海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応

不滅の人気!未だに高額取引されているタイタニック号の品々

2017/09/18

今も語り継がれる大災難の1つと言えば、超豪華客船タイタニック号の沈没事故。皮肉にもタイタニック号のドラマチックな背景と結末は、今なお世界中の人々を魅了し続けています。 タイタニック号に...

2017/09/11

1人っ子政策の後遺症?中国で横行する性別判定ビジネス

国連の推計では現在の世界人口は約73億人。そして2050年には、約97億人まで増加するとされています。 しかしその詳細を見てみると、この人口増加の半分は...

2017/09/04

人生捨てたもんじゃない!助け合いで社会復帰できたホームレスたち

世界の貧困撲滅を目指し、各国が協力を始めてから数十年。その努力の甲斐あって、世界の貧困率は確実に減少し続けています。 現在の世界銀行が定める貧困ライ...

2017/08/28

アラブの春から6年。「結婚できない」が社会安定を妨げていた!

争いの絶えない不安定な地域と言えば、中東が思い浮かびます。中東は、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の聖地という事もあり、歴史上、幾度となく宗教戦争が繰り広...

2017/08/21

ピンチをチャンスへ!シラミ駆除ビジネスって一体何?

欧米で子育てをしていると、学校から定期的に貰う手紙があります。しかもあまりの頻度の高さ故、すでにフォーマットがあるようで、毎回同じ手紙です。さて何について...

2017/08/14

日本は恵まれている?アメリカの驚くべき出産費用とその内訳

日本の人口減少は、より深刻さを増してきています。国立社会保障・人口問題研究所が国勢調査の結果などをもとに、5年に1度発表している「将来推計人口」の最新の報...

2017/08/07

イギリス女子は生理用品が買えない!?途上国と同じ問題を抱える経済大国

女性の体は、一生の内に幾度か大きな変化を遂げます。その第一歩となるのが初潮。10~13歳頃に初めての生理を迎える事となります。一般的には大人へと確実に成長...

2017/07/31

幸せな結婚のはずが…!?インド女性に襲いかかる人生最悪の悲劇

朗らかで花々しい春がきたかと思うと、あっという間に夏本番を迎えました。厳しい暑さが続き、人生最大のイベント「結婚式」もシーズンオフとなりますが、ここ最近はあえ...

2017/06/26

牛乳代まで国の金で請求する!?政治家たちの乱れた金のモラル

政治家に付きまとうものと言えば「お金」。国民から選ばれたはずの彼らも、テレビや新聞でよく目にする話題は、国民の為に切磋琢磨する彼らの姿ではなく、彼らが引き...

2017/06/19

世界を渡る中国人観光客が体験した、哀しくも可笑しい珍事件簿

中国最大のイベントと言えば春節、いわゆる旧正月です。この期間は世界でも類を見ない、世界最大の民族大移動が行われます。 今年の春節では、25億人が車な...

2017/06/12

異なる宗教信者のカップルが訪れる最後の楽園―中東・キプロスの結婚事情

世界には、何世紀も前から受け継がれている習慣や伝統が数多く残されています。その中にはとてもユニークで興味深いものもありますが、残忍で野蛮なものもあります。...

2017/06/05

イギリスの社会格差がヤバい…増え続ける貧困層と貧困関連費

国際労働機関(ILO)の「世界の雇用及び社会の見通し-動向編2016年版」によると、1日当たり1.9ドル(約211円)以下の生活を強いられている「極度の貧...

2017/05/29

自分の身は自分で守る!犯罪国家では民間の警備会社が大儲け!?

メキシコと国境を接しているアメリカ。そんなアメリカではトランプ大統領が、「メキシコ人はアメリカに麻薬や犯罪を持ち込む犯罪者だ」と明言していたのが記憶に新し...

2017/05/22

実感はあるけど本当はどうなの?定義の難しい男女賃金格差の実態

女性の社会進出は、アベノミクスの第3の矢として重要な成長戦略の1つに挙げられていいます。 事業主に対して男女平等を義務付けた男女雇用機会均等法が19...

2017/05/15

命からがら逃げたのにやっぱり自国へ戻る?変化するドイツの難民事情の今

未だに解決策が見出せない難民問題。非常に難しい課題ではありますが、難民に対して穏健な立場の方でも、全く文化の異なる人達が、短期間の内に大量に移住してきたの...

キャラクター紹介