> > > 追加借入よりも便利?カードローンの増額について知りたいポイント

追加借入よりも便利?カードローンの増額について知りたいポイント

今、既にカードローンでお金を借りているけれどもう少し借りられればいいのに…。

そんな時に取れる方法は「別の会社から借入をする」だけではありません。現在利用しているカードローンの利用限度額を「増額する」という方法もあります。

しかし、あまり限度額の増額について知らない方も多いのが事実。増額はデメリットももちろんありますが、受けるメリットも大きいんです。

新規の借入と増額はどう違うの?どのくらい増額することが可能なの?…など、こちらの記事では利用限度額の増額について解説します。

申し込み前に知っておきたい注意点もしっかりカバー。あなたの借入の選択肢が増えるかもしれません!

増額ってなに?新規の借入とどう違う?

最初のこのトピックでは、「増額」とは何か…に焦点をあてて解説していきたいと思います。

増額することによって起こるメリット及びデメリットはそれぞれ別トピックで説明しますので、増額とはこういうものだ、新規の借入とここが違う、といったおおまかな説明をさせていただきます。

増額とは「現在の利用限度額の上限を上げる」行為

簡単に言ってしまうと、増額とは現在利用(契約)しているカードローンの利用限度額の上限を引き上げる行為です。

例えば現在の限度額が30万円の人が増額して限度額を50万円に上げると「20万円増額した」「30万円から50万円に増額した」と言うことになります。

ちなみに、増額もあれば「減額」もあり、「ちょっとこんなにお金を借りることはないな」と思ったら、減額のお願いをすることで利用限度額の減額をすることも可能です。

限度額はどのくらいまで上げられるの?

増額出来る限度額ですが、以下の2つのどちらか低い方が上限を考えておけばいいでしょう。

  • 自分の年収の3分の1を超えない額
  • その商品(カードローン)の限度額の上限

まず自分の年収の3分の1を超えない金額について説明しましょう。これは「総量規制」といって、「貸金業法」という法律で定められたものです。

自分の収入に見合わない金額を借りてしまうと返済できず、自己破産などの債務整理を行わなければいけなくなり、利用者にとってもお金を貸す側にとってもリスクが高いものとなってしまいます。

そのため法律で制限することで収入に見合った金額を借りることが出来るように、という借入の健全化を狙って作られたものです。

貸金業法が適用されるのは「貸金業者」に分類される、具体的には「アコム」や「プロミス」といった消費者金融や、クレジットカードのキャッシング枠(普段クレジットカードで買い物をしている方はショッピング枠と言い対象外の扱い)です。

そう、銀行のカードローンには総量規制は適用されないんです。…とはいえ、だからといって総量規制を超える金額を貸してくれるところはそうそうありません。法的な規制はなくとも、だいたい総量規制くらいで抑えられることになるでしょう。

そして、もうひとつのパターンがその商品の限度額の上限です。

例えばりそな銀行の「りそなクイックカードローン」を例にしますと、利用できる上限の限度額は「200万円」です。

総量規制と照らし合わせますと、年収が300万円の人は100万円まで、年収が900万円の人は300万円まで…となりますので、前者の方は増額しても100万円程度、後者の方は総量規制に達してはいませんが、商品の上限が200万円ですので借りられるのは200万円までになります。

増額するには審査を受けなければならない

増額するには、現在利用しているカードローン会社の指示に従い、増額審査の手続きを行う必要があります。黙っていても勝手に増額されることはありません。

申し込みは会社によってそれぞれ違いますが、インターネット(会員サイト)またはコールセンターへの電話での申し込みが一般的で、郵送や店頭にいってわざわざ手続きを受けなければならない、ということはありません。

審査結果が出るまでの時間も会社によってまちまちで、新規契約であれば1日で結果が出るような会社であっても、増額の審査には1週間くらいかかることもあります。

審査に可決すれば増額が可能ですが、思い通りの増額にならない場合もありますし、増額出来ない(利用限度額が変わらない)ケースもあります。このあたりは「増額審査のデメリット」のトピックでもう少し詳細に説明します。

新規契約とどう違う?誰でも利用できるの?

新規契約と増額の違いはあるの?という質問にお答えしていきましょう。

当然ですが、新規契約は1から審査を受け、利用契約を交わすという流れになります。

そのため提出する書類が沢山になることもありますが、増額の場合はこちらも会社や商品などによって違いますが、基本的には書類、特に本人確認書類は不要なケースがほとんどです。

また、申し込みも会員サイトからだったり電話で…だったりと、新規契約に比べると手軽に申し込みしやすい点も違いと言えるでしょう。

誰でも利用できるのか?というという点ですが、新規契約はもちろんですが利用条件を満たしていないと申し込みをしても審査には落ちてしまいます。条件を満たしていないのですから当然ですね。

増額は既に利用していますので利用条件は満たしているということになります。ですので、「そのカードローンを利用できているのであれば誰でも申し込むことは可能」と言えるでしょう。

ただしこれまた会社によっては増額自体を受け付けていないケースや、先方からの「増額が可能ですよ」というお知らせがこない限り増額が出来ないというケースもあります。

このあたりはどういうスタンスで運営しているか会社ごとに異なりますので、心配であれば新規で申し込む前に増額が可能か問い合わせしてみてもいいかもしれませんね。

今使っているカードローンを、限度額を上げてそのまま使えるというのはラクでいいですね。

ただ、総量規制やその商品の限度額を超えて借りることは出来ないので注意も必要そうです。

例えばセブン銀行は最高でも50万円までなので、50万円を超えて借りたいと思ったらセブン銀行以外の商品を選ばざるを得ないことになりますので、自分が増額したい分と合わせるとどれだけになるのかきちんと計算してから申し込みしないとダメですね。

改めて審査を受けなければならないところも、個人的にはちょっと引っかかります。可決するかドキドキしちゃいますよね。

増額するとどんないいことが?増額することのメリット

まずは増額することによってどのようなメリットがあるのか、この点について解説していきたいと思います。

もちろんメリットは多いので「増額したいけどデメリットの方が多いと…」と心配しなくても大丈夫です。

とはいえ、はっきり目に見えるメリット!と言えるものは少ないのは事実…ですが、実は大きなメリットもあるんですよ!

適用される金利が低くなる可能性がある

はっきりと目に見えてメリットを享受できると感じられるのはやはり「金利面」だと言えるでしょう。

皆さんご存知のことだと思いますが、たいていのカードローンは利用限度額が大きくなればなるほどそれに伴って適用される金利が低くなります。

例えば本当は100万円を借りたいけれど、新規契約時には70万円までしか利用できないと言われたとしましょう。

例えばオリックス銀行カードローンの場合、利用限度額が70万円の時の金利は「12.0%~17.8%」と、最高金利が適用されているとなると消費者金融レベルの高めの金利です。

利用限度額 100万円未満 100万以上150万円 150万円超300万円
適用金利 12.0%~17.8% 6.0%~14.8% 5.0%~12.8%

例えばこの状態で残りの30万円を埋めるために別の銀行カードローンを利用したとすると、適用される金利はほぼ100%最高金利と言ってもいいでしょう。

三井住友銀行カードローンであれば14.5%、三菱東京UFJ銀行であれば12.6%~14.6%が適用されます。オリックス銀行の最高金利よりは低いものの、あんまりお得感がありません。

しかしオリックス銀行で増額審査を受け、可決して利用限度額が100万円になると「100万円コース」となり、適用される金利も「6.0%~14.8%」と、最高金利で考えてもなんと3%もダイエット出来てしまいました!

これは100万円コースがあるオリックス銀行の場合で、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)ですと100万円「超」でないと金利が次のステージ(9.6%~12.6%)に行きません。

増額希望する金額によっては金利が低くならないこともありますので、気をつけておきたいですね。

毎月の返済の負担が減る可能性がある

お金を借りたら毎月行わなければいけないのが「返済」です。

増額が面倒だから、出来なさそうだから…と、複数の会社から借入をしている場合、当然ですが毎月借りている会社ごとに返済をしなければなりません。

そうなると、各社から借りているお金が少なめであっても、返済額を合算すれば結構な金額に…なんてことになります。

先程の例を使用し「オリックス銀行から70万円、三菱東京UFJ銀行から30万円」を借りている場合、オリックス銀行の毎月の返済額は以下の通り「20,000円」です。

借入残高 30万円以下 30万円超
50万円以下
50万円超
100万円以下
100万円超
150万円以下
返済額 7,000円 10,000円 20,000円 30,000円

加えて三菱東京UFJ銀行から借りた30万円分の返済が加わります。30万円ですと適用される金利が8.1%を超えますので返済額は「6,000円」です(金利が8.1%以下ですともう少し返済額は少なくなります)。合計すると「26,000円」と結構な負担ですよね。

しかしこちらもオリックス銀行にて増額をした場合、三菱東京UFJ銀行で借りた分の返済はまるまるなくなります。6,000円ではありますが、年間72,000円の負担が軽減出来ると考えると結構大きいのではないでしょうか?

借入件数が増えないので信用情報上でも安心

次のメリットは「借入件数が増えない」ことです。借入件数が増えると何かあるの?と思う方もいるかもしれませんが、あるんです!

実はカードローンなどの借入の件数はとても重要です。

わたしたちは審査を受ける上で必ず「信用情報」というものをチェックされています。

信用情報とは、具体的に言えば新規申込時に記入した内容がデータベース化されているものに加え、クレジットカードの利用履歴やお金を借りている場合(住宅ローンなども含む)の返済履歴なども信用情報として登録されています。

信用情報の中には借入件数についてもしっかり登録されており、審査に大きな影響を及ぼします。

具体的にどのような影響を及ぼすのか?といいますと、「お金を借りられなくなる」というもの。これはかなり重要ですよね…!

どうして借入件数が増えるとお金を借りられなくなるのか。それは、借入件数が増えることによって「それだけお金に困っている人」という印象を与えてしまうからです。

2件くらいまでの複数借入であれば特別影響はないと言われていますが、3社、4社と増えていくとだんだん旗色が悪くなり、5社以上の借入は事実上不可能…とまではいいませんが、かなり厳しいと言われます。

先程のように100万円借りるのにA銀行・B銀行と利用していると、さらにお金が必要となったとき、C銀に申し込んだとしても審査は不利になってしまいます。

しかし増額であれば借入件数自体は増えることがないため、さらにお金が必要になっても2件の借入で済みます。毎月の返済の負担も減りますのでメリットは多いんですね。

わざわざ他社で借入を追加でするよりも増額したほうがずっとお得なイメージですね。

わざわざ別の会社に申し込むのは、また本人確認や所得証明のための書類を用意しなければならないので面倒ですし、1つの会社で済ませたい方は多いと思います。

特に金利が低くなる可能性があるのは嬉しいですね。10万円や20万円の増額ですと実感出来ないこともあると思いますが、増額できれば100万円を超えるようなケースでは大きく変わりますし狙いたいところです。

借入件数も増えないため、もし追加で急にお金が必要になったとしても別の会社から借りやすい、これもメリットと言えると思います。

逆に限度額が低くなる!?増額審査のデメリット

様々なメリットがある増額ですが、デメリットもあります。やはり物事はいい面だけではない…ということがわかりますね。

デメリットもひとつだけではなくいくつかあるのですが、その中には限度額に関わってしまうものも!

増額審査を受ける前に、知っておきたいデメリットについてこのトピックで紹介&解説をしていきます。

返済をきちんとしていない場合など減額される可能性がある

増額審査は「現在の状態で改めて限度額がどのくらいになるか審査を行う」というもの。申込時のデータを使う部分もありますが、全ての情報を利用するわけではありません。そうなると現在の限度額になってしまいますから、当然ではありますが。

そのため利用状況などによっては限度額が今よりも減額されてしまう可能性があります。

例えばお金を借りていても、返済が遅れがちな場合。これはもう延滞した時点でアウトです。今借りているお金でさえきちんと返済出来ないのですから、増枠したところでお金をきちんと返せるとは思えませんよね。

むしろ「お金を貸しすぎているから返済が辛くなっているのでは」と判断され、利用限度額を減額されてしまう可能性もあります。

延滞といった理由以外にも色々考えられる理由はあります。

新規申込時には他の借入がなかった人が、他の会社から借入していたら「このままだと年収の3分の1を超えてしまうかも」と総量規制などの関係で念のために減額されるケースもあるでしょう。

さらに借入件数が増えているデータを参照して「お金に困っているっぽいからリスクが高くなりそう」と判断されて減額される可能性も考えられますね。

延滞などしていれば確実に増額自体は出来ません(減額される可能性も十分にあります)が、後者2つは延滞ほどの影響はないでしょう。が、敬遠される理由としては十分とも言えます。

増額をしたいのであれば、きちんとした素行でいることが大切…ということですね。

増額審査に一度落ちるとしばらく再審査出来ない

増額にも審査がありますので、可決することもあれは否決することもあります。それは当然ですし皆さんもよくおわかりのことかと思います。

が、増額審査に一度否決してしまうと、しばらく再審査を受けることが出来ません。

出来ないといったら語弊が少々ありますので正確に言いますと、一度否決してしまうと再審査を受けても意味がない状態になっています。

何度も増額審査を申し込んだとしても、自身の利用状況などが変化しない限り結果は同じです。また、会社によっては「一度増額の審査を受けたら、6ヶ月以上経過してからでないと再度の審査を受け付けない」としているところもあります。

一発勝負…とまでは言いませんが、気軽に増額審査を受けて否決してしまったら、それを挽回するのには少々時間が必要であることは覚えておいたほうがいいでしょう。

すぐに増額を申請することが出来ない

「限度額がもうちょっとほしい」と思ったタイミングはいつでしょうか。利用し始めて1年?それとも半年?それとも利用してすぐでしょうか。

残念ながら、増額申請は基本的にすぐ行うことは出来ません。会社にもよりますが、数ヶ月~1年くらいの利用期間を経た後でないと申請をすることが出来ないんです。

その理由は、新規申し込み後すぐに申請しても、結局その時点から変わっていることが無いので限度額の査定も変わらないからです。

しかし一定期間を経ることでどのようにお金を借りているかといった「実際のお金の使い方」を知ることが出来ます。

そのため多くのカードローンでは、増額申請を受け付けてはいるものの「一定の期間を置いてから」と明記されていることが多いわけですね。

先の一度審査に落ちると再審査を受けることが出来るまでに期間が空いてしまうデメリットと合わせると、急いでいる方にとっては「時間のロス」が多くなることがデメリットといっても差し支えなさそうですね。

急いでいる時の増額には不向きの場合もある

中には「お金が急に必要になったから」という理由で増額を考えている人もいるでしょう。

新規の申し込みに対してはスピード審査として30分程度で結果を出せる会社が多いですが、増額審査の場合はそれよりも時間がかかるケースが多いです。

そのため、急いでお金が必要という場合、審査待ちが長く間に合わない!という可能性も考えられます。

しかも審査に可決するかもわかりませんので、急いでいるときの増額審査はリスクが大きく不向きです。増額審査に申し込みしつつ、他の手段を考える方がいいでしょう。

例えばクレジットカードのキャッシング枠であれば、一時増額の申請をすることが可能です。元々は海外旅行で利用するなどの際に申請するものですが、うまく行けば一時的に増額してもらうことでピンチを回避出来るかもしれません。

また、今より10万円だけ必要という場合は別の会社から借りて、すぐに完済して契約を終了させてしまうのも手です。

不安な方は増額審査にどれくらいの時間・期間が必要か事前に問い合わせてみるといいでしょう。

みんなが嫌い?な在籍確認がまた行われることも

もし、新規契約後に職場や住所などの情報が変わっていることがあれば、増額審査の際に改めてその点の確認が行われます。具体的には新しい職場に在籍確認のための電話をしたりなどですね。

在籍確認が好き、という人は少ないとは思いますが、申込時と増額申込時で情報が違う場合はその確認のための作業が行われますので、審査に時間がかかってしまうこともあります。

加えて、カードローンの契約においては「情報に変更があった場合速やかに申請すること」といった内容が含まれていることが多いです。それをしていなかった…ということでちょっと審査の面で不利になってしまうこともある…かもしれません。

特に職場は年収などの変化にも関わる重要な部分ですので、きちんと変更したことを伝えておきましょう。

メリットも大きいですが、その分可決できなかった時のデメリットも大きい印象です。

特に限度額が逆に下がってしまうのはちょっと怖いところがありますね…。延滞などしていたら仕方ないとは思いますが、あまりその限度額まで使っていないケースでも増額できずに減額される可能性もあるかもしれません。

また、時間がかかる点も人によっては大きなデメリットになりそうです。急いでお金が必要なのであれば、増額申請よりも即日融資可能な別のカードローンに申し込む方が解決が早そうですし、難しいところですね。

増額審査に通りたい!注意するべきポイントは?

増額審査に関するメリット・デメリットなどをご紹介してきましたが、それらも踏まえた上で「増額審査に通りたい!」という方に向けて、申し込む前にぜひともチェックしておいていただきたいポイントがあります。

逆に言えばこのポイントはチェックシート代わりにもなります。このポイントが守れているかどうかで増額審査に通る確率が変わるといっても過言ではありません。

増額審査は一度受けるとしばらくは受けられないこともありますので、万全な準備をしてから臨みたいですよね。ご自身の状況がポイントを守れているかどうか、ぜひチェックしてみてください!

何はともあれ毎月きちんと返済することが一番大事

一番大切なことは「返済」です。何はともあれ、きちんと毎月決められた金額を返済することはカードローンの基本です!

新規・増額にかかわらず会社側が見るのは「返済能力」です。返済能力とは、借りたお金をきちんと返済する能力ということですね。

例えば年収が1,000万円あり、全く借金をしていない人は「返済能力が高そう」と判断されますし、年収が200万円で借金が50万円の人は「返済能力が低そう」という判断になるわけです。

特に「繰り上げ返済」や「一括返済」など、毎月返済するべき額以上の額を返済することで「この人はこれだけ返済出来る余裕があるんだな」と判断してくれ、増額審査に有利になります。

もちろん約定返済額のみの返済でも可決する可能性はありますが、評価をさらにプラスしたいという方はぜひとも「毎月の返済にプラスした返済」を心がけてみてください。

逆に返済が遅れる、いわゆる「延滞」をしてしまうと増額はかなり厳しくなります。そもそも「この日までに返済してください」という契約でお金を貸してもらっているのですから、返済が遅れるのは契約違反にほかなりません。

仮に年収が高かったとしてもそのような人にお金を貸すかと言われると…難しいですよね。

原則として毎月の返済はきちんと行う、万が一返済が遅れてしまいそうなときはすぐに連絡をする…などお金を貸してくれている会社側に信頼してもらえるような行動を取りましょう。

契約して放置、ではなくきちんと利用して実績を作ろう

新規契約をしたものの、それから一切借入をせず放置。その後「お金が必要になったけどこの限度額じゃ足りないから増額しよう」と増額申し込みをする…。

あまりないパターンでしょうが、この場合増額審査に受かる可能性はかなり低い…といいますか、受からないでしょう。

なぜ可能性が低いのか。それは「利用実績」がないからです。

利用実績とは、その会社からお金を借りてお金を返したというやり取りのことです。新規申し込みは就職活動と一緒で、その人となりはわかりませんがデータなどから「この人ならこのくらい貸せるかな」と判断して限度額を決定します。

しかし増額申し込みはいわば昇給試験のようなもの。これまでの働きを加味して審査をするわけですから、「これまで何をしてきたか全くわからない」人に対して昇給させることはまあありませんよね。

カードローンの増額においてもそれは同じで、契約しただけでその後の借入が一切ないと「増額したところで利用しない可能性が高く、増額しても意味がない」と判断されてしまいます。

増額したいと思うのであればその会社からお金を借りて返済する、という実績を作りましょう。

…とはいえ「とりあえず実績を作ろう」ということで利用限度額が50万円なのに1万円を借りて返済する、を繰り返すなんてことをしていても全くもって実績にはなりません。

厳密に言えばならないわけではありませんが、それが増額が必要という印象にはなりませんよね。

増額のために実績を作るとするならば、限度額の満額借り入れや、満額に近い額を借入してできるだけ短い期間で完済するのがベストです。

満額を借り入れるということは、それだけお金が必要であることがわかります。しかしそれを早めに完済すれば「必要なお金もそこそこだけど、しっかり早めに完済もしてくれるから返済能力が高い」という実績を作ることが出来ます。

お金を貸す側もビジネスですから、「必要以上の限度額をそこまで借りなさそうな人にわざわざ増額しない」ということです。

「もっと限度額を上げたらお金を借りてくれるかも」と思わせるようなお金の借り方をすると審査にも通りやすくなるかもしれません。

各社の増額申請が可能な時期が違うのできちんとチェックを

増額の申し込みが可能になる時期はカードローン商品や提供している金融機関などによって違います。

こちらの表をご覧ください。参考程度ではありますが、「セブン銀行」と「楽天銀行」については申し込み可能な時期が明記されています。対して、「ソニー銀行」や「三井住友銀行」は明確な時期がわかりません。

金融機関名 申込可能時期 申込方法
セブン銀行 契約から2ヶ月 インターネット
楽天銀行 前回の審査から6ヶ月 インターネット・電話
ソニー銀行 記載なし インターネット
三井住友銀行 記載なし 電話・ローン契約機

とはいえ、利用実績を見て増額を行うか判断するという点からも、やはり3ヶ月~半年くらいは利用期間がほしいところですね。

果報は寝て待て!?インビテーションを待つのもアリ

増額する一番簡単、かつ増額できる可能性が高い方法は「増額しませんか?」というお誘いに乗ることです。

「インビテーション」と言われることもあり、ハガキで増額可能というお知らせがくることもあれば、会員サイト上で「増額可能」と表示がされるなど、その提示方法は様々なようです。

住信SBIネット銀行の「ミスター・カードローン」のように中にはインビテーションが来ている人しか増額が出来ない、というカードローンもあります。

インビテーションをもらった際に増額申請をするメリットは「ほぼ確実に増額が可能」というところでしょう。

カードローンを契約した後も、企業側は契約更新時など定期的に信用情報をチェックしています。その際信用情報に問題がなく、かつ利用状況も悪くないのであれば「この人にならもう少しお金を貸しても大丈夫かも」と判断します。

そのような人に送るのがインビテーションですので、増額審査はほぼ確実に通ると言ってもいいでしょう。

一番リスクが少ない増額方法といってもいいかもしれませんので、利用実績を作りながらインビテーションが来るのを待つ…というのもいい方法かもしれません。ただしいつ来るかわかりませんので気長に待てる方のみ有効とも言えますが…。

これらのポイントをすべて押さえていれば確実に増額出来る!というわけではありませんが(インビテーションは除きます。こちらはほぼ確実かと思われます)、かなり確率はアップするのではないでしょうか。

特に限度額にかかわらず「ある程度の利用期間がある」「きちんと返済(完済)できている」の2点は必須項目と言ってもいいでしょう。

この人ならもっとお金を貸してもいい、そう思われるような借り方・返し方をするのはなかなか大変ですが、増額したい!と考えているならぜひともチャレンジしてみてください。

増額は便利!だけどリスクもあるので慎重に選択を

一言で言ってしまえば、増額はメリットが大きく便利です。しかしながら審査に時間がかかってしまう、必ず増額出来るわけではない、利用状況によっては限度額が増えるどころか減額されてしまうこともある…など、リスクがそれなりに大きいのも確かです。

しかも一回申し込みをするとしばらくは申し込みできない(してもムダ)なのでどのタイミングで申し込むべきか?も悩むところだと思います。

このあたりはいつがいい!というのは非常に難しいのですが、やはり「増額をしても大丈夫だと思える返済能力をアピールできているか否か」がポイントだと思います。

確実に、というのであればインビテーションを待つのがいいと思いますが、いつになるかわからないのがネックです。自分がどのように判断されているのかを知るチャンスとも言えますし、必要だと思ったらそのタイミングで一度申し込んでみてもいいかもしれません。

【参考ページはこちら】
簡単に100万増額することは可能?

何事もそうですがメリットとデメリットがあるので、どちらを取るか悩ましいところだと思います。しかしながらインビテーションを待てばかなりリスクは低くメリットを受けることが出来ますね。

その代わりいつ来るかわからない、来ないかもしれないという予想の出来ない部分はデメリットですが…。

増額して金利が低くなるのであれば大きなメリットとなりますが、全く金利が変わらないであろう場合はちょっと悩みどころではありますよね。

別の会社から借りても変わらない、一時的にお金がちょっと必要になっただけということであれば、増額審査を待たなくとも別の会社で借入をしてもいいと思います。

自分の状況に応じて「増額の方がいいのか?それとも別の方法がいいのか?」をしっかりと考えてから決断してください。

新着記事
カテゴリー