行カードローン レイクは、名前の通りカードローン商品なので、設定された利用枠の中であればいくらでも追加で借り入れをすることができますし、また返済をするとその分だけ借り入れができるようになります。

では、その枠はどのようにして決められているのかというと、審査によって決定されます。ですが、これは当然だと言われるかもしれませんが、商品ごとにいくらお金を貸せるかの上限金額が決められていますので、それを超えての融資はできません。それが貸し付け条件です。

では、貸し付け条件について確認しましょう。

レイクの最大融資額は500万円!

レイクの貸し付け条件を確認すると、融資額は1万円から500万円までと決められています。つまり、レイクを利用するのであれば、商品の取り決めより利用限度額の設定が500万円を超えることはないので、500万円を超えての借り入れはできないということですね。

このように、商品ごとに貸し付けをする際の条件が定められていますので、まずはこの点をチェックして、自分が借り入れをしたいと希望している金額に届くかどうかを確認してから申し込みをすることが大切です。

ところで、レイクでは最少の融資額が1万円となっています。あまり高額のお金が必要ない人の場合、利用限度額を1万円から設定することができるため、借り過ぎが気になる人は限度額を低めに設定する方法もあります。

後から必要になれば利用限度額の増額を依頼することもできますので、最初は少なめに契約して様子を見る方法もあります。ただし、増額の際にも審査があることだけは知っておきましょう。

レイクは多く借りられる商品?他のカードローン商品も見てみよう

では、新生銀行カードローン レイクの上限の金額の設定は高目だと言えるのでしょうか?それとも低いのでしょうか。いくつかの商品を挙げて、比較してみましょう。

まずは、レイクと同じ銀行系カードローンについて見ていきます。ここでは、レイクと同じように全国から借り入れができる銀行を例として挙げています。

  • みずほ銀行カードローン…1,000万円
  • 三井住友銀行カードローン…800万円
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」…500万円
  • りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」…800万円
  • りそな銀行「りそなクイックカードローン」…200万円
  • イオン銀行カードローンBIG…800万円

次に、最小限しか店舗を持っておらず、取り引きはインターネットを通して行うというネット銀行の商品を見ていきます。こちらも、全国から借り入れができる商品を挙げています。

  • じぶん銀行カードローン(じぶんローン)…800万円
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)…800万円
  • ソニー銀行カードローン…800万円
  • 住信SBIネット銀行ミスターカードローン【プレミアムコース】…1,200万円
  • 住信SBIネット銀行ミスターカードローン【スタンダードコース】…300万円

最後に、大手消費者金融会社のカードローン商品の最大利用限度額を見ていきましょう。

  • モビット…800万円
  • アコム…800万円
  • アイフル…500万円
  • プロミス…500万円

このように比較してみると、レイクは借り入れできる最大の金額がそれほど多い商品とは言えないことがわかります。とはいえ、500万円を超える金額が必要なことはそうたびたびあるとは考えにくいので、気にならないと言えばそうですね。

金額だけにこだわらず、その他の条件もチェックしよう!

それぞれのカードローン商品を利用するには、定められている利用条件を満たしている必要があります。例えば、年齢に関して言えば、レイクは満20歳から70歳の人が利用できる商品なのですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」を利用できるのは満20歳以上65歳未満の人です。

つまり、65歳以上70歳以下の人は、レイクは利用できても「バンクイック」は利用できないということです。

また、中にはその銀行の銀行口座を持っていることを利用条件としている商品もありますし、みずほ銀行のようにみずほ銀行の口座を持っていれば即日融資が受けられてもそうでない人は申し込み当日にお金を借りられないといったこともあります。

また、サービス面でも様々な違いがあります。後ほど詳しく確認しますが、レイクはとても充実したサービスが受けられる商品なので、利用するメリットは十分にあります。

もちろん、お金を借りるにはお金の利用目的があるので、その目的に見合っただけの金額が借りられる商品であることは大切なのですが、それほど高額を希望しないのなら借入できる金額だけにこだわるのではなく、その他の条件も考慮に入れて商品選びをしたいものです。

カードローン商品は、商品ごとに融資できる最大の金額が決められています。新生銀行カードローン レイクの場合は、最大の融資額が500万円までなので、それを超えての借り入れはできません。これは、他のカードローン商品と比較して高いとは言い難い金額です。

もちろん、最大でいくら借りられるのかを見て商品選びをする方法もありますが、お金を使いたい目的に合った金額が借りられるのなら、その他の条件も考慮して商品選びをしたいものです。

年収ももちろん関係します!目安となる割合とは?

新生銀行カードローン レイクの貸し付け条件によると、レイクでは500万円まで借り入れができることになります。とはいえ、申込者全員が一律で利用限度額500万円になるわけではありません。

なぜかというと、カードローンはその人が返済できそうな金額だけを融資する性質を持っているからです。誰にでもいくらでもお金を貸していると、利用者が貸したお金を返済できない状況に陥った時に発行元の業者が困ることになりますので、申し込み者の返済能力を判断した上で利用枠を決めています。

その一つの目安となるのが、年収です。では、年収がどのようにカードローンの審査に関わって来るのか、確認しましょう。

レイクに総量規制は関係ないがいくらでも借りられるわけではない!

年収に対する借入の割合と言われると、カードローンに詳しい方であれば『総量規制』という言葉が思い浮かぶかもしれませんね。これは、貸金業者が守るべき法律である貸金業法の中の決まりの名称で、借り入れができるのはその人の年収の3分の1までと制限するものです。

ここで、貸金業者が守るべき法律と記載したことでお気づきかと思いますが、レイクは貸金業者ではなく新生銀行が扱う商品です。消費者金融や信販会社などは貸金業者に分類されますが、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などの金融機関は貸金業者には分類されません。

そのため、レイクで融資を受けるのであれば、法律によって上限が年収の3分の1までと制限されることはないということです。

だからといって、総量規制が関係ないレイクならいくらでも借り入れができるのかというと、もちろんそんなことはありません。先ほども確認したように、返済能力に見合っただけのお金しか融資はできないということですね。

貸金業者以外でも融資の際に目安とするのは年収の3分の1です

総量規制で定められている年収の3分の1という割合ですが、これは何を元に決められているのかというと、年収に対してこれくらいの割合なら返済が可能だろうという推測です。

総量規制はもともと多重債務者を出さないために制定された決まりで、借り過ぎを防ぐことが目的です。つまり、利用者にとって返済できると思われる金額しか貸さないようにすることで、多重債務者が出ることを防ぐわけですね。その際に、過去の融資の状況などを元に、返済できそうだとされたのがこの割合なのです。

ですが、実際には年収の3分の1だと、返済が可能だとされるギリギリの水準だという話もあります。そのため、実際には年収の3分の1まで借りられることはほぼなく、それよりも低めの割合で利用限度額が設定されることが多くなっています。

これらのことを元に考えると、レイクで借り入れをする場合、総量規制は関係なくても年収の3分の1より少ない金額で利用限度額が設定されると考えられるのです。
(⇒50万借りたい人と年収の関係性とは

さらに、返済する余裕がなさそうだと判断されれば、この割合はもっと低くなります。では、年収以外に利用限度額の決定に影響を与える項目をチェックしておきましょう。

年収以外に返済能力をチェックする際に見る項目

年収は多いに越してのことはないのですが、年収が多くても借り入れできる金額が少なくなることもあります。その際にチェックされるのが、以下のような項目です。

  • これまでの借り入れ状況に関する項目
  • 仕事に関する項目
  • 家族に関する項目

最も大きく影響するのが、これまでの借り入れ状況に関する項目です。レイクで借り入れをする前に既に他社で借り入れをしたことがある人の場合、それだけすでに借入残高があることになります。その分、新たに借りる先であるレイクで利用限度額を減らされても当然と言えますね。

さらに、これまでに借り入れをしたことがある人で、返済の際に滞納の経験がある、債務整理や自己破産の経験者であるなど、何らかの問題を起こしている場合、限度枠が減るどころか審査に通らない可能性が高くなります。

すでに返済できないという経験をしているのですから、新たにお金を貸しても同じことになると判断されてしまうわけですね。また、返済上の問題は起こしていなくても、他社借り入れ件数が多い人は今度もあちこちからお金を借りて返せなくなるのでは、と思われるので審査上とても不利です。

意外なことに、携帯電話の料金の未納が問題で借り入れができないという問題もあります。単純に料金滞納だと思っていたものが、携帯電話の端末の料金を分割払いにして携帯料金と一緒に支払っている場合、端末の料金を滞納したことになるからです。

それから、同じ年収でも公務員や大企業の正社員だと安定していると見られやすいですが、中小規模だと正社員でも倒産の可能性があることを考えて、公務員などと比較して限度額がやや低めに設定されることがあります。

パートやアルバイトといった勤務形態なら、やはりいつ辞めるかわからないということで、安定性が疑問視されて限度額が低めになることが考えられます。

家族に関しても、実家で同居家族がいて独身だと自由に使えるお金が高そうだと判断される、そうでなければ限度額が低めになるなどの影響があることが知られていますが、いずれにしてもこれらが原因で借りられないというわけではありません。ただし、限度額には影響します。

総量規制が関係ないのでレイクでは専業主婦も借り入れが可能!

総量規制があっても無くても、年収の3分の1という割合が一つの目安になることは確かです。ですが、実は一つだけ総量規制が関係するかしないかで大きく違ってくることがあります。

それが、専業主婦がお金を借りたい場合です。

総量規制に従うと、自身の収入が0と計算される専業主婦は、お金が借りられないことになってしまいます。ですが、総量規制の影響を受けない銀行系カードローンなどの商品であれば、専業主婦でも利用できる可能性があります。

専業主婦を融資の対象とするかしないかは商品ごとの取り決めによることになりますが、専業主婦は総量規制の影響を受けないカードローン商品の方が借り入れができる可能性が高いと言えます。そのため、それらの商品をチェックして、専業主婦でも利用できると書かれているものを選ぶといいでしょう。

ちなみにレイクはどうかというと、よくある質問に対する回答として、主婦や主夫でも申し込みが可能であることを案内しています。

新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンなので、総量規制の影響は受けず、法律的には年収の3分の1を超える融資も可能です。

とはいえ、返済してもらえるあてのないお金を貸す業者はありませんから、総量規制が関係ないレイクでも、法律上は問題がなくてもやはり年収の3分の1という数字を一つの目安として考え、それ以上貸すことは考えにくくなっています。

やはり、返済能力に見合っただけのお金しか借りられないということは覚えておきたいものですね。

返済能力を超えた借入は利用者にとっても危険!返せるだけ借りよう

ここまでは、お金を貸す側の立場からいくらまでなら貸せるのかということを検証してきました。では、少し視点を変えて、利用者の側から考えた時にどうなのかということを検証してみましょう。

返済ができなくなると新たな借り入れが難しくなる!

先ほど、審査の可否に影響を与える項目として、過去の借り入れの返済で何らかの問題を起こしていることを挙げましたが、それは逆に考えればレイクを利用している時に何らかの問題を起こせば、今後新たな借り入れができなくなることを示しています。

もちろんレイクでもその後の融資が停止される可能性が高いですし、それ以外の金融機関でカードローンの申し込みをしたとしても審査に通らなくなります。

さらに、問題なのはそれだけではありません。レイクで滞納などの返済上の問題を起こしていると、フリーローンやマイカーローン、住宅ローンなど様々なローンが組めなくなることが予想されます。

レイクの返済であっても、レイクだけの問題では済まないということですね。

借り入れに関する記録は一定期間残っています

個人がお金を借りることに関する情報を信用情報と呼び、それを一括して管理している機関のことを個人信用情報機関と言います。この機関では、カードローンの利用のみではなく、クレジットカードの利用や各種ローンの利用など、様々な借り入れに関する情報が扱われています。

カードローンを発行している機関は、国内に3つある個人信用情報機関のいずれかの会員となっていて、利用者の情報を提供するのとともに、新たにカードローンの申し込みがある場合には加盟先の個人信用情報機関に情報を照会し、その人に融資をしてもいいかどうかを判断する材料とします。

新生銀行は、全国銀行個人信用情報センターと、株式会社日本信用情報機構という2つの個人信用情報機関に加盟していますので、その機関に情報の提供をしたり情報の照会をしたりしているわけです。

個人がお金を借りたことに関する記録は、永遠に残り続けるわけではないのですが、決められた掲載期間に従って記録が残ります。どれくらいの期間記録が残るのかは個人信用情報機関ごとに違いますが、各機関の取り決めに従って情報が扱われています。

では、実際にどのような情報が扱われているのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

掲載されている情報の内容

例として、新生銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターで扱われている情報の種類と、掲載期間を見てみましょう。ここでは、全ての情報についてではなく、一部を抜粋してご紹介しています。

情報の種類 登録期間
取引情報 契約期間中はずっと、契約が終了してからは5年を超えることのない期間
照会記録情報 利用日から1年を超えることのない期間
官報情報 破産手続きの開始が決定されてから10年を超えることのない期間

取引情報とは、ローンやクレジットカードに関する以下のような情報のことです。

  • 借入金額
  • 借入日
  • 返済状況

返済状況については、きちんと返済をしていれば決められた返済日に決められただけの返済ができているもしくは完済したという記録が残りますが、滞納や代位弁済、解約などの情報も残ります。

照会記録情報とは、会員がセンターに情報を照会した記録のことで、カードローンやクレジットカードの申し込みや契約があったことを示しています。

ちなみに、これらの情報のうちいずれかが掲載されている間は、誰が借り入れをしているのかを明らかにする、氏名や性別・生年月日・電話番号・住所・勤務先などの本人情報も合わせて登録されています。

まとめて簡単に言うと、全国銀行個人信用情報センターの場合滞納であれば5年程度、自己破産であれば10年程度情報が残り続けるわけですね。少なくともその間は、新たなローンは組めないと思った方がいいでしょう。

信用情報機関は返済上の問題に関する情報を共有している!

レイクでの返済状況は様々なローンの審査に影響を与えると先ほどお話しましたが、国内に3つある個人信用情報機関は、情報の交流を行っています。

特に、新たにお金を貸すと問題があると判断される延滞など返済上の問題を起こしたことがあるという事実は、3つの機関全てで共有されます。この仕組みを情報交流(CRIN)と言います。

ということは、どこで借り入れをしたとしても、問題を起こしたことは全ての個人信用情報機関を通して確認することができるということですね。

さらに、レイクなどのように銀行や信用金庫などが発行するカードローンは、保証会社をつけているのが一般的です。保証会社は、銀行などの金融機関と共に審査を担当したり、利用者が返済不能な状態になった時には銀行に対して利用者の代わりに返済をしたりといった役割を持っています。

保証会社は保証会社でいずれかの個人信用情報機関に加盟していますので、銀行などの金融機関のカードローン審査ではより幅広い情報が見られている可能性が高いと言えます。ちなみに、レイクの保証会社は株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シーに加盟しています。

新生銀行カードローン レイクで借り入れをして万が一返済ができなかった場合、その後の借り入れに大きく影響してしまうということですね。

それには、個人がお金を借りることに関する情報である信用情報を扱う、個人信用情報機関が関わっています。ここに様々な情報が集められることで、カードローンの発行元はその情報を審査の参考にしています。

新生銀行カードローン レイクを利用したい人に向けての商品の特徴紹介

レイクは、他の銀行系カードローン商品ではあまり見られない便利なサービスも行っています。そこで、レイクに興味を持たれた方に向けて、レイクの特徴をご紹介します。

商品概要

まずは商品の内容を見てみましょう。

融資額 貸付利率 利用可能年齢
1万円~500万円 4.5%~18.0%(実質年率) 満20歳~70歳

この商品は国内に住んでいる人(外国人の場合は永住許可を受けている人)を融資の対象としており、契約期間は5年間で、それ以降は原則として1年ごとの自動更新となります。

この商品を利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 保証会社の保証を受けることができる
  • 原則として安定収入がある
  • 新生銀行で他のカードローンを契約していない

申し込みから契約まで

レイクは、以下のように様々な方法で申し込みをすることが可能です。申し込みを受けて行われる審査の際に、自宅や勤め先に確認の連絡が入ることもあります。この点について不安に思う人は、ホームページ上に案内されているお客さま専用フリーダイヤルで相談に乗ってもらうことができます。

  • パソコン・スマホ・アプリ
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送

これらの方法のうち、郵送以外を選べば、最短で申し込んだその日のうちにお金を借りるという即日融資が可能です。ただし、審査状況などによってはその限りではないこともありますので、注意しましょう。

即日融資が受けたい場合は、平日の14時までに申し込みを完了させ、さらに必要書類の確認まで終わらせることが必要です。

パソコンなどのインターネット経由での申し込み・携帯電話・電話による申し込みの場合、契約方法としてインターネット契約か自動契約機を利用しての契約の2種類の方法が選べます。自動契約機で申し込みをした場合は、そのまま自動契約機で契約手続きを行います。郵送で申し込んだ場合の契約方法は、郵送です。

インターネットで契約した場合、借り入れは振込みによって行われます。自動契約機で契約した場合は、発行されたカードを利用してレイクATMまたは提携ATMを利用しての借り入れとなります。

必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証、なければ健康保険証や個人番号カードなど)
  • 収入証明書類

銀行の商品の場合、即日融資が受けられるのはその金融機関の口座を持っている人のみで会ったり、契約機まで出向いてカードを受け取れる人のみであったりすることも多いのですが、レイクの場合は来店しなくても振込みによる融資が受けられるので、便利です。

借り入れについて

借り入れには、以下の3種類の方法が利用できます。

  • 即日振込み
  • レイクATM
  • 提携ATM

即日振込みの場合、自分名義の金融機関口座に振り込んでもらうことができます。インターネット経由で会員ページにログインし、即日振込みのメニューを選択して手続きをします。

サービス名は即日振込みですが、実際には平日の14時45分までに申し込んだ場合のみ即日振込みとなり、平日のそれ以降や土日祝日の申し込みの場合振込みが翌営業日になる点に注意が必要です。

カードを利用して、レイクATMや提携ATMを利用して借り入れをすることも可能です。レイクの場合、提携ATMの利用手数料が無料なので、お得に借り入れができます。
 
レイクの最低借入金額は1,000円なので、ほんの少しお金が足りない時には1,000円だけ借り入れをするということも可能です。商品によっては最低借入金額が1万円などとなっているものもあるのですが、その場合は少額のお金が必要でも1万円以上借りなければいけません。

その点、レイクでは本当に必要なだけお金を借りことが可能なので、その分利息が抑えられます。このように、レイクは利用者に配慮されたサービスだと言えますね。

返済について

返済は、以下のうちいずれかの方法で行えます。

  • Web返済
  • レイクATM
  • 提携ATM
  • 自動引落し
  • 銀行振込み(※手数料必要)

返済日は自分で指定することができ、それに合わせて返済を行います。返済日を忘れそうになることはありがちなのですが、その点もレイクでは配慮されていて、返済予定日が近づくとメールで連絡をしてもらえるというメールお知らせサービスを利用することも可能です。

また、返済金額の決め方も、利用残高によって返済額が決まる残高スライドリボルビング方式と、利用残高に関わらず毎月一定の金額を返済する元利定額リボルビング方式の2種類があります。ただし、一括返済では利息の関係で端数が出る可能性がありますので、効果の扱いが可能なレイクATMでの返済となります。

さらに、レイクでは余裕がある時に通常の返済に加えて返済をするという臨時返済もできますし、またボーナスが入ったから借りたお金を全て返してしまいたいというようなときには、一括返済を行うことも可能です。

レイクには無利息ローンサービスがある!

レイクで特徴的なのが、銀行のカードローンでありながら、大手消費者金融の多くで行われているのと同様の無利息ローンが利用できることです。レイクでは、初めてレイクを利用する人に限り、以下のような2つの無利息ローンを選んで利用することが可能です。

無利息ローンの種類 内容
180日間利息¥0 借入額のうちの5万円までが180日間無利息になる
30日間利息¥0 借入額の全額が30日間無利息になる

ただし、180日間利息¥0の方は、契約額が200万円までの人しか利用できまぜん。どちらの無利息ローンも契約日の翌日から始まるので、契約をしたらすぐに借り入れをするようにした方がよりお得に利用できます。

そうは言われても、どちらの無利息ローンがお得になるのかよくわからない、というご意見もありそうですが、レイクのホームページではどちらがお得になるのかをシミュレーションすることも可能ですので、ぜひ見てみてください。

ただし、一つだけ知っておきたいのが、レイクの金利は一般的な銀行や信用金庫などの金融機関のカードローン商品としてはやや高めな傾向にあり、消費者金融並みと言えるということです。

無利息ローンがあってお得に借りられ、また様々なサービスが充実していることも確かなのですが、その分通常の金利が高めになっていることは理解して利用したいものです。

新生銀行カードローン レイクは様々な方法で申し込みができますし、また来店せずに借り入れができる方法もあり、とても便利に利用できる商品です。

銀行カードローンとしては珍しく無利息ローンサービスも行っているなど、サービスがとても充実していますが、その分銀行などの金融機関のカードローン商品としては金利がやや高めな傾向にあることは確かです。

新生銀行カードローン レイクの限度額は利用条件と返済能力で決まる!

以上のことから、新生銀行カードローン レイクを元に考えてみると、利用限度額は年収の3分の1という数字を一つの目安に、勤務先や自宅の状況、他社借り入れ状況などを含めて返済能力をチェックして決められるということが言えます。

返済能力をチェックして融資をすることは金融機関にとっても大切なことですが、利用者としても返済が滞るとその後のローンの借り入れができなくなるなど問題が起こりますので、返済能力に応じてお金を貸すということは重要なことなのです。

お金を借りる際には、返せるだけ借りることを意識しながら、上手に借り入れをしたいものですね!

【参考ページはこちら】
キャッシング会社一覧もチェック!

新生銀行カードローン レイクを元に考える個人が借り入れできる限度額は、商品で決められた上限である500万円を超えない範囲であることと、年収の3分の1以内におさまることとが目安となります。

新生銀行は貸金業者ではないので、貸金業者のように法律によって年収の3分の1を超える融資ができないと決められているわけではありません。

ですが、返済できるだけしか貸さないというのはどの業者でも共通した考えですので、銀行や信用金庫などの貸金業者以外の金融機関で借り入れをしたとしても、年収に対して高い割合の借り入れができるというわけではないということですね!

新着記事
カテゴリー