> > > 郵送物も電話連絡もなし!キャッシングしてもバレないカードローン

郵送物も電話連絡もなし!キャッシングしてもバレないカードローン

「もし金融会社からの電話連絡に自分以外の人が応対したら」

「もし金融会社からの郵送物を家族の誰かが見つけてしまったら」

そう考えると、「お金を借りていることがばれてしまうのではないか」と心配になるでしょう。

でも電話連絡や郵送物がないカードローンはあります。
そこでお薦めしたいのがSMBCグループのSMBCモビットです。

今回のレビューでは“電話連絡なし”“郵送物なし”で利用できるSMBCモビットの『WEB完結』の利便性について徹底的に検証します。

電話連絡や郵送物ありはカードローン利用の原則です!

カードローンは、審査も柔軟で使い勝手がよいから多くの方が利用していると思われます。

その一方で、すでに利用されている方や、これから利用しようと考えている人では「カードローンでお金を借りていることを誰にも知られたくない!」と感じているのではないでしょうか。

そして、「カードローン利用が家族や会社の仲間にばれてしまうのではないか!?」と多くの人が心配してしまうケースが、自宅や職場への「電話連絡」による本人確認審査と、カードローン会社から自宅に届く「郵送物」なんです。

しかし、カードローン会社から電話連絡があることと郵送物が自宅に届くことにはきちんとした理由があるのです。

自宅や職場への「電話連絡」は必須審査の1つ

審査が厳しめと言われている銀行カードローンはむろんのこと、審査が柔軟になる消費者金融においても必ず審査で自宅や職場への電話連絡があると考えてください。

そして、自宅や職場への電話連絡が必須なのにはきちんとした理由があります。

1つ目の理由としては、申し込みのさいに提出した「申込書」で記入した“住所”に確かに住んでいるかの本人確認のためなのです。

勤務先への電話連絡の場合は、申告した会社で確かに勤務しているかを確認します。

会社にお勤めの方であれば、電話連絡は必ず勤務先の電話番号にきます。

そして、自宅や職場に電話連絡を入れて、ウソの自宅住所やウソの勤め先を記入した事実が分かると審査に落とされます。

もうひとつの理由としては、“なりすましの申込”や不正行為を未然に防ぐためなのです。

申込者本人を偽って他の人がカードローンに申し込むのは、違法行為と考えてください。

それゆえ、金融会社では犯罪防止の観点からも、必ず自宅や職場に電話連絡を入れて本人確認をします。

以下に審査で自宅や職場に電話連絡がある主な金融会社を挙げておきます。

金融会社 在籍確認の有無 その他
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 原則あり 電話連絡ない場合あり
アコム 原則あり 電話連絡が免除のケースあり
アイフル 原則あり 電話連絡が免除される場合ある
SMBCモビット 原則あり 電話連絡なしで借りる方法あり
三菱UFJ銀行 あり 電話連絡なしの場合もあり
みずほ銀行 必ずあり 電話連絡の免除は不可能
三井住友銀行 必ずあり 電話連絡は必須
オリックス銀行 必ずあり 電話連絡は回避不可

アコム等の消費者金融は“原則”として電話連絡はあります。
(⇒プロミスを利用したい方におすすめ

他方で、銀行の場合は電話連絡が“必須”と考えてよいと思います。例外的措置は、まずないと考えてください。

カードローン利用すれば必ず「郵送物」あります

カードローンを利用すれば必ず「郵送物」はあると思ってください。

自宅への郵送物は以下のものとなります。

  • 契約書と利用規約書
  • カードローン専用カード
  • 毎月の利用明細書
  • 返済の督促状等

どの金融会社でもカードローンに申し込んで審査に通ると「契約」を交わします。

契約が成立すると、後日に自宅に「契約書」と「利用規約書」、加えてカードローン専用カードが郵送されます。

自宅への郵送物がイヤだからとの理由で、これら郵送物の受け取り拒否はできません。

受け取りを拒否すると、カードローン利用を断られます。

しかし、これらの郵送物を自宅に届かないようにする方法はあります。

たとえば、無人契約機が利用できる消費者金融なら可能です。

まず審査をネット上で済ませてから、お近くの無人契約機まで赴いて契約を済ませ、その場でカードを受け取ります。

こうすれば自宅への一部郵送物はなくせます。

無人契約機で「契約」と「カード受け取り」が可能となる金融会社のカードローンは以下の通りです。

金融会社カードローン 無人契約機での契約とカード受取
SMBCモビット 三井住友銀行のローン契約機で可
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 無人契約機で可
アコム 無人契約機を利用すればすべて可能
アイフル 無人契約機あるので可能
レイクALSA 無人契約機での利用可能
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』 「テレビ窓口」利用すれば可能
三井住友銀行カードローン 「ローン契約機」あるので利用可

その一方で、カードローンで借り入れや返済をすると、必ず「利用明細書」が自宅に郵送されます。

そして、利用明細書は、利用した本人に必ず送付することが貸金業法で定められています。

それゆえ、利用明細書の受け取りは拒否できません。

「郵送物なし」「電話連絡なし」でキャッシングは不可能か?

「電話連絡」については、「本人に電話連絡ができない場合は審査に通しません!」といった頑なな態度を崩さないカードローンばかりではないと言えます。

電話連絡については利用者各人の都合や事情に応じて、柔軟な姿勢で向き合ってくれるところもあります。

そして、そのような柔軟な姿勢で向き合ってくれるのが「消費者金融」なんです。

たとえば、どうしても会社の事情で電話連絡が難しい、あるいは無理という場合には電話連絡をする代わりに書類提出でOkとしてくれる消費者金融はあります。

自宅や職場への電話連絡の代替となる場合の書類提出は以下のものとなります。

  • 社員証
  • 在籍証明書
  • 社会保険証
  • 直近2~3か月分の給与明細書+直近1年分の賞与明細書

以上の書類が提出可能で、かつ電話連絡が無理な理由に妥当性を認められれば会社への電話連絡は回避できます。

さらに言えば、「利用明細書」の自宅への郵送もストップできます。

それは「Web明細」に切り替え可能なカードローンであれば、利用明細書の郵送はなくなるのです。

ちなみに、「Web明細」が利用できる会社は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、レイクALSA、SMBCモビット、アイフルとなります。

アコムについては2015年からWeb明細の利用ができるようになりました。

加えて、利用明細が発行されるATMを利用すれば、それが毎月の利用明細書の代わりとなるので郵送はありません。

消費者金融では、自社ATMを利用すれば必ずその場で利用明細が発行されます。また、提携先ATMの一部でも利用明細が発行されるところがあります。

どの金融会社のカードローンを利用しても原則として自宅や職場への電話連絡はありますし自宅に届く郵送物は必ずあるのです。

電話連絡は本人確認の審査となるので必ずあるのが普通です。また、カードローンを利用する時には必ず契約を結ぶので契約書やカードローン専用カード、さらにはカードローンの利用明細書が郵送物として自宅に届きます。

そして、電話連絡も自宅に届く郵送物も原則として利用者の都合だけで拒否できません。しかし、電話連絡や郵送物なしでキャッシングする方法はあります。

電話連絡も郵送物もなしならSMBCモビットの「WEB完結」がお薦め!

SMBCモビットの「WEB完結」なら最初から電話連絡なし&郵送物なしでキャッシングが可能となります。

それゆえ、「キャッシングしていることは絶対に知られたくない!」といった人んは安心してお勧めできると言えます。

SMBCモビット「WEB完結」なら必要書類の提出で電話連絡なし!

オンライン化によるネットキャッシングで最も進化したシステムと言ってよいのが、SMBCモビットの「WEB完結」なんです。

では、SMBCモビットの「WEB完結」が他のオンラインのネットキャッシングと比べて、どのような点で“最も進化している”と言えるのでしょうか?

それは自宅や職場へ電話連絡する「本人確認の審査」の代わりにオンラインで提出する書類で済ませられる点なんです。

つまり、 “電話連絡なし”でキャッシングできると言うことなんです!

また、申し込みから審査を経て融資までの手続きは、“すべてメールでのやりとり”となるので電話連絡での本人確認以外の要件でも自宅や職場に電話連絡が来ることはまずないので安心です。

「WEB完結」利用で電話連絡の代わりに提出する必要書類は「本人確認書類」「収入証明書類」そして「会社の在籍証明書類」の3つとなります。

本人確認のための書類としては以下のものでOKです。

  • 運転免許証
  • パスポート

(※うちどれか1点を送付)

また、収入証明書類については原則として収入ある事実を証明できる書類となり以下のものが一般的となります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • 給与証明書(直近2か月分+直近1年分の賞与明細書)

(※うちどれか1点を送付)

そして、会社に確かに在籍していることを証明する書類は次の通りとなります。

  • 社員証
  • 健康保険証(社会保険証、組合保険証)
  • 給与明細書(直近1~2か月分)+1年分の賞与明細書

会社の在籍証明書類としては上記のすべての書類をそろえて提出しなければならない場合があります。

そして、以上の必要書類をパソコンやスマフォで画像化して取り込んでからネットを利用して送付します。

また、電話連絡の代替のための必要書類においては、もし収入証明書の提出で「給与明細書」以外の書類を提出した場合には健康保険証に加えて“直近1か月分の給与明細書”の提出が必須となります。

“郵送物一切なし”でバレる心配なくキャッシングできる!

SMBCモビットの「WEB完結」なら、自宅に届く郵送物も一切ありません。

先にも指摘したように、どの金融会社でもインターネットで申し込んで契約を済ませば、必ず契約書類とカードローン専用カードが後日に自宅に郵送されます。

また、カードローンを利用すれば、必ず「利用明細書」が自宅に送られます。

しかし、SMBCモビット「WEB完結」なら、これらの郵送物がありません。

なぜなら、契約書の確認がネット上で済ませられるからです。

また、「WEB完結」は、カードを利用したキャッシングではなく、オンライン化による指定の銀行口座への振込みとなるネットキャッシングなのでカード発行がないからです。

利用明細書についてもウエブ上で確認することとなるので自宅への郵送物はありません。

一方、返済で口座引落を利用した場合には利用明細書が必ず後日に自宅に送付されます。

が、「WEB完結」では利用時に登録した指定口座からの引落返済でも利用明細書の郵送がありません。なぜなら返済時の利用明細もウエブ上での確認となるからです。

誰でも簡単らくらく!「WEB完結」の利用方法

SMBCモビットの「WEB完結」は「“電話連絡なし”で“郵送物も一切なし”でキャッシングできる」、「誰にも知られる不安なしでキャッシングできる」といった、内緒でキャッシングしたい人にとっては願ったり叶ったりのキャッシングと言って間違いないでしょう。

そして、SMBCモビットの「WEB完結」は誰でも簡単にらくらく利用できます。また、特別に厳しい申込条件などもありません。

では「WEB完結」の利用方法を具体的に見てみましょう。

「WEB完結」申込の流れ 手続き内容
1:SMBCモビット公式HPにアクセス ・HP上にある「カード申込」と「WEB完結申込」のうち「WEB完結申込」を選択
・パソコンかスマフォ利用(※携帯電話は利用不可)
2:申込画面へ移動 ・申込フォームに名前、生年月日、性別、メアド、携帯電話番号等の基本情報を入力
3:確認画面で申込ボタンをクリック ・基本情報入力後、最後に希望融資額を入力
・確認画面を確認後に申込ボタン押す
・希望額は年収の3分の1の総量規制内にする
4:仮審査 ・基本情報入力後に仮審査
5:必要書類の送信 ・審査通ると“ユーザーID”が発行
・そのIDを使って必要書類をオンライン上でアップロードして送信
6:本審査 ・本審査に当たって追加情報を入力
(振込口座情報等を入力)
7:契約 ・メールで本審査結果を通知
・審査合格なら「入会完了メール」が送信される
・その後に公式HPの会員ページにある「Myモビ」にログイン
・ログイン後に振込キャッシング利用可

SMBCモビット「WEB完結」では、申し込みから仮審査を経て本審査の結果が出るまで、最短で30分くらいなんです。

その後にすぐに口座振込となるのでネットキャッシングの中でもかなり融資が早い方だと思います。

ただし、指定の銀行口座へネットでの振込キャッシングの場合は申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取引となってしまうこともあるのでその点は留意しておいてください。

一方、「WEB完結」の申込条件は以下の通りとなります。

  • 20歳以上69歳以下
  • ご本人に安定収入ある人
  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行いづれかに本人名義の口座ある人
  • 社会健康保険・組合健康保険に加入している方

以上の申込条件から言うと、国民健康保険に入っている自営業者やアルバイト、パートの方は利用できないと考えられます。つまり、会社の正社員や公務員が「WEB完結」を利用できることになると思われます。

自宅や職場への電話連絡や自宅に届く郵送物が最初からナシとの条件でキャッシングが可能になるのはSMBCモビットWEB完結となります。

SMBCモビットWEB完結なら電話連絡の代わりに書類提出でOKとなります。また、郵送物については契約書の確認やカードローンの利用明細書の確認はすべてWEB上で完結できるので郵送物がありません。

加えて、SMBCモビットWEB完結ではカードトーン専用カードの発行がないので郵送物として自宅に届くこともないのです。

SMBCモビットWEB完結の利用は難しくありません。一般的なネットからの申込手順となんら変わりません。必要書類の提出はすべてネット上からアップロードして送信できるので来店不要です。

さらにWEB完結の手続きがすべて完了したらすぐに指定の銀行口座へ振込キャッシングをしてもらえるので即日融資にも対応可となる場合があります。

SMBCモビットWEB完結にはデメリットもある

電話連絡なし&郵送物なしでキャッシングできるSMBCモビットWEB完結はメリットばかりでデメリットなんか無いように感じてしまうところでしょう。

しかし、SMBCモビットWEB完結にもデメリットとして感じ取れてしまう点はあります。

“高めの金利”はデメリットと感じる

金融会社カードローン 金利 限度額
SMBCモビット 年3.0~18.0% 1~800万円
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 年4.5~17.8% 1~500万円
アコム 年3.0~18.0% 1~500万円
アイフル 年4.5~18.0% 1~800万円
レイクALSA 年4.5~18.0% 1~500万円
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』 年1.8~14.6% 10~500万円
みずほ銀行カードローン 年4.0~14.0% 10~1000万円
じぶん銀行カードローン 年2.4~17.5% 800万円まで
三井住友カードローン 年4.0~14.5% 800万円まで
オリックス銀行カードローン 年3.0~17.8% 800万円まで
セブン銀行カードローン 年15% 10万円・30万円・50万円

上記の表から、まず気になるのは「金利」ではないでしょうか。

SMBCモビットの金利は年3.0~18.0%となります。

そして、この金利は「WEB完結」の金利となります。

SMBCモビットの最高金利の年18.0%は、プロミス等の他の消費者金融と比較しても、決して高めの金利とは言えません。しかし、最低金利に関しては消費者金融の中では低めの水準と言えます。

が、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』等の銀行金利と比べると、やはり金利の高さはデメリットとして感じられてしまいます。

振込口座が限定されるのは利便性低い

利用条件での “三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行いづれかに本人名義の口座ある人”との振込先口座の銀行が限定されてしまうのは利便性の低さを感じます。

すでにこれら銀行に口座を持っていれば問題ありません。が、持っていない場合には口座開設が必要になります。

また、近くに該当の銀行がない場合にはSMBCモビットWEB完結での利便性の悪さを感じてしまうことになるのではないでしょうか。

さらに言えば、カード発行がないのでATMで簡単に追加融資を受けられない点もデメリットでしょう。

SMBCモビットWEB完結で追加融資を希望する場合は再度申し込みする必要があるのでやや面倒と思います。

SMBCモビットWEB完結ではすべての郵送物がなくなる訳ではない!

SMBCモビットWEB完結を利用しても利用状況でなにかしらの問題があると自宅や職場に電話連絡がありますし自宅に郵送物が届く場合もあるのです。

そして、特に注意したいのが、“返済で問題を起こしたとき”なんです。

SMBCモビットに限らず、返済を遅延したり滞納すると、必ず自宅や職場になにかしらのかたちで連絡がきます。

が、1~2日遅れたくらいで、いきなり自宅や職場に電話連絡がきたり郵送物が届くことはありません。

返済を延滞すると、まず申込書に記載した携帯電話番号に金融会社から電話連絡が入ります。そして、その時点ですぐに返済に応じればそれ以降は連絡はありません。

しかし、そのまま放置すると、今度は自宅や職場に返済を促す電話連絡がきます。

さらに、その催促にも応じないと、今度は書面で「督促状」や「返済勧告書」などの郵送物が自宅に届きます。

さらに返済での問題以外でもカードローン利用時において自宅や職場に連絡がくるケースがまれですがあります。

それは「増額のお知らせ」なんです。

利用状況が極めて良好な方の場合、まれですが利用限度額が増額できるお誘いが金融会社から電話連絡あるいは手紙などの郵送物で届くことがあります。

一方、SMBCモビットWEB完結にはデメリットもあります。まずは金利がやや高めとなってしまうことです。

アイフルやアコムなどの他の消費者金融カードローンの金利水準との比較ではSMBCモビットWEB完結の金利の高さは感じ取れません。

が、銀行カードローンの金利水準との比較だとやはり金利の高さは否めないものとなります。

2つめは、社会保険証あるいは組合保険証を持ってる方しか利用できないことです。国民健康保険に加入している場合はSMBCモビットWEB完結は利用できないのです。

つまり、正社員と公務員しかSMBCモビットWEB完結が利用できないということになるのです。キャッシングの振込先の銀行が三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行いづれかに限られてしまうのもデメリットと言えます。

該当の銀行にすでに本人名義の口座を持っていれば問題ありませんが、口座がない場合には先に同銀行に口座を開設をしなければならない面倒さがあります。

SMBCモビットWEB完結なら郵送物なしで家族にばれないキャッシング

SMBCモビットWEB完結を利用すれば、“電話連絡がない”“郵送物がない”との条件でキャッシングできます。

つまり、家族や他の人に知られずにお金を借りれると言うことなんです。

SMBCモビットWEB完結のように、最初から利用条件として電話連絡なし、かつ郵送物なしで利用できるカードローンは他にありません。

また、SMBCモビットWEB完結での振込先が2つの銀行に限定されるのはネックと感じますが、申込条件・利用条件は特別に厳しいものではないと言ってよいでしょう。

会社に勤務している正社員の方ならまず審査はクリアできると思います。

加えて、振り込みまでの早さもSMBCモビットWEB完結の魅力と言ってよいでしょう。

【参考ページはこちら】
SMBCモビットカードローンの限度額が下がったのはなぜ?

最初から電話連絡なし&郵送物なしの条件でキャッシングできるのはSMBCモビットWEB完結だけです。

それゆえ、「誰にも内緒でキャッシングしたい!」といった方にはSMBCモビットWEB完結は絶対のお勧めとなります。

そして、会社の正社員や公務員ならまずSMBCモビットWEB完結の利用は可能であると言えます。

他方で自営業者やアルバイト、パートの方、国民健康保険に加入している人だとSMBCモビットWEB完結は利用できません。また、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行以外の銀行口座だとSMBCモビットWEB完結は利用できないのです。

このような利用である程度制約がかかってしまう点はSMBCモビットWEB完結の利便性の低さと感じ取れるものとなります。

新着記事
カテゴリー