> > > 年収400万の方のキャッシング増額方法と可能額について

年収400万の方のキャッシング増額方法と可能額について

キャッシングやカードローンに申し込むにあたって、借入希望額を記入しなければなりません。この時、「どれくらいの金額で申し込めばいいんだろう?」と迷ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

確かに、希望金額によっては審査の可否を左右することにもなりかねないため、慎重になるに越したことはありません。適切な借入額で申し込むには、年収と借入可能額のバランスを知っておく必要があります。

今回はその辺りについてお話し、たとえば年収400万円の人ならいくらくらい借りられるのか、増額するにはどうしたらよいのか等、考えていきます。計画的に利用していくためにも、ぜひご一読ください。

業種によっても違う!?限度額はどのようにして決められるのか

まずは、カードローンの限度額がどのように決められているのかというところから、お話を始めましょう。自分の限度枠を超えた申し込みをしてしまうと、審査に不利になることもありますから、基本的な部分をきちんと理解しておきましょう。

総量規制

カードローンに申し込むにあたって、総量規制について知っておいて損はありません。総量規制とは、信販系(クレジットカード会社)および消費者金融系のカードローンに適用される、借入限度額に関するルールです。

総量規制の具体的な内容は、個人の借入総額を年収の1/3までとするというもので、年収300万円の人なら最大でも100万円までの限度額となるのです。

しかし、誰でも総量規制ギリギリまで借りられるというわけではなく、次節以降にお話するように、総量規制の範囲内でいくら借りられるのかは審査によって決定されます。

一方、銀行系カードローンは、総量規制対象外となっています。したがって、年収にかかわらずたくさん借りたいという人は、銀行系を選ぶ必要があります。ただし、こちらもやはり審査によって借入額が最終決定されるため、誰でも多額の借り入れができるわけではありません。

限度額の決め方

消費者金融系と信販系は総量規制という前提があることをお話しましたが、カードローンやキャッシングの利用限度額は、最終的には保証会社や貸金業者の審査によって決められます。

審査において高く評価されれば、そのキャッシング商品の限度額の範囲内かつ総量規制の範囲内で大きな利用可能枠がもらえますし、属性が思わしくないけど否決にするほどでもない場合は、数万円~10万円程度の小さな限度額となることもあります。

審査に必要な個人情報はたくさんありますが、限度額を決めるときに特に重要視される項目としては、以下のようなものがあります。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 個人信用情報

繰り返しになりますが、年収は総量規制のある業者に申し込んだ場合の最大利用可能枠に影響しますし、返済能力を検討するうえでの大切な情報となります。

勤続年数も借入可能額に影響する

お話してきたように、審査や借入限度額の決定には収入や職業が関わるのは確かなことです。(こちらもご参考に→キャッシングをするための年収

確かにそれらも関係あるのですが、その他に意外と重要視されるのが勤続年数です。勤続年数が長いということは、現在までの安定した収入が今後も続くと予想されますので、信用度が高くなり審査には有利なのです。

ということは、他の属性が問題なく審査に通るレベルなのであれば、勤続年数が短い人よりも長い人の方が利用限度額も多くなる可能性が高まるのです。

個人信用情報が最重要!

個人信用情報とは、信用情報機関に保管されている、借り入れやクレジット利用等に関する様々な情報のことで、具体的には以下のようなものです。

  • 申し込み先・申込件数など、申し込みに関する情報
  • 借入先・限度額など、契約に関する情報
  • 滞納の有無など、返済状況に関する情報
  • 任意整理、自己破産など、債務整理に関する情報

よく「ブラック」という言葉を聞きますが、ブラックとはどのような状況かというと、この個人信用情報に問題があるというものであり、ブラックだと、借入可能額以前にそもそも審査に通りません。

逆に、個人信用情報が優れていれば、可決となるのはもちろん、借入可能額も大きくなることが期待できます。

消費者金融系と信販系に申し込む場合は、年収の1/3以内の限度額になりますので、それ以上の希望金額で申し込むと審査に落ちてしまうリスクが高まります。年収と借入希望額のバランスにお気を付けください。

個人信用情報に問題があると、それだけで審査で落とされる理由になってしまいます。不安な方は、申し込み前にご自分の信用情報を開示して確認してみることをおすすめします。

もっとたくさん借りたい!カードローンの増額ってどうすればいいの?

お話してきたように、カードローンやキャッシングの借入額を決定づけるのは、年収以外にも勤続年数や個人信用情報など様々なものがあります。なので、人によっては業者から提示された融資限度額を思ったよりも少ないと感じることもあるかもしれません。

それでは、「もう少したくさん借りたい」と思ったら、どうすればよいのでしょうか?

増額することも可能!

繰り返しになりますが、借り入れ可能額がいくらになるかは様々な要因によって決められます。したがって、年収からだけでは、総量規制の範囲内であること以上のことは判断が難しいというのが実際のところです。

最初は業者側が決定したカードローンの利用可能枠で利用するしかありませんが、その利用枠は、ずっとそのまま続くわけではありません。利用する中で延滞があるなど、良くない情報が加わると、減額されてしまうことがあるので注意が必要です。

逆に、利用状況が好ましいものであるならば、増額も可能です。たとえば、年収400万円の人が総量規制の対象である業者で借りるならば、400×1/3=133.33…であり最大約133万円ですので、今の限度額がこれよりも小さいならば増額できる可能性はあると言えます。

増額の方法

借入金の増額をしたい時、以下のような方法があります。

  • 増額の申し込みをする
  • 業者側から増額案内が来るのを待つ

もっとも確実なのは、貸金業者の方から増額の案内が来るのを待つことです。しかし、中には待ちきれないという方もいるかもしれません。その場合は、自分から増額の申し込みをすることになりますが、その際注意すべき点があります。

増額についての注意点

利用者側から増額申請をする場合、気をつけないと増額ができないばかりか、その後のカードローン利用にも悪影響が出ることがあります。

というのは、増額の申し込みも個人信用情報に載ることがあるため、否決となるとそのしばらくは別の業者に申し込んでも審査が厳しくなってしまいかねないのです。

したがって、ほぼ確実に増額できると思われるとき以外は、増額申請はしないことをオススメします。

増額を可能にするための条件としては、以下のようなものがあります。

  • 今の借入枠で継続的に利用していること
  • 延滞等がなく順調に返済していること
  • 他社に新たな申し込み等をしていないこと
まず、実際にカードローンを利用して、適切な返済をしているという利用実績があることが増額には不可欠となります。延滞などあってはならないのですが、逆に延滞を恐れて借入もしないというのも、利用実績が作れないので不利になります。

また、増額申請の前に他社に申し込みや契約などをしてしまうと、やはり厳しい状況になります。

新規契約であろうと増額であろうと、複数の金融機関からお金を借りる場合、お金に困っていると捉えられかねません。そうなると、返済能力が疑わしくなるため、否決となりやすくなるのでご注意ください。

契約時点での借入額は、その後の利用実績に応じて減っていったり、増えていったりする可能性があります。利用状況が良ければ増額できますし、そうでなければ減額されて利用枠がゼロになることもあり得ます。

もっと借りたいからといって、増額申請や他社への申し込みをし過ぎると、生活に困っていると思われてしまい逆効果になりますので、くれぐれもお気を付けください。

実際に利用と返済を続けていれば、最短で半年くらい経てば貸金業者側から増額の案内が来るケースが多いです。確実に増額をしていきたいなら、自分から増額の申し込みはせず、ひたすら待つ方がよいでしょう。

総量規制対象外の銀行系からおすすめカードローン商品をご紹介!

ここまで、借入限度額と増額についてお話してきましたが、ゆくゆくは増額をしていきたいとお考えなら、やはり最高限度額が大きく、総量規制がおよばない銀行カードローンがオススメです。

そこで、銀行系カードローンから具体的な商品をいくつかご紹介しておきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

日本全国どこにでも支店やATMがあってとても便利なメガバンクである、三菱東京UFJ銀行のカードローンから見ていきましょう。

項目 内容
限度額 10万円以上500万円以内(10万円単位)
金利 1.8%~14.6%
申し込み条件 ・満20歳以上65歳未満の人
・日本国内に住んでいる人
(外国人の場合は永住許可を受けている人)
・保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる人
・原則として安定した収入がある人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
(限度額200万円以上の場合)

バンクイックの特徴は、銀行系の中でも低金利であることと、土日祝日でもテレビ窓口で申し込めばその場でカード発行ができ、即日融資が可能なことです。ですから、平日は忙しくてなかなか申し込みの時間が取れないという方にもオススメです。

また、三菱東京UFJ銀行ATM以外にも、セブン銀行やコンビニなどにてATM手数料無料で利用できるのもうれしいポイントです。

みずほ銀行カードローン

では次に、同じくメガバンクから、みずほ銀行のカードローンをご紹介します。

項目 内容
限度額 ・エグゼクティブプラン:200万円~1,000万円(100 万円単位)
・コンフォートプラン:10万円、20万円、30万円、50万円、
100万円~1,000万円(100万円単位)
金利 ・エグゼクティブプラン:3.5%~7.0%
・コンフォートプラン:4.0%~14.0%
申し込み条件 ・年齢が満20歳以上満 66 歳未満の人
・安定かつ継続した収入の見込める人
・保証会社の保証を受けられる人
・外国人の場合は永住許可を受けている人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの所得証明書類
(限度額200万円以上の場合)
・印鑑

みずほ銀行カードローンには、コンフォートプランとエグゼクティブプランの2つがありますが、どちらになるかは審査によって決められます。しかし、どちらにしても限度額最高が1,000万円というのはすごいですね。

年収400万円程の方が1,000万円の限度額に到達するのは、増額を繰り返したとしても難しいとは思われますが、上限金利も低めなので、限度額が少なくてもお得と言えますね。

また、このカードローンは、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、金利が0.5%割引になります。また、キャッシュカードでローンを利用する、ローンカード発行のない方法も選択できます。これらは、金融機関ならではのサービスですね。

三井住友銀行カードローン

最後に、三井住友銀行のカードローンをご紹介します。

項目 内容
限度額 800万円(10万円単位)
金利 4.0%~14.5%
申し込み条件 ・満20歳以上満69歳以下の人
・原則安定したご収入のある人
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票などの収入証明書類
(限度額300万円以上の場合)

メガバンクの中ではごく標準的な内容のカードローンです。ただ、おまとめローンや借り換えローンにも利用できるとサイトに明示してあるのが特徴です。

なので、他社借り入れが複数ある方は三井住友銀行カードローンでひとつにまとめることによって、返済総額を下げて借金を減らすのも良い方法です。

おまとめローンの場合は、総量規制の例外となり、銀行系においても通常よりも大きめの借入額を融通してもらえることもあり得ますので、まずは相談してみるとよいでしょう。

増額していくことを念頭に置いているなら、やはり総量規制対象外である銀行系カードローンの方が、大きい限度額を得られる可能性がありますね。限度額が大きくなれば、それに連動して金利もお安くなりますので、そういう意味でも銀行系はお得と言えます。

審査結果回答までのスピードや利便性においてイマイチと言われがちだった銀行系ですが、今では消費者金融並みに追い付いています。

最大限度額や金利など基本的な内容だけでなく、どのATMが利用できるのか、ATM手数料はかかるのか等、実際に使うところをシミュレーションしてみると、よりお得に最適なカードローン商品が選べますよ。

利用可能枠の決定も増額も信用と適切な利用実績が必須条件!

キャッシングに申し込んだらどのように極度額が決められるのか、そして、増額したい場合はどうすればいいのかということについてご説明してきました。

年収400万円の人の場合を例にとってお話をした部分もありますが、総量規制対象の業者なのか否か、また、個人信用情報や勤続年数なども大きく影響するため、年収だけでははっきりとしたことが言えないということもご説明しました。

つまり、少しでも多い利用枠が欲しい人や増額をしたい人は、勤続年数や信用情報を有利なものにしながら、借り入れと期限内の返済を繰り返して利用実績を作っていくことが大切です。ぜひ、限度額を上げて、より低金利でお得に利用できるようになりましょう!

【参考ページはこちら】
キャッシングの魅力とは?メリットとデメリット

年収がいくらであるかというのは、借入枠を決定するのに必要な条件のひとつではありますが、他にも勤続年数や個人信用情報など様々な情報を基に算出されます。なので、年収だけではどれくらいの借入ができるのかは、判断し切れない部分があります。

しかし、たとえ総量規制対象外の銀行系カードローンであっても、最初は年収の1/3を超えることはないと思われます。つまり、年収400万円の方なら、その他の属性が優良な場合は最大でも100万円程度と考えた方がよいでしょう。

限度額が少ないと感じられる方は、地道に適切な利用実績を積み、返済能力があることをアピールして、増額案内が来るのを待つのがベストです。

新着記事
カテゴリー