海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応

牛乳代まで国の金で請求する!?政治家たちの乱れた金のモラル

2017/06/26

政治家に付きまとうものと言えば「お金」。国民から選ばれたはずの彼らも、テレビや新聞でよく目にする話題は、国民の為に切磋琢磨する彼らの姿ではなく、彼らが引き起こしたお金に関する不祥事ばかりです。 ...

2017/06/19

世界を渡る中国人観光客が体験した、哀しくも可笑しい珍事件簿

中国最大のイベントと言えば春節、いわゆる旧正月です。この期間は世界でも類を見ない、世界最大の民族大移動が行われます。 今年の春節では、25億人が車な...

2017/06/12

異なる宗教信者のカップルが訪れる最後の楽園―中東・キプロスの結婚事情

世界には、何世紀も前から受け継がれている習慣や伝統が数多く残されています。その中にはとてもユニークで興味深いものもありますが、残忍で野蛮なものもあります。...

2017/06/05

イギリスの社会格差がヤバい…増え続ける貧困層と貧困関連費

国際労働機関(ILO)の「世界の雇用及び社会の見通し-動向編2016年版」によると、1日当たり1.9ドル(約211円)以下の生活を強いられている「極度の貧...

2017/05/29

自分の身は自分で守る!犯罪国家では民間の警備会社が大儲け!?

メキシコと国境を接しているアメリカ。そんなアメリカではトランプ大統領が、「メキシコ人はアメリカに麻薬や犯罪を持ち込む犯罪者だ」と明言していたのが記憶に新し...

2017/05/22

実感はあるけど本当はどうなの?定義の難しい男女賃金格差の実態

女性の社会進出は、アベノミクスの第3の矢として重要な成長戦略の1つに挙げられていいます。 事業主に対して男女平等を義務付けた男女雇用機会均等法が19...

2017/05/15

命からがら逃げたのにやっぱり自国へ戻る?変化するドイツの難民事情の今

未だに解決策が見出せない難民問題。非常に難しい課題ではありますが、難民に対して穏健な立場の方でも、全く文化の異なる人達が、短期間の内に大量に移住してきたの...

2017/05/08

お金のため、代わりに産んだ子供に愛情が…代理出産ビジネスの裏側に迫る

子供が欲しいにも関わらず、何らかの事情で、なかなか子宝に恵まれないカップルが増えていると言います。 国立社会保障・人口問題研究所が2010年に...

2017/05/01

今年こそバービーの彼氏になる!?理想の顔を求め美容整形をし続ける男

イギリスでは、EU離脱問題、通称“ブレグジット”が原因で暗い話ばかりが蔓延しています。特に政府が離脱後の具体的な経済政策を公表していないだけに、一般市民は...

2017/04/24

新しい仕事に挑戦したい?それならゴースト・ハンターなんてどうでしょう!?

春はスタートの季節。年度末に1年を振り返り大きな達成感を感じた方もいれば、反面、何をした訳でもなく、気が付けば春が来てしまいなんとも言えない虚しさが残る…なん...

2017/03/20

巨大ピクニックバスケット崩壊の危機―買い手のつかない個性的物件

国土面積が世界第3位のアメリカ。日本と比べると25倍も大きな国だけに、小さな国に住む日本人からしてみると、とにかく全てが巨大です。 例えばマクドナル...

2017/03/13

お宝お札は○○ナンバー入り!?新5ポンド札がコレクター内で大注目される

2016年にイギリスで起きたショッキングな出来事と言えば「Brexit(ブレクジット)」ではないでしょうか。Britain(英国)が欧州連合(EU)からE...

2017/03/06

ジミ婚?ハデ婚?貴方の理想の結婚式はいくら!?

少子化に歯止めがかからない日本。政府が色々な試みを実行しているものの、現状は人口増加の兆しが未だに見えていません。 世間一般では、既婚女性の出産率の...

2017/02/27

外国人労働所は国家をも崩壊させる!?移民が引き起こす社会問題とは

大正9年より10年おきに実施されている国勢調査では、日本に居住する全ての人を対象に、日本の総人口数及び、年齢・職業・世帯などのより詳しい人口構成の調査を行...

2017/02/20

お金の魔力は無垢な3歳児すらケチにしてしまう!そのおぞましい影響力とは

古今東西、根強くはびこっているいるものと言えば「汚職」。並外れた意思と志を持ち、理想的な社会の構築の為に立ち上がったはずの政治家達ですら、いつしか理想の社...

キャラクター紹介