海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応大きな邸宅の 『使用人たち』の給料はいくら?

大きな邸宅の 『使用人たち』の給料はいくら?

2015/03/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

お金4830

「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」のイギリスドラマが巷では人気を博しています。

第一次大戦前後のイギリスの大邸宅が舞台。そこに住む貴族たちと、彼らに仕える使用人たちの世界が描かれています。

さらに華麗な貴族側だけでなく、使用人たちの仕事や生活、人間関係をここまで丹念に描いたドラマはもしかして初めてなのではないでしょうか。

このドラマによって、「使用人側の世界を経験してみるのも面白そう」と思った人もいると思います。

そしてその次にふと思うのが「現代だったら執事やメイド(現代では『ドメスティック・スタッフ』と呼ぶことが多い)の待遇はどうなんだろう。給料はいくら貰えるものなのだろう」ということではありませんか?

今や女性だって大活躍 執事(Butler)

お金4830-2

1989年にカズオ・イシグロ氏がブッカー賞を受賞した「日の名残り」(The Remains of the Day)でも、「ダウントン・アビー」のドラマでも、

執事は映画「ゴッド・ファーザー」でマーロン・ブロンドが演じたヴィト―・コルレオーネのような風貌でした。渋みと威厳を漂わせた初老の男性です。

もっともゴッド・ファーザーと違って葉巻やウィスキー、人殺しをしないですが…

こういった小説やドラマ、映画などにより、執事とは酸いも甘いも知ったようなマチュアーな紳士がなるもの、というイメージが世間では定着してしまっています。

実際にかつては男性限定でしたが、今や女性執事も大勢活躍しています。

お金4830-3

ハウスキーパーより求められる能力も業務内容も上で、受け取るサラリーも高めです。

アメリカでは執事の年収は$29,441~$74,562(約348万円~882万円)
ボーナスの金額は$250~$11,500(約2万9千円~136万円)

合計すると平均年収は$24,328~$75,282(約288万円~890万円)になります。

ベテランであればあるほど収入が上回るというわけでもないのですが、執事の仕事を始めて10年未満の場合と10年以上の経歴を持つ場合では、明らかに後者のサラリーの方が上回っています。

またイギリスでは「意外にも高額を稼げる仕事」のひとつとして知られています。

イギリスでは年収が60000ポンド(約1千67万円)から90000ポンド(約1600万円)!

海外に派遣される場合は最低80000ポンド(約1423万円)
ベテランにもなると150000ポンド(約2668万円)も稼ぎます。
執事の地位はアメリカよりやはり本場のイギリスの方が高い証拠なのでしょう。

30年ほど前に誕生した肩書 household managerとEstate Manager

お金4830-4

執事や資産管理士、ファミリーマネージャー、サービス係といった職種は昔からよく知られており、家族の快適な生活を提供するように心がけ、他のスタッフたちの仕事を管理することが彼らの職務でした。

household manager(使用人のトップ)やEstate Manager(邸宅や所有地等の管理)といった名称は80年代半ばに生まれました。

これらのポジションの仕事に就くのは容易ではありません。
経験豊富のベテランかもしくは高度な訓練を受けた者である必要があります。

全ての業務と従業員全員のスーパーバイザーでありコントローラーでなければならないからです。

アメリカではイギリスほどはハイレベルのスキルをさほど求められないことがあります。

大勢のスタッフや業務を見事にさばいてどんなトラブルも完璧に切り抜けることができなくても、

コンピューターを使いこないし、邸宅のセキュリティを怠らず、敷地内の建物修理や必要品の在庫チェック、そして家族の全ての用事をひと通りこなせれば

まあ合格といったところです。

雇用者である主がいくつもの邸宅を方々に所有している場合は、必要に応じてそれらを回らなければならないこともあります。

金融口座のマネージメントや季節の変わり目に、全ての邸宅の扉や窓の鍵を開け空気の入れ替えをすること、また個人秘書業務なども求められます。

ちなみに主の家族の人数や邸宅の大きさによって使用人の数も変わってくるものです。

時には自分しかスタッフがいない、という場合もあり、そういうケースではペットの世話や掃除、洗い物なども自らこなさなければなりません。

サラリーは$52,000~$200,000(約615万円~2364万円)
経験や能力によってだけではなく所有物件やスタッフの人数、または地域によっても給料は変わってきます。

ニューヨークやカルフォルニアという大都市で雇用される方が、高額給料を提示される傾向があります。

一流レストラン並みの腕前が必要 シェフ(Private Chef)

お金4830-5

コック、レシピ―コック、パーソナルシェフが採用されることもあります。

パーソナルシェフは多種多様の料理を専門的に学んだ、経験豊富な料理人でなければなりません。

「今度のホームパーティーでは和食をもてなしてくれ」
「週末の夕食はフレンチがいい」

など言われたらその通りにしなければならないのです。

無論、栄養や味のバランス、見た目も美しさも考えなければなりません。かつ何十人のゲストが来る場合は、全員の分のコース料理を手際よく用意しなければならず、非常に難易度の高い専門職といえます。

料理以外にすることは食糧の買い出し、キッチンのメンテナンスや掃除、調理器具の手入れなどです。雇用先の状況によっては料理をテーブルに運び食後の皿を片付け食器洗いもしなければなりません。

コックやレシピ―コックは、プライベートシェフほどのレベルは求められません。
ミシュラン星付レストラン並みの腕前を披露する必要はないということです。基本的な料理をひととおり作ればオッケーです。

掃除やアイロンがけ、洗濯といった家事もこなさなければならず、何十種類ものハーブを用いて何時間もスープをかけまわしながら煮て…

といったように一日の大半の時間をキッチンで過ごすわけにいきませんから、ひと通りの家事をまんべんなく器用にこなす要領の良さが大切です。

ベテランシェフのサラリーは$52,000~$85,000(約615万円~1005万円)

限られた経験しか持たない、まだまだ新米プライベート・シェフのサラリーは$42,000~$48,000(約500万円~567万円)です。

ペンションのオーナー夫婦のような存在? Couples

伝統的に「カップル」は、結婚している夫婦であり雇用主の邸宅にずっと住んでいるものです。女性は家事全般をこなし、男性は大工仕事や家の修理に庭の手入れなどを行います。

広い屋敷や大きな邸宅に使えている場合のサラリーは$100,000~$200,000(約1182万円~2365万円)です。

夫婦のうちどちらかが訓練された料理のプロであるならば、サラリー金額はもっと上回ります。

「夫以外の男手が必要!」 Driver / Handyman / Gardener

お金4830-6

男性の主に仕えるのは常に男性でした。

プロの衣装係のように主の服装身なりに気を配り、車のメンテナンスに洗車も行いました。

現代、アメリカの大きな都市ではフルタイムの運転手を雇っている家庭はいくらでもあります。しかし車を運転するだけでなく、庭の手入れや大工仕事や炊事の仕事も兼任することが多々あります。

サラリーは$40,000~$52,000(約473万円~615万円)

家事のプロにお任せ! ハウスキーパー(Housekeeper)

お金4830-7

洗濯、アイロン、ゴミだし、ベッドメイキング、アイロンがけなどが伝統的なハウスキーパーの仕事です。

もっとフォーマルな家庭では銀食器やクリスタル、陶器の磨き、玄関先での招待客の出迎えやホームパーティーの食事の用意も任せられます。

今日ではハウスキーパーの主な仕事は食料品店に買い出しに行き、子どもの面倒をみることです。

時給は$15~$16(約1770円―1890円)
平均的業務以上の責任を負う場合は$18(約2130円)くらいです。

とはいうものの、地域や各家庭やハウスキーパー派遣会社によって時給の金額は大きく変わります。

またここ昨今では仕事の量は増える一方なのに、時給の金額をはじめ待遇が酷いという問題をよく耳にします。

ハウスキーパーとは立派な家事のプロの仕事なのに、それを軽んじている雇い主があまりにも多いのが残念です。

クリーニング屋並の腕前と知識が必要!? 洗濯係(Laundress)

高級ファブリック、リネン、衣類の取り扱いについて幅広い知識が必要です。

それらの洗濯の仕方、ドライヤー、プレス、スティームの仕方を熟知していなければならないのです。

高級な素材の衣服ほど、デリケートに扱わなければならないためいい加減な姿勢ではこの仕事はとても務まりません。勤務初日で100万円するドレスを台無しにして首になるのがオチでしょう。またワードローブの中身も把握していなければなりません。

平均的業務以上の責任を負う場合は$18(約2130円)くらい
時給は$25から$50(約3000円~6000円)です。

子守りは大変! Baby sitter等

お金4830-8
Nanny / Mother’s Helper / Baby sitter / Baby Nurseなどあり、それぞれ微妙に業務内容は変わることがあります。

ナニー(Nanny)

『私がクマにキレた理由(わけ)』(The Nanny Diaries)の米映画では雇用主がクマのぬいぐるみに隠しカメラを設置し、ナニーが自分の子どもを虐待していないか見張っていましたが、実際にナニーは子どもの面倒を見る責任重大な仕事です。

よって豊富な経験を持っていなければナニーは務まりません。

栄養バランスと美味しさを兼ね備えた食事やおやつの用意、子ども部屋の整理とメンテナンス、ベッドメイキング、放課後の子どもの習い事の送り迎えの運転、宿題の手伝い、子どもの身の危険の管理などが主な仕事内容です。

家族旅行に同行する場合もあります。

ちなみにダイアナ妃はナニーを雇っていましたが、キャサリン妃はナニーを雇わない主義であるという報道が出ていました。

ヘルパー(Mother’s Helper)

子どもの面倒と家事の両方を担います。

通常は幼児ではなく小学生より上の子どもがいる家庭に迎えられます。子どもの遊び相手や子守りというより、車での送迎や基本的な家事の手伝い業務です。

ベビー・シッター(Baby sitter)

保護者が外出時に、赤ちゃんからある程度大きくなった子どもまで幅広い年齢の子どもの世話をする仕事です。

ベビー・シッターはたいていは週末や夜の時間帯にアルバイトを望む高校生や大学生がするものです。

ナニー、マザーヘルプ、ベビー・シッターの平均時給は$12~$20(約1420円~2360円)です。

ベイビー・ナース(Baby Nurse)

新生児や幼児の面倒を見ることについて専門的に学び訓練を受けたプロです。

通常は2週間から半年の短期限定で採用されます。出産を終えたばかりの新米ママのアシスタントとして呼ばれることが一般的です。

時給は$25~$35(約3000円~4140円)ですが、二人以上の赤ちゃんや幼児がいる場合はもっと時給がアップすることもあります。

誰か一人だけ雇うとしたら?

冒頭に使った「使用人」「メイド」という単語はいささか時代遅れで感じもあまり良くありませんが、正確な呼称や役割内容、サラリーは以上ご紹介した内容のものになります。(※あくまでも目安です)

さて、いつか「ドメスティック・スタッフ」を雇ってみようという気持ちになったでしょうか。

またもし一人だけ雇うとしたら誰にしますか?
プライベートシェフを雇ったら毎日の食事があまりにもおいしくて肥ってしまうかも!?

ネット上ではアメリカ人とイギリス人のドメスティック・スタッフ側のコメントが多く寄せられています。

この記事の海外に対する反応

1執事なんて仕事は今時時代遅れでばかげていると思う。

私はシアトル在住なのだけど、もう十年もハウスキーパーとして働き続けているわ。大豪邸なんだけど毎日全ての部屋のベッドシーツをはがして新しいシーツに手早く交換しているのよ。

パパッと仕事を片付けることができるようになってからは時給の形のサラリーは受け取っていないものの、日給140ドルで余計な仕事が発生した場合はプラス10ドルいただいているわよ。

ちなみに一日の勤務時間は4、5時間だからもし時給計算したら約30ドルになるわね。なかなかいいでしょ。

メリーランド州のボルチモアにある家にヘルパーとして勤めているのだけど時給は50ドルよ。

妻を亡くし男手一人で三人の幼い子供を育てている兄がいるの。週末になると手伝いに来てくれ、と懇願されて足を運んでるけど家中しっちゃかめっちゃかよ。毎週掃除にへとへとになってもううんざり。

だからヘルパーさんを雇ってもらおうと思っているの。家の広さは2000スクエア・フィート(約55.6坪)なんだけどいくらぐらいの時給になるのかしら。相場や勝手が分からないと募集をするのも難しいわ。

メイドやハウスキーパーというよりお掃除のバイトをしたいと思っているのだけど、寝室4つの部屋を綺麗に掃除するのにいくら要求するものなのかしら。

誰かのために働くのなら、執事としてより看護士としてのほうがずっと意義深いと思う。

部屋の掃除のバイトは普通は時給25ドルくらいよ。冷蔵庫やオーブンの中の掃除はだいたい10ドルから15ドルね。窓の内側磨きは3ドル、外側は5ドルくらいよ。

州によって時給の相場は違ってくるけど、時給10ドル以下というのはどこの州でもありえないんじゃないかな。ハウスキーパーを軽んじているよね。

ボストン近郊に住んでいるのだけど、家事手伝いをしてくれる人を探しているの。家の広さからサラリーを算出するものなのか、それとも広さに関係なく固定した時給を支払うべきなのかよく分からないのよ。

フルタイムでお願いすべきなのか、そして最初の契約期間はどのくらいにしておくべきなのかも分からないわ。誰かアドバイスをお願い!

私はかつて10年間ハウスキーパーの仕事をしていたのだけど、各家の広さによって支払ってもらう金額を設定していたわ。

掃除機や掃除道具はそれぞれの家の物を使っていたわね。決して自分の掃除機を持参するということはなかったわ。ノミやダニを持ち込む危険性があるしね。

クライアントとのやり取りは全て文字で残しておいたわ。

私はカルフォルニア在住なんだけど、家事手伝いの依頼が入ると時給25~50ドルは貰うわよ。

お得意様の一人がシリコンバレーのお金持ちなんだけど、週20時間で850ドルくれるのよ。家の広さは4000から5000スクエア・フィートよ。

でもカルフォルニアには家事手伝いには時給10、15ドルで十分だというケチな人たちもいるのよ。頭にくるわ!

どうやって家事手伝いのクライアントをもっと増やせるものなのかしら。

僕は有名一流大学を出ているんだけど、執事になったよ。僕は料理がうまいし運転技術も上級だし買い物も上手なんだ。

それに僕はハンサムでパリッとしているから、そこにいるだけで恰好がつくんだよ。クライアントたちに喜ばれるよ。

ちなみにワインの知識は実際の執事の仕事ではあまり役立たないな。フィクションの世界の上級社会の人々は最高級のワインを飲みまくっているけど、現実の世界では彼らが一番飲むのはビールなんだよ。

現在ある家庭で子守りとして働いています。普段は二人のお子さんと私自身の子どもの面倒をみて、そこの一番上の息子さんが学校から戻ってくるとその子の面倒もみています。

月~金曜までの勤務で週給450ドルなのですが、朝7時半から夕方6時近くまで働いています。週約52時間勤務です。

最初の話では夕方5時には上がっていいということだったのに、いつの間にか6時近くまで働かされるようになっているのです。この状況をどうしたらいいでしょうか。

大学生の時アルバイトで子守りをしていたことがあるわ。二人の子どもの世話で時給20ドルだったわね。

私はフルタイムの子守りで、高級住宅街の家庭で働き二人の男の子の面倒を見ているわよ。我ながら自分は優秀な子守りだと思っているし、男の子たちもよく懐いているわよ。

最初は時給10ドルからスタートして、7ヶ月たった時に時給を15ドルにしてほしい、とお願いしたら拒否されたわ。すごくがっかりしたしやりきれない思いになったわ。

これだけ尽くしてうまくいっているのに時給がたった10ドルのままなんて、見下されているんじゃないかしら。

私も子守りをやっているのだけど、週25時間勤務で時給は17ドルよ。

二人の幼児の子守りをやっているのだけど、週34時間勤務で時給6ドル。以前の雇い主は時給15ドル払ってくれていたわ。私はすでに8年間子守りをしているベテラン。

ではなんで今回時給6ドルの仕事を引き受けたのかといえば、答えは簡単…「お金」よ。

三か月も失業していて公共料金の支払いも難しくなっているシングルマザーなの。だからもらえないよりかはマシで時給6ドルの子守りの仕事を引き受けたの。

でももう半年たつのよ、そろそろ時給アップしてもらいたいのだけど、なんと切り出したらいいものなのかしら…

執事の代わりにロボットを使う時代だと思う。

執事の仕事なんてやりたくもないね。お金持ちに仕えるということは、ギャングの親分やアラブの首長だろ。そいつらの鼻をハンカチでぬぐってやったりするんだぜ。ノーサンキューだね。

【参考URL】http://lockedomestic.com/household-staff-job-descriptions-titles-salaries/
http://www.payscale.com/research/US/Job=Butler/Salary
http://www.theguardian.com/money/2014/aug/07/six-well-paid-jobs-careers
http://www.care.com/housekeeping-housekeeper-cost-p1145-q7470.html
http://www.dailygrail.com/blogs/Paul-Collins/2009/11/Would-Earthling-make-great-butler

スキルに自信があればやってて楽しいものなのかね~?とりあえず雇い主と多くの時間関わるのなら、その人自身を好きになれないならボクは絶対長くできないな~。あれやれこれやれ、って言われても、「はいっ!」て気持よく返事できるかどうかって大事じゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    時給1200円以下はバカにしてるって凄いね
    やっぱアメリカも景気いいわ

  2. 日本の名無しさん より:

    ?1ってどこ読んでるの??

  3. 日本の名無しさん より:

    休みがなぁ……

  4. 日本の名無しさん より:

    日本は基本 家政婦の派遣会社があり 雇用者は時給13ドル以上は払っているよね
    ただ中抜きされて実際はそれ以下

  5. 日本の名無しさん より:

    決められた業務さえ終われば、早く帰れるやり方は良いね。作業効率がアップしそう。

  6. 日本の名無しさん より:

    良いお手伝いさんが良い仕事に巡り会うとは限らないのはどこも一緒だね。日本だと需要が少ない分、良い人を探すのはさらに大変。その方が信用できると思って人づてに雇ったりしても盗みをされたりするしね…

    そういえば前の方で宝くじで伝統ある邸宅を買った人の記事が載ってたけど、ああいう邸宅を買うとある程度はこういうスタッフを揃えないといけないし、同地方の似たような家庭とのお付き合いもしなきゃいけなくなるから、税金や直接的なメンテナンス以外の維持費も膨大だろうなあ、

コメントを残す

キャラクター紹介